アメリカでは乳酸菌と腸内環境と健康や美容との関係は医学的・栄養学的に早くから研究されています。
栄養学の研究はアメリカでは国家中心に推進してきた関係上、サプリメント利用人口も1億2000万人を超えています。
サプリメント規制は日本より緩いと言われていますが、逆に行政指導は厳しい国です。
栄養学的な情報を掲載するように指導・啓もう活動を行っています。
30年以上の期間、サプリメント大国であり続けているアメリカは乳酸菌データ大国でもあるのです。
腸内環境や腸内フローラ~腸内細菌と健康・美容・肥満ダイエットなどの関係や影響力も研究され公開されているサプリメント先進国アメリカ!
アメリカ【米国】での健康サプリメント市場は、大きく伸びている分野です。
合衆国食品医薬品局FDAも情報を公開しています。
アメリカの栄養補助食品健康教育法(DSHEA)は成立からすでに20年以上経過しています。
アメリカでは医療費削減につながり
米国民の健康維持管理や慢性病の予防発症に期待できる期待から(DSHEA)を成立させたのです。
したがってこの栄養補助食品健康教育法(DSHEA)により効能記載が合法化されたわけです。

日本での、栄養補助食品の機能性表示は(DSHEA)を参考にしているとされています。

しかしアメリカのサプリメントは(DSHEA)以降食品扱いではなくなりました。
食品と医薬品の中間に位置するニュートラスーティカルという位置づけを確立したのです。
アメリカでは(DSHEA)施行により、7割の国民がサプリメントを利用しています。

もちろん乳酸菌サプリも伸びる勢いがあるサプリメント市場です。
アメリカのアレルギー内科学会が推奨している善玉菌サプリなど
日本と比較しても、かなり多種多様なサプリメントが販売されています。
善玉菌の研究が進んでいるアメリカでは、腸内環境改善を目的に乳酸菌サプリを摂取する明確な目的があるようです。
例えば日本では便秘薬で一時しのぎをするケースもありますが、
アメリカでは腸内環境の善玉菌を増やす長期的な改善効果に期待して乳酸菌サプリが利用されるのです。
したがって目的の腸内環境改善効果が期待できない乳酸菌の摂取は意味がないと考え、
自分の腸内環境改善に最適な乳酸菌サプリを選ぶとも言われています。
アメリカ人のサプリメント利用方法の詳細まではわかりませんが、
日本と比較して遥かにサプリメント市場が巨大なアメリカでのサプリメントに対するとらえ方は、
サプリメントに大きく頼らない日本より、はるかに進化した利用知識があるはず!とも考えれます。
もっとも個人責任で情報を積極的に集めてうまく利用できるインフラが存在することが大きいと言えます。
規制が厳しくなく行政指導が厳しい!という事と市民の目が厳しく各種団体によるサプリメント監視もかなりあるようです。
日本のように規制が厳しいからそれでよいとする風潮とは異なるようですね・・・

また人種によって、体つきなどが違うように、腸内環境に最適な乳酸菌の種類が、多少ずれることもありうるかもしれません!
腸の長い日本人と、足の長い西洋人とでは、腸内環境の腸内細菌構成も異なって然りですよね・・・

でも人間である以上、胃は胃の働きをする!
腸は、腸管内で腸内フローラが腸内細菌叢を展開している事には違いはありません。

人間としての研究成果と結果開発された有効な乳酸菌サプリをうまく選ぶことが重要なことは、世界中の共通認識でしょう!

優秀なサプリメントが安く手に入るアメリカの乳酸菌サプリメントは、すでに日本で多数販売されています。
日本でも同じですが、効果0のサプリメントがないとは言えない各国のサプリメント!
シッカリ詳細まで理解して利用しましょう!

実際に米国のサプリを購入したく口コミを見ても

日本と同様に、凄く良い意見と効果の実感はなかった、と両者の口コミ結果が見れます

サプリメント先進国のアメリカのサプリメントは、しっかり選ぶ手段があれば

価格だけでなく効果・効能面でも優れたサプリメントは多いはずですが、

言語の違いによるデメリットが、大きいのも事実ですね・・・