腸内環境改善!今注目のシンバイオティクスとは?

腸内環境に関するキーワードとして「シンバイオティクス」という言葉があります。
これは腸内の健康を維持するために必要なもののことで、昨今さまざまなメディアで注目されるようになりました。
この聞きなれないシンバイオティクスとはなにか。私たちにどんな利益をもたらしてくれるのか説明したいと思います。

・シンバイオティクスとは?

善玉菌を増やすのに重要なこと
シンバイオティクスとはsynbioticsと書き、synは「一緒に」という意味があります。
その名のとおりプロバイオティクス(善玉菌)とプレバイオティクス(オリゴ糖など)を一緒に摂るという意味のことです。
プレバイオティクスである「オリゴ糖」「食物繊維」は、いわば善玉菌の好物です。 善玉菌と一緒にその好物であるオリゴ糖や食物繊維を一緒に体内に取り入れ、その相乗効果で腸内環境をよくしていこうという考えです。
善玉菌とは、私たちの腸に住んでいる乳酸菌やビフィズス菌のことです。 この善玉菌が減ってしまうと「便通が悪くなる」「肌が荒れやすくなる」などのさまざま不調が出てきます。 善玉菌は生活習慣や加齢などによって減少してしまうため、日常的に善玉菌を体内に摂りいれることが重要になります。

・シンバイオティクスによって得られる効果

「ヨーグルトを食べるとおなかにいい」とはよく言われることですが、それだけでは効果が十分に発揮されないことがあります。
プロバイオティクスの観点から言えば、乳酸菌やビフィズス菌を摂ることは有益です。 しかしそれにプラスして、善玉菌に活力を与えるための栄養となる「オリゴ糖」「食物繊維」が必要となります。
この相乗効果によって善玉菌の活躍が最大限に引き出されます。
代表的な効果として「便秘の改善」「下痢の改善」「アトピーや花粉症などのアレルギー症状の緩和」が挙げられます。
またそのほかには腸の炎症を直したり、予防するというものがあります。
ある実験で、シンバイオティクスを投与したネズミとそうでないネズミの腸の炎症を比較したところ、シンバイオティクスを投与したネズミの方は炎症を抑制してくれる「サイトカイン」が、投与されていないネズミの2倍も出たそうです。
現代、日本人の食生活の変化により大腸の炎症やがん、ポリープなどの病気が増えているといわれます。
このシンバイオティクスが近い未来、治療に用いられるようになるかもしれません。

・効率よく善玉菌を摂りいれるためにもち麦シンバイオティクスのサプリ

シンバイオティクスを自炊に取り入れる方法はたくさんあります。
例としてもち麦入りのごはんで食物繊維を摂り、漬物やキムチ、ヨーグルトなどの乳酸菌製品で善玉菌を摂るという組み合わせがあります。
もち麦は最近では本が発売されるなどして注目されているダイエット食材でもあります。もち麦を白米と混ぜ合わせて炊くと、弾力がしっかりとして噛みごたえが出ます。
食物繊維が豊富なのでプレバイオティクスの観点からも有益であるといえます。
また、白米のカサ増しにもなるため、糖尿病予防などで糖質を制限されている方にもおすすめです。
ほかに市販品でも、雑穀やヨーグルトなどを使用したビスケット感覚で食べられる健康食品もたくさん出ています。
コンビニでも手軽に買うことができるので、忙しい朝でも摂取することができます。
しかし、善玉菌であるプロバイオティクスとオリゴ糖などのプレバイオティクス、毎日この両者を効率的に摂るのは少々面倒です。
仕事や家事に追われている忙しい時だからこそ体調に気を使いたいのに、毎日あれこれ食べ物や栄養面を気にするのは大変です。
そんなときにおすすめなのがサプリメントです。
サプリメントなら低カロリーで効率よく、忙しい毎日でも手軽に摂取することができます。日々、乳酸菌製品を家族全員分購入するのは大変です。
お金もかかるしヨーグルトだってなかなか重さがありますよね。
サプリメントならなかなか外出する暇がなくてもネットで購入することができますし、まとめ買いで送料無料になったり安くなったりします。
健康とは習慣であると言えます。
腸という体の内側から、日々健康に気を付けていきましょう。