酪酸菌が腸内フローラ免疫力を向上
腸内フローラ酪酸菌免疫力の向上に寄与
小腸には栄養を吸収するために、
絨毛と呼ばれるイソギンチャクのようなヒダ状の器官がありますが、
その絨毛が未発達な箇所があります。

そこにリンパ球が集中的に存在して、パイエル板を形成しています。
パイエル板の表面にはM細胞があり、
そのM細胞が腸内に入ったウィルスや有害物質などの情報を収集分析して、
白血球のヘルパーT細胞に働きかけ、
ヘルパーT細胞はB細胞に抗体を作り出すように指令を出します。

その指令を受けたB細胞はIgAという抗体を作成して、
ウィルスや有害物質などの除去に働くのです。

その一方、乳酸菌酪酸菌などは人の健康に有益な菌には反応しないので、
悪玉菌を除去して善玉菌を増やす働きを行ない、この働きを腸管免疫といいます。

酪酸菌 乳酸菌 ビフィズス菌

腸内には100兆以上の酪酸菌 乳酸菌 ビフィズス菌など腸内細菌が生息していて、
食物繊維などを腸内発酵で代謝物を作り、
その代謝物の働きによって腸の活動が活発になります。

短鎖脂肪酸は酢酸・プロピオン・酪酸

酪酸菌 乳酸菌 ビフィズス菌などが発酵で産生する
代謝物の主要な脂肪酸は有機酸の短鎖脂肪酸です

それが酢酸プロピオン酸酪酸です

腸内環境バランスが壊れストレス等で壊れた腸内の粘膜を
有機酸の酢酸・プロピオン・酸酪酸が
抗炎症効果で修復する働きがあります
発がん抑制効果うつ病緩和効果も・・・

酢酸・プロピオンは花粉症アレルギー症状改善
酪酸は抗うつ効果・認知機能改善作用がある

  • 乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作る
  • ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り善玉菌として働く
  • 酪酸菌・大便桿菌・大便球菌は、酪酸と酢酸・プロビオン酸を産生する(作る)

乳酸菌はビフィズス菌の1/100~1/10,000以下

酪酸菌は100℃でも耐える胞子を形成するので
生きたまま腸内まで届く
酪酸はぬか漬けにも含まれています

食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取する
運動 睡眠 生活習慣改善
ビフィズス菌 酪酸産生菌 が増える
腸内フローラ改善 免疫機能が高まる

善玉菌である有用菌を増加させる生活習慣が望まれ、
乳酸菌やビフィズス菌を増やすことが重要です

酪酸菌 効果

腸内細菌代謝物の中に酪酸があり、酪酸 効果
その酪酸が未成熟なT細胞のDNAに働きかけてヘルパーT細胞に変化させ、
ヘルパーT細胞を増やしていることが実験で判明しています。

逆に腸内フローラのバランスが悪くなるとヘルパーT細胞の数が減少して腸管免疫があまり働かなくなってしまいます。

これにより、腸内フローラのパイエル板が行なっている腸管免疫に影響を与えていることが分かります。

特にクロストリジウム属の細菌が、
ヘルパーT細胞の増殖に強く働いているという研究結果があります。

クロストリジウム属の細菌には、
ボツリヌス菌などのように食中毒の原因菌もありますが、
その中の一種で酢酸菌があります。

酢酸菌には整腸作用があり免疫力を高める作用もありますが、
この酢酸菌がヘルパーT細胞に働きかけるからだということになります。

 

宮入菌

酪酸菌と宮入菌は同じです
10~20%の人の腸内に酪酸菌(宮入菌)が常在しています

酪酸菌(宮入菌)はクロストリジウムの一種です

腸内細菌は
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7
のバランスが良いとされています

乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌(有用菌)です

酪酸菌(宮入菌)は悪玉菌(有害菌)あるいは日和見菌に分類されます

腸内フローラ腸内環境の最先端では
厳格に善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌の分類より進んで

悪玉菌の中にも善玉菌(有益菌)が存在するという方向に進化しています

酪酸を産生する酪酸菌(宮入菌)は善玉のクロストリジウムの一種という事になります

酪酸菌の医薬品

酪酸菌を含む医薬品

ビオスカイ錠
ビオスリー散・錠
ミヤBM細粒・ミヤリサン錠(ミヤリサン製薬株式会社)
など

腸は第二の脳!

腸は第二の脳/森下仁丹

私は、私が食べたものでできている。初回限定30日分約
23%OFF
——————–
人気ランキング定番の乳酸菌サプリ
1.森下仁丹ヘルスエイド ビフィーナS

2.刺激負けたくない乳酸菌5,000億個アレルライトHyper

3.皮膚粘膜の健康維持アレルナイトプラス

4.エクオール吸収と乳酸菌キレイ・デ・エクオール

5.310種の生酵素サプリまあるい旬生酵素

相性のいい乳酸菌を見つけて健康長寿