アレルギーについて!
免疫反応が
特定の抗原に向けて必要以上に生じてしまうアレルギーの
免疫反応を招く原因は
明瞭になっていいないと言われています

体内に侵入した抗原に対する
過剰反応が引き起こす要因も指摘されています

アレルギーをもたらすアレルゲンや
生活環境によるアレルギー疾患が増加しています

自己免疫疾患

自己免疫疾患は
自分の抗原に対する免疫反応の疾患です

内因性アレルゲンが原因となっています

膠原病や円形脱毛症など

アレルギー疾患

アレルギー疾患は
外部要因の抗原に対する免疫疾患

代表的な疾患はアトピー性皮膚炎や
花粉症(アレルギー性鼻炎)アレルギー性胃腸炎など

衛星仮説

幼児期の環境により
アレルギー疾患が引き起されるという衛星仮説がある

近代住居のような清潔すぎる住環境でない
田舎の超自然な環境下でエンドトキシンを乳幼児期に曝露すれば
疾患にならないという説

アレルギーの分類

I型アレルギー
アナフィラキシーショックがある

II型アレルギー
III型アレルギー
IV型アレルギー

V型アレルギー

アレルギー原因抗原の除去と回避が重要ですが
単純な問題ではありません

IgE抗体とは

IgE抗体は
即時型アレルギー反応に深く関係しています

外部から
体内に侵入してきた異物を攻撃するのが
免疫反応で、

攻撃により自分の体に傷をつけるのが
アレルギー反応ということになります

花粉やダニ・細菌などの
侵入に対して免疫反応が起こるのです

アレルゲン・抗原とはアレルギー反応の原因物質で
多くはたんぱく質です

アレルギー反応は、細胞やたんぱく質・化学物質が
各種アレルギー反応を引き起こします

アレルギー反応が起こるのは、
皮膚や粘膜のバリア機能が壊れた隙間から
ダニや細菌花粉などが侵入…
アレルゲン・抗原に対して
抗原提示細胞が異物と認めるのです

この情報を
リンパ球がキャッチ
細菌ウイルスに対して、
形状細胞がIgG抗体やIgM抗体を産生して攻撃

アレルゲンには、
形状細胞がIgE抗体産生と
リンパ球による対応があります

IgE抗体が血液から
皮膚粘膜のマスト細胞につき感作状況に・・・

この状況で再度侵入したアレルゲンが
マスト細胞上のIgE抗体と反応し
マスト細胞から放出されたヒスタミン・ロイコトリエンが
即時型アレルギー反応などを引き起こします
花粉症・気管支喘息・はち毒や食物のアラフィラキシーなど

再度侵入アレルゲンに対するリンパ球反応のケースでは
遅発型アレルギー反応で
活性化物質や細胞間伝達物質が放たれます
接触性皮膚炎など

アレルギー検査には
IgE抗体検査や
皮膚テストなどがあります

母乳がアレルギーを防ぐ?

母乳がアレルギーを防ぐ?:目次(table of contents)

母乳育ちはアレルギーと無縁?

なぜ母乳で育つとアレルギーになりにくい?
「母乳?ミルク?」という質問は人を傷つけることがあります。
これは乳幼児をかかえる母親が聞かれたくない質問として有名なものです。
病気や体質のため母乳が出ない女性や、
ミルクでないといけない理由のある女性もたくさんいるのです。
「母乳で育てるといい子になる」とか、
「ミルクの方が楽だから母乳はやめろ」となど、
持論を誰かに押し付けてしまう風潮は、まだ存在しているようです。

ではなぜそんなにも赤ちゃんを育てるのに母乳でないといけないとこだわる人がいるのでしょうか?
実際、母乳で育った赤ちゃんはアレルギーになりにくいという報告があるのです。

赤ちゃんの体に腸内細菌が必要な理由

私たちがまだ母親の胎内にいたころは、体はほぼ無菌の状態を保っていました。
外の世界に誕生するときの産道を通る際や、
母親からの母乳、
その他さまざまな外の環境から赤ちゃんは細菌に感染します。
感染した細菌が腸内に住み着いたものを「腸内細菌」と呼びます。
これらの細菌はけっして悪いものなのではなく、
赤ちゃんの成長にとても重要なものなのです。
腸内細菌が存在することで、
赤ちゃんが食べたもの、
飲んだものを消化・吸収しやすいようサポートする働きがあるのです。
そして成長するにしたがって母乳だけでなく離乳食、
大人と同じような食事をとっていく過程で、
独自の腸内細菌の集落である「腸内フローラ」を形成していくのです。

なぜ母乳がアレルギーを防ぐのか

母乳で育った子供の腸内には、
ビフィズス菌が多くなります。
ビフィズス菌は善玉菌とよばれるものの一種で、
腸内の健康を保つために必要なものです。
このビフィズス菌が多い腸内フローラを持っていると

  1. 「免疫力が高まる」
  2. 「便通が良くなる」
  3. 「セロトニンなどのホルモンが分泌されやすい」

などの効果があります。
また、ビフィズス菌は
「食物繊維」や「オリゴ糖」を原材料として「短鎖脂肪酸」というものを作り出します。

この短鎖脂肪酸というのは脂肪酸の一種で、
アレルギー症状を抑える働きがあるといわれます。

そのためビフィズス菌を多く持っている場合、
赤ちゃんが将来的にアトピーや花粉症などのアレルギーになりにくくなるという報告があります。

短鎖脂肪酸とはなにか?

短鎖脂肪酸は脂肪酸の一種であり、
私たちの体内で活躍する短鎖脂肪酸には「酪酸」「酢酸」「プロピオン酸」があります。
この酪酸にはアレルギー症状の改善のカギとなる制御性T細胞を増やす効果があるという報告があります。
この細胞によって腸内の免疫細胞のバランスを整えることができ、
それが将来的にアレルギーの予防につながるのです。

母乳に含まれる成分

赤ちゃんをアレルギーから守る母乳成分としては、以下のものがあります。

オリゴ糖

アレルギー症状を抑える短鎖脂肪酸の材料になるもの。
腸内細菌はこれを発酵することで短鎖脂肪酸を作り出すことができます。

ラクトフェリン

悪玉が成長する原因になる鉄分を奪う働きがあります。

カルシウム、マグネシウム、ミネラル

赤ちゃんの成長にかかせない重要なミネラルです

消化酵素

母乳中の乳脂肪分の消化や吸収を助けます

ラクトペルオキシダーゼ

腸内の悪玉菌の活性化を抑制します

ミルクで育てる方法?

ミルクで育てる場合はどうすればよいの?
白澤抗加齢医学研究所所長、医学博士の白澤卓二医師の著書腸が変われば病気にならないによると、

母乳で育てるのが難しい場合、
赤ちゃんにオリゴ糖を含むミルクを与えるとよいでしょう。
オリゴ糖にはビフィズス菌を増やす効果があります

とのことです。
市販のミルクを購入する際、
短鎖脂肪酸の材料となる「オリゴ糖」が成分に含まれているかを参考にするのがおすすめです。
腸内環境が整っていることで、おなかの調子が悪いことが原因だった夜泣きが減ったとの報告もあります。
赤ちゃんの今後の将来のために、
今できることをできる範囲でしてあげたいものです。

免疫細胞

腸内フローラ 腸内環境 の腸内細菌には、人の体の免疫細胞の70%も集中しています。

腸内環境 腸内細菌のバランスを整える重要性はここにもあるのです

善玉菌を活性化することにより、免疫細胞が活性化され

有害菌を阻止する力が働くわけです

免疫力低下

免疫力が低下すると健康維持に大きく影響を及ぼします

病気や疾患にかかる恐れが高まるので、健康には十分留意する必要があります。

口から侵入してきた細菌やウイルスなどの病原体が腸まで侵入してきます

外から侵入してきた細菌やウイルスなどが体内に侵入するのを免役器官でもある腸が防いでいます

免役細胞の7割が腸に集中している頼りになる存在ですね・・・

骨髄

免役細胞(白血球)が生まれる場所は骨髄です

骨髄ではNK細胞やマクロファージ・樹状細胞・B細胞などが作られるのです

骨髄で生まれた免疫細胞は、

骨髄で育つ

あるいは胸腺に送られTh1細胞やTh2細胞・キラーT細胞になったりします

NK細胞・Th1・Th2細胞

体内に侵入した病原体に最初

マクロファージや樹状細胞・NK細胞が働きます

樹状細胞からの情報により

NK細胞⇔Th1細胞

Th1細胞⇒キラーT細胞を増やす

Th2細胞⇒B細胞(働き過ぎは免疫バランスを壊す可能性)

NK細胞

年齢と共に免疫力低下します

NK細胞とTh1細胞は加齢により弱くなり免疫力が低下するのです

免疫力を高めるためにできることとは?

免疫力を高める1

毎日の食事による栄養バランス+乳酸菌の摂取
運動
睡眠
入浴
笑いのある生活

免疫力を高める2

体調を左右している免疫力。

この免疫力が弱まるとからだのあちこちで不調がみられたり、
ウイルスに感染して発症しやすくなるなどといわれます。

では、この「免疫力」を高めるために私たちにはなにができるのでしょうか。
免疫力と腸内フローラの関係性にも触れながら説明。

そもそも「免疫力」とはなにか?

私たちは普段なにげなく「免疫力」というワードを使っていますが、
免疫力とは正確にはどういったものなのでしょうか。
「免疫」というのは、体に侵入してきた「細菌」や「ウイルス」、
また体内にできた「がん細胞」から体を守るための防衛機能のことを指します。

つまり免疫力とは、体に害のある細菌、ウイルス、がん細胞から
どれだけ自身の体を守れるかという指標になるのです。

私たちは日々、外部からの侵入者やがん細胞などに体を脅かされていますが、
この免疫力があるおかげですぐに病気にかかったり発症しないで済んでいるのです。

免疫力と腸内フローラの関係性

近年の腸内フローラに関する研究には目覚ましいものがあります。
そして腸内フローラと免疫力には深い関係があることが分かってきました。
一見関係のなさそうな免疫力と腸にはどのようなつながりがあるのでしょうか。

じつは私たちの腸にはからだの免疫細胞の6割が存在しているといわれているのです。
免疫細胞というのは免疫力を発揮してくれる細胞のことです。
体全体の6割ほどの免疫細胞が存在している腸というのは、
私たちのもつ内臓の中で最大の免疫器官といえます。

「NK細胞」「マクロファージ」といった名称を聞いたことはないでしょうか?
これらは免疫細胞の1種になります。

免疫細胞は「骨髄」でつくられています。
そしてそのまま骨髄で成長するものと「胸腺」にいくものがあります。

骨髄や胸腺に送られた免疫細胞はのちに血管を通して全身をめぐり、
「腸」や「リンパ節」などに移動します。

免疫細胞の6割は腸に存在していますが、
その免疫細胞がうまく機能しているのは
「腸内細菌」のおかげだといわれます。

私たちの腸にもともと存在している腸内細菌は、
免疫細胞の働きをサポートしてくれているのです。

腸内細菌の群れのことを腸内フローラといいますが、
その腸内フローラが良好に保たれていることが
健康への近道となるのです。

免疫力を高めるためにできることとは?

腸内フローラと免疫力には
切っても切れないつながりがあることがわかりました。
では、腸内フローラを良好にするためには
いったい何をすればいいのでしょうか?

乳酸菌製品をとる

各メーカーから販売されている
乳酸菌製品をとることが免疫力アップにつながります。

乳酸菌製品をとり腸内細菌を増やすことで、
免疫細胞の活力をより高めることができるといわれるからです。

発酵食品をとる

発酵食品とはチーズ、キムチ、納豆、つけもの、ヨーグルト、ワイン、甘酒などがあります。

これらの発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれており、
腸内フローラを良好にする働きがあります。

乳酸菌製品をとることと同じ原理で、
腸内細菌を増やして免疫細胞の働きをサポートします。

また、発酵食品と一緒に「食物繊維」や「オリゴ糖」を摂ると
腸内細菌が活躍しやすくなるといわれます。

食物繊維やオリゴ糖は野菜や果物に多く含まれているので、
バランスの良い食生活を心がけるとよいでしょう。

適度な運動を習慣にする

忙しい現代人には運動習慣のないひとが増えているといわれます。
しかし適度に体を動かして筋肉を鍛えると、
体温が上がり免疫力が高まるといわれます。

体温が1度上がるだけで免疫力は数倍にもなります。
ハードなスポーツでなく
ウォーキングやストレッチなどの軽い運動でもいいので、
続けることが大切です。

乳酸菌で、免疫力アップを目指しましょう

腸内環境が体内の免疫力に大きなかかわりを持っていると聞いて以来、
積極的に乳酸菌を摂取しています。

これと言って決まった乳酸菌を摂っているわけではないのですが、
強烈なアレルギー体質で、
免疫力についてはかねてから関心を寄せていました。

免疫力は目には見えませんので、
アレルギー症状の緩和ができればと考えています。

主なアレルギー症状は、
アトピー性皮膚炎と花粉症です。

その他に猫などの動物アレルギーもあります。

食べ過ぎるとアレルギーの症状が出やすい傾向にあるので、
腸内環境は以前からかかわりがあると考えていたのですが、
数々の研究から
アレルギーと腸内環境には深いかかわりがあることが分かったということで、
アレルギーの研究から生まれた、
乳酸菌のタブレットを摂っています。

乳酸菌のタブレットは大手食品メーカーから販売されている商品で、
食べやすいですしタブレットタイプなので携帯にも便利です。

水が必要なサプリメントタイプだと、
ついつい飲むのを忘れてしまいがちなので、
水なしで摂取できるタブレットは気づいたときに摂れるので便利です。

乳酸菌には動物性のタイプと植物性のタイプがあることを先日知り、
漬物に乳酸菌が含まれていることが分かったので、
漬物を毎日の食卓に必ずプラスしています。

もともと発酵食品は摂るようにしていましたが、
漬物には植物性の乳酸菌が含まれており、
その成分が体調を整えてくれることを知ってからは、
ご飯のおともにいろいろな漬物を食べています。

手軽にとれる乳酸菌としては、
ヨーグルトも好んで食べています。

ヨーグルトは好みによって味や乳酸菌を選べる手軽さが魅力で、
どこでも手に入るので、
便秘気味の時に重宝しています。

ヨーグルトで免疫力を高める

「ヨーグルトには免疫力を高める効果がある」ということを聞いたことがある方は
多いのではないでしょうか?

なぜヨーグルトが免疫力アップに適しているのかについて紹介!

私たちの腸内には、善玉菌や悪玉菌などの様々な菌が、
合わせて約100兆存在するとされています。

ヨーグルトには皆さんが知っているように
乳酸菌が含まれているので、
ヨーグルトを摂ることによって
腸内に善玉菌である乳酸菌が増えます。

そして、乳酸菌は、
免疫活性物質であるサイトカインを分泌するように促して、
全身のリンパ球を活性化するように働きかけてくれるので、
腸内がきれいになり、
免疫力アップに繋がることになります。

しかし、食事などで体外から摂取した乳酸菌は、
腸に定着はせず、
最終的に排出されてしまいます。

免疫力アップをしたいなら、
毎日乳酸菌を含んでいるヨーグルトなどを摂ることが重要になってきます。

また、ヨーグルトを食べることは、
食中毒やノロウイルスなどへの
免疫力アップにも繋がるとされています。

これらは、腸内環境により、
発症する場合としない場合に分かれます。
腸の中で、
ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌が、
酢酸や乳酸などをを作り出してくれ、
それによって腸内環境が良い場合、

酢酸や乳酸が酸性へと変わって、
悪玉菌などの細菌が
腸内で増殖するのを防いでくれるのです。

ヨーグルトを食べて
腸内環境を整えるということは、
食中毒やノロウイルスなどへの
免疫力を高めることに繋がるというわけです。

このような良い効果が得られるため、
ヨーグルトはできるだけ
毎日、継続して食べることをおすすめします。

しかし、食べ過ぎるとおなかを壊したりなどと大変なので、
1日に食べる量はしっかりと決めるようにしましょう!