腸内フローラ サプリの人気おすすめランキングは相変わらず根強い反響があります
腸内環境のバランスを改善できる腸内フローラ改善サプリに期待される効果効能が広く求められているのでしょうね・・・
中高年の高齢者ならビフィズス菌が減少しているので
ビフィズス菌サプリをテレビ通販などで
購入したくなる気持ちは十分理解できます。
でも
20代から30代だけでなく
40~50代の女性も肥満や痩せたい年代が増加し
腸内フローラ ダイエット サプリまでも需要が激増しているって
今の食生活の様相を反映しているのではないでしょうか?
生活習慣病が蔓延している昨今・・・
野菜不足が深刻化しています
腸内フローラの善玉菌を増やし
活性化させるためにも
善玉菌のエサとなる水溶性植物繊維や
腸内環境を整える不溶性食物繊維の摂取不足が指摘されているのが現状です

腸内フローラを活性化させるためにも
生きたまま腸まで届くビフィズス菌や乳酸菌を
腸内フローラ サプリで補充できる
腸内フローラ サプリ 口コミでも評判の良いビフィズス菌サプリが腸内フローラ サプリ ランキング比較ランキングで上位にランキングされている理由がわかりますね・・・

腸内フローラ サプリ摂取で善玉菌優勢な腸内フローラを保ちましょう

人間の腸には様々な細菌が住みついています。
その数は種類にして100種類以上、1000兆個以上にもなると言われています。
腸内細菌には、大きく分けて「善玉菌」と「悪玉菌」、「日和見菌(ひよりみきん)」と呼ばれる3つに分けられます。
中でも「日和見菌」が占める割合が一番多く、全体の7割を占めます。
残りの3割を善玉菌と悪玉菌が縄張り争いする訳ですが、バランスとしては、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言うのがベストと言われます。
この腸内細菌が腸内で縄張り争いしながら群生している様子を顕微鏡で覗くと、まるで「お花畑」の様であることから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。
この善玉菌2割以上をキープするのが、腸内環境としては非常に大切になります。
何故なら、大勢力である日和見菌はその名の通り風見鶏的な動きをとり、常に優勢な方の味方をするのです。
このことから、腸内フローラのバランスが一旦悪玉菌優勢となったら大変なことは明白です
。悪玉菌が益々勢いづいて、健康に悪影響を与えること間違いありません。
腸内フローラの形成の様は人によって様々、1つとして同じものはありません。
民族・国・老若男女、それぞれ食文化や好みなど食生活が大きく影響するものだからです。

善玉菌優勢の腸内フローラに整える

腸内フローラを常に善玉菌優勢な状況にすることで日和見菌を味方にし続けられ、
腸内環境を良好なものに保つことが出来ることは分かりました。
では、実際にどんな食品を摂ることを意識すれば良いのでしょうか。
善玉菌を増やし腸内環境を整えるには、
ビフィズス菌乳酸菌オリゴ糖食物繊維がキーワードになりそうです。
ビフィズス菌は最も有名な善玉菌の1つですが、
ビフィズスを腸内で増やす働きがあるのが、
乳酸菌やオリゴ糖などです。

乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていると考えられますが、
注意する点もあります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌や乳糖が腸まで届くことで腸内のビフィズス菌を増やす働きをしてくれるのですが、
なかなか生きたまま乳酸菌が腸まで届くのは難しいと言われています。

そこで現在は、各メーカーからヨーグルトの中でも、
「乳酸菌が生きたまま腸まで届く」を特徴としている製品が多く発売されていますので、
それらをチョイスされるのが良いのではないでしょうか。

オリゴ糖も腸内でビフィズス菌を増やしてくれる働きを持っています。
先の腸内フローラ サプリなど腸内フローラ改善サプリには、
「オリゴ糖配合」を謳っている製品もあります。

上手に利用することが出来れば、
乳酸菌とオリゴ糖を腸内フローラ改善サプリで同時に摂取出来て一石二鳥となりそうです。

また、オリゴ糖を食事から得るに手に入れやすい食材としては、
大豆やゴボウ、アスパラガスや玉ねぎなどに含まれているので、
積極的に料理に取り入れると良いでしょう。

食物繊維は、消化・吸収されずに腸まで届くので、
便秘の解消など腸内をキレイに掃除してくれる働きがあります。

乳酸菌やオリゴ糖を積極的に摂り、
善玉菌優勢な腸内フローラのバランスを良好に保つ。
更に食物繊維を多く含んだ食品を取り入れることで、
腸内環境はより良い形で保つことが出来るでしょう。

フジッコ『善玉菌のチカラ』

私たちは日々の生活の中でさまざまな食べ物を食べています。「食べたものによって体は作られる」というので、食事は健康な体をつくるための重要なポイントです。私たちは食べたものを消化して吸収し生きるためのエネルギー源としているので、日々の食事内容には気を付けたいものです。昨今では「腸内環境」が私たちの健康に大きく関わるとして、多くのメディアでも取り上げられるようになりました。今回はフジッコから販売されている「善玉菌のチカラ」という商品を紹介したいと思います。

・善玉菌とはなにか?

善玉菌とは、私たちの腸に住んでいる細菌のことをいいます。腸内細菌はその特徴からおおきく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つにわけられます。よくCMなどで「乳酸菌」や「ビフィズス菌」の名前を目にすることがありますが、これらは善玉菌に含まれる腸内細菌です。善玉菌、悪玉菌、日和見菌は2:1:7の割合で存在しているのが、理想的な腸内環境だといわれます。しかし善玉菌は「加齢」「ストレス」「バランスの悪い食生活」「運動不足」などによって減少してしまいます。善玉菌が少なくなって腸内細菌のバランスがくずれると、腸内環境が悪くなり私たちの体にさまざまな不調が出てくることがあります。

・善玉菌が体の健康をサポートする

善玉菌はストレスや年を重ねることで減少してしまいます。しかし日々の食事やサプリメントなどで補うことで、腸内環境を良好に保つことができます。腸内環境が整っていると「便通が良くなる」「吹き出物やにきびが減る」「心身ともに元気になる」など、体の健康の維持に役立ちます。乳酸菌などの善玉菌は発酵食品に多く含まれています。そのため「納豆」「みそ」「ぬか漬けなどの漬物」「甘酒」「ヨーグルト」「チーズ」などの食品を積極的に摂るのがおすすめです。伝統的な日本食はやはり腸内環境の観点から見ても、とても体に良いといえます。

・善玉菌のチカラの特徴

食事から善玉菌を摂るのが難しいひとは、サプリメントを活用するのがおすすめです。サプリメントは味の楽しみはありませんが、低予算で手軽に続けられるというメリットがあります。現在は多くのメーカーから商品が出ており、中でもフジッコから販売されている「善玉菌のチカラ」という商品が人気があります。

▼価格が1日あたり66円と安い

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、1度摂ればいいというわけではありません。腸内環境を良好に保つためには、なるべく毎日善玉菌を摂取することが大切です。しかし調理をする手間が必要だったり、たくさんの食品を購入すると費用も掛かります。「善玉菌のチカラ」は1日あたり約66円という価格でリーズナブルです。

▼粒が飲みやすく続けやすい

サプリメントなどの健康食品を長く続けるには、飲むのに負担がないものが理想です。味にくせがあったり粒が大きすぎたりすると、毎日続けるのがおっくうになってしまいます。善玉菌のチカラはやわらかいカプセルに包まれている商品です。小さく味もないため、負担にならずに続けることができます。

▼フジッコ独自の「クレモリス菌FC株」が生きたまま腸まで届く

善玉菌にはたくさんの種類があり、それぞれで働きが異なります。善玉菌のチカラに含まれている「クレモリス菌FC株」はカスピ海ヨーグルト由来の乳酸菌で、フジッコ独自のものです。人間の消化液にも耐えて、生きたまま腸まで届きます。

▼食物繊維をたっぷり配合

善玉菌のチカラには善玉菌以外にも「食物繊維・アルギン酸カリウム」や「カルシウム」が配合されています。食物繊維もカルシウムも現代人は不足しがちだといわれています。複数の栄養素を手軽に補うことができるのもサプリメントの魅力です。また、善玉菌と食物繊維を一緒に摂ることで善玉菌の働きを食物繊維がサポートしてくれるといわれます。