免疫細胞

腸内フローラ 腸内環境 の腸内細菌には、人の体の免疫細胞の70%も集中しています。

腸内環境 腸内細菌のバランスを整える重要性はここにもあるのです

善玉菌を活性化することにより、免疫細胞が活性化され

有害菌を阻止する力が働くわけです

免疫力低下

免疫力が低下すると健康維持に大きく影響を及ぼします

病気や疾患にかかる恐れが高まるので、健康には十分留意する必要があります。

口から侵入してきた細菌やウイルスなどの病原体が腸まで侵入してきます

外から侵入してきた細菌やウイルスなどが体内に侵入するのを免役器官でもある腸が防いでいます

免役細胞の7割が腸に集中している頼りになる存在ですね・・・

骨髄

免役細胞(白血球)が生まれる場所は骨髄です

骨髄ではNK細胞やマクロファージ・樹状細胞・B細胞などが作られるのです

骨髄で生まれた免疫細胞は、

骨髄で育つ

あるいは胸腺に送られTh1細胞やTh2細胞・キラーT細胞になったりします

NK細胞・Th1・Th2細胞

体内に侵入した病原体に最初

マクロファージや樹状細胞・NK細胞が働きます

樹状細胞からの情報により

NK細胞⇔Th1細胞

Th1細胞⇒キラーT細胞を増やす

Th2細胞⇒B細胞(働き過ぎは免疫バランスを壊す可能性)

NK細胞

年齢と共に免疫力低下します

NK細胞とTh1細胞は加齢により弱くなり免疫力が低下するのです

免疫力を高めるためにできることとは?

免疫力を高める1

毎日の食事による栄養バランス+乳酸菌の摂取
運動
睡眠
入浴
笑いのある生活

免疫力を高める2

体調を左右している免疫力。
この免疫力が弱まるとからだのあちこちで不調がみられたり、ウイルスに感染して発症しやすくなるなどといわれます。
では、この「免疫力」を高めるために私たちにはなにができるのでしょうか。
免疫力と腸内フローラの関係性にも触れながら説明。

そもそも「免疫力」とはなにか?

私たちは普段なにげなく「免疫力」というワードを使っていますが、免疫力とは正確にはどういったものなのでしょうか。「免疫」というのは、体に侵入してきた「細菌」や「ウイルス」、また体内にできた「がん細胞」から体を守るための防衛機能のことを指します。
つまり免疫力とは、体に害のある細菌、ウイルス、がん細胞からどれだけ自身の体を守れるかという指標になるのです。私たちは日々、外部からの侵入者やがん細胞などに体を脅かされていますが、この免疫力があるおかげですぐに病気にかかったり発症しないで済んでいるのです。

免疫力と腸内フローラの関係性

近年の腸内フローラに関する研究には目覚ましいものがあります。
そして腸内フローラと免疫力には深い関係があることが分かってきました。
一見関係のなさそうな免疫力と腸にはどのようなつながりがあるのでしょうか。
じつは私たちの腸にはからだの免疫細胞の6割が存在しているといわれているのです。免疫細胞というのは免疫力を発揮してくれる細胞のことです。体全体の6割ほどの免疫細胞が存在している腸というのは、私たちのもつ内臓の中で最大の免疫器官といえます。
「NK細胞」「マクロファージ」といった名称を聞いたことはないでしょうか?これらは免疫細胞の1種になります。免疫細胞は「骨髄」でつくられています。そしてそのまま骨髄で成長するものと「胸腺」にいくものがあります。骨髄や胸腺に送られた免疫細胞はのちに血管を通して全身をめぐり、「腸」や「リンパ節」などに移動します。
免疫細胞の6割は腸に存在していますが、その免疫細胞がうまく機能しているのは「腸内細菌」のおかげだといわれます。私たちの腸にもともと存在している腸内細菌は、免疫細胞の働きをサポートしてくれているのです。腸内細菌の群れのことを腸内フローラといいますが、その腸内フローラが良好に保たれていることが健康への近道となるのです。

免疫力を高めるためにできることとは?

腸内フローラと免疫力には切っても切れないつながりがあることがわかりました。では、腸内フローラを良好にするためにはいったい何をすればいいのでしょうか?

乳酸菌製品をとる

各メーカーから販売されている乳酸菌製品をとることが免疫力アップにつながります。乳酸菌製品をとり腸内細菌を増やすことで、免疫細胞の活力をより高めることができるといわれるからです。

発酵食品をとる

発酵食品とはチーズ、キムチ、納豆、つけもの、ヨーグルト、ワイン、甘酒などがあります。これらの発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれており、腸内フローラを良好にする働きがあります。乳酸菌製品をとることと同じ原理で、腸内細菌を増やして免疫細胞の働きをサポートします。また、発酵食品と一緒に「食物繊維」や「オリゴ糖」を摂ると腸内細菌が活躍しやすくなるといわれます。食物繊維やオリゴ糖は野菜や果物に多く含まれているので、バランスの良い食生活を心がけるとよいでしょう。

適度な運動を習慣にする

忙しい現代人には運動習慣のないひとが増えているといわれます。しかし適度に体を動かして筋肉を鍛えると、体温が上がり免疫力が高まるといわれます。体温が1度上がるだけで免疫力は数倍にもなります。ハードなスポーツでなくウォーキングやストレッチなどの軽い運動でもいいので、続けることが大切です。

乳酸菌で、免疫力アップを目指しましょう

腸内環境が体内の免疫力に大きなかかわりを持っていると聞いて以来、
積極的に乳酸菌を摂取しています。

これと言って決まった乳酸菌を摂っているわけではないのですが、
強烈なアレルギー体質で、免疫力についてはかねてから関心を寄せていました。

免疫力は目には見えませんので、
アレルギー症状の緩和ができればと考えています。

主なアレルギー症状は、アトピー性皮膚炎と花粉症です。

その他に猫などの動物アレルギーもあります。

食べ過ぎるとアレルギーの症状が出やすい傾向にあるので、
腸内環境は以前からかかわりがあると考えていたのですが、
数々の研究からアレルギーと腸内環境には深いかかわりがあることが分かったということで、
アレルギーの研究から生まれた、
乳酸菌のタブレットを摂っています。

乳酸菌のタブレットは大手食品メーカーから販売されている商品で
、食べやすいですしタブレットタイプなので携帯にも便利です。

水が必要なサプリメントタイプだと、
ついつい飲むのを忘れてしまいがちなので、
水なしで摂取できるタブレットは気づいたときに摂れるので便利です。

乳酸菌には動物性のタイプと植物性のタイプがあることを先日知り、
漬物に乳酸菌が含まれていることが分かったので、
漬物を毎日の食卓に必ずプラスしています。

もともと発酵食品は摂るようにしていましたが、
漬物には植物性の乳酸菌が含まれており、
その成分が体調を整えてくれることを知ってからは
、ご飯のおともにいろいろな漬物を食べています。

手軽にとれる乳酸菌としては、ヨーグルトも好んで食べています。

ヨーグルトは好みによって味や乳酸菌を選べる手軽さが魅力で、
どこでも手に入るので、
便秘気味の時に重宝しています。

ヨーグルトで免疫力を高める

「ヨーグルトには免疫力を高める効果がある」ということを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?
ここでは、なぜヨーグルトが免疫力アップに適しているのかについて紹介していきたいと思います。
いきなりですが、私たちの腸内には、善玉菌や悪玉菌などの様々な菌が、合わせて約100兆存在するとされています。
ヨーグルトには皆さんが知っているように乳酸菌が含まれているので、ヨーグルトを摂ることによって腸内に善玉菌である乳酸菌が増えます。
そして、乳酸菌は、免疫活性物質であるサイトカインを分泌するように促して、
全身のリンパ球を活性化するように働きかけてくれるので、腸内がきれいになり、免疫力アップに繋がることになります。
しかし、食事などで体外から摂取した乳酸菌は、腸に定着はせず、最終的に排出されてしまいます。
免疫力アップをしたいなら、毎日乳酸菌を含んでいるヨーグルトなどを摂ることが重要になってきます。
また、ヨーグルトを食べることは、食中毒やノロウイルスなどへの免疫力アップにも繋がるとされています。
これらは、腸内環境により、発症する場合としない場合に分かれます
。腸の中で、ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌が、
酢酸や乳酸などをを作り出してくれ、それによって腸内環境が良い場合、
酢酸や乳酸が酸性へと変わって、悪玉菌などの細菌が腸内で増殖するのを防いでくれるのです。

ヨーグルトを食べて腸内環境を整えるということは、食中毒やノロウイルスなどへの免疫力を高めることに繋がるというわけです。
このような良い効果が得られるため、ヨーグルトはできるだけ毎日、継続して食べることをおすすめします。
しかし、食べ過ぎるとおなかを壊したりなどと大変なので、1日に食べる量はしっかりと決めるようにしましょう!
この記事がたくさんの方の参考になれば嬉しいです。