腸内環境のバランスを整える
きれいな腸を目指して腸内環境を整えることが重要です
お肌のきれいな人は腸もきれい!
便秘や下痢に悩んでいる女性の腸は悪玉菌が優勢なんですよ・・・
つまり腸内環境が整って善玉菌が優勢で悪玉菌を抑えられているなら
免疫力も活性化しており
善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌が腸内環境を弱酸性にしてくれます
腸内のぜん動運動を助け排便を促し
悪玉菌【腐敗菌】が産生する有害物質を体外に排出する効果もあります
逆に悪玉菌が優勢になると大腸のアミノ酸やタンパク質・腐敗物質からアンモニアなど有害物質を作るだけでなく
日和見菌も味方につけ勢力を飛躍的に拡大してしまうのです
腸内環境の腸内細菌叢に生息する善玉菌と悪玉菌比率は
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7が理想とされています
問題は、善玉菌2:悪玉菌1のバランスが壊れ悪玉菌優勢になると
日和見菌が悪玉菌の味方をするので、バランスが極端に壊れることになります
悪玉菌=有害菌=腐敗菌が産生した有害物質は、血液を通して全身をめぐることになります
腸内環境バランスが壊れることで、
体臭・口臭が出る
便秘下痢が発生する
肌荒れや体調が壊れる
免疫力が弱まり病原菌が繁殖する可能性が高まり健康維持が困難になる
善玉菌を増やせば健康に!
悪玉菌が増殖すれば疾病状態の可能性が高まる!

腸内環境を整える方法は、生活習慣の改善も必要です
食生活も改善して食物繊維を積極的に摂取する必要があります
水溶性食物繊維1:不溶性食物繊維2のバランスが良いとされています
肉類1:食物繊維3が良いとも言われています

発酵食品を積極的に摂取しましょう
またヨーグルトや乳酸菌サプリも
ストレスや加齢によりビフィズス菌が減少した腸内環境に
生きた乳酸菌・ビフィズス菌を届けることも出来ます

善玉菌を増やし活性化するためには
善玉菌のエサであるオリゴ糖を摂取することも必要です
オリゴ糖を多く含むバナナやゴボウなどの摂取も良いでしょう

善玉菌のエサになるワカメや昆布など海藻類も積極的に食べましょう!

腸内環境を整えるのには、
食べ物だけでなく
ストレスや運動も大きな要因です

脳腸相関と言われ
腸は第二の脳とまで評価されています
腸は大脳に次いで神経が張り巡らされている
第三の臓器とも言われているのです

腸内環境を整える


少し食べ過ぎただけでどんどん体重が増えていってしまう人がいる一方で、同じように過ごしていても全然太らない人がいます。
その差が出る理由は生まれ持った体質だったり普段の運動量も関係していますが、1つに腸内環境の関与が挙げられます。

・なぜ腸内環境が太りやすさと関係しているのか

同じ食事をしていても体重が増えたり、減ったり、また変わらないなどの個人差に腸内環境が関与しているといわれます。
腸内細菌はその性質からおおきく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分けられることができます。
腸内のバランスがきちんととれている場合、この善玉菌:悪玉菌が2:1の割合になっていてその他が日和見菌の占める割合になります。
しかし肥満の人の多くはこの善玉菌が少なくなっていて、本来善玉菌より少ないはずの悪玉菌が過剰に増えている状態だといわれています。
こうなってくると便秘がちになったり、その他さまざまなところで不調が出てきます。
スタイルのいい痩せやすい体質の人は普段から便通のいい人が多いです。
便秘が続くと太りやすいのはなぜでしょうか。
それは消化や吸収のスピードが関係しています。
便秘がちの人は胃や腸などの消化管の消化や吸収のスピードが落ちていきます。
そうなると、食べたものがスムーズに消化されたり排泄されず、体内に長時間残ってしまうため、その分カロリーを多く取り込んでしまうのです。
また、私たちは動かなくても内臓が働いていて、勝手にカロリーを消費してくれています。
しかし便秘がちのひとは腸の活動が遅いため、代謝が落ちてしまいカロリーを消費しにくくなってしまうのです。
また、便秘は太りやすさだけでなく口臭や体臭の原因になったり、大腸がんも引き起こしやすくなるといわれています。

・痩せやすいからだを作るにはどんな食事を摂ればいいのか

便秘の改善や腸内環境を整えるためには善玉菌を摂りいれることが重要になってきます。
この善玉菌というのは、乳酸菌やビフィズス菌などと呼ばれるもので、私たちの腸内の健康には欠かせない存在です。
しかしこの善玉菌は加齢とともにどんどん減ってしまうといわれています。
しかし生活習慣を改善すれば腸内の善玉菌を増やすことができます。
それにはまず、乳酸菌製品や発酵食品を積極的に摂りいれることです。
昨今、健康ブームにより多くの乳酸菌製品が発売され、街中で見ない日はありません。
また最近ではたくさんの種類のサプリメントも売られているので、食事から摂るよりも手軽に摂りいれることが可能になりました。
また、ぬか漬けやチーズなどの発酵食品を食べるのもおすすめです。
古くから日本で食されているぬか漬けは乳酸菌だけでなくビタミンも豊富です。
一時期は家でぬか漬けを漬けるぬか漬け女子と呼ばれる女性たちがテレビで取り上げられていました。
最近は日本でも食の欧米化が進み、納豆や漬物などの日本食を食べる機会が減っているといわれています。
発酵食品は乳酸菌が豊富なのでぜひ摂りいれてもらいたい食品です。
また。これらの乳酸菌などの善玉菌をよりパワーアップさせる方法があります。
それは、善玉菌と同時にオリゴ糖食物繊維を一緒に食べることです。
オリゴ糖と食物繊維は胃で消化されることなく腸まで届いて善玉菌の働きをサポートし、より効率よく腸内環境を改善してくれます。
また他には、水分をしっかりとることも重要です。
日本人女性は水分の摂取量が少ないといわれています。
人間の体のおよそ60パーセントは水分で構成されています。
水分が足りないとその分、便の量も減って排泄しずらくなってしまいます。
また便があまりにも固いといきみ過ぎて痔の原因になってしまうこともあります。
そうならないためにも、朝起きてコップ1杯の水を飲んだり、毎日お味噌汁を飲む習慣をつくるのもおすすめです。
お味噌汁なら味噌から乳酸菌も摂れるので一石二鳥です。
食生活をふだんから気を付け、腸内環境を整えていることで年末年始の食べ過ぎや寝正月も怖くありません。
目先の体重の増減ばかり気にするのではなく、腸内環境を整えて長く元気に生きていきたいものです。

なぜ腸内環境を整えればインフルエンザになりにくいのか?

季節が冬に移り変わるころ、インフルエンザなどのウイルスの流行の兆しが見え始めます。

今年もすでに沖縄では例年より2か月も早く学級閉鎖となる学校が出始めたそうです。

インフルエンザウイルスは全世界で毎年500万人ほどの感染者を出し、30~50万人ほどの死者を出しているといわれます。

インフルエンザウイルスによる死者は高齢者に多いため、高齢化が進む日本では特に適切な対応が必要となります。

また、乳幼児に起こるインフルエンザウイルスによる急性脳症が年間200例ほど報告されています。

若い世代から高齢者まで、インフルエンザへの対策が必要です。

医学の進んだ今なお驚異的に猛威をふるうインフルエンザですが、腸内環境が整っている人は非常に感染しにくいとわかってきました。

そもそもインフルエンザはいったいどんなもので、どう対策をしていけばよいのでしょうか。

・そもそもインフルエンザとはなにか

「インフルエンザ」とは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症です。

季節性のインフルエンザは「A型」「B型」「C型」の3種類があり、それぞれで性格が変わってきます。

現在流行の中心になっているのはA型とB型です

。C型はほかにくらべて症状が軽度になる傾向があります。

毎年11月の終わりのころから流行し始め、翌年の4月ごろに収まるといわれます。

また、場合によっては冬だけでなく夏にも流行する場合があるそうです。

おもに「くしゃみ」「咳」などの飛沫や、接触感染によって感染します。

感染すると1~数日の潜伏期間を経て急激に症状を発症します。

症状としては「38度以上の高熱」「関節の痛み」「倦怠感」「頭痛」「咳」「下痢」などが挙げられます。

「かぜ」とインフルエンザの決定的な違いはその発症の速度症状の範囲にあります。

かぜは発症してゆるやかに症状が出て、熱も38度以下であることが多いです。

しかしインフルエンザの場合は発症後、急激に発熱して症状も瞬く間に全身に広がります。

・インフルエンザと腸内環境の関係性

私たちの体の中に存在する免疫機構は、日々さまざまな活躍をしてくれています。

免疫力が高い状態であれば、外から侵入してきたウイルスや細菌とたたかってやっつけてくれます。

またほかにも、食中毒やがん予防に対しても効果があるとわかってきました。

つまり、普段から免疫力を高めていればインフルエンザにもかかりにくくなるのです。

そしてこの免疫力はじつはと密接な関係があるのです。

人の体に存在する免疫細胞の7割は、腸に存在しています。

腸は食べ物の消化・吸収を担うだけでなく、“最大の免疫器官”でもあるのです。

2011年、九州大学から大変興味深い研究内容が発表されました。

それは腸内細菌がインフルエンザウイルスに対する粘膜免疫応答をサポートするという革新的なものでした。

これによると、肺でのインフルエンザの感染にも、離れた場所にいる腸内細菌が免疫応答の誘導に重要な役割を果たしているということでした。

つまり、肺に感染したウイルスに対しても、腸内細菌はそれを排除しようと働きかけてくれるということです。

また、乳酸菌は死んだ状態でも免疫を活性化してくれる力があるといわれます。

また、免疫を高めることでさまざまなウイルスを予防するだけでなく、疲労回復や老化の防止にも効果があるとわかってきました。

・免疫力を高めるためにできること

善玉菌の代表である「乳酸菌」「ビフィズス菌」を増やすと、免疫機能が活性化するといわれています。

腸内の善玉菌は加齢、ストレス、運動不足、乱れた食生活などによりどんどん減少してしまいます。

善玉菌が悪玉菌よりも優勢な状況が、腸内環境のバランスがとれているといえるでしょう。

善玉菌を増やすには、乳酸菌が多く含まれる発酵食品を摂るほか、適度な運動、ストレスの解消が効果的です。

また最近では多くの会社から乳酸菌サプリメントが販売されています。

こちらは安価で効率よく善玉菌を取り入れることができるので、仕事や家事に忙しい方や高齢の家族がいる方にもおすすめです

イライラはもしかして腸が原因?

人は何かに追い込まれたときや自分のキャパシティを超えたとき、
また、ジレンマや他者との比較に挟まれたときにフラストレーションを抱えます。

「イライラする」という感情は、
けっして完全になくすことはできないとしても、
それをコントロールしたり最小限度に抑えられる人でありたいと思います。

イライラしやすい人というのは性格なのでしょうか。

いつだって平常心なあの人も、
じつは心の中ではそういった感情と葛藤しているかもしれません。

そしてあなた自身のイライラは、
もしかしたら腸内環境が原因となっている可能性もあるのです。

・人がイライラする原因とは何か

私たちは生きていくうえで様々な感情を抱えています。

まだ乳幼児だったころは「快」「不快」の2種類だった感情が
、喜びや悲しみ、怒り、恐怖と増えていき、
やがて一言では言い表せない複雑な感情を持つようになります。

イライラしやすいという原因にはさまざまあり、
それは生まれ持った性質やホルモンの影響があります。

▼イライラしやすい性格とは

イライラしやすい性格の人は、
完璧主義な場合が多いです。

完璧主義なゆえにそれを相手にも自分自身にも求めてしまうのです。

そういった人は他人の個性を認めにくく
、頑固な人である場合が多いです。

▼ホルモンの影響

私たちは日々の生活の中で、かなりのホルモンの影響を受けています。

それは精神的なものだけでなく、
睡眠や起床といった生体リズムまでもが影響を受けています。

たとえば女性特有のPMSや更年期障害は
女性ホルモンの不足によって引き起こされるといいます。

卵巣機能の低下により女性ホルモンが不足しているのに
それを分泌することができないという需要と供給のギャップがイライラを引き起こしています。

そして最近、注目されている腸内フローラの研究により、
腸内細菌や腸内環境の乱れによってホルモン不足が起こり、
精神状態を不安定にしていると解明されてきました。

・腸内細菌がないと攻撃的になるマウス

スウェーデンのカロリンスカ研究所と
シンガポールのジェノーム研究所が行った実験によると

腸内細菌を持つマウスと
持たないマウスの性格を比較

結果、
腸内細菌を持たないマウスの方が攻撃的になったそうです。

それはつまり腸内細菌の存在が、
宿主の性質までもコントロールしてしまうというのです。

ではなぜ腸内細菌の存在が精神状態に影響するのでしょうか。

それは、イライラを予防するホルモン「セロトニン」の分泌を腸内細菌が担っているからだといわれます。

セロトニンとは
人の体温調節、睡眠、精神状況に関与するホルモンです。

必須アミノ酸の「トリプトファン」という物質を原材料としてつくられ、
私たちの生体リズムにさまざまな影響を与えています。

そのセロトニンの約9割を腸内細菌が作っているのですが、
腸内細菌のバランスが乱れることでセロトニンの量が減ってしまうといわれます。

脳に機能するセロトニンと腸内に存在するセロトニンとは別物で、
腸で作られたセロトニンは脳のバリアーに阻まれて直接脳内に入り込むことなできません。

しかし、腸内に豊富なセロトニンが存在することで神経を介し、
脳に影響を与えているのではないかといわれています。

・うつ病も腸内環境が原因か?

イライラとはまた違いますが、
精神状態が大きく不安定になってしまう病気として「うつ病」というものが挙げられます。

うつ病の代表的な症状として
「不安」「焦燥感」「集中力や判断能力の低下」
などがあります。

現在、うつ病の患者は急劇的に増え続けており、
その患者の多くは腸内環境が乱れているとの報告があります。

うつ病もまた腸内環境の乱れからくるセロトニンの不足が関係していると考えられます。

セロトニンはチーズや納豆などに含まれるトリプトファンから作られるので、
これらの食品を摂りながら、
腸に良い生活習慣を送ることが大切です。

腸内フローラ乳酸菌サプリ比較

乳酸菌サプリ比較

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  1. honnke

    ヘルスエイド ビフィーナS

    ランキング 5.0
    口コミ評判 5.0
    おすすめ 5.0
    通常価格:
    3,856円(税込)
    特別価格:
    2,980円(税込)(お1人様1個限り)
    生きたまま腸まで届くハイパープロテクトカプセルに守られた生存率90%ビフィズス菌 ⇒初回限定で23%OFF(送料無料)通常価格3856円が⇒2980円税込
    50億個のビフィズス菌(ロンガム種)と乳酸菌10億個(アシドフィルス菌とガセリ菌)腸内フローを良好に!便通を改善する
    機能性表示食品
    ビフィズス菌サプリ

    ★「ビフィーナ」シリーズ売上乳酸菌健康食品市場19年連続シェア№1※出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧「1998~2016」機能志向食品編整腸効果 乳酸菌メーカーシェア(1996~2014年実績)ビフィーナRシリーズ全体での売り上げ。★「ビフィーナ」シリーズ累計販売個数972万個 累計愛用者数88万人の定番! ※1993年~2015年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者、販売累計(森下仁丹調べ)ベストセラー1位

    乳酸菌サプリの詳細を見る

  2. ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    アレルケア

    ランキング 5.0
    口コミ評判 5.0
    おすすめ 5.0

    アレルケアはL92乳酸菌配合のサプリ
    販売数1000万個突破のアレルケア
    アレルケアはL92乳酸菌の魅力いっぱい!
    ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株
    刺激や敏感・デリケートの悩みにL92乳酸菌配合サプリのアレルケア

    アレルケアの詳細を見る

  3. ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    nyuusannkinnkakumei77

    乳酸菌革命

    ランキング 4.5
    口コミ評判 4.5
    おすすめ 4.5

    最大20%off
    通常価格2880円が⇒2730円税込(送料無料)
    ラクトバチルス・アシドフィルス、ブルガリクス、ガッセリー、ブレビス、カゼイ、ヘルベティカスと
    3大乳酸菌ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など16種類

  4. 乳酸菌が腸まで届く有胞子乳酸菌
  5. (耐酸性カプセルが胃酸や胆汁から乳酸菌を保護)
    リピート率85%
    添加物不使用

    乳酸菌革命の詳細を見る

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■