短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸の特徴:目次(table of contents)

短鎖脂肪酸を増やせば痩せられる?

なぜ短鎖脂肪酸を増やせば痩せられるのか?
オリーブオイルを積極的に摂ることでおなか周りが痩せた人がいました。
最初は半信半疑で、
「油を摂るだけでそんな簡単に痩せられるものだろうか」と疑っていました。
しかし昨今の健康ブームでは

  • ココナッツ油や
  • ヤシ油、
  • MCTオイルなどの油ブーム(?)

が起こっています。
これらの油は体内に蓄積しにくく、
血中の中性脂肪を減らしやすくする効果からダイエットや体質改善などの目的として利用される機会が増えました。
これらは実際にお店で購入する必要がありますが、
体はこれらに負けず劣らずのすごい油、短鎖脂肪酸を生成しているのです。

腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸のダイエット効果とは!

短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸の違いとは?

腸内細菌が発酵することによって作り出しているのが「短鎖脂肪酸」です。
この短鎖脂肪酸には乳酸、コハク酸、酪酸、酢酸、プロピオン酸などいくつかの種類があります。
この「脂肪酸」というのは脂質に含まれる主成分のことで、動物性や植物性の油脂にも多く含まれます。
この脂肪酸は炭素が鎖状につながって構成されており、そのつながる炭素の長さによって「短鎖脂肪酸」「中鎖脂肪酸」「長鎖脂肪酸」に分かれています。
この炭素の鎖が短いほど「消化」「吸収」されるスピードが速く、短時間でエネルギーとして利用されることができます。
ちなみにオリーブオイルやラードなどの一般的な食用油は長鎖脂肪酸に含まれています。

短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸の特徴はカルシウムやマグネシウムなどの吸収力を高める、交感神経を抑える、エネルギーの代謝を促進させるなどの高価があります。

中鎖脂肪酸

中鎖脂肪酸の特徴は消化酵素などの力を借りなくてもすばやく消化吸収されることができる点です。

  • 体脂肪や中性脂肪を減らす、
  • 体調不良時のエネルギー源になる、
  • 心筋梗塞や動脈硬化の予防、
  • コレステロールの上昇を抑える
  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果

などが挙げられます。
中鎖脂肪酸は今注目されているココナッツオイルに多く含まれまれています。

長鎖脂肪酸

そして食用油の大半を占める長鎖脂肪酸は、
体内に蓄積されやすいため大量摂取に気を付けた方がいい油です。
摂りすぎることで代謝不良やがんを誘発する可能性あるとされています。

なぜ短鎖脂肪酸がダイエットに向いているの?

短鎖脂肪酸の「酪酸」「プロピオン酸」は

  • 脳に働きかけ食欲を抑制し
  • 食べ過ぎを抑えてくれる

働きがあります。

短鎖脂肪酸

また、短鎖脂肪酸は
ほかの余分な脂肪が体内に蓄積するのを防ごうとします。
また、筋肉に作用することで、
筋肉の運動に作用するたんぱく質を増加させ、
脂肪燃焼効果を発揮します。
そして糖の取り込みも促進し、
運動する際のパフォーマンスの向上にも効果が期待されます。

酢酸

また、酢酸は肝臓に作用し、
脂肪酸の合成を抑えて体脂肪の増加を抑制する働きがあります。

これらのことから、短鎖脂肪酸を摂取することで
体脂肪を抑え肥満の予防やダイエットの効果があるといえるのです。

短鎖脂肪酸を増やす方法

短鎖脂肪酸を増やすには、
腸内環境を改善しつつ
短鎖脂肪酸の材料となる食物繊維を継続的に摂取することが重要です。

腸内環境を改善

腸内環境を改善するには
適度に運動をする発酵食品などの乳酸菌が豊富なものを食べる肉類を食べ過ぎないことなどが挙げられます。

水溶性食物繊維

また、食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、短鎖脂肪酸をつくるのには水溶性食物繊維の方が重要になります。
水溶性食物繊維が豊富な食べ物としては
「オクラ」「アボカド」などの野菜、
「なめこ」「えのき」「マッシュルーム」などのキノコ類や
「ひじき」などの海藻類、
納豆などがあります。

これらをバランスよく摂りいれ、
生活習慣を見直すことが短鎖脂肪酸を増やすことにつながります。