善玉菌と悪玉菌・日和見菌

善玉菌とは?

腸内の善玉菌と悪玉菌・日和見菌ってなに?
このところよく耳にする「腸内フローラ」と善玉菌と悪玉菌・日和見菌、
最近は「菌活」なるキーワードも出てきて、雑誌でも菌活特集が組まれているほど。
おそらく「腸」「腸内フローラ」や「菌活」「善玉菌」などの言葉を耳にしたことのある方は多いですね♪
でも、腸の腸内フローラ・腸内環境・腸内細菌とはいったい何なの?
しっかり説明するのはなかなか難しいもの。
腸の腸内フローラ・腸内環境に関係するキーワードを整理してご紹介!
これであなたも腸関連の腸内フローラ・腸内環境マスターに!

腸内フローラとは?

ヒトの腸内には、数百種もの細菌が生息しています。
これらの細菌はそれぞれ種類ごとに集まりいくつものグループを形成しているのですが、
そのグループを英語でフローラ(生物学用語で「微生物叢(びせいぶつそう)」のことでローマ神話に出てくる花の女神の名前でもある)と呼びます。
つまり、腸内にすむ細菌のグループ、細菌群のことを「腸内フローラ」と呼ぶのです。
そしてこの腸内フローラは、それぞれの役割によって①善玉菌、②悪玉菌、③日和見菌の三つに分けられます。

善玉菌とは?

まず一つ目の善玉菌については、よく耳にしますよね。
これは、腸内環境を整えてくれ腸にとってプラスの働きをする生きた微生物を含む食品であるプロバイオティクス。
たとえば、

  • 腸の運動を促してお腹の調子を整えたり、
  • 免疫力をアップさせたり、
  • さらには次にご説明する悪玉菌の侵入・増殖を防いだり…と

ヒトにとって有用な働きをする菌です。
善玉菌の代表格としてよく知られているのは、
乳酸菌やビフィズス菌が挙げられます。
さらに、芽胞を作ったり酪酸や酢酸・プロビオン酸を作り遺産や熱に強いフィーカリバクテリウム・プラウスニッツィや
酢酸から酪酸を作る胃酸や熱に弱いクロストリジウム・ブチリカムという酪酸菌も
酪酸を産生する重要な善玉菌です。
また、短鎖脂肪酸とは酪酸・酢酸・プロビオンの総称です
酢酸・乳酸・酪酸は善玉菌が作っています

悪玉菌とは?

2つ目の悪玉菌ですが、
このワードについても聞いたことがある方は多いでしょう。

  • 腸内で有害物質・腐敗物質(インドール・アンモニア・硫化水素)を作り出し、
  • においを発するアンモニア・ガスなどのもととなったり、
  • 下痢や便秘を引き起こしたりするのが

悪玉菌です。
また、免疫力を低下させるほか、
発ガン性物質の原因にもなります。

食中毒の原因になることもあるブドウ球菌ウェルシュ菌が、悪玉菌の代表格です。

日和見菌とは?

最後に、日和見菌についてご説明します。
おそらく、三つの菌の中で最も聞き覚えのないのがこの「日和見菌」でしょうね・・・
日和見という言葉のとおり、
優勢な方につくのがこの日和見菌。

たとえば、体調が崩れたことを想像してみてください。
そんなときは腸内環境も悪化しており、
悪玉菌の活動が活発です。
すると日和見菌は悪玉菌の味方となり、
悪玉菌としてヒトの体に悪影響を及ぼします。

腸内フローラの理想的なバランスとは?

では、腸内フローラを構成する善玉菌と悪玉菌、
それから日和見菌の理想的なバランスはどのようになっているのでしょうか。

悪玉菌が引き起こすことはヒトの体に悪いことばかりだから、
腸内に悪玉菌がゼロの状態が最も望ましいのでは?
と思ってしまいがち。
けれども、悪玉菌が腸内に存在することによりわたしたちの体の免疫機能が初めて備わります。
悪玉菌が腸内から完全になくなってしまうと、
善玉菌は戦う対象を失い、
働かなくなってしまうのです。
そこで理想的なバランスは、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」の割合
善玉菌より悪玉菌の方が優勢であるという腸内環境が最もよいとされています。

理想的なバランスを保つには?

このように、善玉菌優位の関係が腸内フローラの理想的なバランスです。
しかし、わたしたちの腸内フローラ環境は、
日々のストレスや食生活、
さらには年齢などによっても変化しており、
必ずしも好ましいバランスを保てるわけではありません。

そこで、まずは十分な睡眠をとって規則正しい生活を送り、
バランスのよい食事をすることが大切です。

また、善玉菌のエサとなる食物繊維をたっぷり摂ったり、
善玉菌である乳酸菌を積極的に摂ったりすることも有効です。

腸内フローラのお話でした。
腸内フローラについての理解を深めていただけたでしょうか。
これをきっかけに毎日の生活環境を見直し、健康な腸と体を手に入れましょう。