ビフィズス菌を効率よく摂取する方法とその効果
ビフィズス菌は腸内環境を整えるのに良いと言われています。
毎日食事にから摂るのがベストです。
ビフィズス菌が取れるサプリメントもあり利用するのもおすすめ!
ビフィズス菌サプリはいつ飲むのが効果的なの?

●食後と食前のどちらが良い

サプリメントを飲むタイミングは食後と食前があります。
おすすめは食後です。
理由は空腹時と満腹時では胃酸の強さが違うから・・・。

食後は色々な食べ物や食事の際に飲んだ飲み物が胃に入っているので、
胃酸は食べ物や飲み物によって薄められます。

ビフィズス菌を生きたまま腸に届けたいなら
胃酸が薄い食後を狙った方が効率よく摂取することが出来ます。
そのため、食後をおすすめします。

●夕食後がおすすめの理由

ビフィズス菌サプリは基本的にいつ飲んでもOK!
出来るだけビフィズス菌の効果を高めたいなら夕食後の摂取がベストです。

ビフィズス菌は胃酸や胆汁など消化液によって死滅してしまうため、
胃酸分泌が活発でない時間帯に摂取するといいと言われています。

もちろん朝の食後でも良いのですが、
朝食は取らない人も多く、
効率よく効果を出すためには毎日しっかりと忘れずに飲むことが大切なので、忘れにくい夕食後に飲む方がいいと言えます。

●決まった時間に飲むのが良い?

サプリメントを飲む上で大切なのは出来るだけ決まった時間に飲むことです。
習慣になるので飲み忘れを防ぐことが出来るでしょう。

また、飲む温度は人肌と同じくらいの温度のぬるま湯で飲むのがベストです。

熱すぎると乳酸菌が熱で死んでしまい、
効果が薄くなってしまうので、
ぬるま湯で飲む事をおすすめします。

●ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌は注目され腸内環境の改善効果が見込めます。
腸内環境が良くなると便秘が改善されるので様々な健康効果や美容効果が期待できます。
感染を予防効果も見込めます。

ビフィズス菌はインフルエンザや風邪のウイルスに対抗する働きのあるナチュラルキラー細胞を活性化させることが分かっています。

腸内細菌のバランスが改善されることで免疫細胞の働きが高まり、
病原菌やウイルスが入ってきても感染症にかかりにくくなります。

コレステロール値を下げてくれる効果も期待できます。
ビフィズス菌は食事から作られるコレステロールの分解を手助けしてくれる働きがあり、コレステロール値を下げリ可能性もあるみたいです。
バクテロイデス菌やビフィズス菌が短鎖脂肪酸の酢酸を産生し脂肪組織の脂肪蓄積を阻止する働きがあるからです。ココから痩せ菌と言われるようになっているようですね。
体脂肪の低減が確認されているとはすごい発見だと言えます
それと付随して大切なことは、腸壁を活性化して強くすれば、
腸のバリア機能が強くなり
細菌ウイルスの体内侵入を防いでくれることになります
ストレスや酒アルコール・油脂分の多い西洋料理により傷ついた腸壁から有害物質が体内に取り込まれるのを防ぐためにも
腸の胃バリア機能を強化する意義があると言えます

貧血予防、改善に効果も見込めます。
ビフィズス菌はビタミンB12や葉酸を作りますが、
これは血液の成分である赤血球を作るために必要な栄養素です。
ビタミンB12が不足すると正常な赤血球が作れなくなります。

また、腸内環境が悪いと血流が悪くなるため、
貧血の症状が出る事があるのでビフィズス菌は貧血予防や改善にも効果があります。

他にも肌荒れ改善、美肌効果の効果もあります。

ビフィズス菌は腸内環境を整える働きがあるのですが、
腸内環境が整えば免疫力がアップするため、
ニキビや肌荒れに効果的です。

また、免疫力がアップすることで肌バリア機能もアップするので美肌効果も期待できます。
ビフィズス菌を摂取することでお肌にも効果があるので、
肌荒れで悩んでいる人や女性は積極的に摂る事をおすすめします。

ビフィズス菌は今話題になっているので、健康や美容に良いからなんとなく毎日摂っている人が多くなっています。

現実には詳しい効果を知ってから摂取すると良いですね。
ビフィズス菌は女性にとって嬉しい効果があるものが多いので
美容や健康に悩みがない女性でも毎日摂取する事をおすすめします。

積極的に摂取していつまでも若々しく健康で入れるかもしれませんよ!
興味がある人はどうやって摂取したらいいか考えてみましょう。