「花菜の選べる乳酸菌」には、ナノクラスの高機能乳酸菌が使われています。
この乳酸菌は、日本でも有数の長寿県である「長野県」で
昔から食べられている「すんき漬け」から発見されました。
ズミ・山ぶどう・ヤマナシを潰して発酵させます。
それを素として、赤かぶを発酵させます。
素以外は何も入れません。
塩も砂糖も。これが「すんき漬け」です。

この伝統発酵食品から発見された乳酸菌は、何と通常の乳酸菌の大きさから見ると10分の1以下のサイズなんです。
このサイズにも秘訣があるのです。
本来届かないところまで小さいので、入り込めてしまうことが出来るのです。
また、その植物性乳酸菌がプロバイオティクスで生きたまま腸まで到達します。
これこそ、植物性乳酸菌代表格のラブレという訳です。
腸内環境を整えるのは当然ながら、腸内でリンパ球を活性化させインターフェロンaを作らせます。
その結果、抗ウィルス作用、抗ガン作用を活発にします。
要するに、免疫力UPというわけです。
次に、乳酸菌と酵母の共生発酵の「ケフィア」です。
これは、よくヨーグルトと同じように認識されがちですが異なります。
乳酸菌の種類が指定されていて、酵母が必須条件であるということ。
ヨーグルトの一種ではありません。
発酵乳という分類の中に「ヨーグルト」と「ケフィア」は別々に分類されているということからも、
違うということがわかると思います。
黒海とカスピ海に囲まれた山間のコーカサス地方の伝統食とされる発酵乳です。
この地方は、世界的にも長寿で知られています。
「ヨーグルトきのこ」といわれるツブツブの「ケフィアグレイン」が特徴です。
このケフィアの効果は、免疫活性化、抗炎症作用、血圧上昇抑制作用と言われています。
「ケフィアグレイン」とは、ケフィア粒とかケフィアスターターと呼ばれています。
触ると弾力性と粘性があります。
酸っぱいにおいと酵母独特のにおいがあります。
ケフィアグレインにはケフィランという多糖類の粘性物質といくつかの乳酸菌と酵母が共生しています。
色は少し黄色味を帯びたものになります。
あと、乳酸菌のフェカリス菌が配合されています。
このフェカリス菌は、大きな期待がかかる乳酸菌の一つですが、
生きたまま腸まで届くのではなく、
死菌として大量に腸まで届く事が出来るので、
安定した効果を確実に得ることが出来るのです。
また、最近の研究により分かってきたことですが、
死菌にも生きた菌と変わらないほどの効果が有るということ。
その効果が大量の死菌を摂取できることから期待できるのです。
またこのフェカリス菌は定住している善玉菌の餌にもなり、増殖効果もあります。
腸壁に刺激を与え、免疫細胞を活性化させて免疫力もUPさせます。
実際に、花粉症の症状にも効果が確認されています。
また、アレルギー系に関しても一定の効果が得られると期待されています。
「花菜の選べる乳酸菌」は二種類の異なるサプリメント袋をそれぞれ分けて提供しています。


それには大きな意味があります。
毎日同じ乳酸菌を摂取していると、そのうち慣れが生じてくるのです。
その結果、効果が薄れるのです。
その為、常に効果が有るようにと考えられたのが交互に摂取する方法です。
違う乳酸菌を交互に摂取することで慣れを防ごうというのです。に、刺激を与え活性されるように、飲み分けるという画期的な方法なのです。の為二袋に分けられているのです。
非常に有効な方法と言えるのでしょう。
この為二袋で1か月分です。
基本価格は二袋一か月分6000円です。
少しお高めですが、乳酸菌をそれぞれ分けていることから考えると、
そんなに高いとも言えないと思います。
また、品質管理に関していうと、日本最高クラスの国際品質のGMP認定工場での製造です。
GMPとは、厚生労働省が定めた品質管理基準です。
このように、他では無い方法を独自に考えた「花菜の選べる乳酸菌」です。
慣れが生じてると思う方は是非、お試しください。