プロバイオティクス(probiotics)とは?

プロバイオティクスは、抗生物質に対比される位置にあります。

具体的には、ビフィズス菌や乳酸菌など、有益な作用を人にもたらす微生物の摂取ということになります。

病気が発生するまでに、病気を予防する!

今後の医学は予防医学が大切なのです。

つまり

プロバイオティクスは、アンティバイオティクスに対応します。

腸内細菌叢の微生物菌体の摂取利用はプロバイオティクス!
腸内フローラのバランス改善など。

抗生物質はアンティバイオティクス!
耐性菌出現の問題があります。

 

プロバイオティクスprobioticsは 人間の健康を改善する微生物や身体を良くする微生物、
微生物を取り入れたヨーグルトや乳酸菌飲料など微生物である善玉菌を取り入れた善玉菌有用食品を意味します。

安価で容易・食品で菌数保持・安全性保証・生きて腸内に届く・腸内増殖・有用効果が条件としてプロバイオティクスに求められます。

体内環境に生息する微生物のバランスが壊れるとヒトは病気を引き起こすと考えられています。
体内環境に存在する微生物は腸内環境におおく存在します。

腸内フローラには、およ1,000種類、1,000兆個もの多種多様な腸内細菌が腸内フローラ(腸内細菌叢)として存在すると言われています。

この腸内環境にフローラ叢をなしている微生物の腸内細菌叢が腸内フローラとして、その存在と機能が注目されています。

人の腸内でフローラをなしている腸内細菌叢のバランスが壊れると体内環境に影響を与えるわけです。

いわゆる腸内細菌叢の有用菌が減少し、有害菌が増殖して 腸内環境のバランスが有害菌優勢な状況に変化すると 病気を引き起こす重要な要因に成りうるという訳です。

有用菌である善玉菌の乳酸菌を食品から積極的に摂取し、消化器系の細菌バランスの崩れを正常化方向に改善することにより、病気発症を未然に防ぐ考え方がプロバイオティクスprobioticsです。
乳酸菌が健康に与える健康保持効果を利用することがプロバイオテクスとして脚光を浴びているのです。

胃酸に強い納豆や味噌、ぬか漬け食品により善玉菌である植物性乳酸菌を腸まで届け 腸内環境のバランスを整えることは・・・プロバイオティクス食品による腸内フローラ改善に伴う体内環境強化策ですね。

簡単に言えば乳酸菌を食べて腸内細菌叢のバランスを有用菌、つまり善玉菌優勢の状況にもっていけば、悪玉菌が蔓延らない健康体を保持できるという訳です。発酵乳などの乳酸菌飲料は価格も低く手プロバイオティクス摂取の方法なのです。

アンティバイオティクス(抗生物質)で有害菌を退治すると 耐性菌が発生する弊害や副作用もあることに対して、プロバイオティクスprobioticsは 善玉菌のバランスを腸内フローラなどで優勢にする有用菌支援する考え方といえます。

ただし、プロバイオテクの大きな障壁が胃液胆汁です

胃液

強酸性の胃液⇒塩酸で多くの細菌が死滅します

胆汁

脂肪を消化する胆汁は強い殺菌力があります

この

胃液と胆汁を乗り越えて生きたまま腸まで到達する乳酸菌が重宝ですね!

 

DNAシーケンシング関連

プロバイオティクスは外部から腸内細菌を入れる

プレバイオティクスは腸内フローラの乳酸菌を利用活性化

プレバイオティクス

プレバイオティクスは腸内フローラにいる腸内細菌を増殖・促進し
バランス改善による健康増進維持に役立てようとするものです。

上記条件の食品は、
オリゴ糖や一部の食物繊維など

プレバイオティクス効果は

  • 乳酸菌やビフィズス菌の増殖活性化
  • 整腸作用
  • 炎症性腸疾患予防
  • ミネラル吸収促進

 

プレバイオティクスに対するプロバイオティクスは、外部からの腸内細菌補充になります