酪酸菌が腸内フローラ免疫力を向上
腸内フローラ酪酸菌免疫力の向上に寄与
小腸には栄養を吸収するために、
絨毛と呼ばれるイソギンチャクのようなヒダ状の器官がありますが、
その絨毛が未発達な箇所があります。

そこにリンパ球が集中的に存在して、パイエル板を形成しています。
パイエル板の表面にはM細胞があり、
そのM細胞が腸内に入ったウィルスや有害物質などの情報を収集分析して、
白血球のヘルパーT細胞に働きかけ、
ヘルパーT細胞はB細胞に抗体を作り出すように指令を出します。

その指令を受けたB細胞はIgAという抗体を作成して、
ウィルスや有害物質などの除去に働くのです。

その一方、乳酸菌酪酸菌などの人の健康に有益な菌には反応しないので、
悪玉菌を除去して善玉菌を増やす働きを行ない、この働きを腸管免疫といいます。

腸内には100兆以上の腸内細菌が生息していて、
食物繊維などを腸内発酵で代謝物を作り、
その代謝物の働きによって腸の活動が活発になります。

その代謝物の中に酪酸があり、
その酪酸が未成熟なT細胞のDNAに働きかけてヘルパーT細胞に変化させ、
ヘルパーT細胞を増やしていることが実験で判明しています。

逆に腸内フローラのバランスが悪くなるとヘルパーT細胞の数が減少して腸管免疫があまり働かなくなってしまいます。

これにより、腸内フローラがパイエル板が行なっている腸管免疫に影響を与えていることが分かります。

特にクロストリジウム属の細菌が、
ヘルパーT細胞の増殖に強く働いているという研究結果があります。

クロストリジウム属の細菌には、
ボツリヌス菌などのように食中毒の原因菌もありますが、
その中の一種で酢酸菌があります。

酢酸菌には整腸作用があり免疫力を高める作用もありますが、
この酢酸菌がヘルパーT細胞に働きかけるからだということになります。