大腸は小腸より病気が起こることが多いのが特徴です
長さは約1.5m
テニスコートでいうと約半面分の表面積があります
大腸の腸内細菌の数は1000兆個以上
種類は1000種類
重さにして約1~1.5kgもあるのです。
人間の細胞数は約67兆個とも言われているので
大腸の腸内細菌の勢力の凄さがわかりますね・・・

大腸は腸内でも一番腸内細菌が多い場所です

大腸での主要な細菌は、バクテロイデス綱とクロストリジウム綱です。

腸内に存在している善玉菌のビフィズス菌は主に大腸に生息しています

大腸に存在する腸内細菌の有用菌である善玉菌に占めるビフィズス菌割合は99.9%です

約1兆~10兆個ものビフィズス菌が大腸内に生息しているのです

ビフィズス菌は乳酸や酢酸を生成します

ビフィズス菌は腸内環境の大腸を弱酸性にし

悪玉菌の活動を抑制し、

腸内フローラバランスを改善し

健康維持に役立っているのです

結局、大腸で機能している善玉菌の大半はビフィズス菌なんですね・・・

だからビフィズス菌が大切なのです

おなか、大腸の善玉菌であるビフィズス菌を活性化させ増やすことが重要ですが

ビフィズス菌は加齢とともに減少し

中年期から大幅減少し、高齢になると僅か1%未満になってしまいます

したがってビフィズス菌を毎日摂取補充したいものです

最近では、ビフィズス菌を生きたまま腸に届ける

優秀な乳酸菌サプリも手軽に摂取できるようになっています

大腸は短鎖脂肪酸(酪酸など)を主なエネルギー源にしています
腸内細菌が食物繊維やオリゴ糖を発酵して作るのが短鎖脂肪酸
短鎖脂肪酸は、酪酸や酢酸・プロピオン酸などの有機酸で油脂の構成成分です
だから酪酸は腸内細菌活動が発酵した生産物質です

大腸の腸内環境が悪いと、腸内細菌による腐敗が進行し有害物質を生成します。
大腸でうんちが溜まり腐敗物質が溜まると健康を害する恐れがあり
大腸がんや大腸炎・潰瘍性大腸炎・大腸カタルなどの原因になる可能性があります。

腸内フローラ腸内環境のバランスが悪いと悪玉菌が増え、有害物質がより多く増えることになります。

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われる理想的な腸内細菌のバランスを保つことで、大腸の有害物質を減らし、
大腸のうんちを速やかに体外へ排出することが健康維持につながります。

善玉菌のエサになる水溶性食物繊維をたくさん摂取して善玉菌を活性化させ、
食物繊維多く食べることで排便を促し腸内環境のバランスを保つことが大切なのです。

大腸癌の手術後はどう過ごせば良いのか

近年、大腸癌の患者数が増え続けているといわれます。女性のがんでの死因で最も多いのもこの大腸がんだそうです。一生のうち男性も女性もおよそ10~14人に1人が発症するといわれています。昔は少なかったのにどんどん増えつづけるこの病気は、誰の身にふりかかってもおかしくなくなりました。その大腸癌の原因と対策、そして腸内細菌との関連性について説明します。

・そもそも大腸癌とはなにか
大腸癌とは、大腸である「盲腸」「結腸」「直腸」のいずれかの部分に発生する癌のことです。日本では女性のがん死亡率第一位とされ、生涯でかかる確率が約7%といわれています。危険因子としては「遺伝」「年齢」「肥満」「飲酒」「加工肉や赤肉」「喫煙」「潰瘍性大腸炎」、乳がんや子宮がんといったほかの病気の「既往歴」が挙げられます。一般的に早期は自覚症状がなく、健康診断などでたまたま発見される場合が多いといわれます。癌の存在場所によっても症状が異なり、「腸内容物の通過障害」「腹痛」「腹部膨満」「血便」「貧血」「体重減少」「便秘」などがあります。治療法としては「内視鏡治療」「放射線療法」「外科切除」「化学療法」があり、早期発見であれば完全治癒する可能性が高いです。

・大腸癌の術後に腸内細菌が効果的である
日本大腸肛門病会誌に掲載された聖路加国際病院と足利赤十字病院の研究によると「Probiotics服用により排便習慣の改善、QOLの向上が期待できる」とのこと。Probioticsとは腸内細菌叢のバランスを改善させる生きた微生物および微生物代謝産物を含む製品のことです。大腸癌手術では広範囲で大腸の切除を行うため、術後は排便困難が起こりやすいとされます。今後も腸内細菌叢を含めた腸内細菌の変化にも注目されているとのことです。
また、大腸癌は術後5人に1人が再発するといわれます。術後も無理のない範囲で自分の体を気にかけて生活することが大切です。

・術後に気を付けたいこと
大腸癌の術後は、消化のしにくい食物繊維を含む食材に注意してください。食物繊維は「生卵」「イモ類」「ごぼう」「豆類」「たけのこ」などに多く含まれますので、これらの摂りすぎには注意してください。また、「ビール」「炭酸飲料」「きのこ類」もガスが発生しやすく腸に負担がかかるため気を付けたい食材です。脂っこい肉料理やカフェイン、タバスコなどの刺激物も摂りすぎないようにしましょう。逆に消化の良い「とうふ」「うどん」「煮物」「おかゆ」などがおすすめです。また、下痢がひどい場合は脱水症状にならないように水分補給をしっかりしましょう。冷たい飲み物は腸に負担がかかるため避けたほうが良いです。食事の際はゆっくり噛んで、腹八分目に抑えることが大切です。食事の内容や便の様子にも気を配り、あせらずゆっくり改善していきましょう。また、仕事を持っている方はいつ職場復帰できるかが気になるところだと思います。仕事内容にもよりますが、およそ3か月もあれば復帰できる人が多いです。無理をせず徐々に体を慣れさせて、ストレスをなるべく感じないように生活していくことが大切です。

・予防にも術後にも、そして再発予防にも
乳酸菌製品を摂ることは、大腸癌の予防になるだけでなく術後の経過やQOLも改善する効果があります。そしてがんの再発の予防にも効果が期待されています。私たちは生まれてから死ぬまで食べて消化して、栄養を吸収し排泄するという一連の流れを繰り返します。そのために必要な腸内細菌(とくに乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌)は、加齢などによっては大幅に減少するといわれます。これからも毎日健康で生きていくために、乳酸菌を生活に摂りいれる習慣が必要になっていくことでしょう。