腸内フローラ改善が一番大切です
食品や食べ物による腸内フローラ改善を目指すための期間は生活習慣の改善と相まって一定期間必要です
腸内環境の改善に役立つオリゴ糖や納豆などの乳酸菌やビフィズス菌をいかに食べ物で取り入れるか?
食事のレシピを調べ効率よく腸内細菌に生息する有用菌を活性化し増殖させればいいのですね・・・
効率的に腸内フローラ改善する方法は腸内フローラサプリの摂取が手っ取り早く確実な方法です
薬局で市販のおすすめ腸内フローラサプリを購入すれば食べ物で腸内環境の善玉菌を増殖活性化するよりも短い期間で善玉菌比率を増加できます
サプリメント先進国のアメリカでは日本よりはるかに多くの腸内フローラサプリが市販されています
さらに海外では腸内フローラ改善の方法として便移植も進んでおり病院で健康な人の便を安価な費用で購入できる便バンクまであるのです。

腸内フローラを改善すればアレルギー症状も軽減される?!

昨今、腸内環境を良くすることが、便通改善だけでなくさまざまな病気を予防することがわかってきました。
腸は脳とも連動していて、腸を整えればうつ病も治る可能性があることから脳腸相関という言葉も浸透してきました。
そのほかにも、花粉症やアトピーなどのさまざまなアレルギー症状もまた、腸内環境によって改善することができるのではといわれています。
いまや日本人の半数近くがなんらかのアレルギーを抱えているといわれています。
皮膚のかゆみや目の腫れ、くしゃみなどさまざまな症状に悩まされている人も多いと思います。
しかしこれからは腸内の環境を整えることで、薬に頼ることなく改善できるかもしれません。

アレルギーと腸内環境の関係性

アレルギーとは、本来私たちの健康を守るために働く免疫機構が、花粉や動物などに対して過剰に反応してしまって起こります。
細菌やウイルスが体内に侵入したときに抵抗してくれるはずの免疫が、花粉・ほこり・動物などの害のないものにも反応してしまうのです。
代表的なアレルギー性疾患に「花粉症」「アレルギー性皮膚炎」「アレルギー性鼻炎」「気管支喘息」「食物アレルギー」などが挙げられます。
最近ではこれらのアレルギーの症状が、生活習慣の改善や腸内環境を整えることである程度抑えることができるといわれるようになりました。
私たちの体内で働く免疫機構と腸内環境にはいったいどんな関係性があるのでしょうか?
私たちの体の免疫をつかさどる免疫細胞は、その6~7割が腸に存在しているといわれます。
小腸にはパイエル板というものが存在し、外からウイルスなどが侵入した際にそれを免疫細胞に知らせ、排除しようと働きます。
つまり、腸内の環境が私たちの健康を担う免疫に深く関わっているのです。
また、2012年に独立行政法人・理化学研究所で大変興味深い研究が発表されました。
それは腸内環境のアンバランスが全身の免疫系を過剰に活性化させるというものです。
その発表内容によれば腸内環境がバランスを崩すと全身の免疫系をも過剰に活性化させることを意味し、自己免疫疾患の病態を悪化させる可能性を示しますとのこと。
私たちの腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」と区別されるさまざまな細菌が、一定のバランスをとって暮らしています。
しかしこのバランスが崩れてしまうと、体内の免疫が暴走してしまうというのです。

アレルギー症状を緩和するためにできること

アレルギー症状の緩和に、善玉菌の存在は不可欠です。
とくに一部の乳酸菌にはアレルギー症状に効果があるとわかっています。
すべてのヨーグルトや乳酸菌製品がアレルギーに対して効果があるというわけではないので、商品を選ぶ必要があります。
ビフィズス菌536は、摂取しつづけた患者の花粉症の症状が緩和されたとの報告があります。
ほかにはLGG乳酸菌フェリカス菌などが効果があるいわれています。
しかしこれらの乳酸菌を選びながら食品を購入するのは大変です。
やみくもにヨーグルトなどの商品を購入しても、あまり効果が望めない場合もあります。
そんな場合には「乳酸菌配合のサプリメント」をおすすめします。
乳酸菌は調理などの熱で死んでしまうことがありますが、サプリメントならその心配もありません。
しかも商品によって配合される乳酸菌の種類も明確で、おもに胃などの消化液で死ににくいものが多く含まれています。
目的に合った乳酸菌を、生きた状態で私たちの腸まで届かせ働いてもらうことができるのです。
商品によっては1回分にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が数十億個も配合され、それにプラスして善玉菌の効果を高めるオリゴ糖も含まれるものもあります。
それにより単独で善玉菌を摂るよりもずっと効率よく腸内の健康を保つことができるのです。
また、ほかには肉類の食べ過ぎストレスを溜めすぎないことが挙げられます。
肉類は消化に時間がかかりますし、悪玉菌が増えすぎる原因になります。
ストレスもまた腸と深く関わっています。脳と腸は密接に関わっているといわれ、「脳腸相関」という言葉もメディアで取り上げられるようになりました。
腸内を健康に保つことでうつ病を予防したり精神状態が良くなったりするというのです。
また反対にストレスを抱えすぎると腸内環境のバランスが崩れ、私たちの体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

腸脳同一、腸内フローラと体調・ココロの関係

腸内フローラとは腸内に棲む多種多様な細菌の状態を表した言葉ですね・・・
人によってその様相は千差万別ですが、腸内フローラを良好にすることで
身体だけではなくココロの状態も良好に保つことができるのです。

「腸脳同一」という言葉がありますが、例えば対人関係で脳がストレスを
感じると腸内の細菌にも悪影響がでて荒れます。

また過食間食などの
悪食によって腸が荒れると、脳もストレスを感じイライラしたりキレやすくなったり、
鬱、不安状態を誘発したりするのです。

腸内の状態を改善する各種乳酸菌商品やサプリメントは数多いですが、
まず悪影響を与えている食品を省くことこそ先にやらなければならないと思います。

身体に悪い食品群の中で、最も腸に悪影響なのはパン小麦であると思います。
戦後品種改造されたパン小麦は身体への負担が非常に大きいのです。
血糖値を跳ね上げ血管を汚す、これは白米やそばなど他の炭水化物でも
起こるのですが、さらに悪いことに腸に炎症を起こし、更には細かな穴を開けるのです。
リーキーガットと呼ばれる症状です。
腸の穴から細菌類、バクテリアが流れだし、身体に様々な不調を及ぼす・・・
戦後増えたアレルギーや慢性疾患の多くが
このリーキーガットと何らかの関係があるのではないかと言われています。

腸内フローラの状態が悪いと老化も早く、健康寿命にも多大な影響があると思います。

パン、ラーメン、揚げ物、
非常に幅広く使用されているパン小麦を一気にゼロにするというのは至難の業ですが、
とにかく一歩ずつ段階的に減らして行くことで腸内フローラは改善し、
ストレスは軽減して脳の状態にも好影響を与え、
一日のパフォーマンスも向上していくでしょう。
腸内フローラ改善はまず引き算からだと思います!

腸内フローラに赤ワインがいいらしい?

赤ワインに含まれる「ポリフェノール」の成分が健康や美容にいいというのは有名です。
友人との食事の際や、自宅でつまみと一緒に飲む人も多いのではないでしょうか。
酒類の中でも赤ワインは糖質も低く、動脈硬化になりにくくしたり血圧が上がりすぎるのを防ぐなどの働きがあります。
そんな赤ワインがじつは腸内フローラにもいいというのはご存知でしょうか?
お酒は飲みすぎると体に悪いと思われがちですが、
適量でしたら赤ワインには腸内環境を整えるというメリットがあるのです。

・低糖質でポリフェノールも豊富!赤ワインのメリットとは

以前、赤ワインに含まれるポリフェノールに健康効果があるとしてブームが起こりました。その後ブームは一旦落ち着きましたが、安価で高い品質のワインが飲めるようになり、再び人気が戻りつつあります。また、ほかのお酒に比べて赤ワインは健康効果が高いのも人気の理由の1つです。代表的なものですと「血圧を下げやすい」「大腸菌に対する抵抗力の増強」「ピロリ菌の殺菌」「新陳代謝を高める」「腸内環境を整える」「骨粗しょう症の対策」「動脈硬化を防ぐ」などが挙げられます。また、日本酒やビールに比べて赤ワイン、白ワインともに糖質が低く、血糖値が気になっている人にもおすすめです。ワインはもともとブドウでできていますが、ブドウに含まれる糖質は発酵の過程でほとんど消費され糖質が少なくなるそうです。

・腸内環境も整える赤ワインの働き

赤ワインには腸内環境を整える働きもあるといわれます。それは赤ワインに含まれる「有機酸」が関係しています。赤ワインに含まれる乳酸などの有機酸は、腸内の悪玉菌の増殖を抑える力があります。また、赤ワインに含まれるポリフェノールは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の働きをサポートするといわれます。白ワインにも同様の働きがありますが、赤ワインの方がよりポリフェノールが多いので、腸内環境のためを考えると赤ワインの方がおすすめです。
また、赤ワインに合うつまみというのは赤ワインの働きをサポートするものが多いです。たとえば「チーズ」はワインと同様に発酵食品であり、腸内環境を整えるサポートをしてくれます。またタンパク質が豊富で代謝を活発にします。「クルミやアーモンドなどのナッツ類」はオメガ3脂肪酸が豊富で悪玉コレステロールを減らしたり血行を促す働きがあります。またビタミンEによる酸化防止の効果もあります。そのほかにビタミンB1による疲労回復効果、またクルミにはポリフェノールが含まれますので赤ワインとの相乗効果が期待できます。

・赤ワインはどのくらい飲むのがいいの?

お酒に限らずなんでも摂りすぎると体に悪影響になることがあります。
では赤ワインは1日どのくらいの量が適量なのでしょうか。赤ワインはだいたい1日1~2杯が適量だといわれています。飲みすぎは肝臓に負担がかかりますので、気を付けるようにしましょう。
また、お酒に弱い人は無理せず自分に合った量を楽しむとよいでしょう。

・赤ワインにはメリットがたくさん

近年、腸内フローラを整えることがさまざまなメリットになるとして注目を集めています。
腸内フローラを良好にするには、善玉菌を増やしたり、悪玉菌の増殖を抑えることが重要です。
善玉菌と悪玉菌は2:1の割合で存在しているのが理想とされますが、加齢や生活習慣の乱れによって善玉菌は減少するといわれます。
気軽に楽しく腸内フローラを整えるのに、赤ワインはとても理想的です。
赤ワインを摂ることで腸内フローラも整いやすくなりますし、ピロリ菌の殺菌や血圧を下げやすくなるなど多くのメリットがあります。
おいしい赤ワインを楽しみながら、楽しく菌活をするのはいかがでしょうか?

スーパー大麦で腸内フローラを改善

腸内フローラを良好にすることで、さまざまなメリットが得られることがわかってきました。
健康ブームも後押しし、最近は多くの乳酸菌製品やサプリメントなどの健康食品が流通するようになりました。
腸内フローラを整えるには、乳酸菌を整えることも重要ですが、「食物繊維」の重要性を訴える専門家も多いです。
なかでも「スーパー大麦」はその豊富な食物繊維によって腸内フローラを整えるのに大きく役立つといわれます。

スーパー大麦とはなにか

「大麦は健康にいい」というイメージは以前からあるかと思います。日ごろから大麦を食事に取り入れている人も多いのではないでしょうか。
そこで新たに注目されているのが「スーパー大麦」というもの。
スーパー大麦は、ふつうの大麦の倍の食物繊維を含んでいるといわれます。
また、その食物繊維の中でも「レジスタントスターチ」という消化されにくいデンプンが大麦より多く含まれています。
つまり、ふつうの大麦よりもスーパー大麦の方が消化されにくいため“満足感が高く、便通の改善もしやすい”というメリットがあります。
また、満足感が続きやすいことから食べ過ぎを抑制し、ダイエットをサポートすることも期待できます。

スーパー大麦と腸内フローラの関係性

スーパー大麦はふつうの大麦よりも食物繊維が多く、便通の改善に役立つことが分かりました。
そんなスーパー大麦は腸内フローラとどのような関係性があるのでしょうか。
じつは、昨今の日本人の腸内フローラは乱れがちになっているといわれます。
それは時代の変化に伴い、生活習慣も変化してきたからかもしれません。腸内フローラの改善には乳酸菌やビフィズス菌と呼ばれる“善玉菌を摂ること”が重要といわれています。しかしこの善玉菌だけを摂り続けるよりも、「食物繊維」を一緒に摂ることが望ましいといわれます。
それは食物繊維が善玉菌のえさとなり、その働きをサポートするからです。
しかし日本人の食物繊維の摂取量は足りない傾向にあるといわれます。
厚生労働省が発表する「日本人の食事摂取基準」によると1日当たり男性20g以上、女性18g以上の食物繊維を摂取することが推奨されています。
しかし毎日これだけの食物繊維を摂取するのはむずかしいと思います。
日本人の腸内フローラが乱れているのは、仕事や家庭にと時間に追われて栄養バランスのよい食事を十分に摂れていないのが原因かもしれません。

「もち麦」も注目されている!

スーパー大麦とならび注目を集めているのがもち麦です。
おなじ麦でも食べごたえや栄養素が異なり、もち麦を利用したレシピ本も販売されています。
もち麦は大麦よりも、“もっちりとプチプチした触感”が魅力的です。
またカルシウムや鉄、マグネシウムなどのミネラルが豊富でありながらカロリーが控えめというから驚きです。
スーパー大麦の触感が合わないという方はもち麦を試してみるのもいいかもしれません。

スーパー大麦を活用して積極的に菌活を!

スーパー大麦に豊富に含まれている食物繊維として「フラクタン」「βグルカン」「レジスタントスターチ」などがあります。
これらはそれぞれ違った働きをし、「糖質」や「脂質」の吸収を抑えたり、大腸まで届いて善玉菌をサポートしてくれたりします。
スーパー大麦は現在ではスーパーやネット通販などで容易に手に入るようになりました。
スーパー大麦が豊富にふくまれているグラノーラなどのシリアルは、忙しい朝にも小腹がすいたときなどにも手軽に摂取することができます。
また、お米に混ぜて炊くタイプのものもあるので、毎日つづけやすく家族みんなの健康のサポートにも役立ちます。
スーパー大麦は糖質の吸収を抑えてくれるので、血糖値が気になるひとにもおすすめです。
気軽にはじめられる菌活に、スーパー大麦はいかがでしょうか?

腸内フローラを改善!ヨーグルトレシピ

健康を体の内側から支えてくれている腸内フローラ。
最近では腸内フローラを改善することでさまざまな病気にかかりにくくしたり、腸内フローラを調べることで病気の早期発見にもつながるなどといわれています。
腸内フローラを整えるためにはヨーグルトなどの発酵食品を摂ることがよいといいます。
そんなヨーグルトを使ったレシピの紹介をしたいと思います。

・なぜヨーグルトは腸内フローラにいいの?

私たちの腸内にはものすごくたくさんの腸内細菌が存在しています。
その細菌たちは集落を形成しており、見た目がまるで「花畑(フローラ)」のようだったことから腸内フローラとよばれるようになりました。
腸内フローラは「生活習慣」や「加齢」によって乱れやすいといわれており、
それが原因となって体調にさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。
そんな腸内フローラになぜヨーグルトがよいのでしょうか?
腸内フローラを改善するカギは、腸内細菌である「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」のバランスにあります。生活習慣や加齢で減りやすいのはこの3つの中の「善玉菌」です。
ヨーグルトなどの発酵食品には乳酸菌やビフィズス菌と呼ばれる善玉菌がたくさん含まれているので、
それらを摂ることで腸内フローラのバランスを整えることにつながるのです。

・ヨーグルト活用レシピ

▼ホットケーキミックスで簡単!ヨーグルトチーズケーキ
18センチの丸型に、ヨーグルト(400g)とホットケーキミックス(100g)とラカント(50g)、卵2個を混ぜ合わせて入れます。170℃で熱したオーブンで1時間ほど焼いて出来上がりです。
砂糖の代わりにラカントを使用することで糖質を抑えることができるので血糖値が気になる人におすすめです。
▼レアチーズ風ヨーグルトデザート
ヨーグルト(200g)、レモン汁(大さじ1)、はちみつ(大さじ2)を混ぜ合わせ、
しっかり水切りしながら冷蔵庫で6時間ほど寝かせます。
水切り方法はざるにペーパータオルやコーヒーフィルターをひいてその上に混ぜ合わせたものをのせるといいです。
手軽でひんやりおいしいデザートの完成です!
▼ヨーグルトムース(生クリーム不使用!)
いちご(200g)、ヨーグルト(200g)、砂糖(50g)をミキサーで混ぜる。
ゼラチン(5g)を水少々と一緒にレンジで温めて溶かす。
材料をすべて混ぜてもう一度ミキサーにかけて、
入れ物に移し冷蔵庫で冷やす。固まったらお好みでミントやイチゴを盛り付けて完成です。
▼ちょい足し!ヨーグルトにオリーブオイル
器に入れたヨーグルトに上からオリーブオイル、はちみつをかけて完成。
ヨーグルトとオリーブオイルという不思議な組み合わせですが、意外と合うんです。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌と、オリーブオイルのオレイン酸の力でおなかを元気にします。
▼水切りヨーグルトのきなこがけ
ザルの上にコーヒーフィルターをかぶせてヨーグルトを入れ数時間置きます。
水切りされたヨーグルトを器に盛り、上からきなこ、砂糖orはちみつをかけて完成。
ヨーグルトをそのままで食べるよりも水切りをしてチーズクリームのようにすることで満足感が上がります。また、きなこには「オリゴ糖」や「食物繊維」が含まれています。
この2つは善玉菌の働きをサポートし、より効果的に腸内環境を整えるといわれます。
この相乗効果のことを「シンバイオティクス」とよび、近年の腸内細菌の研究でも注目されています。

・飽きずに長く続けることが大切

腸内環境を整えるためには生活習慣を改善しながら善玉菌を摂り続けることが大切です。チーズ、ヨーグルト、つけもの、ワインなどの発酵食品は人により好き嫌いがあったり普段の食卓に取り入れにくい場合もあるかと思います。そのため飽きずに負担にならないように摂り続けることが腸内環境改善のカギになると思います。