消化管の約80%もある小腸の長さは6~7m、
大腸(約1.5m)より長く面積もテニスコート1面分ほどの表面積です。

小腸は、十二指腸・空腸・回腸からなります
十二指腸(太さ約25㎝)は、胆管(胆汁)と膵管(膵液)からの消化液で消化を助けます

腸腸の粘膜には粘膜上皮・粘膜固有層・粘膜筋板があります
内側粘膜には輪状ヒダを持ち、腸絨毛が500万本以上存在しています
腸絨毛表面の胚細胞は微絨毛で覆われ、栄養分が微絨毛の表面で吸収されるのです
小腸で
糖質・たんぱく質が吸収され血管により肝臓へ・・・
脂質はリンパ管に取り込まれます
回腸下部のm細胞で覆われたバイエル板の中でリンパ球が増殖して免疫グロプリンAを分泌しています
m細胞はリンパ球やマクロファージに情報を提供!
小腸粘膜層から分泌される消化酵素により
アミノ酸やブドウ糖・グリセリド・脂肪酸などに分解消化されるのです

胆汁
脂肪を乳化
膵液は、三大栄養素の消化に関係する消化酵素を持つ
アミラーゼ⇒デキストリンを二糖類のマルトースに分解
トリプシン⇒ペプトンをアミノ酸に分解
ペプチターゼ⇒ポリペプチドをアミノ酸に分解
リパーゼ⇒脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解
腸液
炭水化物⇒膵液により二糖類マルトースまで分解
小腸上皮細胞のマルターゼ・スクラーゼ・ラクターゼ・トレハラーゼ・イソマルターゼなど二糖類水解酵素⇒単糖類のグルコース・フルクトース・ガラクトースまで分解
炭水化物はこうして腸管からの吸収が可能になります

小腸の内側、腸粘膜の表面は純毛(じゅうもう)と言われる無数のヒダに覆われています
純毛のヒダは小腸表面積の約600倍です

食べ物と消化液に混ぜられている栄養分は、小腸内で収縮・弛緩・移動されるながら

純毛から吸収され、毛細血管から全身へ栄養分が送られるのです

つまり小腸は栄養分の吸収と胃で消化した食べ物を大腸を送る働きをします

小腸には免疫を活性化させる機能があります

小腸に多くいるのは、プロテオバクテリアと乳酸菌目です

バクテロイデス綱とクロストリジウム綱は回腸末端に近くなると多くなります。

小腸と大腸での細菌の種類は大きく異なります。

腸の中で小腸は栄養分を吸収します(大腸は水分を吸収)

今、話題の乳酸菌が主に生息しているのは小腸です

善玉菌である乳酸菌は乳酸を作り自然界にも広範囲に生息していますね・・・

乳酸菌とは、ヨーグルトなど乳製品や発酵食品に生息しています

乳酸菌は人の健康をサポートする善玉菌として腸内、主に小腸に存在し生息しているのです

乳酸菌は主に小腸に存在しています
ビフィズス菌は主に大腸に存在しています