消化酵素の一種アミラーゼのもつ効果とは
アミラーゼというのは、でんぶんを分解する消化酵素の一種で、鎖のようにつながっているブドウ糖を、一つ一つ切り離す役割を担っています。
でんぷんが分解されると、麦芽糖やデキストリンなどに変化していきます。
ご飯をよく噛むと甘く感じるのは、唾液腺からアミラーゼが分泌されて、でんぷんを分解して糖ができるためです。
私たちの体内では、絶えず酵素が働いていますが、食べ物をきちんと消化・吸収するためには、消化酵素が重要な働きを担っています。
体内でも消化酵素は作り出されていますが、それだけに頼っていると体に負担をかけてしまいますから、食事などから積極的に摂取することが大切です。
体内で働く消化酵素には、
・脂肪分解酵素(リパーゼ)
・炭水化物分解酵素(アミラーゼ)
・タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)
この3種類があります。

脂肪分解酵素(リパーゼ)は、胃や膵臓で多く分泌される消化酵素で、脂肪を分解する役割を担っています。
脂肪を脂肪酸とグリセリンへと分解した後、エネルギーとして利用しやすい形に変える働きをもっています。
体内で作られるリパーゼだけに頼ると、
体に負担がかかってしまい、
未消化物質として脂肪が残ってしまい、
血液がどろどろになってしまったり、
アレルギーなどの原因になることもありますから、
積極的に食べ物から摂取する必要があります。

リパーゼが含まれる食べ物は、納豆や大根、アボカド、トマト、ほうれん草、キュウリ、梨などです。

炭水化物分解酵素(アミラーゼ)は、唾液や膵液に多く含まれる消化酵素で、炭水化物や糖質を、ブドウ糖やオリゴ糖、マルトースなどに分解する働きがあります。

アミラーゼは、大根やキャベツ、人参、アボカド、山芋などに多く含まれています。

タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)は、胃や膵臓で分泌される消化酵素で、タンパク質をアミノ酸に分解して、吸収しやすくする働きをもっています。

タンパク質がきちんと消化されないまま、小腸にまで達してしまうと、悪玉菌の餌になってしまい、
体内環境を悪化させる原因になってしまいますから、
パイナップルやパパイヤ、キウイ、メロン、いちじく、納豆などを積極的に摂取して、プロテアーゼが正常に働くようにすることが大切です。

アミラーゼは、唾液腺や膵臓から分泌されますが、
膵臓がなんらかの病気になると、
アミラーゼが膵臓の細胞から逸脱してしまい、
血液の中にはいってしまいます。

アミラーゼの基準値は、男女の差はありませんが、
糖質を摂ると増加し、タンパク質や脂質を摂ると低下するという傾向があります。

体の中には、消化酵素と代謝酵素の2種類の酵素があります。

この体内の酵素が少なくなってしまうと、太りやすく痩せにくくなってしまいます。

そのため、最近では食物酵素がたっぷりと含まれている酵素ドリンクなどが注目を集めています。

食物酵素は、生野菜や果物などに含まれ、酵素ドリンクの原料となります。

酵素ドリンクは、朝食前に飲むと効果的だとよく言われていますが、
これは食前に飲むことで食事の消化・吸収を効率よく行うことができ、胃が空っぽの状態で飲むことで、酵素の力が存分に発揮されるベストなタイミングといえます。

そのため、健康重視という場合には、朝食前に飲むのがおすすめです。
一方、ダイエット効果を最大限に高めたいという場合には、
夕食前に飲むのがおすすめです。