腸内フローラと免疫力

免疫力を高めるためにできることとは

私たちの体調を左右している免疫力。
この免疫力が弱まるとからだのあちこちで不調がみられたり、ウイルスに感染して発症しやすくなるなどといわれます。
では、この「免疫力」を高めるために私たちにはなにができるのでしょうか。
今回は免疫力と腸内フローラの関係性にも触れながら説明したいと思います。

免疫力

そもそも「免疫力」とはなにか?
私たちは普段なにげなく「免疫力」というワードを使っていますが、
免疫力とは正確にはどういったものなのでしょうか。
「免疫」というのは、体に侵入してきた「細菌」や「ウイルス」、
また体内にできた「がん細胞」から体を守るための“防衛機能”のことを指します。
つまり免疫力とは、体に害のある細菌、ウイルス、がん細胞からどれだけ自身の体を守れるかという指標になるのです。
私たちは日々、外部からの侵入者やがん細胞などに体を脅かされていますが、
この免疫力があるおかげですぐに病気にかかったり発症しないで済んでいるのです。

免疫力と腸内フローラの関係性

近年の腸内フローラに関する研究には目覚ましいものがあります。
そして腸内フローラと免疫力には深い関係があることが分かってきました。
一見関係のなさそうな免疫力と腸にはどのようなつながりがあるのでしょうか。
じつは私たちの腸にはからだの免疫細胞の6割が存在しているといわれているのです。
免疫細胞というのは免疫力を発揮してくれる細胞のことです。
体全体の6割ほどの免疫細胞が存在している腸というのは、
私たちのもつ内臓の中で最大の免疫器官といえます。

「NK細胞」「マクロファージ」

「NK細胞」「マクロファージ」といった名称を聞いたことはないでしょうか?
これらは免疫細胞の1種になります。
免疫細胞は「骨髄」でつくられています。
そしてそのまま骨髄で成長するものと「胸腺」にいくものがあります。
骨髄や胸腺に送られた免疫細胞はのちに血管を通して全身をめぐり、
「腸」や「リンパ節」などに移動します。
免疫細胞の6割は腸に存在していますが、
その免疫細胞がうまく機能しているのは「腸内細菌」のおかげだといわれます。
私たちの腸にもともと存在している腸内細菌は、
免疫細胞の働きをサポートしてくれているのです。
腸内細菌の群れのことを腸内フローラといいますが、
その腸内フローラが良好に保たれていることが健康への近道となるのです。

免疫力を高める

免疫力を高めるためにできることとは?
腸内フローラと免疫力には切っても切れないつながりがあることがわかりました。
では、腸内フローラを良好にするためにはいったい何をすればいいのでしょうか?

乳酸菌製品をとる

各メーカーから販売されている乳酸菌製品をとることが免疫力アップにつながります。
乳酸菌製品をとり腸内細菌を増やすことで、
免疫細胞の活力をより高めることができるといわれるからです。

発酵食品をとる

発酵食品とはチーズ、キムチ、納豆、つけもの、ヨーグルト、ワイン、甘酒などがあります。
これらの発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれており、
腸内フローラを良好にする働きがあります。
乳酸菌製品をとることと同じ原理で、腸内細菌を増やして免疫細胞の働きをサポートします。
また、発酵食品と一緒に「食物繊維」や「オリゴ糖」を摂ると腸内細菌が活躍しやすくなるといわれます。
食物繊維やオリゴ糖は野菜や果物に多く含まれているので、
バランスの良い食生活を心がけるとよいでしょう。

適度な運動を習慣にする

忙しい現代人には運動習慣のないひとが増えているといわれます。
しかし適度に体を動かして筋肉を鍛えると、
体温が上がり免疫力が高まるといわれます。体温が1度上がるだけで免疫力は数倍にもなります。
ハードなスポーツでなくウォーキングやストレッチなどの軽い運動でもいいので、
続けることが大切です。