不溶性食物繊維は水には溶け無いのが基本です。
摂取すると胃や腸で水分を吸収します。
そして膨張します。
膨張することで腸を刺激して蠕動運動を促進します。
活発に動きだし、快便へつながるのです。
便とともに毒素を体外へ排出するデドックス効果もあります。
このデドックス効果はあらゆることで非常に期待できます。
また、この食物繊維は繊維質と呼ばれるものが、非常に硬いのです。
そのせいで、自然と食べるとなると、そしゃく回数が増えます。
そのことで食事に時間がかかり、何度も噛むことを繰り返すので、満腹感が増すと考えられています。
食べすぎ予防には、効果あり、まさにダイエット効果ですね・・・。
他にも大腸で発酵や分解もされます。
その発酵によりビフィズス菌などの善玉菌が増殖します。
しかし、発酵に関しては水溶性食物繊維の方が有効だと考えられています。
不溶性食物繊維ですが、いくつかの種類があります。
それは次の通りです。
セルロース:食物繊維の摂取量の割合的には、大半を占めている食物繊維のようです。
豆類や野菜類に多く含まれています。
デドックス効果が高いと評判の食物繊維です。
このデドックス効果などにより、大腸がんの予防にも一役買ってくれるのです。
ヘミセルロース:植物の細胞壁を作っている成分です。
稲、小麦、トウモロコシに多く含まれています。
特に皮の部分に多く含まれています。
その為、精米された米には、期待が出来ません。
米ぬかによる糠漬けから上手に摂取できます。
がん細胞抑制やエイズにも抑制効果があると考えられています。
活性酸素を除去すると言われ、アンチエイジングや生活習慣病予防にも良いと言われています。
ぺクチン:リンゴや柑橘類に多い食物繊維です。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方があります。
例えば、まだ熟していない果実には、不溶性ペクチンがあります。
しかし、熟してくると、水溶性ペクチンが多くなります。それぞれが含まれています。
コレステロール値の低下、それによって動脈硬化、高血圧、糖尿病の予防に効果が期待されています。
リグニン:「木質素」とも呼ばれている栄養素です。
豆類、ココア、イチゴ、ラズベリーの種に多く含まれています。
胆汁酸も吸着して排泄してくれるのでコレステロール値を低下させる効果があります。
キチン・キトサン:キチンは甲殻類の殻に多く含まれています。
そのキチンを加工すると、キトサンとなるんです。
キトサンは自然の治癒力を高める効果があります。
自然治癒力が高まると自然と色んな病状に対して、効果があるようです。
特にガンに関して言うと、抑制効果が有ります。
例えば、転移など防ぐ効果にも有効らしいですね。
実際に、数々の報告がなされているようです。
肥満や便秘にも予防効果が有るようです。
しかし、エビ・カニのためアレルギーの方は、いくらサプリメントでも気を付けて摂取するようにしましょう。

このような不溶性食物繊維は、非常に噛みごたえが大きいので、食事に時間がかかり満腹感も感じられるようです。
不溶性食物繊維の多く含まれている
食品には、ごぼう、 菜の花、タケノコ、トウモロコシ、
豆類なら、いんげん豆、ひよこ豆、
イモ類では、サツマイモ、
きのこ類なら
干しきくらげ、えのきだけなど沢山あり、これ以外にも多くあります。

基本的に水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2の割合がベストと言われています。
その季節ごとに、旬の食物繊維があります。
その食材をうまく取り入れて食生活を変えてみてください。
噛むということは、脳の活性化にも非常に有効です。
単にダイエットなどでは無く、健康長寿として今後の老後生活を健康に過ごす事や子どもの脳の活性化・発達という意味でも食物繊維は、日々欠かせない食品なのです。
年齢関係なく必要な物なのです。
また、そのことで腸内環境も整えば、免疫効果もより大きくなります。
身体の免疫機能の大半を左右する腸です。
また、現に食物繊維を含んだものを見ると美味しいものが多いのですよ・・。
ご飯だけでなく、スウィーツにも沢山含まれたり、果物にもあったりと工夫次第では、不足なんてすぐ補えます。
あなたの意識と工夫で明るい未来をゲットしてみませんか。
今日の焼き芋が第一歩になるかもしれませんね・・・。