ビフィズス菌飲むタイミング

ビフィズス菌飲むタイミングは朝より夜!

食前より食後がいいと言われています!

ビフィズス菌サプリ飲むタイミングは?

その理由は胃酸によりビフィズスは死滅してしまうので食後の方が生存率が高いからです。

食前の胃の状態は胃酸の濃度が高く、食後に食べ物により胃酸が薄められた状態の方が胃酸濃度が低いからです。

ビフィズス菌は主に大腸に棲息しています。

また大腸の活動は睡眠中より昼間の方が活発なため

腸の蠕動運動は夜間の方が昼間より緩慢なので

ビフィズス菌を含んだ食品が腸内を通過する時間が夜の方が長いため

より効率よくビフィズス菌を利用できるという訳なのです。

だから、私がビフィズス菌を摂取するタイミングは昼よりは夜!

食前より食後にビフィズス菌を取り入れるように心がけています。

乳酸菌&ビフィズス菌サプリおすすめ人気ランキング

★★★★★ ★★★★ ★★★★
ヘルスエイド®ビフィーナEX 機能性表示食品 善玉菌の力 機能性表示食品 乳酸菌(EC-12)
ビフィズス菌(ロンガム種BB536)100億個 クレモリス菌FC株(カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌) 乳酸菌1兆個
30日分30包3,980円 31粒入り円1550円 お試し用1ヶ月分初回限定 特別価格1,810円税抜
132円/日(初回定期) 50円/日(初回定期) 90円/日(定期コース)
「ビフィーナRシリーズ」は21年連続売上No.1/21年連続シェアNo.1 ※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧1998~2018」機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2016年実績)ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む) 「ビフィーナRシリーズ」は販売実績『累計1,000万個突破』/愛用者数『96万人』 ※ 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2018」機能志向 食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2016年実績) ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む) ※ 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

知らなかったビフィズス菌飲むタイミング

知らなかったビフィズス菌飲むタイミング!ビフィズス菌の凄さとその秘密

便通が良くない?と思った時や、逆にお腹の調子が悪く下痢がつづく場合などビフィズス菌が入っている機能性表示食品食品やサプリメントを人からすすめられた経験はありませんか?

飲んですぐに良好になることはありませんが、

長く続けているうちにお腹の調子が良くなったという人も多いのです。

私たちのお腹の中に住む小さなビフィズス菌、

その数の増減が健康に大きな影響を及ぼすことは最近広く知られるようになってきました。

注目すべき点はまだまだある奥深いのが腸内細菌のビフィズス菌です。

ビフィズス菌を取り巻く環境とその特徴を知り、ビフィズス菌を有効に活用していきましょう。

ビフィズス菌サプリ飲むタイミングは?

ビフィズス菌と腸内の様子

私たちの腸の中がどのようになっているのか想像できますか?

最近では腸内フローラなんて言葉もよく聞かれますが、

腸の中を顕微鏡で覗くとグループごとに群生する腸内細菌たちが、まるでお花畑のようなfloraの叢にみえることから腸内フローラ(腸内細菌叢)と命名されています。

腸の中に住んでいる菌の種類や量はその人の生活環境や食生活、国柄、性別、年齢などによって個別に異なります。

そのため腸内環境も人それぞれ違っているのです。

人間の腸内細菌数は約1000兆個、1000種類以上とも言われています。

大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つが存在します。

それぞれ身体に与える影響は異なり年齢によってその割合は変化します。

善玉菌として有名なのはビフィズス菌や乳酸菌。

腸内の環境を整え名前の通り人体に良い影響を及す有用菌です。

悪玉菌にはウェルシュ菌やブドウ球菌、大腸菌などがあり、

これらが増えると腸内で食中毒や炎症を起こす有害物質など様々な毒素を産出し我々の身体に悪い影響を与える有害菌です。

日和見菌は健康な時にはおとなしく、体調が良くないときには腸内で悪い働きをする日和見的な存在で、

バクテロイデスや無毒型の大腸菌などがこれにあたります。

腸内フローラではこれらの細菌たちが勢力のバランスをせめぎ合って存在しているのですが、

ビフィズス菌などの善玉菌が増加すれば悪玉菌が減少し腸内環境が良くなります。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は1899年にフランスのパスツール研究所のティシェによって健康な母乳栄養児の糞便から初めて発見されました。

形状がV字やY字に似ていることから「二股」と「細菌」を意味するビフィドバクテリウム属に分類されています。

嫌気性の菌なので酸素のあるところでは生きていけません。

そのため酸素が含まれている小腸にはほとんど存在せず酸素が少ない大腸に多く存在しているのです。

元々体内にいる菌ですが、加齢やストレス、抗生剤の服用等によってその数は減少してしまいます。

ビフィズス菌はブドウ糖や乳糖などをエネルギー源にして生きています。

ここまでは乳酸菌と似ていますが乳酸菌は糖を分解して乳酸だけを作り出します。

ビフィズス菌は乳酸に加えさらに酢酸をもつくりだしてくれるのです。

この酢酸が腸内環境を良くする鍵になってきます。

ビフィズス菌は役立つ有用菌

ビフィズス菌が糖を分解してつくりだす酢酸には強い殺菌力があり悪玉菌を撃退する作用があります。

腸内で毒素を作り出し腸壁から全身に回ってしまうことで様々な病気の原因になる

悪玉菌を殺菌し善玉菌が増えることでさらに悪玉菌の増殖を食い止めてくれます。

善玉菌の割合が増え、腸内環境のバランスが良好に整います

ビフィズス菌は便通の改善にも役立ちます。

腸内を酸性にすることで腸を刺激し蠕動運動が活発になりのです。

ビフィズス菌の効果的なとり方

私たちのお腹にいるビフィズス菌は人の腸内に棲んでいるタイプのビフィズス菌です。

腸内環境を良好にしてくれるビフィズス菌が配合された健康食品などのサプリメントを摂ることでビフィズス菌を活性化させ増やしてあげる方法がおすすめです。

勘違いされがちなのが、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけではないということです。

普通のヨーグルトは乳酸菌の中のサーモフィラス菌やブルガリア菌しか入っていないことも多いので、自分のおなかに最適な種類のビフィズス菌を取り入れたいものですね・・・。

ビフィズス菌の活躍を後押ししてくれる水溶性の食物繊維や乳糖、オリゴ糖など一緒に摂ることをおすすめします。

水溶性食物繊維は腸内をきれいにしてくれるのでビフィズス菌の増殖に役立ち、

乳糖やオリゴ糖もビフィズス菌の増加を助けてくれます。

特にオリゴ糖は人間の消化酵素では分解されずそのまま大腸に届いてビフィズス菌の働きをダイレクトにサポートしてくれます。

ビフィズス菌は腸内の悪玉菌を少なくする働きがあります。 さらに身体に有用な物質をつくりだすことで健康維持に貢献することがわかりますね。

日ごろから腸内環境を整えて善玉菌が住みやすくしておくことが最良です。

そのためにもビフィズス菌をどう増やすかが大切になってきます。

ビフィズス菌を有効活用して腸内環境を良好にしたいものですね・・・。