乳酸菌が身体によいと聞くとツイツイ取りすぎてしまうことも・・・
こんなにヨーグルトや乳製品を大量に食べても大丈夫なの?

そんな素朴な疑問は誰しも感じることですね・・・

  • 世間ではヨーグルトを摂取すると乳酸菌がお腹で活躍してくれる!
  • とっても身体にいいんだ!
  • 毎日、毎食ヨーグルト食べてるよ!
  • 今朝も忙しかったのでヨーグルトだけたっぷり流し込んで出社してきたんだ!

確かに乳製品は脂肪・脂質や糖分が含まれていることが多いですね・・

こんなにヨーグルト食べ過ぎたら・・逆に太っちゃうよっ♪って

嘆きたくなるダイエット女子も多いですね・・・

もちろん脂肪質や糖分の取りすぎは避けるべき生活習慣ですね!

乳酸菌を過剰摂取しても副作用はないと言われています。

角度を変えて考えるなら、乳酸菌はもともと善玉菌であり

善玉菌とは、腸内細菌の有用菌を意味しますから

有益な菌が多くなれば、善玉菌比率は高まりますから好ましいのではないでしょうか?

 

余分に摂取した乳酸菌の過剰摂取や大量摂取は、排せつされるだけとも言われています。

普通に食品として乳酸菌を過剰摂取しても、乳酸菌は胃酸や胆汁にやられてしまって、生きたまま腸まですら届きにくいのが現実です。

食品としての摂取での過剰摂取は、普通にはあり得ないとも言えます。

いくら乳酸菌を摂り過ぎても大丈夫と言えども常識的にも、

サプリメントや乳酸菌を濃縮した人工的な方法の過剰・大量摂取は、当然おすすめできるものではありません。

 

問題は別の視点にあるのかもしれませんよ?

つまり善玉菌である乳酸菌やビフィズス因は胃酸に弱く

腸内環境でも、なかなか定着してくれないのが悩みなのです

そんな簡単に摂取出来て、

腸内フローラ困るほど善玉菌を摂取できる方法があれば、

簡単な話なのですが・・・・

善玉菌を増やし腸内環境のバランスを整える方法を世界中で探し進化させる研究が日夜なされているのです。

腸内細菌の数は100兆個から1000兆個と言われています

健康効果の期待できる必要量は毎日1兆個摂取する必要があります

腸内細菌数が1000兆ならその1%~2%が舞日地必要な摂取量です

そろそろ天文学的な数字になってきました。

 

結局、乳酸菌そのものを摂取し過ぎても排泄されるだけだから問題ないかもしれません

しかし過剰摂取は避けるべきでしょうね・・

善玉菌以外の摂り過ぎは身体に良いとは言えないはずです

はっきり分っていることは、

腸内フローラの腸内細菌叢で有害菌である悪玉菌が優勢になると

病を引き起こすリスクが逓増すると研究発表されていることです。

安心安全を優先するなら、

最適な乳酸菌の菌種を最適量だけ摂取することが賢明な選択肢でしょう。

十分検討すれば乳酸菌サプリが一番乳酸菌だけを限定摂取できるので

良い方法であるかもしれませんね・・・。

摂取量をキッチリ守り、一番効率のよい摂取方法での利用をお薦めします

結局、乳酸菌を取ることだけを目的にした

ヨーグルトなどの乳製品の大量過剰摂取は、

別の意味での肥満などの副作用を誘発しかねないので注意は必要でしょう。

また長寿で有名なブルガリア地方などのように、乳酸菌を多用し健康を維持している例もあります。

ただし、日本人の体質と西洋人の体質の区別は、はっきりと認識したうえで他の国の食習慣を比較する必要性を忘れてはいけないでしょう!

何れにせよ自分の体質をわきまえた健康管理が大切と言えます♪!

自分のお腹の調子の声をよく聞いて、

自分のうんちの状態を毎日観察して

生活習慣等の自己管理の下で食生活習慣を総合的に見直すことが大切のことは言うまでもないことでしょう!