酪酸菌酪酸を産生するクロストリジウムブチリカムなど萌芽の細菌で、
腸内フローラ腸内環境の小腸免疫力向上に有益な働きをします。
糖を分解して乳酸を作るのが乳酸菌、酪酸を作るのが酪酸菌!
ぬか漬けのニオイが酪酸菌!
痩せ菌とも言われるのは、酪酸が短鎖脂肪酸でダイエット効果が高いから♪

小腸には栄養を吸収するために、
絨毛と呼ばれるイソギンチャクのようなヒダ状の器官がありますが、
その絨毛が未発達な箇所があります。

そこにリンパ球が集中的に存在して、パイエル板を形成しています。
パイエル板の表面にはM細胞があり、
そのM細胞が腸内に入ったウィルスや有害物質などの情報を収集分析して、
白血球のヘルパーT細胞に働きかけ、
ヘルパーT細胞はB細胞に抗体を作り出すように指令を出します。

その指令を受けたB細胞はIgAという抗体を作成して、
ウィルスや有害物質などの除去に働くのです。

その一方、乳酸菌酪酸菌などは人の健康に有益な菌には反応しないので、
悪玉菌を除去して善玉菌を増やす働きを行ない、この働きを腸管免疫といいます。

酪酸菌 乳酸菌 ビフィズス菌

腸内には100兆以上の酪酸菌 乳酸菌 ビフィズス菌など腸内細菌が生息していて、
食物繊維などを腸内発酵で代謝物を作り、
その代謝物の働きによって腸の活動が活発になります。

短鎖脂肪酸は酢酸・プロピオン・酪酸

酪酸菌 乳酸菌 ビフィズス菌などが発酵で産生する
代謝物の主要な脂肪酸は有機酸の短鎖脂肪酸です

それが酢酸プロピオン酸酪酸です

腸内環境バランスが壊れストレス等で壊れた腸内の粘膜を
有機酸の酢酸・プロピオン・酸酪酸が
抗炎症効果で修復する働きがあります
発がん抑制効果うつ病緩和効果も・・・

酢酸・プロピオンは花粉症アレルギー症状改善
酪酸は抗うつ効果・認知機能改善作用がある

  • 乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作る
  • ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り善玉菌として働く
  • 酪酸菌・大便桿菌・大便球菌は、酪酸と酢酸・プロビオン酸を産生する(作る)

乳酸菌はビフィズス菌の1/100~1/10,000以下

酪酸菌は100℃でも耐える胞子を形成するので
生きたまま腸内まで届く
酪酸はぬか漬けにも含まれています

食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取する
運動 睡眠 生活習慣改善
ビフィズス菌 酪酸産生菌 が増える
腸内フローラ改善 免疫機能が高まる

善玉菌である有用菌を増加させる生活習慣が望まれ、
乳酸菌やビフィズス菌を増やすことが重要です

酪酸菌 効果

腸内細菌代謝物の中に酪酸があり、酪酸 効果
その酪酸が未成熟なT細胞のDNAに働きかけてヘルパーT細胞に変化させ、
ヘルパーT細胞を増やしていることが実験で判明しています。

逆に腸内フローラのバランスが悪くなるとヘルパーT細胞の数が減少して腸管免疫があまり働かなくなってしまいます。

これにより、腸内フローラのパイエル板が行なっている腸管免疫に影響を与えていることが分かります。

特にクロストリジウム属の細菌が、
ヘルパーT細胞の増殖に強く働いているという研究結果があります。

クロストリジウム属の細菌には、
ボツリヌス菌などのように食中毒の原因菌もありますが、
その中の一種で酢酸菌があります。

酢酸菌には整腸作用があり免疫力を高める作用もありますが、
この酢酸菌がヘルパーT細胞に働きかけるからだということになります。

 

宮入菌

酪酸菌と宮入菌は同じです
10~20%の人の腸内に酪酸菌(宮入菌)が常在しています

酪酸菌(宮入菌)はクロストリジウムの一種です

腸内細菌は
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7
のバランスが良いとされています

乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌(有用菌)です

酪酸菌(宮入菌)は悪玉菌(有害菌)あるいは日和見菌に分類されます

腸内フローラ腸内環境の最先端では
厳格に善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌の分類より進んで

悪玉菌の中にも善玉菌(有益菌)が存在するという方向に進化しています

酪酸を産生する酪酸菌(宮入菌)は善玉のクロストリジウムの一種という事になります

酪酸菌の医薬品

酪酸菌を含む医薬品

ビオスカイ錠
ビオスリー散・錠
ミヤBM細粒・ミヤリサン錠(ミヤリサン製薬株式会社)
など

酪酸菌 効果

酪酸菌にはこんな効果がある!
食生活というのは、毎日の健康を維持するためにとても大切なことですね。
しかし最近では脂肪や糖質を多く含む食品を食べる事が多くなり、
ますます健康が心配されます。寿命が伸びたといっても、健康的な長生きをしたいです。

そのためには、毎日の食事を見直すことがとても大切です。
かと言って、毎回食事についてそんなに意識をせずに食べていることが多いです。
そのため、健康を維持することが出来るのか今ひとつ不安があるという人も多いですね・・・。
いま、とても注目されている食材、酪酸菌があります。
酪酸菌は、あまり聞きなれない菌ですね。
一般的に知られているのは乳酸菌です。
その乳酸菌は、ヨーグルトやサプリなどでよく取られるようになっています。
そして酪酸菌も乳酸菌と同じような働きをするということで注目をされているのです。

酪酸菌の効果について

・代謝を上げることができる

肥満になると、いろいろな健康被害が心配されます。
そして特に年齢とともに、その肥満が心配ですね。
年齢とともに肥満が心配となるのは、なんといっても代謝が落ちてしまうからなんです。
若い時には、いろいろなモノを食べても太ることがなかったと思います。
ところが、年を取るごとにその代謝が落ちていくので、その結果で食べれば食べるほど、どんどん脂肪などが体に蓄積されるのです。
そんな時、酪酸菌を摂ることによりその脂肪などの蓄積を防止することができるのです。
その結果、代謝を上げて太ることを止めることができるということです。
太ると心筋梗塞屋狭心症、脳梗塞が心配です。
そんな病気にならないためにも、酪酸菌を摂るようにしたいですね。

・ダイエット効果がある

酪酸菌を摂ることにより、脂肪を体の中に取り込むことを防いでくれるので、
その点でダイエット効果を期待することができます。
同じ働きをする栄養素として乳酸菌があります。
その乳酸菌の働きを助ける役目を持っているのも、酪酸菌なのです。
そのことから、乳酸菌だけを摂るよりも酪酸菌と一緒に摂ることにより
、今まで以上にその働きを期待することができます。

・大腸の働きをよくする

便秘で悩んでいる人は、かなり多いです。
便秘は、誰でもなるのでそのまま放置しても大丈夫と思うことがあるかもしれません。
しかし、それはとても危険な事です。
まず便秘になるということは不要なものが排出されずに体内に残っていることになります。
そのため、体がだるい、体調が思わしくない等、
そんないろいろな症状が起きることがあります。
また女性にとっては、便秘になることにより洋服を着た時に恥ずかしい
、肌荒れがひどい等の症状が起きることが多いです。
便秘は早急に改善させることが大切です。
しかし、食事では難しいと思った時、
酪酸菌のサプリなどを取りましょう。
サプリとして売り出されているので、気軽に摂ることができます。

・酪酸菌がよい理由

酪酸菌は、乳酸菌などと同じ働きをするということがわかります。
しかし、その内容が違うので注目をされているのです。
それは、なんといっても私たちの体に吸収されやすいということなんです。
まず乳酸菌の場合は、大腸までその状態で届くことがむつかしいのです。
それは胃酸に弱いということが挙げられます。
胃の中にはいった時に、胃酸によりその働きが低下してしまうという事です。
そのため、大腸に届いたとしても、そんなに多くないということになりますね。
その点、酪酸菌の場合は胃酸にとても強いので、
しっかりと大腸まで届きその機能を発揮することができます。
そしてまた、熱に強いということもあります。
熱に強いと、大腸まで届いてしっかりとその機能を期待できます。
その結果、乳酸菌よりも体内で機能をより期待することができるのは酪酸菌ということになりますね。
酪酸菌はそんなに注目をされていませんでしたが、
体にとてもよい効果を発揮することが分かり、サプリなどに含まれることが多くなりました。

・酪酸菌を摂る方法

酪酸菌は、食品の中に含まれていないのでしょうか。そんなことはありません。
それは、バターやチーズに含まれているのでそれらを摂ることにより効果を期待できるのです。
しかしひとつ心配なのは、カロリーがとても高いことです。
いくら酪酸菌が多く含まれていると言っても、
それを食品から多く取るとその食品に含まれているほかの余分な成分も摂ることになります。
よい方法としてサプリと言う内容があります
。酪酸菌サプリの場合は、カロリーがほとんどありません。
そのため、効率的に栄養素を摂ることができるのです。
忙しい毎日には、ピッタリの方法となりますね。
酪酸菌をサプリで効果的に摂取して、
健康維持屋ダイエットとしてのサポート的な役割としましょう。

酪酸菌 サプリ

効率よく痩せたい方法で痩せよう
効率よく痩せることができるように有酸素運動を行なって脂肪を燃焼させる
食事制限を行なって余計な脂肪をつかせないようにする

痩せるための方法

運動や食事を制限した方法ではなかなか痩せるのは難しい。
痩せたい人が効率よく痩せる
痩せ菌を増やすこと。
酪酸菌は人間の体内に存在する菌です。

酪酸菌

酪酸は元々バターから取り出したことが名前の由来。
臭いがとても臭くて、足の臭いとも言われるほどの強烈な臭いを出します。

酪酸は人間の体内では短鎖脂肪酸という物質に変わって、腸内の働きを良くます。
短鎖脂肪酸は大腸が動く蠕動運動に必要なエネルギーで、悪玉菌の繁殖を防ぐ役割もあり、酪酸菌は体に必要な菌!

酪酸菌が産生する短鎖脂肪酸はエネルギーの代謝を良くし、
脂肪の蓄積を抑制する効果もあり、
痩せる体質に良い効果を得ることができます。

酪酸菌を取り入れることで、
腸内蠕動運動を活発化する効果と、
免疫力も向上させます。

腸内細菌により酪酸が作られると、
制御性T細胞という細胞が増殖し、
炎症やアレルギー反応を抑制してくれる働きもあります。

酪酸が腸内環境に多いと
大腸ガンや大腸炎に罹患する人も減少するデータもあり、
大腸に関する病気や炎症を抑制できます。

酪酸が腸内フローラに多く存在すると
免疫力向上の機能があるので、
酪酸菌を腸内環境にに多く存在させることは重要と言えます。

・酪酸菌を取り入れる

酪酸菌が腸内環境に多いと、痩せやすい体へと変化して腸の免疫力を上げるので、積極的に取り入れたいですね。
ただ、酪酸というのはとても臭い物質で、直接酪酸を取り入れるのは難しいのです。
口に入れてた瞬間に吐き気を及ぼすレベルなので、うまく効率的に摂取する必要があります。
酪酸の効率的摂取はサプリ使用が良い方法でしょう。
そのまま、水と一緒に飲み込んでしまえば、酪酸から生じる臭い臭いを感じることなく、体内に取り入れることができます。
仮に酪酸を直接取り入れても消化液に分解され腸まで到達しないことが多いです。
サプリメントとして摂取なら腸内まで到達しやすくなるのです。

・酪酸とビフィズス菌の関係

腸内で酪酸を増やしていくためには、ビフィズス菌の存在も重要です。
ビフィズス菌は酢酸や乳酸を作り出す働きがあり、
この乳酸が酪酸にとって非常に重要な存在になります。

乳酸は酪酸へと変えることができるのですが、
酪酸へと変えるためには酪酸菌が腸内にいなくてはいけません。

酪酸菌が乳酸を酪酸に変化させるので、しっかりビフィズス菌も摂取していく必要があります。

酪酸菌が多くてもビフィズス菌が少なければ、
乳酸の量も少なく、効率よく酪酸を作り出していくことができません。
酪酸菌とビフィズス菌が腸内に存在することで、
酪酸を生み出すことができるので、この2つの菌は酪酸を作り出し非常に重要な関係です。

・酪酸菌 デメリット

腸に対して良い効果を発揮する酪酸菌のデメリットは悪玉菌と似ているところがあることです。
酪酸菌は悪玉菌と同じ栄養を好むものがあるので、時には食中毒を引き起こす原因になることもあります。
土壌や淡水などに生息する酪酸菌は、このような症状を引き起こすことがあるようです。
ただ、サプリメントなどで商品として提供されている酪酸菌は、しっかり検査なども行なって安全を確かめいるので、問題はありません。
自然界で生息する酪酸菌にはこのようなデメリットがあると言えます。

・酪酸菌

酪酸菌は腸の働きを良くするためにとても重要な働きがあります。
酪酸菌が腸内に存在していることで酪酸という物質を生み出し、
腸内の代謝を良くして、免疫力の向上にも効果を発揮し、
大腸ガンなどの大腸にまつわる病気から守ってくれる働きをしてくれます。
そのため、酪酸菌を取り入れるようにすることをおすすめします。

酪酸菌はサプリメントで摂取することもでき、
またシソなどからも酪酸菌を取り入れることができます。
酪酸菌だけではなく、
ビフィズス菌もしっかり摂取することで
さらに酪酸菌の効果を向上させることができます。
腸内フローラの健康や体を痩せたいと思うなら、
酪酸菌の効果を得て健康とダイエットの期待も可能なのですね♪

酪酸菌 サプリ

酪酸菌の素晴らしい効果を生活に取り入れてみましょう。
乳酸菌、ビフィズス菌はく聞いたことがあるかもしれませんが、
酪酸菌はヨーグルト等に入っていて腸内環境を改善します。
酪酸菌は人間に有益な働きをしてくれるパワー菌です。
それを知れば酪酸菌を生活に取り入れてみたくなると思いますよ。

酪酸菌

酪酸菌とは、酪酸を生産する小さな細菌。
酪酸はバターなどに多く含まれています。
バターは別名牛酪ともいい、酪酸の名前の由来です。
酪酸菌は酢の主成分で酸っぱく、臭いがします。

長年、飼料として使用されてきた歴史があり、
動物や人間にも常に存在している善玉菌の一つです。

自然環境に広く存在し別名宮入菌とも言われています。

酪酸菌の働きとは

酪酸菌は、約100度の高温でも生きていける能力を持っています。
活動できる場所をよくわかっており、
適さない環境では大人しく、
適合した環境下では活動を開始する性質を持っている強くて賢い菌です。

酪酸菌は腸内で乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌の発育を良くし、
腸内で悪玉菌の活動を抑える働きをして腸内環境を改善する働きをしています。

これらの働きはオリゴ糖が必要です。
つまり酪酸菌や乳酸菌はオリゴ糖を餌にして生きています。
また、酪酸菌は腸の粘膜の傷を修復する働きをします。

酪酸菌の効果

酪酸菌にビフィズス菌や乳酸菌など
善玉菌が増えることによって免疫力が高まり、
消化や吸収も高まり腸内環境が良くなるので体の健康維持に貢献します。

腸環境バランスが整い、便秘解消効果も期待できるでしょう。
便秘解消が可能なら、体内に必要の無い有害物質が対外に排出されダイエット効果も期待で出来ます。

関連して、お肌の調子も良くなる美容効果も得られるかもしれません。
腸内環境バランスが整えば
アトピー性皮膚炎、口臭予防などにも効果があるでしょ。
さらに花粉症にも効果が期待できるなら、花粉が飛ぶ飛散時期には幾分か体調が楽になることがあるそうです。

色々な病気に対しても良い効果が期待されてます。
下痢や便秘などが繰り返し引き起こされる
過敏性大腸症候群が改善されることもあるそうです。

酪酸菌の摂取で善玉菌の代表格であるビフィズス菌や乳酸菌が活性化し、
下痢などが収まり症状が改善される期待感が凄い人気ですね。
過敏性大腸症候群はストレスとも大きな関係があるといわれており、
最近では、腸内環境が人のメンタルな部分に大きな影響を与えていることが分かってきています。
腸は第二の脳とまで評価されるほど重要な内臓器官です。
何より腸内環境を整えることは本当に大事なことです。

まら、酪酸菌を摂取で病原性大腸菌O157を抑制する効果も見られたということです。
試験官の中で大腸菌O157と酪酸菌を混ぜ、O157の増殖がおさえられたそうです。

こんな恐ろしい菌にも効果があるなんて驚いてしまいます。

そればかりか、酪酸菌には大腸がんの発生を抑え、
善玉菌が増えることでがんを予防する効果もあることが分かってきているらしいですね。

酪酸菌は善玉菌に働きかけて腸内細菌のバランスを整えてくれるだけでなく、
私たちを死に至らしめるような恐ろしい病原菌や病気からも身を守ってくれるのです。

特に大腸がんは、がんの中でも罹患率が多いため、身近ながんと言われています。
近年の食生活が影響しているとも言われていますが、
簡単には食生活を変えることは難しいことです。
酪酸菌を取り込むことで大腸がんを防ぐことにつながるならとても素晴らしいことです。

酪酸菌サプリメントを上手に取り入れてみましょう!

酪酸菌は人間の腸内環境で有益な働きをし様々なすばらしい効果を引き出してくれる菌です。

上手に生活に取り入れるにはどうしたらよいのでしょうか?
酪酸菌はぬか漬けに多量に含まれ、チーズの成分にもなりバターにも多く含まれています。
しかしこれらを毎日大量に食べることはかえって塩分や油の取りすぎになって体に悪く難しいでしょう。

サプリメントの活用してみるのも良いかもしれません
酪酸菌パワーをギュッと濃縮したサプリを毎日飲むことで、
腸内環境が改善され体調が良好になり病気を予防に役立つ期待ができそうです。
さらにダイエット効果の可能性もあるなら、
面倒くさがりの人にとっては、気軽に酪酸菌を継続して接取できるのはとてもうれしいです。
サプリメントは効果の実感を期待できるまで、長期間必要です。
個人差はありますが、毎日摂取して続けていくことが大事だと思います。
日々の食生活、運動不足などに気を付けながら
うまくサプリメントを摂取して、
酪酸菌のパワーをもらいながら元気にすごしていけたらいいですね。

酪酸菌 アレルギー

制御性T細胞/Tレグ でダイエットに期待したい思いや、
人気ランキングおすすめ酪酸菌がアレルギーとか炎症など抑える働きの免疫細胞を増加させる働きがあるらしい可能性がとても気になります!免疫細部が増えればいいですね・・・

腸内で有機酸を生成し有害細菌の発育を抑制する酪酸菌

腸内環境を整えるというと、ビフィズス菌が有名ですが、
最近は酪酸菌が注目を集めています。

酪酸菌というのは、腸内環境を整えるだけではなく、
アレルギーの改善や免疫力のアップ、
口臭予防などさまざまな効果が期待でき、
乳酸菌をサポートする力もありますから、
乳酸菌と両方摂取することで、
相乗効果を期待することができます。

酪酸菌は、糖を発酵して酪酸を生成させる菌のことで、
動物の消化器官の中には、常に存在している菌となります。

100度にも耐えうる胞子を形成するため、
強アルカリや強酸、乾燥などの厳しい条件かでは、
活動を休止して環境がよくなると再び生育を開始するため、
生きたまま腸に届くという特徴があります。

また、乳酸菌やビフィズス菌の発育を助けて、
エネルギー源となる有機酸を作ります。

この酪酸菌には、
整腸作用や乳酸菌の働きを助けるだけではなく、
ガン細胞の発育抑制、
クローン病や潰瘍性大腸炎の予防などの効果が期待できます。

腸内には、100兆以上の腸内細菌が生育していて、
食物繊維などを腸内発酵で代謝物を作り、
腸の活動を活発にしています。

酪酸菌が発酵で産生する代謝物の主要な脂肪酸は、
有機酸の短鎖脂肪酸で、
腸内環境のバランスが崩れ壊れてしまった腸内の粘膜を、
有機酸の酪酸が抗炎症作用によって、
修復することができます。

酪酸菌は、ぬか漬けにも含まれている菌で、
未成熟なT細胞のDNAに働きかけて、
ヘルパーT細胞に変化させて増やしていきます。

腸内フローラのバランスが悪くなると、
このヘルパーT細胞の数が減少してしまいますから、
積極的に酪酸菌を摂取することが大切です。

酪酸菌は、人の腸内に常在していて、
善玉のクロストリジウムの一種となります。

短鎖脂肪酸の酪酸菌

短鎖脂肪酸の酪酸菌は、
カルシウムなどのミネラルの吸収促進や
肝臓でのコレステロール合成抑制など、
健康を維持するためには、重要な物質となります。

酪酸は、大腸を動かす最大のエネルギー源で、
腸管粘膜の傷を修復する働きも担っていますから、
酪酸がないと大腸は正常に機能しないことにもなります。

また、免疫のバランスを調節したり、
制御性T細胞の数を増やすという役割もありますから、
私たちの健康を維持するためには、大変重要な菌といえます。

制御性T細胞

制御性T細胞というのは、
免疫反応を抑制する細胞のことをいい、
ウイルスや細菌などの異物を排除するために、
人体に備わっている防御機構のことです。

ただ、過剰に免疫反応が起こってしまうと、
自分の免疫細胞が自分を攻撃してしまい、
関節リウマチや炎症性腸疾患などを引き起こしてしまいます。

制御性T細胞というのは、
こういった自己免疫疾患にならないよう、
過剰な免疫反応を抑える働きがあります。

酪酸は、この制御性T細胞を増やすことで、
免疫のバランスを調節しています。

ただ、酪酸というのは、
においが強く経口摂取するのは難しい物質です。

また、仮に摂取することができたとしても、
大腸に届くまでに小腸からすぐに吸収されてしまうため、
効果はそれほど得られません。

そのため、大腸の酪酸濃度を高めるために、
酪酸菌を増やすことが大事となります。

腸内環境を整えることで知られるビフィズス菌は、
ヨーグルトなどに含まれているということは、
多くの人が知っていると思います。

酪酸菌はぬか漬けに多く含まれている

酪酸菌はヨーグルトなどには含まれず、
ぬか漬けに多く含まれていることがわかっています。

ただ、毎日の食事で、
大量のぬか漬けを摂り続けるのは難しいかもしれません。

そういった場合には、サプリメントでの摂取がおすすめです。

最近は、市販のサプリメントで酪酸菌を含むものも販売されていますから、
手軽に補うことができます。

また、サプリメントに頼らなくても、
酪酸菌の餌となる
イヌリンやペクチン、β-グルカン、ポリデキストロース、
トウモロコシの水溶性食物繊維などを摂取することで、
腸の中に定着している酪酸菌を増やすことができます。

イヌリンは、タマネギやゴボウに多く含まれる物質で、
ペクチンは、リンゴやバナナ、柑橘類に多く含まれています。

β-グルカンは、酵母や大麦に多く含まれ、

ポリデキストロースはトウモロコシから作られた水溶性食物繊維です。

こういった、酪酸菌の餌となる食べ物を積極的に摂取することで、
腸内の酪酸菌を増やすことができます。

酪酸菌には、腸内バランスを整える効果がありますから、
腸内フローラダイエットに有効で、
痩せ菌とも呼ばれるほどです。

ただ、酪酸菌は、ダイエット効果だけではなく、
クローン病や大腸ガンなどの難病を未然に防ぐ効果もありますから、
健康維持のためにも大変重要な菌といえます。

サプリメントや薬で酪酸菌を摂取した場合、
下痢や便秘になったり、
臭いのあるガスがでるような場合がありますが、
通常は数日で便通は通常になり、
ガスも徐々に無臭になっていきます。

ただ、長期間お腹がゴロゴロしたり、
便秘や下痢が続くような場合は、
体質であわない可能性もありますから
、十分注意しながら続けることが大切です。

酪酸菌は美容と健康促進にも役立つ?

酪酸菌はあまり聞きなれないものかもしれません。

しかし美容と健康を促進する菌として、
最近注目を集めています。

これは動物の腸内に存在するものですが、
ふさわしい食べ物やサプリメントなどで
さらにその働きを活発化させることができるのです。

酪酸菌にはいくつかの種類がありますが、
代表的なのはクロストリジウム・ブチリカムと
フィーカリバクテリウム・プラウスニッツィと呼ばれるものです。

まずクロストリジウム・ブチリカムですが、
これは糖質を分解して酪酸を作り出しますが、
その他にも酢酸やプロピオン酸などを作り出します。

また芽胞と呼ばれるものを周囲に張り巡らす特徴があり、
そのおかげでクロストリジウム・ブチリカムは
熱や胃酸による影響を受けません。

そしてフィーカリバクテリウム・プラウスニッツィは
酢酸から酪酸を作り出します。

しかし芽胞を作ることはなく、
クロストリジウム・ブチリカムとは対照的に
熱や胃酸に弱い酪酸菌です。

実のところ人の体に直接作用するのは酪酸であり、
酪酸菌ではありません。

しかし酪酸を作るこの菌は、
人間にとってなくてはならないものです。

酪酸が体に与える影響とは?

酪酸は具体的にどのような影響を体に与えるのでしょうか?

ダイエット効果

酪酸菌を摂取するとダイエット効果が期待できます。

糖質を摂取するとそれが分解され、
エネルギーとなります。

しかし必要以上の糖質を摂取すると
それが血液中のインシュリンの働きにより脂肪に変換されます。

そしてそこで作られた脂肪は血液によって体の様々な部位に運ばれていきます。
これが肥満が生じるメカニズムです。

脂肪には大きく分けると3つの種類が存在します。
長鎖脂肪酸中鎖脂肪酸短鎖脂肪酸です。

酪酸菌は糖質を分解して酪酸を作り出します。

酪酸は短鎖脂肪酸に相当します。

短鎖脂肪酸は脂肪の中で最も燃焼しやすいものです。

このような理由により、酪酸菌はダイエットに貢献してくれます。

腸内環境を整える

胃腸は食べたものを消化し、
それから栄養を吸収するという大切な役割を果たします。

しかし消化、そして吸収のどちらか、
もしくは双方の働きが正常でなければ、
美容や健康に大きな影響が及ぶことになります。

酪酸には胃腸の働きを正常に整える働きがあるため、

酪酸菌を摂取することで美容や健康促進が可能となります。

まず酪酸菌が作る酪酸有機酸です。

有機酸には腸の粘膜を修復する働きがあります。

胃腸の調子が悪くなるとお腹が痛くなることがありますが、
これは腸に何らかのトラブルが発生しているためです。

多くの場合、粘膜の傷みが原因となっています。

酪酸菌を摂取して腸内の酪酸を増やすことで、
こうしたトラブルは改善されるようになります。

加えて酪酸は大腸の最大のエネルギー源としても知られています。

そのため酪酸がないと大腸は正常に機能しない!

また酪酸菌は乳酸菌と切っても切り離せない関係にあります。

なぜなら酪酸菌には乳酸菌の発育を助ける作用があるからです。

乳酸菌は空気の多い場所を好み、
空気の少ない場所には生息しません。

そして腸内で一番空気が多いのは小腸です。

そのため乳酸菌は小腸に多く生息しています。

このような理由により、
酪酸菌を摂取すると小腸内で乳酸が増え、
小腸の環境が整えられます。

酪酸菌は大腸に対しては直接作用し、
その働きを活発化させます。

小腸に対しては乳酸菌を育てるという点で大きな働きをしており、
結果的に大腸と小腸両方の環境を整えることに貢献しているのです。

美容と健康促進効果

具体的に酪酸菌はどのような美容・健康促進効果を有している?

まず、
余分な脂肪が燃焼されれば肥満が解消され、
ダイエット効果に期待!

これは美容促進効果の1つです。

また肥満が解消されれば生活習慣病を予防することができます。

酪酸には大腸癌を予防したり抑制する役割があります。

大きな病気から体を守るためにも摂取されています。

腸内環境が整えられると食べ物が消化され、
栄養がスムーズに吸収されるようになります。

人の体は食べ物から得る栄養素によって構成されているので、
この働きが活発でなければ健康は維持できません。

酪酸菌は腸内環境を整え
食べ物から得られる栄養をスムーズに体に取り入れられるよう助けてくれます。

この点でも健康を促す菌と言えます。

当然、美しさを保つ栄養素も食べ物から得ることになります。

腸内環境が整えば、不要物・老廃物・有害物資をスムーズに体外に排出できるようになります。

こうした状況は結果的にダイエットや美肌効果をもたらします。
酪酸菌の働きは非常に大きいのです。

また酪酸には制御性T細胞の数を増やして
免疫バランスを整える役割が備わっています。

制御性T細胞とは免疫力に関係する細胞で、
いわゆる異物が体内に侵入するのを防ぐ働きをしています。

しかしこの働きが強くなりすぎると、
逆に体に悪影響が及んでしまいます。

たとえば炎症性腸疾患関節リウマチといった病気は
過剰な免疫反応によって引き起こされる病気です。

しかし酪酸にはこの免疫がバランス良く働けるように
助ける作用を有しているために、
過剰な免疫反応による病気の予防が可能なのです。

酪酸菌を含む食べ物

酪酸菌ぬか漬けに多く含まれています。
しかしこの食品を一度にたくさん食べるのは容易ではありません。

最近では酪酸菌を含むサプリメントなども販売され摂取も可能です。

酪酸菌は人の体の中に生息しています。
そのためこれらの菌の数を増やすことで、
美容と健康を促進することができるのです。

大切なのは、酪酸菌の餌を意識して摂取する!
知られている餌はペクチンβグルカンイヌリンポリデキストロース、そしてフラクトオリゴ糖などです。

まずペクチンを含む代表的な食べ物は柑橘類、リンゴ、そしてバナナなどです。

次にβグルカンですが、この成分を多く含むものは大麦や酵母です。

そしてイヌリンはゴボウ、タマネギ、そして菊芋などに多く含まれています。

ポリデキストロースはトウモロコシから作られた水溶性食物繊維で、
サプリメントに含まれていることがあります。

またトウモロコシそのものにも酪酸菌が餌とする水溶性食物繊維が含まれているために、
お勧めの食材です。

またフラクトオリゴ糖はごぼう、玉葱、そしてアスパラガスなどに含まれています。

これらを意識して食べるなら、
酪酸菌を過剰に意識して摂取しなくても大丈夫といえます。

必要不可欠な酪酸菌

酪酸は体内で重要な働きを担っています。

酪酸を作り出す酪酸菌を摂取したり、
その餌となるものを食べて酪酸菌を増やすことは
美容と健康の促進に貢献します。

酪酸菌の餌となる食材の多くは、
比較的簡単に入手できます。

価格もリーズナブルであり、
購入は容易ですね・・・。

これら食材を十分摂取して、
酪酸菌を増やすことが大切です。

胃腸が弱くてすぐにお腹が痛くなる人の中には、
酪酸菌が少ないゆえにこうした問題に陥っている可能性もあります。

食生活の中で酪酸菌

まずは食生活の中で
酪酸菌の増殖を意識したメニューを取り入れることをお勧めします。

改善が見られれば胃腸の調子のみならず、
美容や健康などの面でも進歩が見られるでしょう!

実は身近な酪酸菌、その働きと積極的に摂りたい理由とは?
■酪酸菌、とひと口に聞いてもあまりピンとこない方のほうが多いかもしれません。
確かに乳酸菌という言葉はよく聞くけれど…酪酸菌、という言葉はあまり耳にしませんよね。
でも酪酸菌は実は古来から日本人の健康を支えてきた菌の一種なんです。
酪酸菌についていろいろ調べてまとめてみました。

■酪酸菌ってなに?どういう菌なの?
酪酸菌は、乳酸菌と同じように善玉菌の一種です。
酪酸菌が存在しているのは私たちの身体の中の腸。
つまり大腸に酪酸菌は存在しているのです。
腸、と聞いてパッと思いつくのは、
便を作り出す臓器、というイメージがやっぱり大きいものですが、
実は私たちの身体の免疫機能をコントロールしている臓器である、
と最近では研究者たちの間で注目を集めているんですよ。
酪酸菌は、ストレス等で傷ついた腸の粘膜を修復する働きや、
抗うつ効果、認知機能改善効果まで期待できると言われています。

つまり、酪酸菌は腸の働きを活発化するのに欠かせない菌なんですね。

ここまで聞いても…酪酸菌についてまだあまりピンときませんよね。
それもそのはず、
腸の中で頑張っていても私たちには見えませんから。
身近に感じるのは難しいのかもしれません。

けれども実は、日本人であれば、
日常生活で酪酸菌とよく触れ合っていたりする人も…実はいるのです。

というのも…ズバリ
ぬかどこをかき混ぜている人。ぬ
かどこを毎日混ぜている人は、
毎日酪酸菌と触れ合っているんですね。

あのぬかどこのなんとも言えない独特な香りは、
酪酸菌によるものなんです。

こういう理由で酪酸菌は日本人とすごくなじみが深い菌だと言えるのです。
そういう風に考えると、
酪酸菌について、少しは親しみがわいてきましたか?

酪酸菌は私たちにとって身近な菌なんですね。

近頃注目度大の酪酸菌その働きとは?

酪酸菌が、注目を集めている理由は、
酪酸菌のダイエット効果にもあります。

ダイエット効果の理由は、
酪酸菌そのものより
酪酸菌が作り出す短鎖脂肪酸に鍵があるのです。

短鎖脂肪酸の働きは、
脂肪の蓄積を防ぎ脂肪を燃焼します!

だからダイエットに効果が高いと言われるのですね。

短鎖脂肪酸は腸内で増やすことによって
腸内環境の改善効果や、
食べたものの消化吸収をすばやく行う効果も期待できます。

さらに免疫機能をコントロールし有害菌への感染を防いだり、
糖尿病などの病気の予防効果まで期待できます。

健康になるため、
美しいプロポーションを手に入れるために
短鎖脂肪酸を作り出さなければならない、
短鎖脂肪酸を作り出すためには酪酸菌を摂らなければならない、
ということになりますね。

酪酸菌

どうやって摂ればいい?
おすすめの摂取法は?

ぬか漬けに酪酸菌が含まれています。
ぬか漬けは毎日大量に食べられるものではありません。

酪酸菌を毎日の生活に取り入れたい場合は、
酪酸菌を含むサプリメント等の摂取が効果的です。

既に自分の身体の中に存在している酪酸菌を育てるのも
酪酸菌を増やす方法です。

ゴボウや玉ねぎに多く含まれるイヌリン、
リンゴやバナナに含まれるペクチン、
大麦や酵母等に含まれるβーグルカン、
トウモロコシに含まれるトウモロコシの水溶性食物繊維などです。

これらの食物は酪酸菌のエサになり、
毎日の食生活で積極的に摂ることをおすすめします。

オリゴ糖もおすすめです。
オリゴ糖は酪酸菌のエサとして、
だけでなく乳酸菌のエサにもなり、
腸内フローラの改善におすすめです。

オリゴ糖のシロップとか、
今ではドラッグストアやスーパーで手軽に手に入ります。
無糖ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べると…
毎日するっと快便に比較的効果をが期待できおすすめです。

腸内環境が改善

どんなメリットがある?

腸内環境が改善されれば便秘になりにくくなり、
菌の感染も防いでくれるため、
病気になりにくくなります。

血中コレステロールを低下させる効果もあります。

腸内環境を整えれば、
きれいに健康になれるのです。

女性の場合、
疲れるとかゆみがあらわれる膣カンジダ症状に悩まされる方が多いですが、
予防にも腸内フローラ改善は効果的と言われています。

善玉菌がいっぱいの状態になれば、
膣カンジダの症状が起こりにくくなるのです。

酪酸菌だけでなく
乳酸菌など善玉菌を積極的に増やして、
腸内フローラ腸内環境バランスを改善したいものですね。

つらい過敏性腸症候群にお悩みの方にも
腸内フローラ改善は良好です。

最近増えているうつの症状にも
腸内環境の改善が期待できるそうです。

私たちの心と身体の健康の鍵を握っているのは、
実は腸である可能性が高いのです。
腸は便を作り出すだけの器官ではありません。
最新研究では、腸は第二の脳とまで評価されています

ビオチン療法

美肌効果に期待するビオチン療法でも
酪酸菌が活躍しています!

ビオチン療法はビタミンB群の一種であるビオチンを積極的に摂り
アトピー性皮膚炎の症状や、
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)、
また花粉症などのアレルギー症状の改善を図る治療法とされています。

昨今では、このような症状の改善目的としてでなく、
美肌効果が高いことに期待する
一部の女子の間でかなり話題になりましたね。

治療法は、
ビオチンを使うだけでなく
ミヤリサンという酪酸菌(宮入菌)と
ビタミンCも同時に服用するそうですが
詳細はビオチン治療の病院に相談しましょう!

腸内環境を整える

あまり聞いたことがなかった酪酸菌!

すごく身近な存在なのです
私たちが気付いていないだけ、
知らなかっただけですね。

腸内環境を整えることは
健康や美容にもいいことです。

酪酸菌、毎日の生活に積極的に取り入れていきたいものですね。

腸内が健康になれば、きっと未来が明るく開けるはずです。