乳酸菌サプリメントを欲しくて買いたい!

そんな思い・・・こんな悩みって腸をスッキリさせたい!

誰でもありますよね・・・

生きた乳酸菌が腸まで届くサプリメントで腸内環境のバランスを改善したい!

善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整えたい!

乳酸菌 サプリ ドラッグストア

だから近くのドラッグストアーへ走るんですが・・・

ドラッグストアーへ到着して、すぐに売る場に急ぐのですが・・・

ところが善玉菌のチカラ ドラッグストア

なかなか見つからないのが乳酸菌サプリメントなど!

ビフィーナS

どこに売ってるの?乳酸菌サプリ 市販

乳酸菌 サプリ 薬局


胃腸薬の掲示板が目に入り、急いで行ってみると

ない ない ないんですね・・・

乳酸菌サプリメントの扱いって、

ドラッグストアーにとっても悩みの種みたいですよ?

なんで?・・・

だってすぐわかるところに乳酸菌サプリメントがないんですよ!

もちろん冷静になって、本格的に探せばわかるんですが・・・

それまでが大変・・・

旦那はイライラするし・・・

 

乳酸菌サプリはドラッグストアーでどのように販売されているのでしょうか?

今売られている乳酸菌サプリドラッグストアで乳酸菌サプリの場所はなかなか見つかりません。

なぜか?ともっと突っ込んで考えればわかるのですが・・・

そもそも、乳酸菌サプリドラッグストアでの乳酸菌サプリは薬ではありません。

あくまでドラッグストアーで売られている乳酸菌のサプリメントなのです。

そうなんです、

サプリメントは薬ではないので、

薬事法により、薬と同じ表示ができないのです。

 

胃腸に効果のある胃腸薬の棚に乳酸菌サプリメントを、

胃腸に効くと表示できないからだと思われます。

 

ココに乳酸菌サプリが通販でよく見かけ、

本当に良質な乳酸菌サプリが通販で販売されている理由があるみたいですね。

 

それにネット通販が一般的になった現在、サプリメントメーカーも

インターネットに力を入れないと、今後の展開に出遅れたくない!

 

ドラッグストアーは人件費やコストが発生するので、

経営効率を考えても、爆発的に進化しているネット通販からの利益を無視できない時期に期待るのだと思われます。

 

消費者の評価の高い売れ筋の乳酸菌サプリメントは、

ネット通販で、今すぐ手に入るから

人気サプリメントはネットで買うという流れが出来上がってきていることも大きな要因なのです。

 

いまネット通販で乳酸菌サプリメントは、多数販売されており

ドラッグストアーで選ぶより

インターネットで評判の楽天市場やアマゾンで

口コミや評価・評判をスマホで確認したり

早くてよくわかる人気おすすめランキングを参考にしたほうが

値段も安くて、一流の良い乳酸菌サプリメントを選べる時代になってきていることが

今の時流を拡大している大きな要因なんでしょうね・・・

 

一番簡単で賢い乳酸菌選び方は

今売れている

人気でロングランの知名度のある会社の

乳酸菌サプリメントを実際に購入して

試してみるのが一番確実で、手っ取り早い選び方でしょう♪!

確かに、10年~20年もの期間、人気のあるサプリメントは

長年の悩みに耐え抜いた利用者を唸らせるだけの価値があるのでしょうね・・・

だから一番最初に試したいサプリは

人気ランキングでも定番のおすすめサプリとなる訳です

もちろんすべての利用者に、期待される効果効能が認められるわけではありませんが、

それでも利用者が多い理由は

長年にわたり培われてきた安心安全へのこだわりが強いからだと思われます

人間生活において、大切なのは安心安全なのですから・・・・

 

乳酸菌サプリがビフィズス菌を生きたま腸まで届けます

乳酸菌やビフィズス菌は、胃液の胃酸で死滅してしまいます

せっかく多くの乳酸菌を摂取して腸内環境のバランスを良好にしょうと思っても、

乳酸菌が胃に運ばれ胃酸に触れると胃酸に弱い乳酸菌は死滅してしまいます。

不足する善玉菌を補うためには、

生きたまま乳酸菌を腸に届けるカプセル容器にビフィズス菌を詰め込んで摂取すれば、

ビフィズス菌は安全に胃をや十二指腸を通り抜け、

無事腸内フローラまで到達できるのです。

もちろん乳酸菌の中には日本古来の植物性乳酸菌のように
熱や酸に強い乳酸菌も存在します。

数ある乳酸菌の役割は種類により異なるかもしれません

未だ腸内フローラの本格的な解明は、
この数年に劇的に進化したばかりでもあるのです

そうすると、乳酸菌はできるだけ種類を多く摂取したほうが

各個人に適した乳酸菌を出来ることになります。

生きたまま腸まで届くビフィズス菌 ヘルスエイド ビフィーナS

森下仁丹の機能性表示食品である「ヘルスエイド ビフィーナS」」は
生きたビフィズス菌が腸まで届き、
腸内フローラを良好にするなど便通を改善する報告がされています ♪  ♪ ♪

価格は通常3865円ですが・・・
今なら初回限定で2980円(税・送料込)で購入できます♪!

公式へ2
product_dimg02
「ヘルスエイド ビフィーナs」とは、

ヘルスエイド ビフィーナSは連続シェアNO1

  1. 乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1 
    ※ 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績) ビフィーナシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)
  2. 販売実績累計1,000万個突破
    愛用者数96万人 

    ※ 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

ビオフェルミン製薬の「新ビオフェルミンS」

現在は多くの乳酸菌製品が販売され、普段の食事に付け足しているひとも多いです。腸内フローラを整えることが、ハツラツと元気に過ごすためのサポートになるといわれています。「毎日の食事内容の重要性」は、理解しながらもなかなか調理の時間が取れなかったり、仕事での会食や付き合いがあったりと思うようにできないこともあります。そのため現在は手軽に不足した栄養素を摂取できるサプリメントの需要が高まりつつあります。今回はCMでも取り上げられている「ビオフェルミンS」の紹介をしたいと思います。

・腸内フローラとはなにか?

私たちの腸内にはたくさんの細菌が暮らしています。その細菌たちは集落を形成しており、その様子を顕微鏡で拡大して見たところ、まるで花畑(フローラ)のようだったことからその名がつけられました。腸内細菌はその特徴から大きく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つにわけられます。この3つがうまくバランスをとっていると私たちの腸内の環境は良好に保たれます。しかし乳酸菌などの善玉菌は、「ストレス」「加齢」「偏った食事」などの生活習慣が影響してどんどん減ってしまうといいます。そのため私たちは普段の食事などから積極的に乳酸菌を摂ることが大切です。

・新ビオフェルミンSがおすすめな理由

▼人の腸と相性の良い3種の菌を配合

CMで「人にはヒトの乳酸菌。」というフレーズでおなじみのこの商品。そのキャッチフレーズの通り、新ビオフェルミンSには人由来の善玉菌が配合されています。それは「ビフィズス菌」「アシドフィルス菌」「フェーカリス菌」の3つです。この3つはそれぞれで特徴や働きも違います。たとえばフェーカリス菌とアシドフィルス菌がおもに小腸に働きかけるのに対して、ビフィズス菌は酸素のない大腸で活躍します。新ビオフェルミンSはこの3種の善玉菌を配合することによって小腸と大腸のどちらにも働きかけるようにされています。

▼すこし甘みがあり食べやすい

新ビオフェルミンSは1日の摂取目安量が9錠とやや多めです。しかし商品自体に少し甘みがあるのが特徴の1つです。サプリメントなどの健康食品は味にくせがあるものも多く、そうなるとなかなか摂り続けるのが負担になってしまいます。なので甘みのある新ビオフェルミンSは小児(5歳以上)から高齢者の方まで飲みやすい商品だと思います。

▼安心の国産商品

いまでは多くの乳酸菌製品が販売されています。そうなると気になるのが安全性です。外国産の商品も多く流通する中、やはり家族の健康を思うと国産の商品が安心です。新ビオフェルミンSは国産の商品なので気持ち的にも安心して続けることができます。

・腸内フローラを良好にすることで元気な毎日を

腸内環境と私たちの体調はじつは深いつながりがあることが分かってきました。そのため腸内環境を整えることが、健康維持のサポートにつながるといわれています。おなかの調子があまり良くない人や、なんだか活力が出ないという人、また口臭や体臭、肌荒れに悩んでいる人は、積極的に腸内環境を良くするよう心がけてみてください。新ビオフェルミンSは手軽に乳酸菌を摂取でき、日々の生活習慣に取り入れやすい商品です。現在では近くの薬局やドラックストアでも購入することができるので、気軽にはじめやすいです。サプリメントなどの健康食品は薬ではないため、摂取することで劇的な効果を望むことはできません。しかし手軽にはじめられ、長く続けられるというメリットがあります。「バランスのよい食事」「適度な運動習慣」「ストレスの発散」などの健康的な生活習慣に加えて、新ビオフェルミンSを試してみる?

サントリープロディア

サントリー「プロディア」
精神的に強いひとは腸も健康的だといいます。
腸内環境と精神状態には関連性があると聞き、私自身も家族で乳酸菌飲料や腸内環境を整えるサプリメントを摂るようになりました。
忙しい毎日の中で忘れがちになりますが、家族が笑顔でいること、健康でいることほど幸せなことはありません。
最近はたくさんの乳酸菌製品やサプリメントが販売されているので、その中から自分たちの体と相性がいいものを選ぶことができます。
サントリーから販売されている「プロディア」の紹介です。

・乳酸菌が注目されている理由

私たちの腸内環境を整えることが、元気で健康的な生活をおくることにつながるとして多くのメディアに取り上げられています。
腸内環境が良好であると口臭や体臭、便秘の対策になったり、肌荒れをよくするサポートをしたりするともいわれます。
腸内環境を整える秘訣は、乳酸菌やビフィズス菌とよばれる腸内細菌を摂ることです。
私たちの腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」とよばれる細菌が存在しています。彼らはおたがいにバランスをとりながら、私たちの健康を内側から支えてくれています。
しかし善玉菌というのは年を取るとどんどん減ってしまうため、腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。そうなると腸内環境が悪くなり、便秘や肌荒れなどの不調が起きるといわれます。
減ってしまいがちな善玉菌は、「チーズ」「納豆」「つけもの」「甘酒」などの発酵食品に多く含まれているのでこれらを積極的に摂るようにするのがよいでしょう。
また、昨今の健康ブームの影響で、たくさんの乳酸菌サプリメントが販売されているので、善玉菌を低価格で手軽に摂りいれることができます。

・サントリー「プロディア」のおすすめポイント

▼プロテクト乳酸菌が15億個配合

プロディアにはプロテクト乳酸菌がたくさん含まれています。プロテクト乳酸菌とは、「植物性乳酸菌」の中から選ばれた過酷な環境でも耐えることができる強い菌のことです。
その強さのひみつは「細胞壁」にあります。
乳酸菌はそれぞれ細胞壁というバリアーのようなものを持っていて、外部の刺激から自分を守っています。その細胞壁の厚さが厚いほど、過酷な環境でも耐えることができるといわれています。
サントリー「プロディア」に配合されている乳酸菌は、そんな細胞壁が厚くパワフルな菌なのです。

▼独自の製法で腸までしっかりと届く

細胞壁が厚く強い乳酸菌であると同時に、乳酸菌を厳しい環境で培養して鍛えることでさらに細胞壁を厚くしています。
サントリー独自のバリアー製法により「ダブルの守る力」で乳酸菌をしっかり腸まで届くようにしています。

▼ビタミンB群も配合で乳酸菌の働きをサポート

私たちの体は毎日たくさんの腸内細菌を消費しています。そのため腸内環境を整えるためには乳酸菌などの善玉菌を日々摂りいれる必要があります。
しかし乳酸菌を単体で摂るよりも、乳酸菌の働きをサポートする栄養素とともに摂る方法が注目されています。サントリー「プロディア」は乳酸菌の働きをサポートする「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」を配合しています。

▼1日3粒で飲みやすく続けやすい

サプリメントなどの健康食品は日々の習慣として取り入れ、長く続けることが大切です。
そのためサプリメントを選ぶ際にはいかに飲みやすいかを考えるとよいでしょう。
健康のために摂取したいのに、苦かったり粒が大きかったりして飲み込むことが負担になってはかえってストレスになってしまいます。
プロディアは摂取目安量が1日3粒と少なく、粒も小さくて飲みやすいのが特徴です。
分けて飲まずに1度で口に入れることができるので、仕事や家事、育児で忙しい方にも負担になりません。

サントリーラクテクト

朝からおなかの調子が悪いと、1日が憂鬱になってしまうことがあります。
腸内環境と精神状態には関連性があると報告もあります。
私たちは毎日食事をして生きているため、食事内容のバランスの影響をダイレクトに受けます。
昨今は食の欧米化により、昔の日本では少なかった病気や生活習慣病がどんどん増えているといいます。
日々の習慣を変えることはなかなか難しいですが、その積み重ねこそが未来をつくるのかもしれません。
今回は生活習慣からくる不調のサインにとのキャッチフレーズをもつサントリー「ラクテクト」の紹介をしたいと思います。

・サントリー「ラクテクト」のおすすめポイント

▼プロテクト乳酸菌をたっぷり配合

ラクテクトにはプロテクト乳酸菌が配合されています。プロテクト乳酸菌とは植物性乳酸菌「ラクトバチルスS-PT84」のことで、しば漬けから発見されたといわれます。カビの一種として知られる「カンジダ菌」を働かせないようにする力があります。また、乳酸菌は独自の「細胞壁」をもち自分のカラダを守っていますが、プロテクト乳酸菌の細胞壁は通常のものより厚く、過酷な環境でも耐えられる力があります。

▼「ラクチュロース」配合でビフィズス菌をサポート

サントリー「ラクテクト」はビフィズス菌の働きをサポートするラクチュロースも配合しています。ラクチュロースは口に入れると途中で分解されずに大腸まで届きます。酸素のない大腸にはビフィズス菌がたくさん生息しており、ラクチュロースが存在することでビフィズス菌にとって過ごしやすい環境にすることができます。そうなると腸内環境が人間にとって好ましい環境になっていきます。

▼今注目の「ラクトフェリン」「フコイダン」配合

最近ラクトフェリンという成分が注目されています。ラクトフェリンは糖タンパク質の一種で、涙や母乳に含まれている成分です。ラクトフェリンは体に害を及ぼす菌の栄養である「鉄」を奪い、菌が繁殖するのを防ぎます。さらにラクトフェリンは腸内の善玉菌の働きをサポートするといわれます。そして粘膜成分として注目されている「フコイダン」も配合されています。フコイダンは海藻類のぬめりに含まれる成分で、修復機能をサポートするといわれます。

▼「ビタミンB群」配合でラクトバリア成分をサポート

ラクトフェリン、フコイダン、ラクチュロースなどに加え、さらにバリアを強化する目的として「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンB6」を配合されています。「ラクトバチルスS-PT84」「ラクチュロース」「ラクトフェリン」「フコイダン」の4つとビタミンB群のサポートを合わせ、サントリーは「ラクトバリア成分」としています。サントリー「ラクテクト」は日本で初めてラクトバリア成分が配合された商品なのです。

▼1日3粒で飲みやすく続けやすい

サントリー「ラクテクト」は1日の摂取目安量が3粒と少なく飲みやすいです。サプリメント商品の中には1日に10粒近く飲むのが目安のものもありますが、飲むことが負担になると続けにくくなってしまいます。その点、ラクテクトは粒が小さく量も少ないので続けやすく、においなどくせもありません。

・健康習慣の1つとしてサプリメントを取り入れる

健康的に年を重ねるためには、「バランスのとれた食事」「適度な運動」「ストレスをためない」「禁煙」などの整った生活習慣をつづけることが大切です。厚生労働省の調査によると日本では近年、糖尿病などの生活習慣病がどんどん増えているといわれます。日々の積み重ねがのちのち大きくなって私たちの体に反映されて帰ってくるのかもしれません。サプリメントは薬ではないため劇的な効果は得られませんが、毎日の健康習慣のサポート役として活躍してくれます。自分や家族のためにも、サプリメントを健康習慣の1つとして取り入れるのはいかがでしょうか。

スルスル天使

女性の美を追求したサプリメントです。
赤ちゃんに注目し、
今話題のベビーコラーゲンとベビー乳酸菌を配合した
「スルスル天使」です。

  • お肌の弾力ハリが気になる
  • 赤ちゃんのぷるぷる美肌になりたい!
  • ノーメイクしっとり肌に若返りたい
  • 30代~40代内側から綺麗な化粧ノリにしたい
  • 便秘が気になりだした

西洋医学と東洋医学を駆使し、
いいとこどりした最先端のトータルアンチエイジングです。

マスコミやメディアで活躍中の
アンチエイジングドクターこと
日比野佐和子先生により開発され、

管理栄養士とともに手を組み編み出された「スルスル天使」は、
どのような効果があるのでしょうか?

コラーゲンは、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型という風にいくつかの形に分類されています。
もお肌に関するコラーゲンは、Ⅰ型とⅢ型です。

Ⅰ型は、
お肌の張りや弾力性を保つためのコラーゲンです。
また骨や筋肉、腱を丈夫に保つ働きもあります。

Ⅲ型は、
別名ベビーコラーゲンとも言われています。
赤ちゃんの肌には多く含まれています。
しかし、年齢を重ねると急激に減少してしまいます。

ベビーコラーゲンをサポートするチカラが「卵殻膜」にあるのです。
あの薄い卵の内側にある、
僅か0.07㎜の薄い膜です。
いつもはゆで卵をむく時に邪魔してくる薄皮に
そんなチカラがあったなんて、知りませんでした。

それでは。ゆで卵の日には、必ずあの薄皮を食べようかと考えた人もいるのではないでしょうか。
あれは、水にも溶けないので消化吸収されないのです。

スルスル天使では、
吸収しやすいように加水分解しています。

これは、もともと、中国の古典医学書に記載があったのです。
この卵殻膜には人間の頭髪によく似た18種類ものアミノ酸が存在。
類をみないほどの美容成分であるシスチンが大量に含まれています。
こんなにもシスチンが含まれているものは、
他には、なかなか見たことはありません。

ひょっとすると、この「卵殻膜」が、若さの秘訣を保つための救世主になるかもしれません。
ベビー乳酸菌、別名をクリスパタス菌KT-11は、
2006年に発見された、まだ浅い乳酸菌です。

しかし、この乳酸菌には、驚きの秘めた力がありそうです。
赤ちゃんのアレルギー発症率について調べると、驚きの結果が分かったのです。
それは、通常分娩で出産した場合と帝王切開で出産した場合のアレルギー発症率に違いがみられたのです。

帝王切開の方が発症率が高いというのです。
それをもとに、産道を通ることで、何かがあるのではと考えられたのです。
その結果、このクリスパタス菌KT-11はお母さんの産道を
通過する際に母親から受け継いだものだと判断したのです。

クリスパタス菌はどのような菌なのでしょう。
このクリスパタス菌は、他の乳酸菌と比べて、
アンチアレルギー活性がすごいのです。
実際数値として表れているのです。

その結果は、直ぐに確かめられました。
マウス実験でアレルギー性鼻炎を発症させ、
試したところ7週間で10分当たりのくしゃみの数が大幅に減少したのです。
また卵アレルギーとダニアレルギーに関しても同じように結果が出ています。

微量の配合でも高い相乗効果も得られることが確認されています。
結果として、
アレルギー症状、
アレルギー性鼻炎症状がそれぞれ緩和され、
他にも歯周病症状の緩和も確認されているとのことです。

今後このベビー乳酸菌は、
スーパーベビーと呼ばれるほどの現代病の救世主になることは、
近い将来現実になるような気がします。
心待ちにしておきましょう。

その他にも、難消化性デキストリンが配合されています。
これは、トウモロコシのでんぷんから作られた水溶性食物繊維。

胃の中で水分を吸って、
腸内で粘性ゲル状になり便秘解消に繋がるのです。

また、GMP基準認定もされています。
これは、厚生労働省による安全品質管理基準をクリアしているという証です。

このように、「スルスル天使」には、大きな効果が有ると思っています。
この効果を得るには、1日2粒の継続が必要です。
価格は1か月で4125円税別です。
初回のみの特典などもあり、
悩んでいる方は、効果を実感してみましよう。

 

ベビー乳酸菌

脳や全身の健康状態まで左右するといわれる腸内環境
腸内環境を整えるためには乳酸菌などの善玉菌を積極的に摂ることが大切です。
乳酸菌を取り入れることで

  • 免疫力の向上
  • 口臭や体臭の対策
  • インフルエンザの対策
  • 便通のサポート
  • 精神状態のサポート

などのさまざまなメリットが得られるといわれます。
そこで取り入れたいのが株式会社ショイフルライフから発売されたベビー乳酸菌という商品です。
ジョイフルライフで人気の新発売されたこのサプリメントは、いったいどのような商品なのでしょうか。

・ベビー乳酸菌ってどんな商品?

株式会社ジョイフルライフから新しく発売されたベビー乳酸菌という商品。
スルスルシリーズは販売個数60万個を突破した人気のサプリメントシリーズで、今回のベビー乳酸菌には「クリスパタス菌」という乳酸菌を使用しています。
クリスパタス菌というのは人間由来の乳酸菌なので、人間の腸内環境とも相性が良いといわれています。
ベビー乳酸菌というのは、赤ちゃんが生まれる際に産道を通る段階で体に入ってくるといわれます。
そのため帝王切開で生まれた赤ちゃんはベビー乳酸菌が少ないそうです。

ベビー乳酸菌のおすすめポイント

▼強く高い免疫力を持つ「クリスパタス菌」を配合

ベビー乳酸菌に含まれているクリスパタス菌の特徴として、
「熱に強く体の中で活躍しやすい」
「高い免疫力を持つ」などが挙げられます。
乳酸菌にはたくさんの種類がありますが、そのなかでもクリスパタス菌は人とも相性が良く力強い菌だといえます。

▼「ビフィズス菌」や「オリゴ糖」も配合

ベビー乳酸菌にはクリスパタス菌という乳酸菌のほかにもビフィズス菌が配合されています。
ビフィズス菌というのは乳酸菌と同じ善玉菌でありながら、乳酸菌とは働く場所も性質も異なります。
そのため乳酸菌とビフィズス菌の両方を一度に摂れるというのはうれしいポイントです。
また、乳酸菌の働きをサポートする「オリゴ糖」や「食物繊維」も配合されています。
オリゴ糖や食物繊維は乳酸菌のエサとなり、腸内環境を整えるサポートをします。
「ベビー乳酸菌」
「ビフィズス菌」
「オリゴ糖」「食物繊維」
の4つのチカラによって毎日の腸内環境をサポートします。

▼アンチエイジングドクター日比野佐和子先生による監修

ベビー乳酸菌はアンチエイジングドクターでもある日比野佐和子先生による全面監修のもと作られました。
日比野先生は大阪大学医学部 大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。
現、大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授をされています。
多くの患者から信頼を寄せられ、またトータルエイジングケア治療を行う「Rサイエンスクリニック広尾」の院長もされています。

ベビー乳酸菌

人は生まれる前はほとんど無菌状態ですが、産道を通り外の世界に触れて生活する中で、たくさんの細菌を体内に取り入れていきます。
そうして取り入れられた腸内細菌たちは、私たちの健康を体の内側からサポートしてくれています。
乳酸菌などの善玉菌は、年を重ねるごとにどんどん減少していってしまうといわれます。
そのため普段の食事から善玉菌を積極的に摂りいれて腸内環境を整える必要があります。
腸内環境を整えることが体の健康をサポートするといわれます。腸内がきれいだと免疫力が高くなりやすくウイルスや風邪の対策になります。
また、便通のサポート、体臭や口臭の対策、精神状態のサポートにもつながるといわれています。
体調を崩しやすい季節にも、乳酸菌があれば安心!