善玉菌とは?

善玉菌と悪玉菌・日和見菌

腸内の善玉菌と悪玉菌・日和見菌ってなに?
このところよく耳にする「腸内フローラ」と善玉菌と悪玉菌・日和見菌、
最近は「菌活」なるキーワードも出てきて、雑誌でも菌活特集が組まれているほど。
おそらく「腸」「腸内フローラ」や「菌活」「善玉菌」などの言葉を耳にしたことのある方は多いですね♪
でも、腸の腸内フローラ・腸内環境・腸内細菌とはいったい何なの?
しっかり説明するのはなかなか難しいもの。
腸の腸内フローラ・腸内環境に関係するキーワードを整理してご紹介したいと思います。
これであなたも腸関連の腸内フローラ・腸内環境マスターに!

腸内フローラとは?

ヒトの腸内には、数百種もの細菌が生息しています。
これらの細菌はそれぞれ種類ごとに集まりいくつものグループを形成しているのですが、そのグループを英語でフローラ(生物学用語で「微生物叢(びせいぶつそう)」のこと。
ローマ神話に出てくる花の女神の名前でもある)と呼びます。
つまり、腸内にすむ細菌のグループ、細菌群のことを「腸内フローラ」と呼ぶのです。
そしてこの腸内フローラは、それぞれの役割によって①善玉菌、②悪玉菌、③日和見菌の三つに分けられます。

善玉菌

善玉菌とは?
まず一つ目の善玉菌については、よく耳にしますよね。これは、腸内環境を整えてくれ腸にとってプラスの働きをするもの。たとえば、腸の運動を促してお腹の調子を整えたり、免疫力をアップさせたり、さらには次にご説明する悪玉菌の侵入・増殖を防いだり…とヒトにとって有用な働きをする菌です。善玉菌の代表格としてよく知られているのは、乳酸菌やビフィズス菌が挙げられます。

悪玉菌

悪玉菌とは?
2つ目の悪玉菌ですが、このワードについても聞いたことがある方は多いでしょう。腸内で有害物質を作り出し、においを発するガスなどのもととなったり、下痢や便秘を引き起こしたりするのが悪玉菌にあたります。また、免疫力を低下させるほか、発ガン性物質の原因にもなります。食中毒の原因になることもあるブドウ球菌やウェルシュ菌が、悪玉菌の代表格です。

日和見菌

日和見菌とは?
最後に、日和見菌についてご説明します。
おそらく、三つの菌の中で最も聞き覚えのないのがこの「日和見菌」でしょうね・・・
日和見という言葉のとおり、優勢な方につくのがこの日和見菌。
たとえば、体調が崩れたことを想像してみてください。
そんなときは腸内環境も悪化しており、悪玉菌の活動が活発です。
すると日和見菌は悪玉菌の味方となり、悪玉菌としてヒトの体に悪影響を及ぼします。

腸内フローラの理想的なバランスとは?

では、腸内フローラを構成する善玉菌と悪玉菌、それから日和見菌の理想的なバランスはどのようになっているのでしょうか。
悪玉菌が引き起こすことはヒトの体に悪いことばかりだから、腸内に悪玉菌がゼロの状態が最も望ましいのでは?と思ってしまいがち。
けれども、悪玉菌が腸内に存在することによりわたしたちの体の免疫機能が初めて備わります。
悪玉菌が腸内から完全になくなってしまうと、善玉菌は戦う対象を失い、働かなくなってしまうのです。
そこで理想的なバランスは、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」の割合
善玉菌より悪玉菌の方が優勢であるという腸内環境が最もよいとされています。

理想的なバランスを保つには?

このように、善玉菌優位の関係が腸内フローラの理想的なバランスです。
しかし、わたしたちの腸内フローラ環境は、日々のストレスや食生活、さらには年齢などによっても変化しており、必ずしも好ましいバランスを保てるわけではありません。
そこで、まずは十分な睡眠をとって規則正しい生活を送り、
バランスのよい食事をすることが大切です。

また、善玉菌のエサとなる食物繊維をたっぷり摂ったり、
善玉菌である乳酸菌を積極的に摂ったりすることも有効です。

腸内フローラのお話でした。
腸内フローラについての理解を深めていただけたでしょうか。
これをきっかけに毎日の生活環境を見直し、健康な腸と体を手に入れましょう。

善玉菌と腸内環境改善

凄く便秘に悩む女性が多いのです!

長年便秘に良いと聞くと、
直ぐ実践、
また違う良い情報があると、
また、即実践をずーと繰り返してきましたが、
最後はお薬に頼る月日を過ごしてきました。

ヨーグルトも自分に合うビフィズス菌を探して、試し続けました。

乳酸菌サプリ、
これって言うのがみつかりませんでした。

そんなとき、
この善玉菌乳酸菌を知り、欲しくなりました。

NHK放映!腸内フローラと乳酸菌特集もありましたね

腸内フローラは乳酸菌サプリの影響受けるのでしょうか?

乳酸菌サプリで腸内フローラが健康維持に役立つらしいですね!

ヨーグルトと比較して飲みやすいので人気の乳酸菌サプリは、
吸収の効率もよく乳酸菌摂取する手段ですね。

整腸作用とか免疫力を強化する。

風邪や怖いインフルエンザに本当にかかりにくくなったり、
アトピーとか花粉症、
それに蕁麻疹などアレルギー予防にも効果かもしれないらしいですね。
詳しくはメーカーサイトで確認下さい♪!

1ヶ月程飲み続けると、
お腹の調子がよくなり、
毎日快便でスッキリした時間を過ごせるようになりました。

しかし、しばらくは快調でしたが、
また、お通じが滞るようになりました。

ビフィズス菌に相談して、
もっとたくさんビフィズス菌が入っている、
乳酸菌サプリに変えました。

すると、また、爽やかな朝を迎えられたのです。

身体がなれてしまうと、
このような症状が出る人が多いと、
相談したときに聞きました。

でも、続けると快便につながっていきますよと言われました。
この乳酸菌サプリは強力で今も私のお腹の中で、働いてくれています。

同じ悩みで苦しんでいた叔母にも教えて、
叔母も今はスッキリのようです。

ただ、お値段が高いと思うかは人それぞれでしょうね。

私なんかはナカナカ調子がいいので、
他で節約して利用しています。

そんな私ですが、
最近〇〇〇ドリンクで、
お通じに良いと言うか、
私に合うと言うか乳酸菌ドリンクを見つけました。

試しに数日飲んでみたら、
何かいい調子なので、
便秘対策に加えてみようかと考えています。

やはり、美容を作るのは腸内環境で、
腸内環境を作るのは、
乳酸菌で、
自分に合う乳酸菌がみつかれば、
お肌がツルツルで、
心も明るくなります。

女性は灰になるまで、
美に執着していいものだと、
思っていますので、
腸内環境を整えるために、
日々乳酸菌のお力を借りて生きていきたいですね。

最近は夫もお肌に興味がわいてきて、
年が1つしか違わない私の顔をみて、

  • なんで、しわが少ないの?
  • 吹き出物がないの?
  • 肌荒れがないの?

と聞いてきます。

私はお腹の中が綺麗だからよと、
答えて笑っています。

そのうち、隠してあるサプリを見つけられてしまいそうです。

でも、サプリや、
腸内環境を整える乳酸菌ドリンクのほかに運動もしていて、
お腹も血のめぐりもいいからだと、言えます