腸内フローラヨーグルト
体内環境の腸内フローラ叢に生息する細菌叢の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、健康維持に悪影響を及ぼす恐れがあります。
善玉菌である有用菌が優勢なバランス状況の体内環境で健康維持を継続することが、腸内環境の基本です。
悪玉菌が優勢になり善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌が勢力を拡大すると・・・

日和見菌は善玉菌優勢時にはおとなしい存在ですが、悪玉菌の勢力バランスが善玉菌を上回ってくると、日和見菌は悪玉菌になり、有害菌が一気に増えることになります。
悪玉菌の代表格は、腐敗菌群など有害に働くブドウ球菌やウエルシュ菌・緑膿菌などがあります。
悪玉菌に負けないように、善玉菌優位の腸内フローラ叢のバランスを保ち、有用菌が優位の腸内フローラを維持する必要があるのです。

腸内フローラヨーグルト

ヨーグルトで乳酸菌を腸内フローラに届け善玉菌を活性化させ、腸内フローラバランスを保ちましょう!

食べたヨーグルトの乳酸菌は腸まで届くの?

乳酸菌を補給しても胃酸にやられるので動物性乳酸菌は生きたまま腸まで届きません

こてに対し胃酸に強い乳酸菌や植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届きます

腸まで到達した乳酸菌がそのまま生き続ける訳ではありません

人それぞれ性格や好みが異なるように乳酸菌に各人の腸との相性もあり、

その人の腸に合わない乳酸菌は生き延びることはありません

淘汰され残った乳酸菌の寿命は最長でも1週間なのです・・・生きて永遠に腸内見せてくれるのではありません

でもここに面白いポイントがあるのです。

ヨーグルト菌と各人の相性の問題です。

その人に合わない乳酸菌をいくら摂取してもあまり大きな腸内フローラーの改善効果を期待できないでしょう!

同じヨーグルトでも私には便通が改善されたよっていう人もあれば、

乳製品はもともとあまり好きじゃないし、なんとなくお腹に合わない気がしているっていう人も居られるんですよね

実際に自分に適した乳酸菌を発見して見分けるためには、数あるヨーグルトの一種類だけ2~3か月間は180cc程度は、取り続ける必要があります。

一番手っ取り早いのは乳酸菌サプリを利用する方法です。

それも複数の乳酸菌を配合した乳酸菌のサプリメントを利用すれば、

そのうちどれかの乳酸菌が自分の腸内フローラの善玉菌を増やしてくれるかもしれません。

例えば、乳酸菌革命っていう乳酸菌サプリメントがあります。

人気の高い乳酸菌・・・ビフィズス菌やガセリ菌・ラブレ菌

それに追加して、

ラクトバチルスガッセリー・ラクトバチルスブレビス・ラクトバチルスヘルベティカス・ラクトバチルス/ラクトバチルスブルガリクス・ ラクトバチルスカゼイ・ アシドフィルス・ラクトバチルスアシドフィルス/など

腸内フローラのバランスよくするために、かなり多くの種類を摂取できる乳酸菌サプリもあります。

腸内フローラーのバランス

今言われている理想的な腸内フローラーバランスは

善玉菌3:悪玉菌1:日和見菌7

このバランスが理想とされていまが、日常のいろんな要素が原因でバランスが壊れるのです。

例えば加齢・・・人はいつまでも若くて健康ではありません!

お腹のビフィズス菌も、お母さんから出産した時が一番多く、99%以上の構成比でした。

以降、毎日いろんな種類の腸内細菌が、子供の腸内フローラーに生息するようになり、

加齢を感じる60歳ころになると、

なんとビフィズス菌は1%にも満たない状況になっているのです。

加齢で嫌ですが避けれない運命ですね・・・

ヨーグルトを食べることは本当に腸にいいのか?

ヨーグルトに夢はあるのか。昨今のさまざまな健康ブームの中で、「腸内環境を整えれば健康になる」という認識は広まりつつあるかと思います。では、腸内環境を整えるのにいい食品とはなにか?と聞かれたとき、まっさきに「それはヨーグルトだ」と答える人が多いのではないでしょうか。「お肌に良い」「便通にいい」「花粉症の症状も軽減すると聞いた」など、ヨーグルトを食べることにさまざまなメリットがあると考えている人がいると思います。はたしてヨーグルトは本当に食べるだけでそんなに願いが叶う夢の食品なのでしょうか。

・そもそもヨーグルトとはなにか
ヨーグルトとは発酵食品の1つです。乳に「乳酸菌」「酵母」を混ぜて発酵させたもので、その乳の原料は牛、やぎ、ひつじ、馬などの乳分泌量が多い草食動物が利用されやすいそうです。
ヨーグルトの起源はなんと7000年前とされ、生乳に偶然に乳酸菌が紛れ込んだのがはじまりといわれます。
温暖な地域では腐りやすい生乳のままで保存するのは難しいため、ヨーグルトの形にして保存していたといわれます。
ヨーグルトなどの乳酸菌製品に含まれる乳酸菌は、食べたからといって私たちの腸内に住み着くことはできません。
しかし、その代謝産物によって整腸作用があり、私たちの体にさまざまなメリットを与えてくれます。

・牛乳でおなかを壊す人がヨーグルトは平気なワケ
牛乳からヨーグルトを作る過程の中で、乳酸菌の働きによってラクトースという成分が分解されます。
それによって牛乳でおなかを壊してしまうような乳糖不耐性の人でも、消化の負担が減っておなかを壊しにくくなるのです。
しかしヨーグルトは基本的に冷蔵保存する食品のため、冷たく胃腸に刺激がかかります。
胃腸の弱い人や妊婦の方、冷え性の方などは食べ過ぎに注意が必要です。

・本当にヨーグルトに効果はあるのか
ヨーグルトには「乳酸菌」が含まれています。
人間の腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という腸内細菌が住んでおり、その善玉菌の中に乳酸菌は含まれます。善玉菌は加齢、ストレス、食生活の偏りなどさまざまな要因によってその数は減ってしまい、そのことが原因で腸内環境が悪化してしまうといわれています。
そのため、乳酸菌などの善玉菌である「プロバイオティクス」を体内に摂りいれる健康法が注目されているのです。ということは乳酸菌が含まれているヨーグルトも、腸にいいということになります。ヨーグルトには腸内環境を良くする効果があるというわけです。しかし、ただヨーグルトをがばがば食べれば健康になれるというわけではありません。

・ヨーグルトだけでは本当の効果は発揮されない
ヨーグルトは腸内環境を整えてくれる乳酸菌が入っている「プロバイオティクス」であるという話をしました。
しかし、そのプロバイオティクスの効果を最大限生かすためにはもう1つ、「プレバイオティクス」が必要だとされています。
名前が似ているようですが、つまりプロバイオティクスに活力を与えてくれる存在のことを言います。
たとえば「食物繊維」「オリゴ糖」がプレバイオティクスに当たります。
このプロバイオティクスとプレバイオティクスの2種類どちらも継続的に摂取することで高い整腸効果が期待できるということです。
納豆(プロバイオティクス)だけを食べていたときは痩せなかったのに、
そこにコンニャク(プレバイオティクス)を足したら痩せた、便通が改善されたという報告があります。
なのでヨーグルトを食べる際にはオリゴ糖が豊富な果物などと一緒に摂るのがおすすめです。

・ヨーグルトでも乳糖不耐性では危ない
乳糖不耐性のひとはヨーグルトではおなかを壊しにくいと説明しました。
しかし、おなかを壊す成分は分解されているとはいえ、ヨーグルトの中にもまだ含まれています。
日本人には乳糖不耐性の人が多いといわれています。
けっして腸にいいからと食べ過ぎないようにし、バランスの良い食事を心がけましょう。