ビオフェルミン製薬の「新ビオフェルミンS」

現在は多くの乳酸菌製品が販売され、普段の食事に付け足しているひとも多いです。腸内フローラを整えることが、ハツラツと元気に過ごすためのサポートになるといわれています。「毎日の食事内容の重要性」は、理解しながらもなかなか調理の時間が取れなかったり、仕事での会食や付き合いがあったりと思うようにできないこともあります。そのため現在は手軽に不足した栄養素を摂取できるサプリメントの需要が高まりつつあります。今回はCMでも取り上げられている「ビオフェルミンS」の紹介をしたいと思います。

・腸内フローラとはなにか?

私たちの腸内にはたくさんの細菌が暮らしています。その細菌たちは集落を形成しており、その様子を顕微鏡で拡大して見たところ、まるで花畑(フローラ)のようだったことからその名がつけられました。腸内細菌はその特徴から大きく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つにわけられます。この3つがうまくバランスをとっていると私たちの腸内の環境は良好に保たれます。しかし乳酸菌などの善玉菌は、「ストレス」「加齢」「偏った食事」などの生活習慣が影響してどんどん減ってしまうといいます。そのため私たちは普段の食事などから積極的に乳酸菌を摂ることが大切です。

・新ビオフェルミンSがおすすめな理由

▼人の腸と相性の良い3種の菌を配合

CMで「人にはヒトの乳酸菌。」というフレーズでおなじみのこの商品。そのキャッチフレーズの通り、新ビオフェルミンSには人由来の善玉菌が配合されています。それは「ビフィズス菌」「アシドフィルス菌」「フェーカリス菌」の3つです。この3つはそれぞれで特徴や働きも違います。たとえばフェーカリス菌とアシドフィルス菌がおもに小腸に働きかけるのに対して、ビフィズス菌は酸素のない大腸で活躍します。新ビオフェルミンSはこの3種の善玉菌を配合することによって小腸と大腸のどちらにも働きかけるようにされています。

▼すこし甘みがあり食べやすい

新ビオフェルミンSは1日の摂取目安量が9錠とやや多めです。しかし商品自体に少し甘みがあるのが特徴の1つです。サプリメントなどの健康食品は味にくせがあるものも多く、そうなるとなかなか摂り続けるのが負担になってしまいます。なので甘みのある新ビオフェルミンSは小児(5歳以上)から高齢者の方まで飲みやすい商品だと思います。

▼安心の国産商品

いまでは多くの乳酸菌製品が販売されています。そうなると気になるのが安全性です。外国産の商品も多く流通する中、やはり家族の健康を思うと国産の商品が安心です。新ビオフェルミンSは国産の商品なので気持ち的にも安心して続けることができます。

・腸内フローラを良好にすることで元気な毎日を

腸内環境と私たちの体調はじつは深いつながりがあることが分かってきました。そのため腸内環境を整えることが、健康維持のサポートにつながるといわれています。おなかの調子があまり良くない人や、なんだか活力が出ないという人、また口臭や体臭、肌荒れに悩んでいる人は、積極的に腸内環境を良くするよう心がけてみてください。新ビオフェルミンSは手軽に乳酸菌を摂取でき、日々の生活習慣に取り入れやすい商品です。現在では近くの薬局やドラックストアでも購入することができるので、気軽にはじめやすいです。サプリメントなどの健康食品は薬ではないため、摂取することで劇的な効果を望むことはできません。しかし手軽にはじめられ、長く続けられるというメリットがあります。「バランスのよい食事」「適度な運動習慣」「ストレスの発散」などの健康的な生活習慣に加えて、新ビオフェルミンSを試してみる?