森下仁丹の機能性表示食品ヘルスエイド ビフィーナS
生きたビフィズス菌が腸まで届き、
腸内フローラを良好にし

便通を改善する報告があります

価格は通常3865円
今なら初回限定で2980円(税・送料込)

product_dimg02
「ヘルスエイド ビフィーナs」とは、

ヘルスエイド ビフィーナSは連続シェアNO1

  1. 乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1 
    ※ 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績) ビフィーナシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)
  2. 販売実績累計1,000万個突破
    愛用者数96万人 

    ※ 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

「ヘルスエイド ビフィーナs」は、とにかく飲んでその内容を実感しましょう!

  • 普通に1日1回以上・・お通じがない?
  • 生きたままビフィズスス菌を取りたい
  • 今までも便通が良好じゃない女性に・・・
  • プロバイオティクスの摂取を考えたい、取り入れたい!
  • おなかの調子をキッチリ整えたい思い
  • 腸内フローラのバランスどうなの?
  • 排便回数が本当に気になっています
  • 排便回数が多くないってどうなの?

おすすめしたい方に試して欲しい!

  • メーカー 森下仁丹
  • 菌種 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個
  •  菌種 乳酸菌(アシドフィルス菌とガセリ菌)10億個
  • オリゴ糖もプラス
  • 通常3856円⇒お試し価格なら2980円(税込)

ビフィズス菌(ロンガム種BB536) が生きたまま腸まで届く森下仁丹の

「ヘルスエイド ビフィーナS」紹介サイトはコチラから←

「ヘルスエイド ビフィーナs」にはビフィズス菌がなんと50億個(1袋)も詰まっています!

さらに乳酸菌も10億個

この生きたまま腸にまで届いくビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個が

腸内フローラを良好にして便通改善に寄与するのです。

でも腸内フローラに棲みついているビフィズス菌って、

年齢とともに少なくなっているのですよ!

 

赤ちゃんの時は99%以上であったビフィズス菌が・・・

60歳あたりまで年齢が進んでくると僅か1%以下にまでビフィズス菌が減少しているのです!

驚きの現象ですね・・・

私たちの腸内での大切な有用菌であるビフィズス菌がここまで減少してくるとは・・・

大変困ったことですね・・・

 

実は、人々の腸内には、腸内細菌が存在しています。

その腸内細菌の数は1000兆個ともいわれているほどたくさんの数が生息しているのです。

その種類も1000種類以上とい驚異的な種類数です・・・

これら多数の腸内細菌が叢をなして腸の中に生きている状態の生態系が

お花畑のような様相をしている形態から

フローラの叢、つまり腸内フローラといわれるようになっているのです。

この腸内フローラの有用菌バランスを改善し適切に維持することが注目されています。

腸内フローラバランスの、有用な細菌による改善効果を、期待する研究が飛躍的に進展しています。

特に生きた有用菌の活躍により

人の体の細菌バランス改善をする健康維持効果の期待を

プロバイオティクスともいうのです。

 

人体に有用効果を期待できるビフィズス菌はおよそ30種類ほどに分類されています。

この中で4種類が発酵食品に使用されてきました。

 

食品利用によるビフィズス菌(ロンダム菌)の摂取は、

腸管に有用作用があることで以前より注目を集めていた有用菌の代表格です。

 

「ヘルスエイド ビフィーナS」(1袋あたり)には

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)が50億個乳酸菌が10億個入っているのです。

乳酸菌の種類は、アシドフィルス菌とガセリ菌です。

つまり

「ヘルスエイド ビフィーナS」には

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個+乳酸菌10億個有用菌60億個(1袋あたり)

さらにオリゴ糖が入っています。

 

オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌のエサになり、有用菌が活性化され元気になります。

お腹にいる有用菌に、

 

「ヘルスエイド ビフィーナS」のビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個+乳酸菌10億個が加わって

 

さらにオリゴ糖をエサにして、ビフィズス菌や乳酸菌がますます元気になります。

 

赤ちゃんの頃には99%以上と言われていたお腹のビフィズス菌

加齢に伴い

どんどん減って60歳くらいになると僅か1%以下にまで減少しています!

 

腸内フローラのバランスを維持することが大切なのです!

 

tokubetukakaku01

「ヘルスエイド ビフィーナS」は、機能性表示食品です。

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)が腸内フローラを良好にし、便通を改善することが確認されました。

簡単まとめ乳酸菌サプリの情報

 

乳酸菌サプリ 価格 乳酸菌種や乳酸菌数 詳細情報
乳酸菌サプリおすすめ
人気ランキング
★★★★★
ヘルスエイド
ビフィーナS

honnke
価格2980円税込
ヘルスエイド ビフィーナS森下仁丹の詳細へ
生きたまま腸まで届くカプセルに守られたビフィズス菌 ⇒初回限定で23%OFF(送料無料)通常価格3856円が⇒2980円税込(お1人様1個限り) 50億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)と乳酸菌10億個(アシドフィルス菌とガセリ菌)

腸内フローを良好に!便通を改善する

機能性表示食品

★「ビフィーナ」シリーズ売上乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績) ビフィーナシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)

販売実績累計1,000万個突破&愛用者数96万人※旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)ベストセラー1位

なんといっても生きたビフィズス菌・・・ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を摂取することができる

腸内フローラ良好にして、なんと便通を改善する機能が存在する報告がある!

ビフィズス菌は健康な方の腸内に多く棲む有用菌なんですよ♪

 

このビフィズス菌は約100年前に発見されてから世界的にプロバイオティクスとして広範囲に利用されています

私たちの腸内フローラの腸内有用菌全体の99.9%を占めているビフィズス菌!

ビフィズス菌は約30種類に分類されます

ヨーグルト食品などに利用される4種類(ロンガム種など)を摂取して

腸内・腸管に有益なたらしてくれる作用が、早い段階から注目されてきたのです

 

腸内フローラが注目を集めています!

腸内環境の中には腸内細菌がたくさん棲みついています

これら腸内細菌の種類は1000種類

数は1000兆個と言われています

これら腸内細菌が棲みついている細菌群の生態系が腸内フローラと言われているのです!

年齢と共に減少するビフィズス菌、

腸管内の有用菌であるビフィズス菌の減少により、腸内環境バランスが壊れます

さらに加齢と食生活の乱れや生活ストレス・運動不足など

ビフィズス菌が減少する要因は、年齢と共に加速する恐れがあるのです

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の摂取で腸内フローラを良好にし

排便回数を増やして便通を改善したいものですね・・・

tokubetukakaku01

機能性食品に対応のヘルスエイド ビフィーナS

届け出表示は ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の機能性です

生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)は、

腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています

腸内フローラ腸内環境の腸内細菌叢に生息している健康に有益な有用菌の代表格のビフィズス菌!

加齢や食生活の乱れ・ストレスなどで減少しているビフィズス菌!

生まれた赤ちゃんは99%以上であったビフィズス菌は、

年々減少~60歳頃には1%未満という悲惨な状況なのです

有用菌の減少⇒有害菌の増加という

悲惨なスパイラルって加齢臭並みに嫌ですね・・・

外部から有用菌の代表格であるビフィズス菌を60億個毎日補給すれば

腸内環境バランス改善も期待できるかもしれませんね・・・

ビフィズス菌摂取による排便回数増加の報告もあり

便中のビフィズス菌増加もあるので

腸内フローラの改善可能性が期待できるのです

胃酸に負けないで生きたまま腸までビフィズス菌(ロンガム種BB536)を届ける

ヘルスエイド ビフィーナSのカプセルは、水無しで飲める極小タイプ・・・

腸まで届いてから溶け出す耐酸性3層構造のダブルプロテクトカプセルなのです

 

benntuuwokaizenn

ヘルスエイド ビフィーナS

 

腸内フローラのビフィズス菌が増加♪
腸内細菌の有用菌の代表格的ビフィズス菌数が増加!

product_bifina_graph2ビフィズス菌(ロンガム種)摂取で、対照食品摂取時に9.7+0.3回 log10/g fecesだった糞便中Bifidobacterium(ビフィドバクテリウム)属菌という菌数が、9.9+0.3回 log10/g fecesに有意に増加した、さらに占有率についても、対照食品摂取時に34.4±19.2%に有意に増加したことが報告された記録があります。

 

糞便中のアンモニア量が減少♪

product_bifina_graph3

50億個ビフィズス菌(ロンガム種)摂取で、摂取前に比べて糞便中のアンモニア量が、33.3±16.1μmol/g feces→24.5±9.2μmol/g feces
ビフィズス菌(ロンガム種)の摂取による便中アンモニア量が有意に減少の報告があります。


honnke
お試し特別価格で購入

 

運営者情報