生きたままビフィズス菌を腸まで届けることが大事
ビフィズス菌や乳酸菌が健康によいということで、
ヨーグルトなどを毎日摂取している人も多いです.

せっかくヨーグルトやサプリメントなどでビフィズス菌や乳酸菌を摂取していても、
胃酸で死滅してしまっては意味がありません。

ビフィズス菌や乳酸菌の効果を得るためには、
生きたまま腸まで届くことが重要なポイントとなります。

生きたまま腸に到達したビフィズス菌や乳酸菌というのは、
乳酸を作り出して腸内環境を酸性に傾かせることができますから、
悪玉菌を抑制することができます。

また、乳酸以外にもロイテリ菌などの乳酸菌は、
抗菌物質であるロイテリンを作り出してくれますから、
悪玉菌を抑制することができます。

ビフィズス菌というのは、酸素や強い酸性に弱いという性質をもっていますから、胃酸で死んでしまいます。

近年、酸素や強い酸性にも耐えて、
生きたまま腸まで到達できるビフィズス菌も多く開発され、
うまく選んで摂取することが大切です。

ビフィズス菌には、整腸作用やコレステロール値低減作用、
アレルギーに関する効果、
ビフィズス菌産生物質による効果などがあります。

生きたまま腸まで到達したビフィズス菌というのは、
乳酸や酢酸などの短鎖脂肪酸を産性して、
腸内環境を酸性に傾かせることができ、悪玉菌を抑制できます。

また、アレルギーを持っている子供の多くは、
腸内細菌にビフィズス菌が少なく、
クロストリジウムに属する菌が多いことがわかっており、
ビフィズス菌を摂取することで、アレルギー症に効果が期待できると言われています。

また、腸で吸収されにくいコプロスタノールという物質に分解してくれますから、
コレステロール値を低減させることが可能となります。

ほかにも、アンチエイジング作用が期待できるポリアミンという物質を作り出すビフィズス菌もあり、
さまざまな美容・健康効果が期待できます。

ビフィズス菌は生きたまま腸にまで到達した方が、
より高い健康効果を得ることができますが、
生きて届かなくても、整腸作用矢免疫力調整機能があるとの説もあります。

善玉菌は、生きていなくても、
免疫力を高めたりアレルギー症状を抑制する効果があるともいえるのです。

毎日ヨーグルトなどを摂取することは有効だといえます。

生きたまま腸に届くと謳われているものであっても、
胃酸などで死滅してしまうものもあれば、
摂取したすべての菌が腸まで達する訳ではありません。

また、腸までいきたまま到達したとしても、数日間でほとんど排出されてしまいますから、
定期的に摂取することが重要となります。

ヨーグルトや乳酸菌は、腸の調子を整える食品というイメージが強いですが、
整腸作用だけではなく感染予防や内臓脂肪の低減などさまざまな効果が期待できます。

最近は、痩せ型と肥満型の人では、腸内細菌の構成が異なったり、
病気や不調とも密接に関わることがわかってきています。
自分の体質にあったビフィズス菌や乳酸菌を摂取することが大切です。

胃酸で死滅してしまった乳酸菌やビフィズス菌は
、もともと腸にいる乳酸菌の餌になって、
善玉菌を増やして腸内環境を改善して、
健康によい効果を発揮してくれます。

食品から乳酸菌やビフィズス菌を摂取する場合には、
ほとんどの場合腸に届くまでに死滅してしまいますが、
それでも腸内環境を整えるためには有用となります。

一方、生きたまま腸まで届く場合のメリットとしては、
善玉菌そのものとして腸で活躍することができますから、
便秘解消やアレルギーの緩和、
アトピー性皮膚炎の改善、
コレステロールの低下、
高血圧改善、花粉症の予防・改善効果が期待できます。

ビフィズス菌は人や動物の腸管内に生息している細菌で、
全種類としては、約30菌種あります。

そのうち人に生息するビフィズス菌は、10種類ほどで、
1~10兆個ほど生息していると言われています。

大腸に生息しているビフィズス菌は、酸素や酸に対して弱いため、
ヨーグルトに入っているビフィズス菌がすべて生きたまま大腸に届くというわけではありません。

生後すぐの新生児の腸内はほぼ無菌ですが、1週間経てば99パーセントがビフィズス菌となります。

ただ、生後半年頃から離乳食が始まると、
腸内のビフィズス菌の数は減少し、成人になると10パーセント、
60代になると1パーセントにまで減少してしまうといわれています。

また、加齢だけではなくストレスや食生活、
生活習慣によってもビフィズス菌の量は変化してしまいます。
特に、高タンパク質、高脂肪の食生活を続けていると、
善玉菌の数が減少してしまい、悪玉菌が増えてしまうので、
毎日の食生活を見直すことも大切となります。

ビフィズス菌は1回摂ったからといって一生涯住み着くわけではありませんから、
毎日食事やサプリメントなどで摂取することが大切です。

ビフィズス菌 効果

ビフィズス菌はどんな効果が期待できるの?
最近「菌活」や「腸活」という言葉をよく耳にしますよね?
それと同時に、ビフィズス菌という名前も必ずといっていいくらい目にします。
一体なぜなの?
ビフィズス菌は非常に優れた健康効果が期待できるから!
ビフィズス菌にはどのような効果が期待できるの?

ビフィズス菌とは何?

ビフィズス菌について!
ビフィズス菌とは腸内細菌の一種で、ラクトバチルス・ビフィドバクテリウムを略した名称です。
1899年に健康な乳幼児の便から発見され、様々な健康への効果が期待できることから、
近年ではヨーグルトやサプリメントなど多くの商品に配合されています。
また、乳酸菌とビフィズス菌は全くの別物!
乳酸菌は腸内で乳酸を作り出し、体に良い影響を与える細菌の総称、
ビフィズス菌が腸内に生息しやすくするためのサポートをする働きもする細菌です。
乳酸菌はビフィズス菌を育てるための環境作りをしてくれるのです。

ビフィズス菌に効果が期待

ビフィズス菌の効果は多岐に渡っています。

整腸効果

ビフィズス菌の効果の中で一番見逃せないのは整腸効果。
ビフィズス菌は大腸菌などの有害な菌が腸内に繁殖することを防ぎ、
悪玉菌を減らすことで腸内環境が良好にする働きが期待でます。
ビフィズス菌を摂取すると便秘が解消したり、
下痢や軟便も改善することに期待できる可能性がありますが、これは腸内環境が改善した証拠とも言えます!

アトピーなどアレルギー症状の緩和

ビフィズス菌を摂取することで腸内環境が整うと、アトピーなどのアレルギーの緩和も期待できます。
アレルギーは免疫力が低下しているために起こりますので、ビフィズス菌を摂取して腸内環境が整うことで免疫力が向上するからだとか。
腸と免疫は密接な繋がりがあり、アレルギーなどの免疫に関わる疾患を改善したい人は、まずは腸内環境を整えることが重要といえます。

コレステロール値下げる

ビフィズス菌は、コレステロール値を下げる効果も期待できます。
理由は、ビフィズス菌がお腹の中の余分なコレステロールを分解して体外に排出させる働きがあるからです!
コレステロール値が高いと、動脈硬化や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こしやすくなります。
コレステロール値が高めの人はビフィズス菌を意識して摂取すればいいかもしれません。

ビフィズス菌を継続して摂取する方法?

ビフィズス菌は様々な効果が期待できますが、
ビフィズス菌には多くの種類があり、効果もそれぞれ異なっています。
ビフィズス菌で健康への効果を得たいなら、どのビフィズス菌が合っているのか?
気になるビフィズス菌を見つけて、そのビフィズス菌が配合されたサプリなど試せばわかります!
試しておよそ2週間程度で便秘解消など効果を感じることができれば、体に合っているかもしれません。
ビフィズス菌は十分な効果を感じるまでにある程度時間が必要な場合が多く、継続して摂取することが重要です。
毎日欠かさずに摂取するにはヨーグルトなどの食品よりサプリメントの活用がいいかもしれません。
十分な量のビフィズス菌を摂取するの大変で、毎日となると…
食べるのも飽きてしまいます?
サプリなら少量で十分な量のビフィズス菌を摂取できるのでとても楽な方法かもしれません。
毎月定期的に届く選択枝ならざ買いに行く手間も省けます!
ビフィズス菌を摂取するなら、しっかりと取り入れ、健康維持したいですね。
ビフィズス菌を配合したサプリを飲んでいますが、最近は冬でも風をひかなくなった気がします!
便通も以前より少しは良くなり、ビフィズス菌によって腸内環境が改善された実感ができたのかもしれません。