ヨーグルト食べるタイミングは何時?

ヨーグルトって何時でも食べていい気がしますが・・・
朝食にヨーグルトっておまいませんか?

朝の出勤やお出かけ前に
時間がないのでとにかく手軽なヨーグルトだけ食べておけばいい?

なんて思っちゃいますよね・・・

発酵食品なら何時でも
何でも食べていれば効果抜群?!

そんな気持ちで手軽に摂取していたヨーグルトオンリーの朝食は?

✖・・・えっつ?

ダメじゃないけど…効果があまりも減少するので惜しいこと限りなし!

例えば同じ発酵食品でも納豆菌などは胃酸にヨーグルトほどは減少しないんですよ!

ヨーグルトと言えばビフィズス菌を思い浮かべますが・・・

そこまではOK!

その先に、つまり口から胃腸へ運ばれる途中で

朝起きの空腹時の胃酸が溜まっている中に

いきなり胃酸に超弱い乳酸菌やビフィズス菌をいきなり送り込んでも

胃酸にやられる確率が大きすぎるのです!

つまり胃酸に柔いビフィズス菌などは殆ど死滅してしまう可能性が大・・・

だから同じヨーグルトを摂取するなら食前より食後の方が

胃の中の胃酸が食物で希釈され薄まっているので

胃酸にやられる確率の少ない食後にヨーグルトを飲む方が

ヨーグルトの効果があるのです。