乳酸菌腸内フローラ改善!生きたまま腸まで届くビフィズス菌や乳酸菌サプリ腸内環境腸内細菌バランス効果で健康維持&腸は第二の脳便通改善に期待

tounaifuro-ra

腸内フローラを大切に!最近よく見聞きする乳酸菌サプリ 腸内フローラと腸内環境の腸内細菌腸内フローラ善玉菌悪玉菌日和見菌など腸内細菌叢バランス改善と腸内フローラ改善を目的とする乳酸菌ビフィズス菌の菌活習慣は予想以上に重要な生活習慣です!

腸内フローラ腸内細菌と生活習慣が健康長寿に影響する最先端情報が凄い!

野菜不足肉食生活の影響で、腸内フローラ腸内細菌バランスが壊れ悪玉菌が優位な腸内環境が問題

日本の国菌である麹菌を知る前に、不足しているビフィズス菌をおなかに届ける必要があります!

腸内細菌を生きたまま届ける方法←

プロバイオティクス・乳酸菌による腸内環境改善ビフィズス菌働き効果酪酸菌の効能。

腸内環境への望ましい効果など発酵食品の健康維持改善による健康生活や健康長寿への効果に期待したいですね!

腸内フローラとは、お腹の腸内環境にある腸内細菌叢に生息する有用菌や有害菌たちが生息している姿・状態です。

腸内細菌叢の腸内細菌がおりなす群生・コロニーが、あたかもお花畑の様にフローラ状態なので腸内フローラと命名されたのです♪

これらを適正なバランスに改善できる魅力ある乳酸菌サプリ選びや適正摂取量~摂取目安など、腸内フローラ・腸内環境・腸内細菌の意味と最適な改善方法やコツの最先端情報を判り易く解説しました!

stockfoto_32654106_XS

乳酸菌サプリによる腸内環境バランス適正化ビフィズス菌活性化の働き増進による有害菌抑制機能も大切です。酪酸菌が産生する酪酸や酢酸・プロビオン酸などの短鎖脂肪酸、さらには制御性T細胞と免疫調整機能との関連も発酵食品が大きく関与!短鎖脂肪酸や酪酸菌・食物繊維効果を軸にした健康維持も関心を集めています。

腸内環境を適正に行う発酵食品の有用菌による体調維持への有意義なインパクトや新発見が注目されています!乳酸菌サプリだけでなく、ビフィズス菌サプリから腸内フローラサプリや酪酸菌サプリの人気ランキングまでテレビ番組で紹介されています。

腸内フローラ免疫細胞アンチエイジング脂肪燃焼からダイエットなど腸内細菌叢バランス再編と腸内フローラ活性化に期待する健康食品や水溶性食物繊維を取り入れた食事の生活習慣・プロバイオティクスも次世代に続く重要な課題なのです。このプロバイオティクスとは、抗生物質を利用しない腸内フローラの腸内細菌の有用菌など生きた微生物やその食品のことです!

腸内フローラ腸内環境改善実効的な健康維持や免疫力強化に深く関係しています。

腸内フローラに関する新発見や遺伝子データ解析技術~次世代シーケンサー最先端研究成果が世界中で続々発表されています! 人間の細胞数は約67兆個、腸内フローラの腸内細菌数は約1000兆個・3万種類以上・総重量2kgと膨大な数値です!

体内の免役細胞の70%は腸に存在し、腸は第二の脳とまで評価され、腸内細菌と脳神経の脳腸相関、腸の神経系などは注目の革新分野です!

腸内フローラバランスを整え有用菌乳酸菌・ビフィズス菌生きたまま腸まで届け善玉菌を増やし活性化させる腸内フローラや腸内環境改善の研究に驚異な進展が期待されています♪! このサイトでは健康維持・健康長寿の再構築に役立つ腸内環境・腸内フローラ乳酸菌・ビフィズス菌の最先端情報だけでなく、乳酸菌サプリビフィズス菌サプリ選びに役立つ腸内環境サプリ・乳酸菌サプリ・腸内フローラサプリ人気おすすめランキングも厳選紹介しています!!

腸内フローラ乳酸菌サプリ(table of contents)

ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く

おすすめランキング★★★★★森下仁丹の腸内フローラを良好にし便通を改善する⇒機能性表示食品「ヘルスエイド ビフィーナS」↓ ↓ ↓

honnke

いま人気 売れ筋の乳酸菌サプリ

【森下仁丹のヘルスエイド ビフィーナS】は、

乳酸菌が生きたまま腸まで届きます。

生きたまま腸まで届いたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が

腸内フローラを良好にして便通を改善します!

乳酸菌は胃酸や胆汁に弱いので死滅するのですが・・・

耐酸性3重構造のダブルプロテクトカプセルに守られた 乳酸菌ビフィズス菌(ロンガム種BB536)は、

酸性の胃を通過し、カプセルが腸内まで溶けないので、

生きたまま腸まで無事届くのです。

腸内フローラ腸内細菌のビフィズス菌割合

赤ちゃんの時には99%以上もあった

ビフィズス菌割合は年々減少し

60歳頃には僅か1%以下にまで減少しているのです。

健康維持したい腸内フローラ・腸内環境バランスが壊れる!

原因は加齢により減少しているビフィズス菌が深く関係

さらに年齢だけでなく

食生活の乱れ・食物繊維不足やストレス・運動不足なども

ビフィズス菌不足~腸内環境バランス崩れの要因になります。

健康維持効果に有用なビフィズス菌を減らしたくないですね♪!

【森下仁丹のヘルスエイド ビフィーナS】

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)が50億個(1袋あたり)配合されています。

人気おすすめランキングでも圧倒的に愛されている乳酸菌サプリ

ヘルスエイド ビフィーナSは連続シェアNO1

乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1  (※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」)

販売実績累計1,000万個突破 愛用者数96万人 (※旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

ビフィズス菌の増加により

腸管に有益な作用をもたらしてくれ

排便回数も自然に増加すれば嬉しいですね・・・

普段でも1日1回以上・・お通じがない

生きたビフィズス菌をお腹に届けたい

腸内フローラのバランスを改善したい

今までも便通が良好じゃない女性OL・主婦に・・・

プロバイオティクスの摂取を考えたい取り入れたい

おなかの調子を一度キッチリ整えたい

排便回数がいつも気になる思い・・・

排便回数が多くないって本当はどうなの?

お1人様1個限りですが

通常価格3856円が⇒2980円税込

title2

↓ ↓ ↓

ヘルスエイド ビフィーナS

まずは飲んで試したい実感でわかる腸内フローラへの思いやり・・・

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)が増加すれば乳酸や酢酸など

人の腸管内で有機酸生産量が増えます!

さらに蠕動(ぜんどう)運動の促進で排便回数や便性状の改善に期待できます!

ヘルスエイド ビフィーナSは機能性食品です。

消費者庁機能性食品】

bifina23460

→目次へ戻る

→ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く

詳細へ続く⇒ビフィーナ

腸内フローラバランス改善とされる効果って!

腸内フローラという腸内細菌叢が行う腸内細菌によるバランス改善が重要なのです。
腸内細菌バランスの有益菌勢力に左右される有用菌の増殖活性化が腸内環境を可能性として改善してくれます!
乳酸菌サプリが役立つ癒される体内環境つくり
生涯維持したい健康長寿の生活継続・・・
まさに健康維持のお花畑が咲き誇るように綺麗でしょうね♪

乳酸やビフィズス菌・乳酸菌の免疫活性化、体内環境乳酸菌サプリバランス調整など、継続的な健康長寿菌活習慣として、お腹の有用菌と有害菌の微妙な均衡関係を良好にしていく必要があるのです。

今、効率的な健康維持・改善効果、お腹の調子を整える便通改善に役立ち生理学的機能などに良い影響を与える成分が保健で求められています!

これまで多くの方が体調維持増進やスッキリしない便秘にも悩まされてきました。

私たちは、健康維持に最大限の注意と関心を抱ける開かれた社会人としての生活環境を提供されています。

現代社会では可能な最小限の判断力で、失敗しない人生を歩むことができるのです。

後々まで後悔を残さない、今の時点での最適な選択をしたいものですね♪

腸内環境改善の研究は、腸内細菌解析技術~次世代シーケンサー最先端研究の飛躍的進展により、世界的にも国家レベルで開発されている注目の分野です。

腸内フローラ・腸内環境に生息する腸内細菌は約1000種類・100兆個!
重さにして約1.5kgの腸内細菌が約1.6mの腸管内に生息しています。

腸内有用菌全体の99.9%を占めるのがビフィズス菌!

生きたビフィズス菌など有用微生物摂取で腸内フローラのバランスが改善される効果による有害微生物の抑制健康への好影響に期待したいものです。

生きたビフィズス菌など有用微生物の利用がプロバイオティクス!

抗生物質利用(アンティバイオティクス )については、抗生物質の耐性菌、多剤耐性菌の出現など深刻な課題があります。

有用菌であるヨーグルト乳酸菌ビフィズス菌の利用はプロバイオティクス!

健康維持に役に立つ善玉菌・乳酸菌・ビフィズス菌・ヨーグルト

いまの乳酸菌サプリにはヨーグルトの乳酸菌を1~3粒に20~50億個以上凝縮しているサプリメントもあります!

乳酸菌・ビフィズス菌を生きたまま腸まで届けるサプリメントが開発されているのです!

初回限定で○○%OFF(送料無料)など、お得なビフィズス菌サプリもランキングで人気になりましたね・・・

腸内フローラでビフィズス菌が増えることにより、乳酸・酢酸などの有機酸が腸管の中で増加します。

この腸管の収縮運動である蠕動運動の促進が便通改善と関連するわけです。

機能性表示食品で、生きたビフィズス菌(ロンガム種)が腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されている乳酸菌サプリメントもあります。

日常食生活で大切な快腸習慣を続けたいものです。

腸内フローラ叢の生態系や腸内細菌が出す物質がヒトの健康予防習慣に深い関係があるのです。

食生活の習慣や加齢・ストレスなど各種の要因でビフィズス菌は減少します。

乳児(赤ちゃん)には99%以上のビフィズス菌割合が、加齢などにより60歳くらいになると1%以下にまで減少するビフィズス菌割合は、現代人のビフィズス菌不足を物語っている声かもしれませんね!

快適生活のために、乳酸菌やビフィズス菌を増やす毎日のバランス改善を大切にしたくありませんか?

自分に合った乳酸菌サプリを選べることが乳酸菌サプリおすすめポイントです。

→目次へ戻る

→腸内フローラのバランス改善効果

詳細へ続く⇒腸内フローラ

乳酸菌サプリおすすめ人気ランキング

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
honnke

ヘルスエイド ビフィーナS

ランキング 5.0
口コミ評判 5.0
おすすめ 5.0
通常価格:3,856円(税込) 特別価格:2,980円(税込)(お1人様1個限り) 生きたまま腸まで届くハイパープロテクトカプセルに守られた 生存率90%ビフィズス菌⇒初回限定で23%OFF(送料無料) 50億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)と 乳酸菌10億個(アシドフィルス菌とガセリ菌)腸内フローを良好に!便通を改善する 機能性表示食品
ビフィズス菌サプリ
★「ビフィーナ」シリーズ乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1 ※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績)ビフィーナシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む) 販売実績累計1,000万個突破&愛用者数96万人※旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)ベストセラー1位

ヘルスエイド ビフィーナSの詳細を見る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アレルナイトプラス

ランキング 4.5
口コミ評判 5.0
おすすめ 5.0
単品通常価格9,000円(税込)が定期コース特別34%割引⇒5,980円(税込) アレルナイト+は敏感デリケート悩みに こだわり5つ ★酒粕から発見された植物性ラクトバチルス乳酸菌の1日に必要な摂取量100㎎(約1000億個)が1本の主成分 ★キレイ見た目快適美容維持に必要なラフマ葉抽出物50㎎(日米特許取得済)・ギャバ100㎎・グリシン1000mg・クワンソウ・バレリアン・アメリカジンセンなどのハーブやアミノ酸を同時補給 ★敏感デリケート専門家の今一押し成分ビオチン60μgとビタミンB群(B1が10mg・B2が40mg・B6が30mg・B12が3μg)・ナイアシン30㎎・パントテン酸33㎎・葉酸0.4㎎

アレルナイトプラスの詳細を見る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
labre250

ラブレ

ランキング 4.5
口コミ評判 4.5
おすすめ 4.5
¥3,762円税込(送料無料) 『植物性乳酸菌ラブレ カプセル』は、腸で生きぬく力が強い植物性乳酸菌「ラブレ菌」 年齢と共に少なくなる善玉菌の植物性乳酸菌をカゴメが研修開始! 日本人の大人に適した植物性乳酸菌は、栄養が乏しい、タンニン塩分など菌の成長の阻害成分が含まれた環境で生育します! 栄養豊富なヨーグルトやチーズなどの乳で生育するのが動物性乳酸菌です 植物性乳酸菌は、過去な環境で生き抜く強い乳酸菌です。 だから消化液や胃酸を抜け腸で生き抜く確率が高い特徴があります! 腸で生き抜く力が強い動物性乳酸菌ラブレ菌は京都の塩分や酸度が高い漬物から発見された腸で生き抜く力が強い乳酸菌です。 フリーズドライ【凍結乾燥】製法のカプセルタイプに100億個以上、生きたまま粉末化しています。

植物性乳酸菌ラブレの詳細を見る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

詳細へ続く⇒乳酸菌サプリおすすめランキング

詳細へ続く⇒乳酸菌

体内環境を健康にする乳酸菌サプリ&乳酸と乳酸菌

便秘に悩まされていた友人も乳酸菌サプリを摂取するようになってから少しずつ癒されそうです。

  • 1日2粒でヨーグルト数十個分の乳酸菌を摂ることができます。
  • さらに乳酸菌だけではなく、美容と健康に必要な成分も多く含まれています。
  • 乳酸菌サプリは、体の中からきれいにできるサプリだ、と思いました。

乳酸菌サプリに1番興味を持った理由は、、お手頃な価格

定期購入をするとさらにお得に購入でき、注文するのを忘れることなく摂取し続けることができます。

始めて利用する人は、効果があるかどうか分からないので、定期購入されない人が多いと思います。

定期購入をしなくても、他のサプリに比べてとても安いです。
若い年代の人が口コミをされているので信頼性がありました。

自分と同じ世代だと自分と同じような悩みを持っている人を多くいるので、とても安心して摂取できます。

stockfoto_63892253_XS

子育てママは子どもが小さいため運動も思うほど出来ず・・・

朝スッキリしないことも・・

便秘を改めるは、食物繊維や乳酸菌・麹菌がいいらしいですね♪

善玉菌やオリゴ糖の多い食べ物を積極的に摂取しましょう!

少しでも腸内フローラで腸内細菌叢の有用菌が増殖して、もっと活発になって欲しいもの♪

腸は第二の脳とまで言われていますからね・・・

お料理でも乳酸菌を多く含んでいるヨーグルトやチーズなどの乳製品を、意識して食べています。

また発酵食品の味噌や流行の塩麹・キムチ・ぬか漬けなどは、

胃酸に強い性質の植物性乳酸菌なので生きたまま腸に届くとも言われています。

確かにすべての乳酸菌が胃酸にやられることもないでしょうね!

納豆の納豆菌も毎朝欠かさず朝食の友になりました♪

ちなみに乳酸菌の増殖適温度は40度位らしいですよ♪

腸内フローラの腸内細菌は、有用菌・有害菌・日和見菌が生息しています。

この有用菌は、乳酸菌・ビフィズス菌が主な菌です。

乳酸菌は、ブドウ糖乳糖オリゴ糖などの栄養による発酵で乳酸を作ります

コレが乳酸菌なんですよね・・・

体内環境を健康的にスッキリしてくれるのです。

乳酸菌が含まれているヨーグルトが大好きって女性の気持ち・・・

改めて理にかなってるなって実感ですね・・・

何と言っても日本人の身体に合う乳酸菌が優しそうで私も好きです・・・♪

そんな時、友人から乳酸菌を紹介してもらいました。

ヘルスエイド ビフィーナSは連続シェアNO1

乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1  (※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」)

販売実績累計1,000万個突破 愛用者数96万人 (※旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

腸内フローラのバランスを維持することが大切なのです!

tokubetukakaku01

「ヘルスエイド ビフィーナS」は、機能性表示食品です。

乳酸から乳酸菌サプリへ

悪玉菌と善玉菌

先ず、乳酸と聞いてスポーツ選手にとって運動を阻害する物質として思い浮かびます。

乳酸とは主に運動するとき糖質からエネルギー物質として変化し産生されるものです。

この物質は酸性ですから、血液の中に分解されないで多くが貯まれば、血液自体が酸性になり、筋肉の動きを害するとされています。

つまり乳酸が貯まると疲れやすい、疲れるという現象です。

しかし、これは激しく運動をしている時の一時的な現象で、

乳酸は生産されるとそのまま血液中に留まるものではなく

直ちに酸化分解され、再びエネルギー源として活性化されるものです。

つまり、乳酸は老廃物などではなく大切な身体活動のエネルギーの源になる栄養素でもあるのです。

乳酸菌というのは元々身体の中にいるものですが、

腸内では乳酸を作って有害菌を押さえるという大切な役目があります。

筋内で作られた乳酸は筋肉疲れという現象を起こしてしまうのです。

この乳酸菌は、スポーツ飲料などにも乳酸菌が入っています。

ヨーグルト、ワイン、漬け物等、いろいろな食品にも入っていて、食事でも多く摂取されています。 

つまり乳酸食品を摂ることはエネルギー源を摂ることなのです。

乳酸菌と聞くと、ヨーグルトなどの乳製品を思い浮べる方も多いですが、

これは乳などに乳酸菌を加えて乳糖から乳酸をつくりだす乳酸発酵を利用して作られているのです。

乳酸菌は固有の菌ではなく、主に体内で作られるものですが、

化学合成によっても作り出され、それがヨーグルト、ヤクルト、カルピスなどの乳酸菌飲料や食品としても知られ、

腸内においては、善玉菌とされるものです。

更に、これらを進化させたものが乳酸菌サプリです。

乳酸菌サプリメントは、人間の整腸作用などに一定の健康維持効果があるとされています。

今では色々な種類の乳酸菌の飲料や食品などと並んで、乳酸菌サプリなども発売されていて、

腸内の環境作りに役立っています。

ただし、乳酸菌は薬品ではないので健康の補助品として補い、

健康的な日々の生活にとりいれたい物なのです。

腸内フローラバランスは善玉菌優勢力で効能を発すると言われています。

腸内細菌叢のバランス維持が花粉症の予防にもなりますし、

アレルギーのある人にはアレルギーを軽くする効果があることがわかっています。

その上、冬に風邪をひきにくくする体質にするという免疫機能の強化もあるといい、健康維持力もありますので、

腸内フローラ乳酸菌が活発に増殖できる体内環境維持に向上したいものですね♪

→目次へ戻る

→乳酸菌サプリおすすめ人気ランキング

詳細へ続く⇒乳酸菌

詳細へ続く⇒乳酸菌サプリおすすめランキング

乳酸菌

健康効果を乳酸菌に期待したい!

生きたまま腸まで届く乳酸菌が話題です

乳酸菌の凄さは腸内環境を整えるだけでなく、腸内環境を左右し身体の健康維持に関係しています

便秘改善・大腸がんリスク低減だけでなく乳酸菌 効果は、老化防止・免疫力・免疫機能の活性化・向上や花粉症・鼻詰まり・敏感肌・アトピー・肥満・体質改善・高血圧予防~中性脂肪・コレステロール値低下・エストロゲン代謝促進・小腸傷害・美肌効果・虫歯・口臭・歯周病などに期待されています

腸を元気にしてくれる乳酸菌は、食中毒(O157)なども防いでくれます

自律神経でコントロールされた腸の働きは、腸内環境のバランスに多く影響されメンタルと密接な関係があります

元気な強い腸が自律神経~メンタルを整えることが近年の研究で指摘されています。腸が第二の脳との研究も進化しているのです

腸内フローラ腸内環境の腸内細菌は、人に有益な影響を及ぼす善玉菌と有害な物質を産生し害を及ぼす悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌が生息しています

お腹の腸管、小腸に主に生息する乳酸菌と

大腸に主に生息するビフィズス菌が有用菌の代表的な善玉菌です

善玉菌の乳酸菌ビフィズス菌が腸壁に刺激を与え便を体外へ排出するぜん動運動を促し便秘解消改善をしてくれます

乳酸菌ビフィズス菌が産生する酢酸・乳酸など弱酸性の酸による大腸壁刺激が蠕動運動を活性化させ、大腸内滞留で悪玉菌(腐敗菌)を含んだ便秘便が排出され、活性化された善玉菌が優位な腸内環境になります

弱酸性の腸管では悪玉菌が抑制され働きを弱めることになるのです

善玉菌が優勢な腸内環境に改善されます

サプリメント ランキング口コミなどで評判の良い乳酸菌 サプリが乳酸菌やビフィズス菌を生きたまま腸まで届ける大切さが納得できますね・・・

ビフィズス菌 サプリで腸内環境の大腸にビフィズス菌を生きたまま届けると腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌が活性化され増加することが期待できます

乳酸菌の種類は多種多様で、自然界の各所に生息しています

炭水化物などの糖から乳酸を生産するから乳酸菌というのです。

例えば動物性乳酸菌のヨーグルトは動物性食品の乳で増殖した乳酸菌です

生きたまま腸に届く乳酸菌は胃酸や胆汁に強く、

生きている乳酸菌は死んでいる乳酸菌より善玉菌を活性化し、

腸内環境のバランスを整える効果があります

死滅した乳酸菌は善玉菌のエサになり活性化させる効果もあります

腸内細菌の善玉菌にとってオリゴ糖がエサなので、オリゴ糖含有食材もおススメです

精神・体力・健康に腸は大きく関係しています

腸内細菌バランスを改善して整え健康に良い影響を及ぼすプロバイオテクス微生物である乳酸菌をうまく活用し健康を手に入れましょう・・・

乳酸菌の種類

乳酸菌の種類は350種類以上あり、

ビフィズス菌ロンガム種BB536には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能

ビフィズス菌SP株は生きて大腸に届き定着、大腸菌抑制など腸内環境を整え蠕動運動促進など整腸作用に優れる

乳酸菌シロタ株は胃酸・胆汁に強く免疫バランス調整・アレルギー軽減予防

ラブレ菌は漬物すぐきから発見され、腸内環境での生存率高く、免疫力を高める効果に期待

ガセリ菌SP株は乳酸菌が住み着く小腸に多く、コレステロール低下から内臓脂肪軽減に期待

KW乳酸菌

LG21乳酸菌は胃粘膜に定着活性化しピロリ菌抑制に期待

r-1乳酸菌

沢山の乳酸菌の種類があり、プラズマ乳酸菌・モラック乳酸菌・クレモリス菌FC株・フェカリス菌・ブルガリア菌2038株などもなじみ深いですね

乳酸菌は  と名前が付けられます

丸い形はコッカス・棒状はパチルス・螺旋状はビブリオです

乳酸菌の効果の詳細

乳酸菌飲料やサプリなどは、乳酸菌を日頃から手軽に摂取できるようになっています。

毎日、乳酸菌を摂ることで期待できる、身体によい有用性とはどういったものが存在するのでしょうか。

また乳酸菌の効果は人それぞれ異なり合う人、合わない人がいます。体調にもより摂取頻度や、効果効能はかなりの日数が要します。乳酸菌は薬ではなく必ず効果が期待できるとは限りません。

日本の国菌に指定されている麹菌は、古来より利用されている発酵食品です

乳酸菌を利用した発酵食品は、ヨーグルト・チーズ・醬油・味噌・麹・ぬかずけ・酢・納豆・キムチ・なれずし・鮒ずし・酒などで保存食として利用されてきました。

発酵による酸性化で腐敗や食中毒の菌繁殖を防ぎ、食品の長期保存を可能にします。

腸内環境の小腸で乳酸菌は食べカスの発酵・分解し、その過程で腸内細菌により有機酸やホルモン・酵素・ビタミン類が産生されます。発効促進で善玉菌優勢の腸内環境バランス効果が促進されるのです

乳酸菌の有用な働きは数多くありますが、代表的な一部を紹介します

1.整腸作用
 

乳酸菌が、腸にまで到達すると腸の中で糖分を分解、乳酸を産生します。

これらの乳酸が善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を阻止し、腸内環境を綺麗にしてくれるのです。

腸内フローラのバランスが整えられると、腸の蠕動運動が活性化され、蠕動運動が高まると、便の水分量が変化するので、お通じが負担なく行なわれることに繋がるのです。

 つまり、善玉菌と言える乳酸菌が増加すれば、悪玉菌は比例して減少します。

この現象により便秘もしくは下痢といったものが改善され、

便秘などによって現れる肌荒れなんかも正常化するなど美肌効果も望めるというわけです。

2.大腸の病気の阻止

 乳酸菌の整腸作用より、まずは腸内に住みついている善玉菌とされるビフィズス菌が活発化されます。

ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を産生する役割があります。

酢酸殺菌力を備えているため、酢酸のはたらきに基づいて悪玉菌が原因の有害物質の増加を抑制することができ、腸内を酸性にし、健康に良い状況を保つことが出来るのです。

悪玉菌が繁殖すると、便の腐敗臭が強力になるにとどまらず、その生み出された有害物質などを通して大腸にポリープやガンがもたらされるリスクも上昇すると考えられます。

3.免疫力の増強

 腸管にはトータルの約6~7割にあたる免疫細胞が集まっています。

腸内環境を期待される状態(善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割)に改善するには、免疫細胞を活性化させて免疫力を増加させることが必要です。

免疫力を増大することで、インフルエンザといった流行症に対する抵抗力も高められるので、感染症の予防も実現できるでしょう。

また、アレルギーの発症に凄まじく関与する免疫細胞のTh1細胞とTh2細胞のバランスを改善してくれるので、花粉症や鼻炎、アトピー性皮膚炎といったアレルギー症状を穏やかにする効果も期待出来るのです。

4.生活習慣病の予防

 乳酸菌は、カゼインという名のたんぱく質を分解してラクトトリペプチドという物質を生み出す働きがあります。

このラクトトリペプチドには、血圧を上げる酵素の働きを抑えたり、傷ついた血管を修復し弾力を取り戻すなどの効果があるといわれています

つまり、高血圧の改善の効果がみこめることになります。

 また、乳酸菌によって活性化されたビフィズス菌によって、腸内のコレステロール約半分くらいを腸で吸収されにくいコプロスタノールという物質に分解されます。

これによって血管の内壁をボロボロにする血中の悪玉コレステロール値が下がり、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病のリスクをさげることにもつながるのです。

5.口臭予防

 口内の悪玉菌の一種ジンジバリス菌が活発になると歯周病を引き起こすのですが、この菌は増殖する際に腐敗臭のするガスを発生するため、口臭の一つの原因となります。

悪玉菌が原因の口臭を防ぐには、やはり善玉菌を増やすことが大切になるのです。

つまり、乳酸菌が作り出す乳酸によって口内が酸性に保たれ、悪玉菌の増殖が抑えられ、口臭の予防につながるというわけです。

乳酸菌は、腸内の環境を整えるというだけではなく、人間の健康そのものにも非常に有効なものであるようです。

5.ダイエット効果

→目次へ戻る

→乳酸菌

詳細へ続く⇒乳酸菌

腸内細菌叢(腸内フローラ)の腸内細菌による腸活快腸習慣

食生活で元気な乳酸菌ビフィズス菌や善玉菌のエサになる食物繊維足りていますか?

便秘症から肌荒れまでひどくなることもあります。

腸内環境のバランスが悪いのかもしれません・・・

腸内フローラ・腸内細菌叢で悪玉菌の比率が多くなっている影響?かも知れません。

腸内環境で善玉菌と悪玉菌・日和見菌が生息しています。

善玉菌は体に良い影響を及ぼす有益菌ですが、悪玉菌は体内環境にとって病気などを引き起こす大腸菌などの有害菌です。

腸内フローラを構成する腸内細菌の比率は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の比率が理想的とされています。

善玉菌であるビフィズス菌は赤ちゃんの頃には99%もの比率で存在していますが、20歳くらいをピークに年々減少していきます。

60歳位の頃になるとビフィズス菌は僅か1%未満と驚くほど減少しています。

日本人は、みそ汁、漬物・納豆・キムチからヨーグルトや発酵食品・チーズまで各種さまざまな乳酸菌を摂取しています。

それでも中高年になると腸内のビフィズス菌が驚くほど減少しているのです。

腸内環境の腸内細菌が健康維持に影響を及ぼす最新の研究成果が続々と発表されています。

健康テレビ番組を見ていると本当に今の健康食・食生活だけで大丈夫なの?っていう気持ちになってきますよね・・・

事実、ビフィズス菌が赤ちゃんなら99%以上~60歳になると1%以下と言われ過酷な現実に意気消沈しますね・・・

ここまでお腹の乳酸菌ビフィズス菌が減っている事実を知ってしまうと不安になります。

いまテレビコマーシャルでなんとなく乳酸菌サプリが目に入るのはコレだな!!ってわかってきました。

乳酸菌ビフィズス菌をたっぷり50億個とか100億個も摂取できる乳酸菌サプリメント!

簡単に生きたまま腸まで届けてくれる乳酸菌サプリメントがお腹で活性化してくれることを期待する方が多い意味が分かります・・・

乳酸菌は胃酸に弱いので、生きた乳酸菌は胃酸にやられてしまって腸までほとんど届かないとも言われています。

だから生きたまま腸まで届く乳酸菌サプリが今人気なんですね・・・。

NHK腸内フローラ乳酸菌特集や、

人気テレビ番組たけしのみんなの家庭の医学 腸内フローラなどで

腸内フローラ・腸内環境・腸内細菌の存在と乳酸菌の働きから

善玉菌・乳酸菌~悪玉菌・肥満デブ菌~花粉症アレルギー・肌あれ美肌~免疫NK細胞・がんや糖尿病・うつ病までの最新の科学研究テクノロジー技術がテレビで放送されました。

この5~6年に急進展した腸内フローラIntestinal flora腸内細菌叢・腸内環境の科学的解明解析の結果は、引き続きTVや有名科学誌だけでなく人気雑誌や週刊誌特集SPなどでも報道され続けています。

有名雑誌でも腸内フローラの働きや真実を、がん・糖尿病・肥満・老化のタイトルで掲載しています!

腸内フローラが脚光を浴びたお陰で、腸内フローラの腸内細菌が出す物質の重要性が広く伝えられ、改善策を今すぐ取り入れられるチャンスがきています。
肥満を防ぐ短鎖脂肪酸を出すバクテロイデスや、
腸内細菌が作り出すエクオールが女性ホルモンと似ているので肌のハリを保つコラーゲンを増やす研究成果など、知らなかったのです。
インターネットやテレビ番組の発達で、エクオールと老化・シワとの詳細情報など、誰でも簡単に情報を得られるようになりました。

腸内フローラのバランス改善で腸内環境を整えると

便による身体の老廃物排出による肌の不調・吹き出物~美肌やデトックスからダイエットなどメリットがあるのですね・・・。

腸は重要な免疫器官でありNK細胞の免疫力UPにつながります。
NK細胞はナチュラルキラー細胞と言われ、がん細胞も攻撃する免疫細胞として近年さらに重視されています。

腸内フローラ腸内環境の善玉菌乳酸菌・ビフィズス菌 が体内環境にとって重要な存在であることには無知でした。

科学専門ネイチャー誌でも腸内フローラ(マイクロバイオームmicrobiota・腸内細菌叢の研究)特集を増刊しています。

ストレスの多い生活習慣や加齢により善玉菌が減少していないか?
善玉菌と悪玉菌・日和見菌比率などの検査が重要視される時代がすでに始まっているのです♪ 

最新の腸内細菌の解析分析技術の進展の結果、善玉菌と悪玉菌という分け方を、より細分化した腸内細菌個別の働きに注目した解析結果が注目されています。

悪玉菌と善玉菌 腸内細菌の有用菌・善玉菌は足りてますか?
腸内フローラ叢で有害菌・悪玉菌が増殖してませんか?
腸内フローラの腸内細菌叢の構成は各人同一ではありません
生活習慣や食生活により腸内細菌叢も各個人で違っているのです!
腸内フローラfloraに有用な善玉菌を生きたまま届けることも可能です♪
お試し限定期間中にうまく何種類かを試す方法もあるので一番おススメな人気ランキングも必須です!♪

→目次へ戻る

→腸内細菌叢(腸内フローラ)の腸内細菌

詳細へ続く⇒腸内細菌

腸内フローラ

腸内フローラとは

腸内フローラを整えることが健康につながる腸内フローラとは、腸内の小腸・回腸から大腸に腸内細菌が細菌種類別の叢を腸壁に生息してい状態の総称です

顕微鏡でお花畑フローラ(flora)に見えることから腸内フローラと名付けられました

腸内フローラの腸内環境に生息する腸内細菌の腸内細菌叢のことです・・・

腸内フローラは、一言でいえば、腸内細菌叢を意味します

人間の腸内には1000種類以上、1000兆個もの腸内細菌が生息しています

これらの細菌が種類ごとに集まってコロニー状態で生息している様子を
フローラflora、植物が群生するお花畑に見立てたわけです

腸内フローラが注目される理由

腸内環境バランスを適正に整えることが極めて重要です。

腸内環境は各個人の生活習慣や年齢・加齢・ストレス・運動不足など要因により異なる構成になっています。

テレビ健康番組や雑誌の美容・健康特集で腸内フローラが注目される背景には、近年の次世代シーケンサー・塩基配列解析装置などの高速シーケンス解析研究や腸内細菌叢解析の驚異的な進展があります

腸・腸管の役割が水分や栄養分の吸収だけではなく、免疫や美肌から病気・肥満・精神面にまで様々な機能働きや影響が医療解析技術の発展により解明されています。

腸そのものの働きだけではなく、腸内フローラ腸内環境・腸内細菌は、人体にとって非常に重要な働きをする第二の脳とまで言われているのです。

善玉菌(有用菌)と悪玉菌(有害菌・腐敗菌)・日和見菌

善玉菌(有用菌)⇒ビフィズス菌(乳酸・酢酸を作る)や乳酸菌(乳酸を作る)・有胞子性乳酸菌・フェーカリス菌・アシドフィルス菌・ナッツ菌(エクオールを産生)などです。ビタミンの合成をはじめ健康に役立つ人に良い働き働きをしてくれる有益菌

悪玉菌(有害菌・腐敗菌)⇒病原性大腸菌やウエルシュ菌・黄色ブドウ球菌・ETBF菌・ピロリ菌(胃の粘膜に生息)・ベーヨネラなど、人体に有害な働きをし有害な物質を産生する有害菌で(一部悪玉菌の有益効能も必要とされています)脂質やたんぱく質を腐敗させ、アンモニアや硫化水素などの有毒ガスを発生させます。

悪玉菌が産生する有害物質とは、発がん物質・DCA・コレステロール代謝物やアンモニア・ニトロソニアン・フェノール・インドール・スカトール・アミン・2次胆汁酸・硫化水素など

日和見菌はどちらにも属さない中立な立ち位置の菌で、善玉・悪玉菌の勢力優勢な側の味方をします。腸内環境が善玉菌優勢なら無害ですが、悪玉菌優勢になってくると有害な働きをします。⇒大腸菌(無毒株)・バクテロイデス・連鎖球菌・ユーバクテリウムなどがあります

腸内フローラを整える腸内環境バランス改善

腸内環境のバランスは、善玉菌:2割、悪玉菌:1割、日和見菌:7割が理想で最適です

悪玉菌が増加すると腸管で有害物質を生成し健康を害する恐れがあるので

体外からビフィズス菌など善玉菌を摂取するなど善玉菌比率を悪玉菌比率より優勢にする必要があります

腸内フローラの活性化は免疫系・代謝系・神経系などの疾患にも関わっています

腸内フローラ腸内環境バランスを善玉菌優勢にするシンバイオティクス、つまり生きた微生物利用のプロバイオティクスによる整腸作用と、腸内細菌のエサになる善玉菌死菌やオリゴ糖・水溶性食物繊維利用のプレバイオティクスを合わせたシンバイオティクスによる腸内フローラ腸内環境のバランス改善による腸内フローラ活性化が大切なのです!

プロバイオティクスの定義は⇒宿主(人間)の健康に利益を与える生きている微生物!(※国連食糧農業機関FAO世界保健機関WHOによる)

腸内フローラを整える効果

腸壁の蠕動運動と便秘改善効果

善玉菌の代表格の乳酸菌ビフィズス菌は乳酸や酢酸・酪酸など有機酸を生成し腸内を弱酸性にし、悪玉菌の増殖を抑制します
また酢酸を産生し腸壁を刺激し蠕動運動を活発化するので便秘改善効果もあります

蠕動運動によるスムーズな排便は、糞便内の有害物質を体外に排出する重要な作用です

美容面では、善玉菌が美容面に効果のあるビタミンB群を生産するため美肌効果

肥満防止では、腸内細菌が生産する脂肪酸がエネルギー代謝に関わる受容体を刺激することで肥満防止効果・・・善玉菌が生産する有機酸が便通をよくするため便秘を解消してお腹すっきり効果があるといわれています。

健康面では、善玉菌が疲労回復に効果のあるビタミンB群を生成するため疲労の軽減効果

食物の消化吸収の増進効果が、善玉菌の生成する有機酸が悪玉菌の増殖を抑制するため悪玉菌の有害物質の生成防止効果

腸に存在する免疫細胞を善玉菌が刺激するため免疫力のアップ効果があるといわれています。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

乳酸菌 ビフィズス菌
産生物質 乳酸 乳酸と酢酸
生息 人の小腸/自然界一般/乳製品・発酵食・人や動物の腸管内 人の大腸/動物の腸
酸素 酸素内で生息できる(適正嫌気性) 酸素あると生きれない(編成嫌気性)
乳酸球菌・乳酸卓菌 ビフィズス菌
善玉菌・有用菌の1%未満 善玉菌・有用菌の99%以上
整腸作用 普通 高い

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

食物繊維の摂取

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります

不溶性食物繊維2:水溶性食物性繊維1の割合が良いのです

オリゴ糖や水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなり活性化します

水溶性食物繊維は海藻類・昆布・キノコ類や果物・・・エンシャロット・アボガド・わかめ・オクラ・えん麦・なめたけ・昆布などに多く含まれています

腸内フローラを整える方法

善玉菌は有機酸の乳酸・酢酸・酪酸やビタミンB群・プロビオン酸などを作ります

悪玉菌は脂肪や肉類などの高脂質を好み、腐敗などにより有害物質を生成するのです

・たんぱく質の摂りすぎは悪玉菌の増殖につながるので、たんぱく質の摂りすぎには注意が必要です。

・悪玉菌増殖につながる脂質の摂りすぎにも注意が必要でしょう。

悪玉菌(有害菌・腐敗菌など)が作った有害物質は血液に運ばれて全身にばらまかれます

便秘は食物の腐敗物質や有害物質や腸内細菌の死骸が多く含まれています

有害物質を体内に循環させないで速やかに体外に排出できる腸内環境の改善が必要です

善玉菌を増やし悪玉菌を抑える発酵食品・・・チーズ・漬物・味噌・こうじ菌などを積極的に摂取することも大切なのです

・ヨーグルトやキムチなどの善玉菌そのものを含む発酵食品を意識してとることがあげられます。

・オリゴ糖やハチミツなどの善玉菌を増やす作用のある食品も積極的にとることも大切です。

・ゴボウやキャベツなどの食物繊維をとることで、腸内の掃除を心がけることも必要になります。

・適度な運動や十分な睡眠を心がけ、ストレスの軽減に努めることも大切です。

腸内フローラのバランスが崩れのまとめ

腸内フローラのバランスが崩れると、どのようなことが起きるのか?

近年の研究によって明らかになってきたのは、標準体型の人と比較して、肥満体型の人に腸内フローラのバランスの崩れが顕著な傾向があることです。

健康な人は、善玉菌が悪玉菌を抑える状態で腸内フローラのバランスが維持されています。

腸内フローラのバランスを整え、肥満になりやすい状態を防ぐ一方法として、

善玉菌が好む栄養分であるオリゴ糖や食物繊維が含まれた食品を積極的に摂取することがあげられます。

ただし、カロリーオーバーにならないように注意が必要です

 最近の研究により、腸内フローラはガンや糖尿病などの生活習慣病から、

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性疾患、

神経系の病気や肥満などと深くかかわっていることがわかっています。

脳への影響やうつ病への関与などを指摘する向きもあります。

 腸内フローラを良い状態に保つには、ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品で善玉菌を補充したり

善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維などを積極的にとることが改善効果につながります。

一方、悪玉菌の増殖につながる高脂肪・高糖質食は控える方がよいでしょう。

これは、腸内フローラを良い状態に保つには食事がカギだといわれる所以です。

また、ストレスをためないことも重要になってきます。

食生活や生活習慣を見直し、

腸内フローラを正常化して、

心身の健康を保っていきましょう。

腸内フローラ・・・解明!驚異の細菌パワー TV

NHKテレビで放映された腸内フローラの番組は、 最新遺伝子解析技術による腸内細菌パワーの凄さの公開内容は画期的でした。

あまりにも知られていない最新の研究成果がココまで進化していることにも驚嘆した人も多かったようですね・・・

女性のお肌の調子やダイエット効果にまで腸内フローラの影響が及んでいるとのことでした。

腸内細菌が出す物質が人の健康から美容にまで関係しているのです。

がん・糖尿病から肌のシワや肥満などの体質までにとどまらず、

脳からうつ病にまで影響があるかも知れない、

と研究段階で考えられているそうです。

医学医療に画期的な革新をもたらす腸内細菌・腸内フローラの全貌の解明が待ち望まれています。

すでに欧米では腸内フローラ解明の国家プロジェクトがすでに始まっています。

腸内細菌と健康が大切なのです。

厚生労働省腸内細菌と健康】

→目次へ戻る

→腸内フローラ

詳細へ続く⇒腸内フローラ

腸内環境

腸内環境を整えて腸内環境を改善しましょう

腸内環境改善すれば便通を促進する腸の蠕動運動や免疫力も高まります

ぽっこりお腹は腸内環境の乱れの危険なシグナルです

腸内環境をよくする方法は腸内細菌の善玉菌・有用菌を増やすことです

腸内に棲息している善玉菌を増やし活性化させる水溶性食物繊維が多い野菜などを積極的に選びましょう

ビフィズス菌は大腸・乳酸菌は小腸・有胞子性乳酸菌は十二指腸で主に活躍してくれます

腸に有益な腸内細菌が生きたまま腸まで届く乳酸菌サプリも乳酸菌やビフィズス菌を増やす手っ取り早い方法です

腸内環境を改善して腸内フローラを良好にしましょう

→目次へ戻る

詳細へ続く⇒腸内環境

ビフィズス菌

知らなかった!ビフィズス菌の凄さとその秘密

便秘かなと思った時や、逆にお腹の調子が悪く下痢がつづく場合などビフィズス菌が入っている食品やサプリメントを人からすすめられた経験はありませんか?

飲んですぐに効果が現れることはなかなかありませんが、

長く続けているうちにお腹の調子が良くなったという人も多いと思います。

私たちのお腹の中に住む小さなビフィズス菌、

その数の増減が健康に大きな影響を及ぼすことは最近広く知られるようになってきましたが、注目すべき点はまだまだあるはずです。

ビフィズス菌を取り巻く環境とその特徴を知り、ビフィズス菌を有効に活用していきましょう。

ビフィズス菌と腸内の様子
私たちの腸の中がどのようになっているのか想像できますか?

最近では腸内フローラなんて言葉もよく聞かれますが、

腸の中を顕微鏡で覗くとグループごとに群生する腸内細菌たちが、まるでお花畑のようにみえるそうなんです。

腸の中に住んでいる菌の種類や量はその人の食生活や環境、人種、性別、年齢などによって変わります。

そのため腸内環境も人それぞれ違っているのです。

人間の腸内細菌は約3万種類。

大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つが存在します。

それぞれ身体に与える影響は異なり年齢によってその割合は変化します。

善玉菌として有名なのはビフィズス菌や乳酸菌。

腸内の環境を整え名前の通り人体に良い影響を及ぼします。

悪玉菌にはウェルシュ菌やブドウ球菌、大腸菌などがあり、

これらが増えると腸内で食中毒や炎症を起こす物質など様々な毒素を産出し我々の身体に悪い影響を与えます。

日和見菌は健康な時にはおとなしく、体調が良くないときには腸内で悪い働きをするどっちつかずの存在で、

バクテロイデスや無毒型の大腸菌などがこれにあたります。

腸内ではこれらの細菌がせめぎ合って存在しているのですが、

ビフィズス菌などの善玉菌が増加することで悪玉菌が減少し腸内環境が良くなります。

ビフィズス菌とは
ビフィズス菌は1899年にフランスのパスツール研究所のティシェによって健康な母乳栄養児の糞便から初めて発見されました。

形状がV字やY字に似ていることから「二股」と「細菌」を意味するビフィドバクテリウム属に分類されています。

嫌気性の菌なので酸素のあるところでは生きていけません。

そのため酸素が含まれている小腸にはほとんど存在せず酸素が少ない大腸に多く存在しているのです。

元々体内にいる菌ですが、加齢やストレス、抗生剤の服用等によってその数は減少してしまいます。

ビフィズス菌はブドウ糖や乳糖などをエネルギー源にして生きています。

ここまでは乳酸菌と似ていますが乳酸菌は糖を分解して乳酸だけを作り出しますが、

ビフィズス菌は乳酸に加えさらに酢酸をもつくりだしてくれるのです。この酢酸が腸内環境を良くする鍵になってきます。

ビフィズス菌効果
ビフィズス菌が糖を分解してつくりだす酢酸には強い殺菌力があり悪玉菌を撃退する役目をしています。

腸内で毒素を作り出し腸壁から全身に回ってしまうことで様々な病気の原因になる悪玉菌を

殺菌し善玉菌が増えることでさらに悪玉菌の増殖を食い止めてくれます。

善玉菌の割合が増え、腸内環境が整うと免疫力が高まり

風邪やインフルエンザなど感染性の疾病などに負けない強い身体をつくってくれるのです。

ビフィズス菌は便秘の改善にも役立ちます。

腸内環境を整えて悪玉菌を抑え健康な便をつくりだすとともに、

腸内を酸性にすることで腸を刺激し蠕動運動が活発になり便の排出を助けてくれるのです。

コレステロールを生成するプロセスの邪魔をする働きもあるため

コレステロールを下げ肥満を解消したり脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果が期待できます。

その他、ビタミンB群やビタミンKを合成する働きがあるので

貧血予防や肌荒れ防止、出血性疾患をくいとめる役割も果たします。

ビフィズス菌 効果的なとり方
ビフィズス菌はもともと腸内に存在する細菌です。

野菜や果物からでは得ることができないのでビフィズス菌が配合された食品やサプリメントを摂ることが有効です。

勘違いされがちなのがすべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけではないということ。

普通のヨーグルトは乳酸菌の中のサーモフィラス菌やブルガリア菌しか入っていないことが多いので注意しましょう。

ビフィズス菌の活躍を後押ししてくれる水溶性の食物繊維や乳糖、オリゴ糖など一緒に摂ることをおすすめします。

水溶性食物繊維は腸内をきれいにしてくれるのでビフィズス菌の増殖に役立ち、

乳糖やオリゴ糖もビフィズス菌の増加を助けてくれます。

特にオリゴ糖は人間の消化酵素では分解されずそのまま大腸に届いてビフィズス菌の働きをダイレクトにサポートしてくれます。

ビフィズス菌は腸内の悪玉菌を少なくする働きがあります。 さらに身体に有用な物質をつくりだすことで健康維持に貢献することがわかりますね。

日ごろから腸内環境を整えて善玉菌が住みやすくしておくことが最良です。

そのためにもビフィズス菌をどう増やすかが大切になってきます。

ビフィズス菌を有効活用してきれいな腸内環境をめざしましょう。

→目次へ戻る

詳細へ続く⇒ビフィズス菌

Q&A
乳酸菌とは?
乳酸菌は細菌で250種類以上の種があります。炭水化物(糖類)を発酵して、乳酸など有機酸を生成する細菌で自然界に広く存在しています。今話題の腸内フローラ腸内環境のバランスを改善する効果が注目されています。

詳細へ続く⇒乳酸菌

なぜ腸内フローラが注目されるの?
免疫力が高まれば健康維持・病気予防効果が高まります。人の免疫細胞の約70%が腸内環境に存在します。腸内フローラの改善により、花粉症予防・アレルギー改善・インフルエンザ対策等の改善予防効果が期待されているのです。

詳細へ続く⇒腸内フローラ

腸ってウンチ出すだけじゃないの?
腸の粘膜面積は皮膚の約200倍!ホルモンを生産し、酵素を分泌し栄養分を吸収します。免疫細胞(NK細胞など)の約70%が腸内細菌により作られています。腸の免疫細胞は腸内物質の有害・無害を判断(腸は第二の脳)し、有害物質を撃退!体内で毎日発生しているガン細胞の数は約5000個。腸は撃退した有害物質やがん細胞を便とともに排出しているのです。

詳細へ続く⇒•腸|小腸・大腸

便秘と和漢生薬とは?

詳細へ続く⇒便秘

和漢生薬による便秘対策は、熊胆や牛胆など古代中国からの利用法もあります。漢方・生薬市場では、製薬会社も和漢生薬を発売しています。
便秘と乳酸菌そして健康維持も期待♪!
便秘には食物繊維摂取不足も指摘されていますが・・・
さらに近年の科学技術進展による腸内フローラ解析により、腸管内の有用菌・乳酸菌の重要性が注目されているのです。
腸内環境の腸内細菌や有用菌・善玉菌比率バランスなどが、健康維持改善に大きく関わってる報告が世界の研究者により多数公開さています。
効果的に乳酸菌やビフィズス菌を簡単に摂取できる手軽な乳酸菌サプリが人気の理由はココにあるのです。機能性表示食品ならさらに安心です。

→目次へ戻る

→目次へ戻る

ページの先頭へ