どうして悪玉菌は増えるの?「肉中心の食生活」に注意

どうして悪玉菌は増えるの?「肉中心の食生活」に注意
悪玉菌が増える原因として、肉類の多量摂取があります。悪玉菌は肉のたんぱく質、アミノ酸を分解してそこから体に害のある物質を作り出しています。また、加齢により善玉菌が減少してしまうため、悪玉菌が増えやすくなることもあります。ほかには食物繊維の不足もあります。食物繊維は腸内の不要なものを取り除き、善玉菌をサポートする力があります。なのでこの食物繊維が不足してしまうと、悪玉菌が増えてしまうのです。また、食物繊維は摂りすぎても悪玉菌を増やしてしまうといわれています。生野菜などの食物繊維をたくさん含むものや玄米を一気に食べたからといって、悪玉菌が減るとは限りません。むしろ消化不良によって悪玉菌を増やしてしまうことがあるのです。なので生の野菜ではなく、これらを加熱処理して食べるようにしましょう。そうすると体の中で消化・吸収しやすくなり、悪玉菌の増殖を抑えることができます。「野菜をひたすら食べれば体にいい」と思いがちなのは、食の欧米化によって生野菜を食べる機会が増えたことが原因かもしれません。日本人はもともと汁物や煮物などから野菜を摂っていました。今一度そのような食生活を見直す機会が必要かもしれません。悪玉菌が増えると体臭や口臭がくさくなったり、肌荒れを引き起こしてしまいます。健康だけでなく周囲の方へのエチケットとしても、悪玉菌を抑えたいです。年齢を重ねれば善玉菌は減りやすくなってしまいます。悪玉菌を増やさないためにも、食生活を肉中心ではなく野菜や発酵食品なども摂りいれバランスよく食べるようにし、食物繊維も積極的に摂りいれることが大切になります。

・悪玉菌を増やしすぎないために
悪玉菌が増えすぎると大腸がんのリスクが上がったり、太りやすくなったり、体臭や口臭が気になるようになります。悪玉菌を増やさないためには、善玉菌を増やす必要があり、これは日々の習慣にすることが大切です。善玉菌は発酵食品を食べたり、オリゴ糖を摂ったり、適度に運動をすることで増やすことができます。悪玉菌は私たちにとって必要な菌であり、完全な悪ではけっしてありません。しかしやはりバランスの良い腸内環境、バランスの良い食事を大切にしていきたいです。

腸内フローラを整える

腸内フローラを整える カカオのタンパク質が腸内フローラを整える 最近、「腸内フローラ」への注目度が高まっています。 その人それぞれの腸内フローラは健康状態のバロメーターになったり、 精神病患者や糖尿病患者の腸内フローラは・・・

腸内フローラ サプリ

腸内フローラ サプリの人気おすすめランキングは相変わらず根強い反響があります 腸内環境のバランスを改善できる腸内フローラ改善サプリに期待される効果効能が広く求められているのでしょうね・・・ 中高年の高齢者ならビフィズス菌・・・

善玉菌と悪玉菌・日和見菌

善玉菌と悪玉菌・日和見菌 善玉菌とは? 腸内の善玉菌と悪玉菌・日和見菌ってなに? このところよく耳にする「腸内フローラ」と善玉菌と悪玉菌・日和見菌、 最近は「菌活」なるキーワードも出てきて、雑誌でも菌活特集が組まれている・・・

ページの先頭へ