乳酸菌

乳酸菌とは?

乳酸菌は乳酸を作り乳酸菌等の発酵に利用されています
糖類やアミノ酸・ビタミン・ミネラルなどを必要とする細菌類です
腸内細菌として人の腸内環境で活躍しており
腸内細菌類のバランスを良好に保ち健康維持に役立っています

ホモ乳酸菌とヘテロ乳酸菌の分類

また、乳酸だけを産生するホモ乳酸菌と
乳酸や酢酸・ビタミンcやアルコールなどを作るヘテロ乳酸菌に分類できます

低PH&乳酸の産生&属&乳酸菌の条件

さらに低PH条件ですこぶる増殖し乳酸を多く作り出し、
酸性による有害菌抑制機能を持つ主な細菌は

  • ラクトバシラス属
  • ビフィドバクテリウム属
  • エンテロコッカス属
  • ラクトコッカス属
  • ペディオコッカス属
  • リューコノストック属

の6属で
グラム陽性/桿菌または球菌/内生胞子なし/運動性=なし/50%以上の乳酸生成/ナイアシン必須要求の6条件を満たす菌類とされています

生育や生息の場所による乳酸菌分類

動物性乳酸菌

動物由来でチーズなど乳発酵食品の乳酸菌

植物性乳酸菌

植物由来の乳酸菌で味噌や醤油など

腸管系乳酸菌

動物腸管内で生育生息する

海洋乳酸菌

耐アルカリ性で好塩性・好アルカリ性の特徴を持つ

食物の乳酸菌

発酵乳製品はヨーグルトなど
発酵植物製品では味噌やキムチ・ピクルスなど

腸管内の乳酸菌

ラクトバシラス属 Lactobacillusと
ビフィドバクテリウム属 Bifidobacteriumは常在細菌として、人間のおなかで善玉菌の活躍をしています
今注目の腸内フローラは腸内細菌叢を意味し、これら腸内常在細菌叢を増殖させることによる健康効果を表現した言葉です

プロバイオテクス

生きた乳酸菌など細菌利用がプロバイオティクス
ただし、生きて腸まで届いた乳酸菌がそのまま長男内で住みつくことはありません
乳酸菌など善玉菌のエサとなるオリゴ糖などがプレバイオティクス

ページの先頭へ