食物繊維

現代日本人は、食事の西欧化などで食物繊維が不足しています

食物繊維は野菜や果物・海藻類・穀類に多く含まれます

食物繊維は体内の消化酵素で消化されません

食物繊維は食べても腸内で消化されることなく便で排出されます

栄養素として長年扱われなかった食物繊維が

近年の研究で食物繊維は第6の栄養素と注目されています

(たんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルは5大栄養素)

食物繊維

有害物質を包み込み排出する

腸のぜん動運動の促進

便通を整える

血液中コレステロール・糖質の吸収を遅らせる効果

腸内善玉菌を増殖させ腸内環境バランスを整える作用

などの働きが食物繊維にあり

メタボリックシンドローム・生活習慣病の予防改善効果が期待され

各種の食物繊維研究が注目されています

食物繊維の必要摂取量

食物繊維の摂取目標量

18歳以上で一日当たり

男性19g以上

女性17g以上

日本人の食事摂取基準(2010年版)による

実際の日本人の食物繊維摂取量平均

成人男性15.1g

成人女性14.7g

(厚生労働省:平成21年国民健康・栄養調査結果の概要)

食物繊維摂取と大腸がん

食物繊維の摂取量と大腸がんとの関係に注目する必要があります

生活習慣病と病気との関係が研究されています

なかでも食物繊維摂取量と大腸がん発生率との因果関係の研究は進んでいます

食事調査の結果から食物繊維摂取量による詳細データでの大腸がんリスクは、食物繊維が極端に少ないグループは大腸がんリスクが高くなる可能性があり、

食物繊維1日10g未満しか摂取してない人での大腸がんリスクは高い報告もあります

食物繊維を摂取する食習慣は健康に良い基本的な考え方があります

心疾患・糖尿病予防など含め、食物繊維を多くとる習慣は総合的健康に良いとされています

大腸がん予防のために十分な食物繊維を、それ以上摂取しても大腸がん予防の効果は変わらない可能性が高いと考えられています

ただし食物繊維は病気予防効果もがん以外にも認められています

食物繊維は肥満予防や生活習慣予防に効果ありとされる栄養素です

不足しないように摂取することは最低限必要なようですね・・・