短鎖脂肪酸とは?


短鎖脂肪酸は脂肪酸の一種で炭素数最大6以下の脂質です
腸内細菌が作る有機酸(酪酸酢酸プロピオン酸・イソ酪酸・イソ吉草酸・吉草酸・カプロン酸などで、コハク酸・乳酸も含めることもあります)です

水溶性食物繊維(難消化性糖類)を、腸内細菌が大腸で発酵分解させ短鎖脂肪酸である酪酸・酢酸・プロビオン酸を産生し、大腸から吸収されます
この難消化性糖類とは、大腸までに消化吸収されなかった炭水化物のことです

レジスタントスターチ称されるでん粉性食物繊維や非でん粉性食物繊維・オリゴ糖などを、
腸内細菌が発酵して
酪酸・酢酸・プロビオン酸と総称される短鎖脂肪酸を作り出すのです

大腸は胃のように塩酸分泌しないので腸内細菌には好ましい環境となります

この短鎖脂肪酸の酪酸は、
大腸上皮細胞を作る主要なエネルギーの源であるとともに
全身エネルギーや、
大腸の水や溶質吸収・粘膜血流・腸上皮の増殖・脾臓外分泌にも関連しています

肝臓や筋肉で代謝利用されるのが酢酸やプロビオン酸です

短鎖脂肪酸である酢酸は腸内フローラを弱酸性に導き悪玉菌を抑制し善玉菌を活性化する大きな役割を担っています

短鎖脂肪酸のおかげで腸内環境バランスは最適状態に保たれ健康維持に貢献してくれるのです
酸のおかげでPHが低下~弱酸性になり悪玉菌増殖を抑制します
(PH中性はPH7、ph高いとアルカリ・低いと酸性・・・リトマス試験紙)

全身の部位にある受容体の生態調節機能も短鎖脂肪酸は果たしています

食物繊維~短鎖脂肪酸を軸とした食物繊維効果が健康維持に重要な役割を担っていることになります!

短鎖脂肪酸とは、炭素数が少なく短いので分解も容易のためエネルギー栄養源として最適で体脂肪蓄積もありません
さらに、鉄分やカルシュム・マグネシウム吸収を高め
血液脳関門透過性を高めたりケトン体を作り交感神経の抑制機能も果たします
糖尿病改善ホルモンである院クレチンを増加させ
セレトニン分泌を促す作用もあります
さらにエネルギー対処の促進など多くの作用を促進しています
食物繊維など難消化性炭水化物の代謝経路で腸内細菌の発酵により
短鎖脂肪酸や炭酸ガス・水素ガス・メタンガス等に変換されるのですが
この水素による活性酸素の中和効果も期待できるそうです

そもそも脂肪は酸素・炭素・水素の有機化合物であり鎖のようにつながっています
この鎖、つまり炭素の長さで種類分類されています

ちなみに中鎖脂肪酸も肝臓での敏速な消化により過剰脂質にはなりません
飽和脂肪酸と呼ばれる単純脂質の短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸や長鎖脂肪酸!
ただし長鎖脂肪酸は体内で固まりやすいため摂取に注意が必要です

短鎖脂肪酸:目次(table of contents)