ヒビダスbb536

人の赤ちゃんの腸に棲息し発見されたビフィズス菌 bb536は、
50種類以上あるビフィズス菌の一種です。
ビフィズス菌は胃酸に弱い性質を持っていますが
ビフィズス菌bb536は胃酸にも比較的強く生き残りやすいビフィズス菌と言われています。

赤ちゃんから大人のおなかに棲んでいるビフィズス菌なので人に優しく馴染んでるタイプのビフィズス菌とも言えますね・・・

日常生活で普通に食するヨーグルトで長く生存できるヒビダスbb536は

毎日摂取できる頼りがいのあるビフィズス菌なのです。

近年特に重視されているプロバイオティクスとしての利用が世界で認められ

ヨーグルトだけにとどまらず

ビフィズス菌サプリから乳児用の粉ミルクなど幅広く利用されているようです

ヒビダスbb536の生理作用の働き5つとは?

  • 整腸作用
  • 感染症を防ぐ
  • アレルギーを予防する
  • 潰瘍性大腸炎の緩和作用
  • 骨の強度を高める作用

機能性関与成分「ビフィズス菌BB536」に関する評価
ビフィズス菌BB536は1969年に健康な乳児から分離され、ビフィズス菌の一種であるビフィドバクテリウム ロンガムであることが確認されている。有用菌として健康維持に寄与しているビフィズス菌には現在12の菌種があるが、ビフィドバクテリウム ロンガムは乳児から高齢者まで幅広くヒト腸内に存在する主要なビフィズス菌の一種である。