乳酸菌おすすめビフィズス菌サプリとは?

乳酸菌で腸内環境を良好にする乳酸菌サプリメントは
ラブレ菌やビフィズス菌など数多くあります

本当に必要な乳酸菌サプリは、
自分の腸内環境に最適の乳酸菌おすすめビフィズス菌サプリです

乳酸菌とビフィズス菌の違いって?

乳酸菌 ビフィズス菌
産生物質 乳酸 乳酸と酢酸
生息 人の小腸/自然界一般/乳製品・発酵食・人や動物の腸管内 人の大腸/動物の腸
酸素 酸素内で生息できる(適正嫌気性) 酸素あると生きれない(編成嫌気性)
乳酸球菌・乳酸卓菌 ビフィズス菌
有用菌・有益菌の1%未満 有用菌・有益菌の99%以上
整腸作用 普通 高い

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、酸素のない大腸に生息しています
糖を分解して
乳酸を産生し、腸内を弱酸性にして有害菌の増殖を抑制
さらに酢酸を産生して、腸壁を刺激するので蠕動運動を活発にしているのです
ビフィズス菌は腸内の整腸作用が大きい有用菌・有益菌なのですね・・・


有害菌が抑制され減少すると
アンモニア・ニトロソニアン・インドールなど有害物質が少なくなり下痢も改善されることになります

子供のころの整腸作用に利用した
ビオフェルミンは家近の薬剤師オススメだったので
子供の便秘や軟便には腸の調子もそれなりに下痢 生活に役立った思い出があります・・・
最近ではビフィズス菌を重視した多くのビフィズス菌サプリが
おすすめランキングで人気の理由がわかりますね・・・

加齢により有害菌が多く有用菌補給したい
腸内フローラの整腸効果や便秘解消の医薬部外品を求めると、
腸まで届くビフィズス菌のカプセルなどが有用菌として選ばれる傾向があります

生きたまま腸まで届き、
お腹の腸内環境で有用菌と言われる有益菌を
オリゴ糖と共に活性化し増やしてくれる乳酸菌が、
乳酸菌ビフィズス菌サプリメントランキングでも選ばれるている人気商品なので利用してみる価値はありますね・・・

プロバイオティクス


プロバイオティクスと言われる腸内フローラ腸内菌叢のバランスを改善する微生物の力を利用する商品・食品が広く認知される時流が到来しています
プロバイオティクスの整腸作用は驚くほど広範囲に及んでいます
血圧降下や糖質代謝改善をはじめ、免疫調節から感染予防やアレルギー制御・発がん抑制・炎症性腸疾患など

抗生物質などの医薬品を利用するプレバイオティクスに対して

アトピーやアレルギーまで腸内環境に生息している腸内細菌の有用菌である微生物が、常在菌として
腸内フローラ・腸内環境の有用菌・有害菌バランスを改善し、宿主の健康維持効果に寄与してくれているのです

つまり国連食糧農業機関FAO世界保健機関WHOの定義によると、
プロバイオティクスとは?
宿主の健康に利益を与える生きている微生物という事になります

国際生命科学研究機構ILSIの定義では:宿主に健康上の利益を与えるのに十分な量の生きている微生物を含む食品、
とあります

宿主とは?
人間のことですね・・・

こうして近年
腸の腸内細菌の有用菌・有益菌を改善する効果に期待して
ヨーグルト・乳酸菌・ビフィズス菌などが
腸内環境に効果のある食品としてオリゴ糖などを増加し
お腹の便秘や整腸効果を改善する期待を込めて利用されているのです・・・

プレバイオテクストは、オリゴ糖や良く持つ繊維など有用菌だけを増殖させる物質で
生きた微生物を意味するプロバイオティクスと同時に摂取すると効果的な物質です

シンバイオティクスとは
プロバイオティクスとプレバイオテクストを同時にとる事です

乳酸菌とビフィズス菌の違い

腸内フローラのバランスを整えなくてはいけない、
有用菌を増やさなくてはいけない・・・
健康な腸内フローラのバランスを保つのは、健康にとってとても大切なこと。

しかし、現代人は日々たくさんのストレスにさらされており、
腸内環境を良好にするのはなかなか難しいのが現状です。

そこで、毎日の食生活で積極的に摂りたいのが、
腸内細菌の有益菌・有用菌である乳酸菌やビフィズス菌というわけです。

この乳酸菌とビフィズス菌の違いは分かりにくいですね?

意外と知らない、乳酸菌とビフィズス菌の違いとそれぞれの働きについて再確認。

乳酸菌とビフィズス菌

そもそも乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも腸内細菌の有益菌・有用菌の一つに数えられるもの。
腸の運動を促してお腹の調子を整えたり、
免疫力アップにつながる働きをしたり…と腸内環境を整えてくれるのが有益菌・有用菌です。

スーパーやコンビニで見かけるヨーグルトやヨーグルト飲料にも、「生きて腸まで届く乳酸菌」「ビフィズス菌入り」などの文字がよく書いてありますよね。
ではそれぞれの違いについて見ていきましょう。

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、乳酸を腸内で生成する細菌の総称です。
「乳酸菌である」と定義されるのは、消費したグルコースの総量に対して50%以上の乳酸を生成する細菌と決まっています。
乳酸菌が糖質を分解し腸の中で作り出すのが、乳酸です
(よく「筋トレなどのトレーニングをすると体に疲労物質として乳酸がたまる」と言われますが、
筋トレのときに発生する乳酸は、今回の乳酸とは別物と考えてくださいね)。

この乳酸は、腸内にもともと住んでいる有用菌のエサとなり、有用菌の増殖を促します。
また、有害菌は酸を嫌うため、乳酸が増えることによって有害菌を抑えるという効果も期待できます。さ
らに、免疫力を高めてくれるのも乳酸の役目です。
そしてもう一つ、ビフィズス菌を増やす効果も乳酸は持っているんです。
乳酸菌は人間の腸内はもちろん、お味噌やキムチなどの発酵食品、そしてヨーグルトなどの乳酸品の中にもたくさん含まれています。

ビフィズス菌とは?

一方、ビフィズス菌も乳酸菌と同じく、乳酸を作り出します。
しかし、乳酸菌が乳酸のみを生成するのに対し、ビフィズス菌は乳酸のほかに酢酸や葉酸、ビタミンB群まで生成するのが大きな特徴です。
この中でも特に酢酸は、乳酸よりも殺菌作用が高いため、酸性の環境を嫌う有害菌の増殖をよりおさえてくれる成分として知られています。
また、腸の中の有用菌のうち、乳酸菌は全体のわずか0.1%にも満たないのですが、
ビフィズス菌は全体の99.9%を占めており、その数は1兆〜10兆個にものぼります。

しかし、人間の腸内以外でも生息できる乳酸菌とは違い、
ビフィズス菌は酸素があると生きられないため、
ビフィズス菌が生息しているのは人間や動物の腸内だけ。

しかも、小腸には酸素が存在しているため、
ビフィズス菌が生息できるのはなんと大腸の中だけなんです
(ただ、酸素を遮断した環境であればビフィズス菌入りのヨーグルトを作ることは可能です)。

乳酸菌とビフィズス菌を積極的に摂ろう

ここまでで、乳酸菌とビフィズス菌の違いがおわかりいただけたでしょうか。
どちらも同じ腸内細菌の有益菌・有用菌であるけれども、
腸内での働きはそれぞれ少しずつ違います。

人間の腸内フローラのバランスは個々人で違っており、
腸内の有用菌と相性のいい乳酸菌・ビフィズス菌もあれば、
逆に相性のよくないものもあることがわかっています。

まずは乳酸菌・ビフィズス菌を毎日の食生活に取り入れ、
自分の体と相性のいいものを見つけましょう。

そして腸内フローラの理想的なバランスを維持し、
健康な体作りに生かしていきましょう。

森下仁丹『ヘルスエイドビフィーナS』

腸内フローラの状態が健康に影響するといわれます。
腸にはたくさんの細菌が住んでいて、それらは集落を形成しています。
その様子を顕微鏡で観察するとまるで花畑(フローラ)のように見えたことからその名がつけられました。
昨今の健康ブームでは、腸内環境・腸内フローラが健康を左右して体だけでなく精神状態にも影響するのではないかといわれるようになりました。
今でも世界中で腸内フローラについて研究がおこなわれているようです。
そして現在では多くのメーカーから腸内フローラの状態をサポートする健康食品が販売されるようになりました。
そこで森下仁丹の「ヘルスエイドビフィーナS」の紹介もしたいと思います。

・そもそも「ビフィズス菌」とはなにか
ビフィズス菌とは人間や動物の腸内に寄生する細菌のことです。
ビフィドバクテリウム属に含まれ、
母乳で育った子供の腸内に多くみられるといわれます。
オリゴ糖や乳糖を分解して「乳酸」や「酢酸」「ビタミンB群」「ビタミンK」をつくりだす働きがあります。
腸内には「有用菌」「有害菌」「日和見菌」とよばれる細菌が住み着いており、
ビフィズス菌は有用菌の中に含まれます。
腸内は有用菌、有害菌、日和見菌が2:1:7の割合で存在しているのが理想とされています。
しかし有用菌は「加齢」「ストレス」「偏った食生活」などによって影響を受け、減少していくといわれます。
乳酸菌との違いは、ビフィズス菌が腸内に最も多く存在している菌であること、
ビフィズス菌は乳酸以外にも酢酸を作り出すことができること、
乳酸菌は酸素があっても生きられるのに対して、ビフィズス菌は酸素があると生きられないことなどが挙げられます。

・森下仁丹「ヘルスエイドビフィーナS」のおすすめポイント

▼独自のカプセル技術で生きたまま腸まで菌が届く

ビフィズス菌は胃酸の環境下では死滅しやすいといわれます。
しかし森下仁丹は耐酸性の3層構造の「ハイパープロテクトカプセル」を開発しました。
このカプセルに守られたビフィズス菌の胃酸下での生存率は約90%にも達するそうです。

▼顆粒タイプで飲みやすい

ヘルスエイドビフィーナSは1日1包を水と一緒に飲むだけなので手軽に続けることができます。
また顆粒タイプなので大粒のサプリメントなどが苦手だった方にもおすすめです。

▼1包当たり60億個分の菌が配合

乳酸菌やビフィズス菌などの有用菌は、幼いころは腸内にたくさんいたにもかかわらず、
年を取るごとにどんどん減っていくといわれます。
そのため日ごろから有用菌を摂取するようにすることが大切です。
また、乳酸菌やビフィズス菌などの有用菌は単独で摂るよりも、
有用菌の働きをサポートしてくれる食物繊維などを一緒に摂るとよいといわれています。
ヘルスエイドビフィーナSは1日1包を目安に飲みます。
そしてその1包にはビフィズス菌50億個に加え、
「アシドフィルス菌」「ガセリ菌」などの乳酸菌が10億個、
「オリゴ糖」までもが含まれています。
乳酸菌やビフィズス菌だけでなく、オリゴ糖も一緒に摂れるのは嬉しいポイントです。

・健康維持のサポートとして摂りいれる

腸内フローラを整えることは私たちの健康維持につながってくるといわれます。
腸内環境が整っていないと便通が悪くなったり、
気持ちが沈みやすかったり、
体臭や口臭が気になるようになります。
腸内細菌を増やすには
ヨーグルトやチーズ、
納豆などの発酵食品を摂りいれたり、
健康的な生活習慣を送ることが大切です。

乳酸菌は
乳酸菌は長生きするの?

ビフィズス菌は毎日摂取しないと減少つまり減っていきます
毎日継続的に摂取しましょう

乳酸菌はお腹の調子を整えるのにとても良いと知られています。

乳酸菌をなるべく意識して多く摂取しようと努力する人は多いと思います。

意識して多めに乳酸菌を摂っていると
、乳酸菌の取り過ぎは身体に良くない影響があるのかどうか気になります。

乳酸菌は摂り過ぎて困る事はない場合がほとんどです。

例え、乳酸菌を摂取しすぎても結局は便として排出されてしまうので
、身体に長く留めておく方が難しいのです。

だから、毎日こまめに乳酸菌を摂取するように推奨されているのです。

つまり多少多めに摂取しても1週間もしないうちに
体外へ排出されると考えておいて良いでしょう。

摂取し過ぎた副作用がもしあったとしても、
お腹の弱い方が下痢、
便秘になる可能性があるという程度という認識で良いようです。

ただ、乳酸菌を普通にヨーグルトだけで摂ろうとして
毎食ヨーグルトだけバクバク食べるなどは、
乳酸菌の摂取量以前に食事のバランスが悪いのでお勧めは出来ません。

乳酸菌サプリで乳酸菌を摂る場合は、
決まった量より少し多くなってもあまり心配しなくても良いとも言えますね。

ただ、たくさん摂取すれば効果があるという訳ではないので、
乳酸菌の摂取をしばらく続けてみても効果をあまり
感じないのであれば、

その乳酸菌は合わないという場合があります。
乳酸菌も種類が多いので、サプリやヨーグルトにしても含まれる乳酸菌の種類によっては摂取する量は十分でもその人にとって効果を実感できない事があるのです。
自分のお腹に合わない乳酸菌を、摂取量を増やせば良いのかと安易に考えるのは良くないですが、合うか合わないかを確認するのにはやはり摂取量
が多くなるサプリが現実的です。
結論として乳酸菌の副作用はそうあり得ないので気にしないで摂取して良いと言えるでしょう。