クローン病と腸内細菌の存在
クローン病を菌で治す時代が来る?
学生時代、同級生にクローン病を患っている子がいました。その子は腹痛を起こしてトイレに行くことが多く、毎日たくさんの薬を飲んでいました。
この子のようにクローン病は比較的、若い世代に多く、勉学やスポーツに勤しむ多くの学生や社会人が悩まされています。
クローン病はいまだに原因が不明でやっかいな病気ですが、最近ではそんなクローン病の発症や症状に「腸内細菌」の存在が関与しているといわれるようになりました。

・そもそもクローン病とはどんな病気か
クローン病とは、口から肛門まで続いている消化管にできる炎症性の疾患のことです。
その原因は不明で、現在、厚生労働省によって「特定疾患」と指定されています。
炎症性腸疾患(IBD)に分類されるものの一つで、1932年にニューヨーク大学のブリル・バーナード・クローン医師によって報告されたことからこの名前が付けられました。
クローン病はおもに20代以下の若い世代で多く見られ、中高年の世代ではあまり報告がありません。
回腸から盲腸にかけてが好発部位になります。
発症リスクが上がる要因として「喫煙」「受動喫煙」「ストレス」「経口避妊薬の常用」が挙げられ、どれもリスクは1.5~2倍上がるとされています。
現在のところはっきりとした原因はわかっていませんが、発症が若年層に顕著なことから
食の欧米化が引き起こしているという説や、
「ヨーネ病」に罹患した牛の乳製品を介してその原因であるMycobacteriumがクローン病を引き起こしているのではないかというような説があります

。症状としては「腹痛」「下痢」「発熱」などがあり、重症化すると「腸閉塞」「消化管穿孔」が生じ手術が必要になることがあります。
また、合併症として「関節炎」「壊疽性膿皮症」「虹彩炎」などがみられる場合もあるそうです。

クローン病と腸内細菌の関係性
2013年に、理化学研究所、東京大学、慶應義塾大学先端生命科学研究所のグループによって、とても興味深い研究が発表されました。
理化学研究所のHPによると腸内細菌が作る酪酸が体内に取り込まれて免疫系に作用し、制御性T細胞という炎症やアレルギーなどを抑える免疫細胞を増やす働きがあるということです。
つまり、私たちの腸には1000種類もの腸内細菌が暮らしていますが、その腸内細菌からは食物繊維を代謝することで「酪酸」がつくられて免疫細胞を増やして、消化管の炎症を抑えるということなのです。

クローン病などの炎症性腸疾患の患者には酪酸を作り出す腸内細菌が少ないのだそうです。

アメリカでは日本の10倍ほどのクローン病患者がいるそうです。
そんなアメリカの最新治療として「糞便移植」というものがあります。
健康な人の便を患者に移植することで腸内細菌が働くようになり、治癒率が上がったという臨床試験データがあるそうです。
別名、腸内細菌叢移植(FMT)とも呼ばれ、「再発性クロストリジウム・ディフィシル」「クローン病」などの難治性の炎症性腸疾患などの治療に対し、最近、世界中で行われるようになってきました。

このことからもやはり腸内細菌の存在が消化管の炎症に深く関わっていると考えられます。

・クローン病の食事療法とは
現在、残念ながらクローン病を完治させることは難しいといわれています。
体調がいいときはふつうに食事をしていい場合もありますが、基本的に消化管に負担をかけず、炎症を悪化させない食事がいいとされています。
クローン病の人は下痢などによって低栄養状態になる場合が多いので「高エネルギーの食事」が必要になります。
脂質は腸管の炎症を悪化させる恐れがあるため、「低脂肪の食事」を基本にします。
しかしDHAやEPAなどの多価不飽和脂肪酸は炎症を抑えるといわれており、魚にたくさん含まれています。
なので唐揚げやとんかつなどの脂っこい肉料理よりも、魚料理の方が比較的おなかに優しいといえます。

ほかには食物繊維は腸に負担をかけるために控えること、
カレーや香辛料などの刺激物を控えることなどが挙げられます。

歯周病と腸内細菌

なぜ歯周病が腸内細菌に影響を及ぼすの?
歯磨きをする際、ときどき歯ぐきから血が出ていることがあります。とくに虫歯はないし、染みるわけでもないし、たまたま口の中に傷でもあったのかなと思ってほったらかしにしていました。しかし先日歯医者に検診に行ったとき、「もう歯周病が始まっています。治すことはできないから、症状をできる限り食い止めましょう」と言われました。まさか、もう自分が歯周病だなんてと驚きました。しかし歯周病は誰がなってもおかしくない、成人すればかなりの割合で患うものなのだと知りました。しかもこの歯周病は、私たちの腸内に存在する細菌にまで影響を及ぼすらしいのです。

・そもそも歯周病とはなにか
歯周病とは、歯周組織に細菌が感染することによって起こる炎症などの慢性疾患のことです。歯磨きが十分でなかったり、口の中が不衛生であるとそこに細菌が繁殖し、歯肉のあたりが炎症によってどんどん腫れていきます。それが進行すると歯と歯肉の間の溝が深くなり、「歯周ポケット」が形成され、歯が十分に支えられなくなってしまいます。最終的には歯がぐらついて抜けやすくなったり、食べ物が挟まりやすくなってますます虫歯ができやすくなったりします。歯周病は現在、生活習慣病の一つとされ、人類史上最も感染者数の多い感染症としてギネスに認定されているそうです。歯周病を進行させる原因としては「歯ぎしり」「過度のストレス」「喫煙」「糖尿病」などが挙げられます。また、歯周病の症状としては「朝起きたとき、口の中がねばねばして気持ちが悪い」「口臭が気になる」「歯がぐらつく」「以前より歯が長くなってきたように感じる」などがあります。これらの症状がいくつかみられた場合、歯周病を疑って一度かかりつけの歯科医師の診察を受けることをおすすめします。

・歯周病と腸内細菌の関係性
腸内細菌は私たちの健康を支える、なくてはならない存在です。そんな腸内細菌と歯周病、腸と歯ではそれぞれ場所も少し離れていますし一見何の関係もないように思えます。しかし、新潟大学から大変興味深い研究が発表されました。その研究によれば口腔内の歯周病細菌を飲み込むことで腸内細菌叢が変化するとのこと。新潟大学のHPには腸内細菌と全く異なる病的口腔細菌が腸内細菌のバランスを崩し、その結果、腸の浸透性が亢進し、そこから入った内毒素が血流を介して様々な臓器・組織に軽微な炎症を持続させることが歯周病と全身疾患を結びつける有力なメカニズムとして示されたと書かれています。つまり、歯周病を患っていることで腸内細菌のバランスを崩し、さまざまな健康被害を引き起こしてしまうということです。このことから、歯を健康に保つことが腸内の健康を保つことにもつながるということが分かりました。

・歯周病にできること
歯周病はサイレントキラーという異名をもつほど、その初期症状はほとんどないといわれています。そのため定期的に歯科医師に診察してもらいながら、日々丁寧に歯のケアを行うことが大切です。セルフケアとして大切なのは歯間ブラシを使うことできるかぎりストレスを減らすことが挙げられます。歯間ブラシを使うことで、歯ブラシでは磨きにくい歯と歯の間の汚れを落としやすくなります。実際、歯磨きの際に歯ブラシだけでなく歯間ブラシやデンタルフロスを使用した場合には、虫歯になりにくくなるとの報告があります。歯間ブラシやデンタルフロスは現在さまざまな種類が販売されているので、自分の歯に合った商品が見つけられると思います。歯周病により歯ぐきが炎症で腫れている人は、使い始めは歯ぐきからの出血がみられる場合があります。しかし使用しているうちにだんだん出血はしにくくなるので安心してください。また、ストレスを減らすことも歯周病の悪化を食い止める効果があります。過剰なストレスが続くと自律神経のバランスを崩し、免疫力が低下してしまいます。それによって風邪をひきやすくなるだけでなく、歯周病も進行しやすくなります。生きていく上で完全にストレスをなくすことは不可能に近いですが、適度な運動、半身浴、サプリメントなどでできるかぎり対策していくことが大切です。

腸は第二の脳!

腸は第二の脳/森下仁丹

私は、私が食べたものでできている。初回限定30日分約
23%OFF
——————–
人気ランキング定番の乳酸菌サプリ
1.森下仁丹ヘルスエイド ビフィーナS
2.フジッコのカスピ海ヨーグルト乳酸菌善玉菌のチカラ
3.花粉症アレルギー皮膚粘膜の健康維持アレルナイトプラス
4.刺激負けたくない乳酸菌5,000億個アレルライトHyper
5.ヨーグルト100個分の乳酸菌乳酸菌(EC-12)久光製薬
6.楽天総合ランキング1位(5回)ミネラル酵素グリーンスムージー
相性のいい乳酸菌を見つけて健康長寿