林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル
今回の林修 今でしょ講座お酢
老けない秘訣お酢だという!
脂肪&血圧&血糖値を下げるお酢効果とは?
健康長寿が摂っているお酢ランキングを発表!
更に波瑠をゲストに迎え、広岡浅子の偉業を学ぶ!
老けない秘訣はお酢だった!
脂肪血圧血糖値を下げるお酢効果とは?「
医学的に正しいお酢の摂り方種類を解説!
調理法や1日に摂取して良い適量などが明らかに!
更にお酢の効果を最大限に引き出す摂り方が続々!
体に効果があるお酢を摂るタイミング
食べる以外で役に立つお酢の使い方など
ゲストの井ノ原快彦が「きょうイチ」驚いたお酢活用法とは?

2018年4月17日火曜日 19時00分~21時48分 abcテレビ放送予定

熱にも強いスーパー食材 お酢
血管 肝臓  を老けさせない
お酢の3大栄養パワーとは?

健康長寿がとるお酢
血管年齢が若すぎるご長寿が続々・・・

酢の効果を感じるには
お酢は一日大匙1杯(15ml)
取れば良い という

黒酢 肝臓を老けさせない驚きのパワー
黒さにヒミツがある
原料は玄米と麹
酢酸菌
アミノ酸タップリの黒酢
人間が作れないアミノ酸の含有率が高い

健康長寿がよく使うお酢ベスト5は?

  • 黒酢
  • 穀物酢
  • 米酢
  • リンゴ酢
  • バルサミコ酢
    お酢に共通なパワーとは?

  • 新事実⇒血糖値 血圧 内臓脂肪を下げる
  • 肝臓 血管  を老けさせない
  • 血管年齢が若い!お酢大好き長寿島
  • 栄養アップ!医学的に正しいお酢の取り方!

酢酸

お酢の酢酸パワーとは?

  • 血糖値を下げる
  • 血圧を下げる
  • 内臓脂肪を下げる

お酢を作るには、
桶でお酢を仕込む!
米や麦などの原料を発酵させてアルコールを作る
そして酢酸菌の膜を
お酢になる前の液に加えることで
酢酸発酵が始まる
酸素がないと生きていけない酢酸菌は表面で増殖し
周りのアルコールを食べて酢酸に変えていく
3カ月ほどで
桶のアルコールがすべて酢酸に変化するという
つまり
酢酸は酢酸菌がアルコールを食べて生み出している

血糖値

血糖値とは
血液中のブドウ糖の濃度
※ブドウ糖は筋肉や臓器のエネルギーになる

血糖値スパイク

血糖値スパイクとは、
食後の短時間だけ血糖値が急上昇し
血管にダメージを与える現象

血糖値を下げるために膵臓から
インスリンが分泌される

インスリン
ブドウ糖を各臓器に送り届ける交通整理をする

インスリンが減ると
ブドウ糖が増え続ける

血糖値が高い状態が続くと
それが糖尿病!

膵臓の機能が弱まるなどで
インスリンの分泌が減少すると・・・
血液中の糖分が増えすぎ血流が悪化
脳梗塞とか心筋梗塞を引き起こす原因になる

食事にお酢を取り入れると
血糖値の急上昇を抑える効果が期待

血圧

血圧を下げるお酢の効果

アデノシン
酢酸が体内に入ると
細胞からアデノシンが分泌
アデノシンが血管を広げ
血流をよくする

血管がSOSを出している
高血圧の人に効果が期待できる

内臓脂肪

内臓脂肪を減らすお酢の効果

AMPA
生活習慣病の高脂血症やメタボは
内臓脂肪と関係がある

脂肪を減らすのが健康長寿の秘訣

AMPAが内臓脂肪を減らしてくれる?

内臓脂肪が100㎤(10000㎣)を超えると
生活習慣病のリスクが上がってくる

AMPAが働くと
なぜ内臓脂肪が減る?

AMPA
脂肪の合成を阻止
脂肪を燃焼させる

AMPAは運動後に体内に生じる酵素
お酢を取ることでもAMPAが体内に生じる

お酢だけに頼らず
健康的な食生活を続けることが何より大事!

発酵食品お酢

黒酢

肝臓を老けさせない黒酢パワー

肝臓は体に必要な栄養素(アミノ酸)を生成

肝臓が老けるとアミノ酸を生成できない

黒酢の造り方に栄養のヒミツが・・・

壺造り黒酢生産量日本一の鹿児島県
黒酢の里 福山町

黒酢の造り方
水の入った壺に入れる原料は
 玄米
雑菌が入らないように振り麹でフタをする

酢酸菌は空気中に存在する菌

熟成期間が長いほど色が濃くなる
黒酢の色はアミノ酸の量で変化

黒酢には人体で造れない必須アミノ酸神9のうち
8種類が入っている

黒酢に含まれるアミノ酸が肝臓を助ける

穀物酢

米酢

リンゴ酢

血管を老けさせないリンゴ酢のパワー
リンゴ酢の栄養素とはカリウムが豊富で余計な塩分を排出する

バルサミコ酢

肌や髪を老けさせない働きがある
穀物酢の9倍ポリフェノールが含まれている
ポリフェノールは抗酸化作用がある
ポリフェノールは活性酸素を防ぐ

お酢は何時どれくらいとればいい
お酢は一日大匙1杯(15ml)
取れば良い

健康長寿の方々はどんなふうにお酢を取っている?

与論島の長寿の血管年齢を計ると若い!
その秘密は?

サトウキビのお酢 キビ酢
刺身にはキビ酢
キビ酢の成分はガリウムが米酢の20倍
ミネラルタップリ!

医学的に正しいお酢の取り方
加熱しても酢酸の栄養は残る

食事の時 お酢を取るタイミングは?
酢の物は食事の最初に食べる
⇒酢酸が血糖値の上昇を抑えるから
お酢は何時取る?
血圧の急上昇を防ぐためには朝か夜か?
⇒朝の急激な血圧上昇を防ぐから
クエン酸は疲れを取るから夜取るのもいい

あるサラダはお酢でビタミンCを取れるのは
⇒キュウリはお酢をかける

お酢そのものに骨を強くする成分はない・・・・が
お酢はカルシウムの成分を吸収する力を強める

お酢を入れた方がいいのは、シジミ!
⇒シジミの味噌汁にお酢を入れるタイミングは加熱前
お酢のパワーが貝殻からカルシウム成分を剥がすから・・・

ラーメンにお酢を入れると血糖値対策になる

直接飲むより調理に使うのがおすすめ

お酢は歯のエナメル質を溶かすので歯から遠ざける

少量のお酢で塩分を減少できる

お酢の力、てんぷらにお酢を入れることによりカラット揚がる

お酢の適量は一日大匙1杯

番組の紹介です
詳細はテレビ番組をご覧ください!