善玉菌と悪玉菌について知ろう!

善玉菌は有用菌です

ヒトの体にとって有益な働きをしてくれる腸内細菌です

善玉菌は乳酸菌生産物質を作る有益菌です

乳酸菌生産物質は人間の健康維持に不可欠な物質です

善玉菌の代表的な乳酸菌やビフィズス菌が腸内フローラを綺麗にしてくれます。

腸内細菌のバランスは善玉菌優勢に保つことが必要ですね・・・

腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に大きく2分類され、善玉菌や悪玉菌にも属さない日和見菌があります。

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の比率が理想的な腸内環境のバランスと言われています。

善玉菌と悪玉菌について知ろう!

私たちの体の中にはいろいろな種類の菌が多数存在しているそうです。菌というと「虫歯菌」のような悪さをするものから、「乳酸菌」といういいイメージのある菌までさまざまなものがあるかと思います。なかでも腸に生息している善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものは、私たちの腸内の健康維持に非常に関係しています。今回はその善玉菌と悪玉菌について説明していきたいと思います。

・「善玉菌」はいい菌で「悪玉菌」はわるい菌?
人の小腸から大腸にかけて存在している菌を腸内細菌とよびます。私たちが持っている腸内細菌は1000兆を超え、重さでいうと1キロほどにもなるそうです。これらの菌をその性質により大きく3つに分けることができます。それが「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」というものです。善玉菌は主に私たちの健康を維持する働きをしています。便通をよくしたり免疫を活発にするなどとても貢献してくれています。そして腸内の環境が良くないときに多く見られるのが悪玉菌です。悪玉菌はさまざまな有害物質を作り出してしまうのです。そして日和見菌はふだんは問題を起こさないのですが、体が疲れていたり免疫力が低下しているときに悪さをすることがあります。
悪玉菌は必ずしも悪い存在になるとは限りません。彼らはたんぱく質を分解して栄養を吸収する働きをしてくれます。また、悪玉菌が存在するからこそ善玉菌が私たちにとっていい効果を発揮してくれるともいわれています。善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、そして悪玉菌が増えれば善玉菌が減るという相対関係にあります。そしてこの善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスがしっかりとれている状態こそが、私たち人間にとって望ましい環境なのです。

腸内フローラを整える

腸内フローラを整える カカオのタンパク質が腸内フローラを整える 最近、「腸内フローラ」への注目度が高まっていま・・・

サントリープロディア

サントリー「プロディア」 精神的に強いひとは腸も健康的だといいます。 腸内環境と精神状態には関連性があると聞き・・・

ページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.