大自然から生まれたバランス発酵食「乳酸菌とケフィアの力」。
シリーズ累計750万個突破。
さすが健康食品のやずやだけあります。
まず初めに、生きて腸まで届く有胞子性乳酸菌。一週間で減少・排泄されてしまう為、継続的に摂取することが望ましいと言えます。

しかし、効果は抜群です。
なんて言っても腸まで生きたまま到達して、しっかり任務を果たしてくれるのですから。
次は、善玉菌をサポートする多機能性タンパク質「ラクトフェリン」。ラクトフェリンとは、見えない菌に立ち向かうたんぱく質です。
人の母乳に多く含まれています。
特に初乳には
多く含まれています。
他にも、唾液や涙にも含まれています。
人以外には、生乳にも含まれていますが、ごく僅かです。
また、少し赤みがかった色で鉄と結合しやすい事から、「牛乳の赤いたんぱく質」とも呼ばれています。
ミネラルの吸収を助けて体の内側から健康サポートしてくれる「多機能性タンパク質」なのです。
コラーゲン同様に加齢とともに減少していきます。
その次に、「ケフィア」とは、複数の乳酸菌と酵母菌が共生発酵した発酵乳。
ケフィアとヨーグルトはともに牛乳から出来ています。
発酵時の菌の種類が異なります。
ヨーグルトは、乳酸菌の「単独発酵」ですが、ケフィアは乳酸菌と酵母で「共生発酵」。
乳酸菌は人由来で、もともと人間の体内に生息しています。
体内のバランスを整えたり、免疫機能も整えます。
食生活や身体の状態によって乳酸菌も減ったり、増えたりします。
そのことで体調も左右されます。
また、酵母菌はパンやみそなどの発酵食品には、かかせなものですが、発酵過程でアミノ酸など様々な物質も生み出します。
ケフィアは、もともと黒海とカスピ海に囲まれた山間のコーカサス地方で偶然にも作りだされました。
まさに「偶然の宝物」と言えます。
また、今回ケフィアは伝統的な種菌の「ケフィアグレイン」を使用しています。
ケフィアを服用しているロシア人は、確かに美しい。
その秘密は、美容に大切な成分がふんだんに入ってることが要因かもしれません。
その他にも、「フラクトオリゴ糖」は自然界に存在する難消化性のオリゴ糖です。
ニンニク、アスパラガス、ネギ、玉ねぎ、ごぼう、大豆などに含まれています。
これは乳酸菌やビフィズス菌の餌となります。
また、人間の消化液では、分解されません。
その為、善玉菌にとっての重要な餌となります。
増殖を手助けします。
あと、食物繊維は「難消化性デキストリン」です。
トウモロコシのデンプンから作られた水溶性食物繊維。
胃の中で水分を吸って、腸内で粘性ゲル状になり便秘の解消を促します。
このような、様々な成分が配合されているのです。
やずやならではとも言える、他の商品とは差別化を図ったサプリメントに仕上がっています。
研究に力を入れて独自に考え出しているところは、やはり健康食品には自信を持っているやずやの強さを感じます。
消費者目線で商品開発されているためか、カロリーも4kcalで、1~2本一日に飲むそうです。
価格も通常価格なら2800円です。
もちろん割引コースもあります。
しかし、本来「ラクトフェリン」を含んでいる商品は、こんな価格ではありません。
「ラクトフェリン」が配合されている他の商品の値段と比較してみてください。
きっと納得されることでしょう。確かに初回限定でお安くなっているところも沢山あります。
しかし、長く服用するつもりならば、価格面も大きな選択基準です。
他とは違うやずやを体験してみても良いかもしれません。