「腸内フローラ」を整える


最近のテレビの健康番組や雑誌などでも取り上げられ注目を浴びていますが、
腸内フローラを整えることが健康につながるとは一体どういうことなのでしょうか?
そもそも腸内フローラとは何なのか、ということから順を追って見ていきましょう。
腸内フローラ という言葉をご存知でしょうか。

その姿はまるでお花畑腸内フローラ
腸内フローラとは?

腸内フローラ(table of contents)

腸内フローラとは?


腸内フローラとは、一言でいえば、腸内細菌叢のことを意味します。

これは私たち人間の腸の中に存在する細菌の集まりのことです。
これらの菌は大きく分けて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられますが、これらの細菌が種類ごとに集まって生息している様子が、まるで様々な植物が群生する花畑(英語でflora)のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。
顕微鏡で腸内を観察したときに、まるでお花畑のように細菌が広がっていたことから「フローラお花畑 」と名付けられたと言われています。
それほどまでにたくさんの細菌が、私たちの腸の中に住んでいるということですから、驚きです。
まさにその数は数千兆にものぼると言われています。
昨今、生活習慣病や病気の対策にと健康意識が高まりつつあります。
腸内フローラに働きかける製品もさまざまなものが市場に出回るようになりました。
その腸内フローラについて少々掘り下げて解説します。
人間の腸内には種類にして100種類以上、数にして100兆個もの菌が生息しています。

腸内フローラが注目される理由

最近、テレビや雑誌の美容・健康特集で腸内フローラが注目されているのは、近年の研究が進んだことによって、腸の役割が水分や栄養分の吸収だけではなく、免疫や美肌、さらには精神的にもよい影響があるなど様々な働きがあることが判明したためです。腸そのものの働きだけではなく、腸内細菌も人体にとって非常に重要な働きをすることがわかるようになってきました。

いつから腸内フローラができるのか

腸内に多くの細菌が存在しているのは先ほど述べましたが、ではそれらはいつごろから私たちの体内に生息するようになったのでしょうか。そもそも私たち人間やそのほかの哺乳類は、母親のおなかの中にいるときは基本的に無菌状態にあります。なのでまだその時は腸内フローラは存在していません。しかし、母親の胎内から生まれるその産道の途中や生まれてからの生活の中で、私たちは環境や食べ物、両親や周囲の人々を介してさまざまな細菌に感染します。
そしてこの細菌の一部は体の表面 口の中 内臓 のあちらこちらに留まり、そこに住み続けるのです。これらを称して<常在菌>といいます。この中で私たちの腸の中に住むようになった細菌が集まって集落のようなものを形成します。
これを腸内フローラと呼びます。

常在菌、腸内フローラっていったい何?

という言葉を聞くと、なんだか悪いもののように考えてしまいがちですが、なかには私たちの体に良い働きをしてくれるものもあります。その1つが常在菌といわれるものです。これは私たちの体内にいても、基本的には悪さをしません。
むしろ外から新たに侵入してきた病原性のある菌と戦い、それらが増えないようにしてくれるのです。なので私たちの体にはたくさんの常在菌が必要になってくるのです。むしろ薬などのなんらかの影響で常在菌が減ってしまった場合、かえってほかの悪い菌が増殖してしまい病気になってしまう可能性があるのです。このように外部からの病原性のある菌と戦うため、安定して多くの数で存在している必要があるのです。私たちの腸は長さにすると10メートルほどにもなります。腸内フローラは腸の中でお花畑のように存在し、私たちの体を守ったり、また老化防止にも働いてくれているのです。

→目次へ戻る

腸内フローラ

腸内細菌の本当の力がもっとすごい!

先ほど、腸内細菌は体内に侵入した菌と戦い発病を防いでくれる働きがあると述べました。実はそれ以外にも腸内細菌にはすごいパワーがあるのです。1つに、食物繊維を消化する働きがあります。「食物繊維は体にいい」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。これは腸内細菌の観点からも同じことが言えます。腸内細菌は果物や野菜などに含まれている食物繊維を発酵して、さらに分解します。この際にできたものが腸内の細胞に栄養を与えたり、免疫を調節してくれるのです。またさらに喘息を防いでくれたり、食欲を抑える効果もあるそうです。これらのことから、腸内細菌の存在が体質にも影響していると言えます。また、私たちの免疫の半数以上が腸内細菌と腸の粘膜の細胞から作られていると言われています。なので腸内細菌は、私たちの免疫能力の大きな要になっているのです。ほかには、腸内細菌それ自身がさまざまなビタミンを作り出しています。牛などの草食動物は草しか食べていないのに大きな体をつくり、生活していますよね。じつはそれも腸内細菌が必要な栄養素を作っているからなのです。これは私たち人間も同じです。おもに、ビタミンK、葉酸、パントテン酸、リボフラビン、ナイアシン、その他ビタミンB群などを合成しているのです。

腸内フローラは腸に生息している腸内細菌の生態系!
遺伝子解析技術がここ数年に飛躍的に進展しています
善玉菌や悪玉菌・日和見菌が思い浮かぶ方も多い腸内フローラ
腸に棲んでいる腸内細菌の数は1000兆個、種類は1000種類とも・・・・
人間の腸内には多種多様な腸内細菌(微生物)が腸内フローラ腸内細菌叢に生息しているのです
腸内フローラに生息している腸内細菌により産生された物質は、排便により排泄されたり、血液により全身に届けられたりしています
腸内フローラの腸壁に生息している善玉菌(有用菌)や悪玉菌(有害菌・腐敗菌)が、
腸管の小腸の回腸から大腸に種類別にコロニーのようにまとまって腸の壁面に生息している姿がお花畑(flora) フローラのようなので腸内フローラ・腸内細菌叢と呼ばれているのです
腸内フローラは脳に次いで神経細胞が張り巡らされており、近年では脳腸相関、腸は第二の脳(second brainセカンドブレイン)と評価され、腸と脳との関係は密接に関連しているのです

乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌は体にとって有益な良い働きをする有用菌です
アシドフィルス菌やフェーカリス菌なども健康維持に有用な菌です
善玉菌は悪玉菌を抑制し、腸のぜん動運動を促進し有害物質を体外に排出します

→目次へ戻る

腸内細菌の力

腸内環境

腸内環境とは腸内フローラのバランス状態を表しています
でも腸内フローラの腸内細菌バランスは食生活だけでなく
年齢やストレス・健康状態・生活習慣から体調・抗生物質の服用などでも変化します

悪玉菌が増殖すると有害物質を産生し腸内環境のバランスを壊し悪化させます
病原性大腸菌やクロストリジウム・ウェルシュ菌・黄色ブドウ球菌・ベーヨネラなどの有毒物質を産生する有害菌は腸内環境で有害物質のアンモニアやインドール・フェノールなどを作り出し腸管内の物質を腐敗させ腸内腐敗が進行し臭いオナラが出たりするのです

腸内環境に善玉菌が増えると弱酸性となり悪玉菌の増殖を抑制しますが
悪玉菌が優勢になると、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなったり腸内環境のバランスが悪くなる可能性が高まるのです
腸内フローラ・腸内環境に生息する腸内細菌は、
善玉菌(有用菌)や悪玉菌(有害菌・腐敗菌)と日和見菌に区分けされています
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7のバランスが最適とされています
日和見菌は腸管内にいる善玉菌や悪玉菌の優勢な側の味方になります
つまり大腸菌やバクテロイデスなどの日和見菌は善玉菌優勢なら善玉菌の味方になり

体調不良や腸内細菌叢【腸内フローラ】バランスが壊れ悪玉菌優勢なら悪玉菌の味方(悪玉菌の作用働きをする)になるのです
悪玉菌優勢となり腸内フローラで悪玉菌が有害物質をたくさん産生し腸管内から吸収されると生活習慣病の大きな要因になります
免疫力低下・ガンのリスクに加え、心臓・肝臓・腎臓・膵臓など内臓への負担増による疾病など、老化促進の原因となります

乳酸菌・乳酸桿菌やビフィズス菌とかアシドフィルス菌・フェーカリス菌などの善玉菌は人に有益な作用をもたらす有用菌で善玉菌である腸内細菌を活性化・増殖させる他、有害菌侵入を防ぎ、ぜん動運動促進により便秘を防ぐ重要な菌です
この善玉菌は糖(食物の炭水化物など)から有機酸(乳酸・酪酸など)やビタミンB群なども産生します
有機酸により腸内フローラの腸管内は弱酸性となり悪玉菌を抑制するのです
また腸壁を刺激し腸管のぜん動運動も促進します
便通を促進することにより大腸の腐敗菌を含んだ便を体外に排出したりするのです

ストレスを感じる自律神経の活動や調節にも腸内フローラは関連しており
健康管理の視点からも腸内フローラ・腸内環境の改善やバランスを整える重要性が指摘されています
海外では腸内フローラ研究は国家プロジェクトとしての大きな位置づけにあり
医療分野で便移植などの治療や臨床研究チームの研究も飛躍的に進化し、論文でも続々成果が公開されています

腸内フローラ腸内細菌叢の腸内細菌が健康に及ぼす影響は、
便秘や下痢・生活習慣病だけにとどまらず
がんやうつ病・糖尿病・肥満・肌荒れから脳にまで及んでいるのです
腸内フローラを改善して腸内環境を整える重要性が近年大きく唱えられています
腸内細菌のバランスと整えて善玉菌を増やし活性化させる!
免役細胞の70%は腸内フローラに存在しています
腸内フローラを整え改善して免疫力を向上させ健康維持できる生活習慣が重要なのです

腸内フローラが近年大きく注目されている背景には、
次世代シークエンサーnext generation sequencer、
つまりコンピュータ進化による遺伝子検査機器の飛躍的進化があります
結果、腸内フローラ腸内環境に1000兆個もの腸内細菌が確認されました
人体を構成する細胞数を凌駕する腸内細菌群の解析・分析による腸内細菌の解明がされています
次世代シークエンサー開発とメタゲノミクスによる腸内細菌の遺伝子情報は、
慶應義塾大学 先端生命科学研究所などでメタゲノミクスやメタボロミクス解析をはじめ多角的に探られています

→目次へ戻る

腸内環境

腸内フローラに生息する腸内細菌

消化管の腸管にいる常在細菌は腸内フローラに生息しています。

お腹にある腸内フローラは善玉菌と悪玉菌・日和見菌が腸内細菌叢(腸内フローラ)を形成しています。

腸内フローラでは、お花畑のように腸内細菌が叢(フローラ・flora=お花畑)を形作っているのです。

腸内細菌が形成する叢(フローラ)がお花畑のように見えるので腸内フローラと言われています。

つまり腸内フローラの腸内細菌は、大腸や小腸の腸管内で、お花畑のフローラ(叢)のように

腸内フローラ(腸内細菌叢・腸内常在微生物叢)を構成し生態系を形成しているのです。

お腹に住んでいる細菌は腸内細菌と言われています。

腸内細菌の種類は1000種類以上、数は100~1000兆個を超えるといわれています。

これほど多くの種類や量の腸内細菌が小腸の終わりから大腸にかけて群生しているお花畑のフローラ(叢)みたいに腸壁に腸内細菌叢を呈しているのですね・・・

腸内細菌叢は腸内細菌の種類ごとにフローラ(叢)のグループを形作っているのです

腸内環境の腸内フローラは、人それぞれに状態が異なっています

善玉菌や有用菌が多い人や悪玉菌が増殖し健康状態が好ましくない人など

腸内フローラの状態は、各個人ごとに違った腸内細菌の構成になっているのです

腸内細菌の量は約1.5Kg(およそ成人男子平均)で

1000兆個とも言われる数量の腸内細菌がお腹の中で生息しているのです。

膨大な種類や数の細菌が大腸や小腸の中で食べた食物を餌に生存しているわけですね・・・。

人のウンチの1/3~1/2は腸内細菌や腸内細菌の死骸と言われています。

したがって1週間も便秘が続くってことは、腐敗した悪玉菌等をお腹の中に溜め込んでいることになります。

吃驚しますね・・・

単に便秘って言う意味には、

深刻に有害菌・腐敗菌が大腸の中で繁殖し、

腸内環境のバランスを悪化させている状態

といても過言じゃないでしょうね・・・怖い話ですね!

こんな腸内環境が健康によいはずがありません。

とりあえず善玉菌の餌になる良い食物繊維をたっぷり献立に取り入れましょう!

要するに、人が食べた食品やその人の好み、生活習慣や体調までが

腸内フローラ細菌に大きな影響を与えることになるのです。

ここまでくると

腸内フローラの腸内細菌は体内環境の健康維持に重要な影響力を持つことが現実的にわかってきますね♪

お腹に生息する腸内細菌のバランスが崩れると体調を壊す恐れがあります。

健康維持には、腸内フローラ叢の有用菌が優勢である腸内フローラ環境つくりが望まれます。

腸内フローラを改善するためには、善玉菌を増殖させる必要があります

そして善玉菌の比率を、悪玉菌の約2倍程度に維持する必要があるのです。

腸内細菌の構成比は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7を維持する必要があります。

善玉菌2:悪玉菌1の構成比率が逆転する(善玉菌1:悪玉菌2)状況が身体を壊している状況であり、

いつ疾病を発病してもおかしくない健康状態だと言えるのです。

腸内細菌の70%を占めている日和見菌が大きな影響力を持っています。

この日和見菌は、善玉菌の勢力が優勢な状況下では善玉菌の見方し、

悪玉菌が強い腸内バランス下では悪玉菌の見方をする日和見的な菌なのです。

①善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の腸内バランスなら

善玉菌2+日和見菌7=善玉菌の勢力9:悪玉菌1となり善玉菌優位の腸内バランス

②善玉菌1:悪玉菌2:日和見菌7の腸内バランスなら

悪玉菌2+日和見菌7=悪玉菌の勢力9:善玉菌1となり悪玉菌優位の腸内バランス

日和見菌が勢力の強い方に味方するので、腸内細菌のバランスにより勢力図は大きく変化します。

だた、腸内細菌の全容はまだ解明されていません。

近年の研究では日和見菌の中にも善玉菌の働きをする日和見菌の存在が確認されています

しかしながら、近年の科学技術の進展による腸内細菌の解析は著しく進化しています。

直近の4~5年だけでも腸内細菌の多くの種類が発見され解明されています。

最新の腸内環境における善玉菌・悪玉菌・日和見菌の位置づけも、従来より進化した分類方向に推移しつつあります。

つまり個別に腸内細菌を解析する、結果として腸内細菌を全体的にとらえることになるようです。

悪玉菌の中にも善玉菌である有用菌の働きをする腸内細菌も発見されています。

善玉菌の主要な菌は、乳酸菌とビフィズス菌・酪酸菌です。

コンピューター解析により解明されていることは、腸内フローラの体内環境における位置付けが極めて重視される方向に来ているのが現状です。

つまり腸内フローラのバランスが健康維持に深くかかわっていることを指摘する研究成果が多数報告されているのです。

脳腸相関・腸は第二の脳・腸は第三の臓器など

腸内環境における腸内フローラ・腸内細菌叢はかなり重要なポストを確保していると言えるのです

腸内フローラは医療を変えるかもしれない!

腸内フローラは日常生活のいろんな原因要素によりバランスが壊れます。

ストレスや過労・偏った食生活、運動不足・加齢や薬物の服用などにより悪玉菌が増えていきます。

悪玉菌には、クロストリジウム属のウェルシュ菌などや
皮膚などにも生育して感染症の原因になる黄色ブドウ球菌などがあります。

悪玉菌は
腸内の食べかすを腐敗させる
腐敗物資を生成(ガス・悪臭)
食中毒の原因になる

私たちは腸内環境の健康を維持するために、適度の運動や食生活に注意を払うと共に

腸内フローラのバランスを改善するために善玉菌を増殖する生活習慣を継続しましょう!

腸内フローラのバランスが崩れ、体調変化や不調には、

便秘や体調不良・下痢・肌荒れ・肥満・風邪などいろんな体調不良があります。

悪玉菌、つまり有害菌の増殖をできるだけ抑える必要があるのです。

そして善玉菌(有用菌)を増やすことにより腸内フローラのバランスを整えましょう!

 

腸内フローラのバランスを改善し健康に良い影響をもたらす

生きた腸内細菌などの微生物菌体は、プロバイオティクスです。

プロバイオティクスの効果は、菌株ごとに異なるため、

優良なプロバイオティクス菌株の探索がなされています。

プロバイオティクス菌の効果は、便秘の改善/下痢の防止/栄養分の消化吸収促進/

乳糖不耐症状の改善/肝性脳症改善/免疫防御システムの改善/アレルギー改善/

動脈硬化の改善/ピロリ菌感染による胃炎の予防/

コレステロール低減/過敏性大腸症候群改善/ガン予防などです。

→目次へ戻る

腸腸内フローラに生息する腸内細菌

悪玉菌にはどんな菌がいる

乳酸菌(善玉菌)の敵である、悪玉菌にはどんな菌がいる?

善玉菌は悪玉菌より注目されている感がありますが・・・
悪玉菌とは、哺乳類の身体に住み着き悪さを働く微生物!
身体の中で、有害物質を作り出し、大腸菌や、クロストリジウム、老化や病気の原因となります。

1.大腸菌
大腸菌には、腸管病原性大腸菌や腸管毒素原性大腸菌、腸管出血性大腸菌(Oー157)などの病原大腸菌と言われる種類があります。
O-157は、非常に感染力が強く、集団で感染することで知られていますね。
感染すると非常に重症化しやすく、恐ろしい病気です。
時には、高齢者や幼児など死に至るケースもあります。
近年、毎年新聞などで大きく取り上げられた病原菌です。
この病気は、おそらくほとんどの方がご存知でしょう。
このような大腸菌を防ぐには、衛生面で、非常に気を付けて生活しなくてはなりません。
例えば、通常の大腸菌は、十分な加熱が1番の消毒、殺菌方法と言えます。
しかし、Oー157のような菌は、感染力が強いため、近くの人が感染した場合は、マスク、手洗い(水ではなく消毒できる石鹸などで隅々まで洗う)、
いろんな菌が感染しているであろう物は、全て加熱消毒、強力な殺菌消毒液を使って、殺菌することを心がけてください。
このように、殺菌を徹底しても感染するほど恐ろしい菌です。

2.ウェルシュ菌
哺乳類の腸内だけでなく、自然界の至る所に生息しています。
例えば、自然界の壌土、水の中などです。この菌の最大の特徴は、加熱でも死滅しないことです。
芽胞に包まれているため、一度、繁殖してしまうと食品は、加熱しても殺菌できないことになります。
しかし、健康な人間の腸内でこの菌を見かけることは、極めてまれな事です。
腸内がかなり劣悪な状態腸内フローラにのみ生息してる場合があるようです。
でも、一度腸内に繁殖しだすと急激に繁殖します。
そうなると、下痢、腹痛を引き起こします。
それだけでとどまらず、状況次第では、発がん性物質を作り出します。
作り置きのおかずなどの酸素に触れない部分を好みます
。作り置きおかずは冷蔵庫に入れることを心がけましょう。

3.ピロリ菌
哺乳類の胃の粘膜に生息する微生物です。
この菌は、日本人には非常に多く生息している菌の一つです。
非常に過酷な状況でも生きていける生態を身につけています。
身体の形体は、らせん状で便もうと呼ばれる毛が4本ほど生えています。
想像して、絵に描いてみると幼児の絵のようなものになっていませんか。
あまり、かわいいと言えない微生物に思えます。
でも、胃酸の胃の粘膜にいるということは、胃酸に負けないことです。
そこに、秘密があるんでしょうね。
実は、自らウレアーゼという酵素を出します。
その、酵素から、アンモニアを作って自分の周りをアルカリ性にします。
また、粘膜に潜り込み胃酸から逃げます。
ピロリ菌は、幼少期に感染すると、一生死滅することはありません。
ことあるごとに、アンモニアなどの有害物質を作り出し、慢性胃炎を起こします。
ピロリ菌が増殖しすぎると、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんまでも、引き起こします。
なかなか、手ごわい菌であることは、間違いありません。

4.ブドウ球菌
実は、この菌どこにでもいます。
1000分の1ミリほどの小さな丸い球菌。ぶどうのようにたくさん集まって丸い菌が生息するためブドウ球菌と名前が付いたとか。
この菌、人間の鼻の中、皮膚、口の中、喉、乳腺、至る所に存在します。
大した感染力もないらしいですが・・・。
健康な時には、害はほとんどないといわれています。
ただ、免疫力が低下したとき、皮膚に傷があるとき、体内へ侵入しきます。
特に、赤ちゃんや授乳期の女性が狙われ感染しやすいのです。
ほとんどの場合、とびひ のように皮膚に炎症が起こったりすることが多いようです。
もちろん、食中毒も引き起こします。
この場合は、ブドウ球菌自体よりも、その増殖途中に放出する毒素が問題です。
ブドウ球菌が死滅しても毒素が残ります。
ほとんどのケースで、重症化はしませんが下痢、嘔吐を繰り返します。
最近ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎の関係性が解明されつつある報告が、あったようです。
これにより大きく研究が進み患者さんやご家族にとって嬉しいニュースに
なることを、心より願わざるを得ません。

5.ETBF菌
フラジリス菌という悪玉菌の勢力が拡大すると進化して誕生する菌です。
これは、通常の悪玉菌よりも、大腸がんのリスクを高める恐ろしい菌です。
実際に結腸がん患者には、このETBF菌(フラジリス菌)の存在が確認され、この菌の存在が大きく関係しているのは間違いないように考えられています。

人間が生まれた当初は、確認されていない悪玉菌ですが、成長ととともに、消化の悪い肉類を食べる。完全に消化されず、腐敗便となる。それが悪玉菌の餌となり増殖する。
有害物質発生。それにより、便秘と下痢を起こす。食物繊維を摂取しないと、腸内フローラ腸内環境の腐敗物を吸収してくれない。善玉菌が増殖できない。
このような悪い連鎖を繰り返すうちに悪玉菌がはびこるようになるのです。
また、ストレスにも大きく関係があります。
自律神経に影響する。
胃酸分泌が抑制される。
胃が動かない。消
化不良をおこす。
腸に腐敗物が蓄積する。
悪玉菌が増殖する。
このように、いくつかの原因により、悪玉菌が増殖してくことにより、善玉菌が劣勢になってしまい体調を崩すことにもつながっています。
食事も日々のストレスも生活を見直すことで、大きく変わります。
また、こんな悪玉菌ですが、もし存在しなければ、善玉菌は怠け者になってしまうらしいのです。
人間と一緒で、ライバルがいるほうが燃えるとか、誰かがいないと怠けてしまうってありますよね
。実は、善玉菌も、元々は、怠け癖があるのかもしれません。
ですので、永遠のライバルの如く、適度な緊張感を持ちながら、バランスをとっていく関係が一番いいようです。

→目次へ戻る

悪玉菌

平均寿命と健康寿命

病気治療中心の医療業界!
高齢化社会では未病の段階から
腸内フローラを改善して健康寿命効果に期待したいものですね・・・

日本での平均寿命は
女性86歳
男性80歳
ですが、健康寿命はというと
女性74歳
男性71歳
ではその差年数はどうすればいいの?
そこが大問題なんでしょうね・・・

腸内フローラ&腸内細菌

腸内細菌と病気や健康・長寿等に関する研究はさらに飛躍し

今後、腸内細菌の評価が大きく変更されることもありうるらしいですね・・・

DNA解析、最先端DNAシークエンシングから大きく注目される腸内フローラ&腸内細菌

目が離さない状況は今後ますます逓増しそうですね・・・♪

腸内フローラを整えて健康に!

腸内フローラという言葉もすっかり馴染みのある言葉になり、腸内環境を整えることが健康につながるということも多くの人が認知しているように思います。

人の体の中には、600兆以上の腸内細菌が生息しています。
この腸内細菌を顕微鏡で見ると、お花畑(flora)のように見えることから、腸内フローラと呼ばれているそうです。特に省庁から大腸にかけて細菌が種類ごとにグループを作ってまとまっていて腸の壁面に住んでいるそうです。

腸内細菌は、体の中に細菌や病原体が入ってこないように働いたり、食べ物を分解して消化するのを助けたり、脳内物質のセロトニンやドーパミンを作り脳に送ったりする重要な働きをしています。

腸内細菌は、大きく分けて3つに分類されます。

体に良い働きをする善玉菌。
乳酸菌と呼ばれるビフィズス菌などがよく知られている善玉菌で、悪玉菌の侵入や増殖を妨げたり、腸の運動をうながしたりして、お腹の調子を整える菌です。

体に悪い働きをする悪玉菌。
黄色ブドウ球菌など、腸内で有害物質を作り出してしまう菌です。
悪玉菌が増えてしまうと、便秘や下痢、肌荒れなど体に悪影響を及ぼします。

どちらにも属さない日和見菌
善玉菌、悪玉菌どちらにも同調できる菌です。

この3つのバランスのことを腸内環境と呼びます。
よいバランスは、善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:2 と言われています。

健康な人の腸内は、有害物質を体外に排出をサポートしたり、免疫細胞を活性化させたりします。
ただ、この腸内フローラのバランスは、とても崩れやすく、体調や、食生活、ストレス、薬の服用などで日々腸内環境は変化しています。

腸内フローラを整えるためには、善玉菌を日頃から積極的に食事に取り入れることが大切です。
乳酸菌が多く含まれる食材は、発酵食品で、味噌や納豆、キムチやチーズ、ぬか漬けなどがよく知られています。
乳酸菌を取り続けることで、善玉菌、日和見菌を増やして、健康な腸内環境を保ちたいものです。

善玉菌中心の腸内フローラで健康な身体にしよう

健康に気を使っている人は、腸内環境にも気を配っていることが少なくありません。
腸内環境を整えることは、自分の健康そのものを正常に保たせることにもなるからです。
そのためには、いい細菌を腸内に宿られることが腸内環境を良い状態にさせるポイントになります。
人の兆の中には何百種類もの細菌が発生しています。
数にするも数百兆とも言われてる天文学的な数です。
これらの細菌が、身体の健康を大きく左右させてしまうのです。
私たちがよく聞くのは、善玉菌、悪玉菌です。
その名の通り、悪玉菌は腸内で悪性の物質を作ることもあり、健康面では存在して欲しくない物です。
一方、善玉菌は、悪玉菌そのものを取り除き、腸内活動を正しく整えてくれるのです。
これにより、身近な悩みだと、便秘などの悩みから解消されるのです。
腸内では、多くの細菌がたくさんありますが、まるで花畑のような印象から、「腸内フローラ」と呼ばれています。
この腸内フローラを良くすることが、健康を保つのです。
善玉菌というと、乳酸菌が有名ですが、これにもいくつもの種類があります。
アシドフィルス菌、ビフィズス菌、フェーカリス菌などが挙げられます。
これらの乳酸菌を腸内にたくさん取り込むことで腸も元気になってきますが、乳酸菌はヨーグルトやサプリメントを中心に摂ることも1つの方法です。
しかし、発酵食品の味噌や大豆、納豆も乳酸菌が含まれていますので、昔名ながらの食生活を送ることでも、腸内環境を整えることになります。
腸内フローラを整えることは、乳酸菌などの善玉菌を取り込むことでできるので、日頃から、食事や栄養補給もこれらのことを意識して摂ることが大事です。
私達の健康を維持するには、常に善玉菌のおかけであることを知ると、食事もどのような食材を使えばよいか、意識するようになってくるでしょう。

→目次へ戻る

健康寿命

腸内フローラをよくする「便細菌叢移植」とは?

腸内フローラは私たちの健康状態をうつすいわば鏡のようなもので、腸内フローラを見れば体の状態や、なりやすい病気がわかるともいわれています。腸内フローラを改善する方法は食生活や運動習慣などの生活習慣の改善をと伝えるメディアも多いですが、最近とくに注目されているのが「便細菌叢移植」というものです。簡単に言うと「便移植」とよばれるもので、もうすでに実際に行われている病院もあります。

便移植とはいったいどのようなもの?

いま、腸内細菌叢移植、便移植とよばれるものが注目されています。
「便の移植なんて不衛生だ」「そんなことをして本当に腸内フローラが改善されるの?」と不安に思う人もいるかもしれません。
難治性の腸疾患の治療のために取り入れられ始めている便移植は、
健康な細菌叢を患者に移植するという方法です。
腸疾患や精神病などの患者は細菌叢のバランスが崩れており、
それを正常に戻そうというもの。
便というのは栄養を吸収されて残った食べ物のカス以外にも多くの細菌が含まれているそうです。
もちろん採取した便はそのまま移植するのではなく、
きちんと処理がなされます。採取したものを生理食塩水に溶かして撹拌し、
さらにフィルターでろ過したものを注射器を使って注入します。
移植にかかる時間はわずか10分足らずで、患者の体にあまり負担をかけません。

他人の便、自分の便を取り入れることで腸内フローラの改善に

腸内細菌叢を利用した便移植は、
体に負担をかけずに安全で理にかなった治療法だといわれます。
抗生剤を利用した治療よりも効果が高く安全性が高いとの報告もあります。
また、難治性の腸疾患以外にも今後は糖尿病や精神病の治療にも応用できる可能性があるとして臨床試験が始められているそうです。
また、病気の治療以外にも、
健康維持を目的として自身の腸内細菌叢を移植する方法もあるそうです。
発酵食品などからも善玉菌を摂ることができますが、
なかなか腸内にとどまり住み着く菌は少ないそうです。
それが自身の腸内細菌をサプリメントのように取り入れることで腸に長く定着させることができるという。
自身の便を再利用するというのはなんだか不思議な感覚になりますが、理にかなった方法のようです。

若者、安倍首相をも苦しめる潰瘍性大腸炎の治療にも

近年の若者に増加している潰瘍性大腸炎というものがあります。
患者数は毎年1万人のペースで増加をつづけ、
安倍首相の持病であることでも知られています。
潰瘍性大腸炎は治療法のない難病とも呼ばれ大腸粘膜に潰瘍やびらんを引き起こし
「下痢」「便秘」「粘血便」を繰り返す症状を持ち、多くの人を苦しめています。
しかしこの潰瘍性大腸炎を、便移植と抗生剤の治療により大幅に改善できたという研究が発表されました。
今後、副作用の少ない根本治療の確立を目的として、さらに注目されていくことでしょう。

日本でも開始されている便移植治療

現在、日本でも実施されている便移植という治療法。
広く知られるようになったのはここ数年ですが、
世界各国では数十年も前から行われていたそうです。
「潰瘍性大腸炎」「過敏性腸症候群」「Clostridium difficile感染症」などの治療として行われています。
便移植ができるのは配偶者や2親等以内の家族と限定され、
国内でもまだ実施している病院は少ないようです。
欧米を中心に研究が進んでいますが、
日本ではまだ保険治療として認められていません。
腸内環境は普段の生活に大きく影響し、
おなかを壊しやすい人や精神状態が反映されやすい人、
腸疾患を抱えている人は日々つらい思いをしています。
若い世代の学生や忙しい社会人はとても負担だと思います。
今後、この便移植の治療がより安全に根本治療を目的として確立することを願います。

→目次へ戻る

便細菌叢移植

日本人の腸内フローラが危険?

今、日本人の腸内フローラが危険な理由

日本人の腸内環境はどんどん悪くなっているといわれます。
いやいや、長寿大国である日本人がそんなわけ…と思わないでください。
昨今の健康ブームの中で、腸内環境を整えることがどれほど健康に左右するかが問われ続けています。
腸内を良好に保つことがこれからの超長寿時代を生き抜く秘訣であり、さまざまな精神疾患やがんを予防するといわれます。
腸内環境は食べるものや生活習慣が大きく影響するため、国民性が反映されやすい臓器かもしれません。
そんな健康の写し鏡である日本人の腸内環境が、いま、荒れに荒れているといわれます。

・女性の半数が便秘に悩まされている

現代人女性の多くは、便秘という問題を抱えているといいます。
便秘の状態では腸内に長く便がたまっているため、さらに腸内環境が悪化して悪循環を生み出してしまいます。
排便は1日1回はあることが望ましいのですが、人によっては2~3日に1回、1週間に1回ということがあり、下剤や入院によって処置をしなければいけない人までいます。
便秘によって腸内環境が乱れると悪玉菌による腐敗が起こり、「アンモニア」「硫化水素」「インドール」といった毒素が腸壁から吸収され、体中にめぐってしまいます。

・現代人は運動不足

現代の日本人で日ごろから運動の習慣がある人は少ないといわれます。
運動不足は精神状態を悪くしたり肥満を招く恐れがありますが、腸内環境にも影響を及ぼします。
適度に運動をすることで腸が刺激され、ぜん動運動(腸の動き)を促します。
また、適度な運動をしていることで結腸がん(出口に近い大腸のがん)のリスクを減らすとの報告があります。
また、運動不足による肥満はさまざまな病気を引き起こす万病のもとであるといわれます。
ハードな運動でなくてもいいので、心身の健康のためにスポーツやウォーキングを日ごろの習慣に取り入れることが大切です。

・肉食化の進みすぎが懸念

現代人は肉類を摂取する機会が増えています。
10年ほど前と比較しても、全年代での肉の摂取量は増加傾向であるといわれます。
肉類を多くとりすぎると、それを分解しようとたくさんの「胆汁」が分泌されます。
その後胆汁は小腸で回収されるのですが、肉食化した現代人は
肉類の摂りすぎ→胆汁の過剰分泌→小腸で回収しきれず大腸まで流れ込むという一連の流れが起こっています。
そうなると胆汁と腸内の悪玉菌によって発がん性のある物質を作り出してしまうのです。
近年、日本人の間で急速に大腸がんに罹る人が増えています。
ここ50年ほどで大腸がんでなくなった人は10倍ほどに増えたといわれます。
日本人は数年に1度は大腸がんの検診を受けた方がいいでしょう。

・過敏性腸症候群が増えている

過敏性腸症候群とは、検査をしても炎症や潰瘍などの異常が見られないにもかかわらず、便秘や下痢といった症状に悩まされるものです。
40代以下の比較的若い世代に多く、とくにストレスの多い先進国に患者が多いといわれます。
大腸は自律神経によってコントロールされているため、ストレスによる影響を受けやすい臓器です。
また、ストレスを脳で感じることによって腸内環境を乱すともいわれます。
過敏性腸症候群は治療法が確立しておらず、ストレスがあるのならなるべくその原因を取り除くことが大切であるといわれます。
また、腸内環境を良好に保つことで過敏性腸症候群の症状をある程度軽減できるとの報告があります。

現代人は

  • 食生活の変化や
  • ストレス、
  • 多忙による運動不足など
  • さまざまな要因によって

腸内フローラ(腸内細菌の群れ)が危険にさらされています。

いつまでも元気で過ごせるように、今からその現実ときちんと向き合う必要があります。
便秘や下痢など、何か最近おなかの調子がよくないなと感じたらもしかしたらそれは腸からのSOSかもしれません。
時々でもその声に耳を傾けることが、
超高齢化時代を元気に駆け抜ける秘策なのかもしれません。

→目次へ戻る

日本人の腸内フローラが危険?

腸内フローラ(腸内細菌叢)注目の情報はコレ


腸内フローラの種類と特徴
人間の腸内には、回腸から大腸にかけて、

腸内細菌が種類ごとにコロニー状にまとまり
お花畑(フローラ)のようにびっしり腸内壁面に生息
そのため、腸内フローラと呼ばれています。
その数は、100 兆個とも1000兆個ともいわれ、その重さは、1㎏ から1.5㎏ にもなります。
近年、腸内検査技術が格段に進歩を遂げ,
細菌を生きたまま増やさなくても、DNAを調べて,
細菌の種類、働き,細菌が与える影響が明確になってきました。

→目次へ戻る

腸内細菌

腸内細菌は、3種類に分類されます。

善玉菌

善玉菌は、人間の体に有用な働きをする菌です。
有機酸を作り、悪玉菌の抑制有害菌の腸内侵入を抑えます。
また、腸のぜん動運動を活発にしたり、
ビタミンB群などを作ります。
主な細菌は、ビフィズス菌乳産菌です。

悪玉菌

悪玉菌は、腸内を腐食させ有害物質を産生します。
悪玉菌が増えると腸のぜんどう運動が正常に動かなくなって、
便秘の要因となり、体中に余分なエネルギーが蓄され太ります。
主な細菌は、ブドウ球菌クロストリジウムベーヨネラです。

日和見菌

日和見菌は、善玉菌・悪玉菌のどちらでもありません

悪玉菌が増えるのは、
体の調子が良くない時や
加齢、悪玉菌が餌とする高脂肪食を摂り過ぎるなどで
腸内細菌バランスが崩れ、
悪玉菌優勢比率になると日和見菌は悪玉菌の味方になります。

主な細菌は、大腸菌バクテロイデスなどです。

腸内細菌の比率

腸内環境での腸内細菌バランスが重要なのです
腸内フローラ・腸内環境に生息する腸内細菌は
善玉菌(有用菌・有益菌)と悪玉菌(有害菌)・日和見菌に分類
されています

理想の腸内細菌のバランス比率は、
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われています。

腸管内での腸内細菌数は決められているので、
細菌細菌が互いに勢力を競って陣取り合戦を行っています。

バランスが崩れると悪玉菌の領域が広がるので、
バランスが悪化しないように、生活習慣やストレス、食生活など腸内環境改善に努める必要があります
また、免疫細胞の約70%が腸管に集まっており、
健康維持して免疫力を低下させないためにも、
腸内フローラをより活性化させることが重視されています。

→目次へ戻る

腸内環境と食生活との関係

食生活

食生活は腸内フローラの善玉菌、悪玉菌、日和見菌を理想の比率にする最適な方法です!
食物繊維(水溶性食物繊維・不溶性食物繊維)が多い食生活をとる事が腸内環境を改善するために必要です。
日本人には、食生活、風土、遺伝子からヨーグルトより味噌などの発酵食品が適しているかもしれません
整腸作用がある豆腐、納豆の和食がピッタリな人も多いのです
腸内環境を整えるためには、食べ過ぎない事、
十分な消化活動と消化酵素を腸管内で多く使う事が必要です。
それには、冷やした料理と温かい料理を組み合わせてバランスよい食事を摂る事も大切です。

腸内環境を整える食べ物

腸内環境を整える食べ物として食物繊維が最適でしょう。

バクテロイデス菌とは?

バクテロイデス菌は、食物繊維を好み短鎖脂肪菌を作ります。

短鎖脂肪菌とは?

短鎖脂肪菌は、脂肪を減らす作用をします。
短鎖脂肪菌を使用したサプリメントもあるほど健康に良い食品です。

オメガ3系脂肪酸とは?

また、オリーブオイルなどの植物性油脂、クルミなどのナッツ類、いわし、さばなどの良質油のオメガ3系脂肪酸は、腸の働きを改善します。
オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の比率は、1対4がよいです。

乳酸菌などの菌

乳酸菌は、各人間の腸内環境の菌と結び付きの程度によって変わります。
また、
ビフィジス菌は大腸、
ラブレ菌は小腸、
など
その種類によって届く箇所が決まります。

カゼリ菌は、ビフィジス菌とともに悪玉菌を抑える働きがあります。
そのため、数種類の乳酸菌を摂る事を勧めます。
乳酸菌サプリメントが評判が良いです。
酵素は、生命活動に必用な物で美肌やダイエットにも効果があります。
酵母は、発酵した食べ物により栄養価が高まり、消化活動を促進させます。
バナナは、腸内環境に良い食品です。
善玉菌が好むオリゴ糖、抗酸化に優れているポリフェノール、代謝を高めるビタミンB群、免疫力を高める、美容によい、ダイエット効果があるアミラーゼを含んでいるのでお勧めの食品です。

下痢は、体に必要な栄養素を排出し、体力が下がります。
次に、便通が毎日あること。
便秘は、お腹がはったり、腹痛の原因となりますので注意します。

→目次へ戻る

腸内フローラを整えて腸内環境ダイエットする

腸内フローラ

腸内の腸内細菌の集まった腸内フローラ!
腸内フローラの腸管内には様々な腸内細菌が住んでいます。

  1. 善玉菌とよばれる体に良い影響を与える腸内細菌
  2. 悪玉菌と呼ばれる体に良い影響を及ぼさない腸内細菌

がいるのです。
これのどちらも私たちの腸内環境を作るのに大きく作用し、
悪玉菌が増えた時には、便秘がちになったりします。

実際に女性の中には、便秘がちの人も多いのですが、

  • 腹筋が弱い
  • 活動量が少ない
  • 胃腸が冷えている
  • 腸内に悪玉菌が多い

という場合も少なくありません。

善玉菌と便秘解消がダイエットに関係

腸内に悪玉菌が多い女性は便秘がち

便秘解消

女性で便秘がちという人は、
腸内細菌の善玉菌を増やし、
良い腸内フローラを形成改善すると便秘が解消されます。

また便秘が解消されると
ダイエットに効果的という良いメリットもあります。

腸内フローラを整え善玉菌を増やせば、
便秘が解消され、
これまでたまっていた宿便も排出されるので体重の減少にもつながります。

腸内フローラの腸内細菌バランスは、
食生活や体調に左右された状況jを見事に反映します。
例えば病気になって抗生物質などを飲んだ時。
その時には、善玉菌も抗菌作用で減少したり死滅するので腸内環境が著しく乱れてしまいます。
そのために早く腸内環境を整えることが大切です。

またダイエットにより食事を制限しているとき。
善玉菌の餌になる水溶性食物繊維を多く含んだ食事内容にしなくては便秘を解消したり、ダイエットには結びつきません。
そのため善玉菌の餌になるオリゴ糖や食物繊維を積極的に取る必要があるのです。
腸内フローラを改善し腸内環境を整えるとダイエットに結びつきます。
日ごろから食生活に気を付けた生活習慣を心掛けることが大切です。

→目次へ戻る