ビフィズス菌とは?
ビフィズス菌はビフィドバクテリウム(Bifidobacterium)属に分類される細菌の総称。

酸素があると生育できない偏性嫌気性菌です。

酸素のない腸内で生息する腸内環境に適した腸内細菌です

ビフィズス菌は、パスツール研究所で1899年に赤ちゃんの糞便から発見されました。

ビフィズス菌は加齢により減少し腸内フローラの腸内環境バランスが壊れ
腸内環境で悪玉菌が増殖しやすくなります
ヨーグルト食品など摂取によりビフィズス菌を腸に届けたくても胃酸に弱い菌は生きたまま大腸に届きにくいのです。
錠剤やサプリでビフィズス菌の摂取して整腸作用や免疫力の効果を期待するほうが菌の働きや作用が腸内環境で発揮でき腸内細菌が活性化されます

すべての動物の腸管には30種類のビフィズス菌が発見されています。

人の腸内から10種類のビフィズス菌が確認されています。

ただし人と動物とのビフィズス菌は異なります。

また人それぞれに生息するビフィズス菌の種類も違った構成になっています。

人間の腸内には1000種類もの細菌が生息しており

その数は1000兆個とも言われるほどなのです。
善玉菌と悪玉菌これら腸内に生息している腸内細菌は、下記の3種類に分類されています。

①人に有用な善玉菌と

②人に有害な悪玉菌、

③その中間に位置する生理機能など未解明な多くの細菌叢(日和見菌)

これら3種類に大別される細菌叢が、それぞれ腸内環境でせめぎあっているのです。

この有用な善玉菌の叢(善玉菌のフローラ)と有害な悪玉菌の叢(悪玉菌のフローラ)のバランスが壊れると健康維持に影響を及ぼしてくると考えられています。

さらに善玉菌でも悪玉菌でもない中間に位置する日和見菌的な細菌叢が、

腸内細菌叢(腸内フローラ)のバランス状態を大きく崩す要因となっています。

悪玉菌と日和見菌のバランスに負けないように

腸内フローラの善玉菌を優勢に保つ必要が健康の大きなカギです。

ビフィズス菌は善玉菌の最も多い有用菌です。

体内に生息しているビフィズス菌は、善玉菌の99.9%も占めているほどです

ビフィズス菌は酸素があれば生育できない偏性嫌気性菌なので、

酸素の乏しい腸管内ではビフィズス菌が極めて優勢なのです。

ビフィズス菌の生息場所は人間や動物の腸管内に主に生息しています

人間の腸内には1~10兆個のビフィズス菌が生息しています

乳酸菌でさえ、ビフィズス菌の1/10000~1/100の菌数に過ぎないのです。
この乳酸菌は糖を分解し多くの乳酸を作ります
また乳酸菌は自然界一般に生息しており、牛乳・乳製品だけでなく
人間や動物の腸管内・漬物などの発酵食品にも生息しているのです

ビフィズス菌は糖を分解して乳酸酢酸などの有機酸を作り、ヘテロ乳酸菌でもあります。

特にビフィズス菌の生成する酢酸の強い殺菌作用が悪玉菌増殖を阻止してくれるのです。

酢酸の強い殺菌作用が腸内環境の善玉菌優勢の状況を維持してくれる重要な働きといえます。

乳酸よりも酢酸は殺菌力が強いので悪玉菌の増殖をより抑制してくれるのです

乳酸菌は乳酸菌を作りますが、ビフィズス菌は乳酸菌と酢酸も作ります

(乳酸菌は乳酸を生成しますが酢酸は作りません。)

この酢酸の効果にに対して酢を摂取したいところですが、

お酢を直接飲んでも、途中で消化吸収されて腸まで届かないのです。

したがって酢酸は腸管内で生成されることが必要なのです。

またビフィズス菌は、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンK、その他葉酸などのビタミンB群を生成します。

ビフィズス菌は腸管内のPHを低下させる善玉菌なのです。

このビフィズス菌は、乳糖やオリゴ糖を分解し乳酸や酢酸を産生しより活性化します。

ビフィズス菌が腸内環境を整えることの体内環境への良い効果は

インフルエンザなどの感染予防から 免疫力アップ・免疫調整作用、

そして便秘対策として便秘改善や下痢症状改善から整腸作用

さらに血中の脂質改善作用である糖質代謝の改善効果など多岐にわたっています。

ビフィズス菌は腸内環境を整えるだけでなく

アレルギー体質・アレルギー症状(花粉症など)の緩和や病原性大腸菌O157の予防など様々な効果が期待されています。

乳幼児に多くみられるロタウイルスの感染性腸炎抑制の可能性の報告もあります。

その他にも、インフルエンザ感染予防、抗腫瘍作用、血中の脂質改善作用などにも期待できるビフィズス菌が研究されているのです。

高脂血症による心筋梗塞や動脈硬化は、コレステロールや中性脂肪の脂質代謝と関連しています。

血中の脂質改善作用もビフィズス菌に期待できる大きな効果です。

 

乳酸菌ビフィズス菌の働きは?

乳酸菌には様々な種類がありますが、ビフィズス菌もその中のひとつです。

善玉菌の代表とも言えるビフィズス菌は、腸の中のフローラを形成する細菌です。

乳幼児が母乳で育っている場合、便の中にある細菌はビフィズス菌を多く占めます。

とりわけ母乳栄養で育つ赤ちゃんの糞便に多くビフィズス菌は存在します。

正常な母乳の栄養を摂取している母乳乳幼児の腸内フローラでは、ビフィズス菌が極めて優勢な状況です。

でも、人工栄養の乳幼児は、大腸菌が多いためにビフィズス菌は減少していきます。

ビフィズス菌の働きは、糖を分解していき、謬さん、酢酸、ギ酸を産生します。

そのため母乳で育つ乳幼児の腸は酸性に傾いているので、大腸菌は増殖していきません。

ビフィズス菌の働きが大腸菌を抑制して、腸内感染症などの死亡率低下の要因となっています。

これらの考察によって母乳による育児が推奨される理由があります。

しかし、最近の市販調整粉乳は、ビフィズス菌の増殖を助けるための物質(ラクチュロース、ガラクトシルラクトースなど)を添加しています。

人工栄養であっても腸内を酸性に傾けてビフィズス菌の増殖サポートをしています。

腸内で悪玉菌が増えると毒素が多く作られ、毒素が腸にダメージを与えてしまいます。

大腸ガンなどの病気の原因ともなるため、腸内での乳酸菌やビフィズス菌を増やすための手助けをしていくことが重要です。

腸内のビフィズス菌を増やすためにも、ヨーフルトなどの乳製品から乳酸菌、ビフィズス菌を取り続ける事で、腸内の状態を整える事ができます。
また、ビフィズス菌も腸まで届かないものもあるため、胃酸で死なないビフィズス菌も盛んに開発されています。

また、食事や乳製品から乳酸菌を取る事が理想ですが、なかなか効率的に摂れない場合もあります。

そのような場合には、乳酸菌、ビフィズス菌などのサプリメントも豊富に販売されています。

足りていない、腸の調子を整えたい方はサプリメントで補う事をおすすめします。

人の腸内に最も多く、人由来の善玉菌であるビフィズス菌

そもそも・・・ビフィズス菌とは何?
ビフィズス菌とは

1899年パスツール研究所のティシエ博士によって、母乳を飲んでいる赤ん坊の糞便から発見された菌が、ビフィズス菌です。
出生直後は全く生息していなかったんですが、一週間後の腸内はビフィズス菌がたくさん存在しています。

離乳食が始まるころから、徐々に減り、青年期に安定します。
その後も徐々に減少します
赤ちゃんの頃には99%以上であったビフィズス菌は
老年期に入るとわずか1%以下にまで減少してているのです。

このビフィズス菌は、乳酸菌の一種ととらえられる場合もありますが、生物学上は分類は異なるようです。
ただ、腸内に住む善玉菌で、整腸作用などから
乳酸菌とひとまとめにされるケースも多いようです。
このビフィズス菌のビフィズスとは、ラテン語で「分岐」という意味です。
これは、菌の形が、分岐した棒状のことが多いので、そう呼ばれているものだと思われます。
また、人の腸内では最も多く住んでいる菌で、成人の大腸に存在する善玉菌ということでは99.9%がビフィズス菌というから驚きです。
その数も、圧巻の1~10兆というではありませんか。その他の乳酸菌は、その10000分の1~100分の1以下というくらいなんです。
それほどまでに差があるんです。
それに、ビフィズス菌と乳酸菌とでは決定的に違うところが何点かあります。
まずビフィズス菌は人や動物の腸内に生息しています。
そして、酸素があるところでは生きてはいけません。
これを偏性嫌気性と言います。
また、乳酸菌は、自然界に、一般の牛乳、乳製品、漬物などの一部の発酵食品、人や動物の腸内に生息しています。
そして、酸素があっても生きていける通性嫌気性と言います。
それだけではなく、もっと大きな違いがあります。
ビフィズス菌は乳酸だけでなく、酢酸、ビタミンB群、葉酸を作り出すのです。
しかし、乳酸菌が作り出すのは乳酸だけなんです。
この違いが、ビフィズス菌が乳酸菌ではないと言われる所以です。

ビフィズス菌が作り出すもの

ビフィズス菌が腸内で作り出す乳酸、酢酸、ビタミンB群、葉酸とは、どんなものなんでしょう。
実は、とっても大事な物です。
乳酸は善玉菌である乳酸菌ならどの種のものでも作り出すことができます。
この乳酸などの酸性物質が腸内を弱酸性に保って腸内環境を整えてくれます。
これが善玉菌の基本の役割となります。
ビフィズス菌だけが作り出す、酢酸、ビタミンB群、葉酸はどんな働きでしょうか?
まず、酢酸は非常に強い殺菌効果があります。
その殺菌効果により悪玉菌の繁殖を抑制します。
もちろん、それだけではありません。
腸の粘膜を保護してくれます。
また、病原性大腸菌Oー157などの予防にも効果があるとされています。
また、酢酸はお酢として飲めるものなんです。
お酢を飲めば良いという考えにもなりますよね。
もちろんお酢は身体に良いものとして、皆さんに定着しています。
しかし、お酢を飲んでも、消化吸収されてしまい腸まで届くことはありません。
体内で作られることが一番良く、役に立ち、効果も大きいのです。

ビタミンB群について・・・ビタミンB群は、生きていくうえでは、欠かせない栄養素です。
人間が人間らしく生きていくうえで必要なエネルギーを作ります。
これは、動植物食品に広く存在している栄養素です。
ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンB12、葉酸などを合わせて言います。
代謝ビタミンとも言われており、相互関係を築き、共同作業が基本となっているため、ビタミンB群と言われています。
因みに、現代社会の悩みの一つ、疲労、筋肉痛、肩こりなどは、ビタミンB群が不足して、乳酸が蓄積することで起こると言われてます。
こんな、ビタミンB群は、身体のあらゆる部分の代謝に関係しているといっても過言ではありません。
その為、これらのビタミンB群が不足すると、脳、心、身体の内外、血まであらゆるところに支障が出てくると言えます。
時には、鬱や心の病に至るまで幅広くかかわっています。
集中できなくなり、成績が落ちるなんてことも・・・
また、葉酸については、葉酸もビタミンB群の一つなんですが、ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンとも呼ばれています。
タンパク質や核酸の合成にも影響力があります。
核酸とは、DNAやRNAのことです。
細胞の核にあり遺伝子情報などを保存したりと、人間の構造上とても重要な部分ともいえます。
このように、身体にとって重要な部分への影響力は計り知れません。
大変大きな役割を担っています。

単なる、ヨーグルトのビフィズス菌が?とも思われるかもしれませんが、元々人の体内に産まれてすぐに定着し、人間の成長にかかわり続けている生き物です。
その生き物が、私たち人間にすごい影響力を持っていることになります。
簡単な説明するだけでは、全く足りない重要なビフィズス菌には、奥深い大きな役割がたくさんありました。

善玉菌の代表格であるビフィズス菌!
自分の為にも長くたくさんのビフィズス菌に暮らしてもらえるように、快適な腸内フローラ腸内環境を提供せねばなりません。
生活習慣の改善や見直しも思っている以上に大事なことです。

もっとくわしく!ビフィズス菌の種類

昨今、さまざまな乳酸菌飲料が発売され、乳酸菌などの腸内細菌は私たちの生活にとても身近な存在になりました。私の周囲にも、毎日かかさず乳酸菌飲料を飲んでいる人は何人もいます。ご存知の通り、私たちの腸内にはさまざまな種類の腸内細菌が住んでいます。それらはおおきく3つにわかれて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」とよばれ、お互いにバランスをとりながら暮らしています。今回はその善玉菌の中に含まれるビフィズス菌について、どんな種類があってどう違うのか説明したいと思います。

・「殺菌力がすごい」「酸素きらい」ビフィズス菌ってこんな菌
ヨーグルトなどの乳酸菌製品に含まれるビフィズス菌は、整腸作用などさまざまな効果をもたらしてくれます。発酵することで糖から“乳酸”“酢酸”“ビタミンB群”を作り出すことができます。またこのビフィズス菌は「偏性嫌気性細菌」と位置付けられており、酸素がある所では生きることができません。そのため、人間の腸内でも酸素がいない大腸に生息しています。乳酸菌とちがうのは、発酵により乳酸菌が“乳酸”を作り出すのに対し、ビフィズス菌は殺菌力のある酢酸やビタミンを生成することができる点です。また、ビフィズス菌が働きやすいように、乳酸菌がサポートをしてくれることもあります。市販されているビフィズス菌製品の容器も、酸素がだめなビフィズス菌のために酸素が通りにくい作りにされています。ビフィズス菌も乳酸菌もどちらも善玉菌でひとくくりに考えられがちですが、形も性格も生物学的にも異なります。

・ビフィダム菌
世界ではじめて発見された、ビフィズス菌の中でも代表的な菌です。正式名称をビフィドバクテリウム・ビフィダムといいます。この菌は胃酸に強く、生きたまま腸まで届く強い菌です。整腸作用のほかにも、食中毒の原因菌の増殖を抑えてくれるといわれます。また、胃粘膜にある物質に吸着して、粘膜の保護役としても働きます。それにより胃がんの原因とされているピロリ菌の抑制や、さまざまな胃の病気までも予防してくれます。また、ピロリ菌による胃の不快感、むかつき以外に、消化管が原因とされるストレスの軽減にも効果があります。ストレスを感じた際に上昇するコルチゾールが、ビフィズス菌を継続的に摂ることで低下するそうです。

・ブレーベ菌
正式名称をビフィドバクテリウム・ブレーベといいます。このブレーベ菌を使用することで酸味のある製品に仕上げることができるので、ヨーグルト、ヤクルトなどの一般的な乳酸菌製品に多く使用されています。またこの菌は赤ちゃんの腸内に多く住んでいるといわれています。そしてこのブレーベ菌は特にアレルギー症状に対して効果が高いそうです。継続的にブレーベ菌を摂ることでアレルギー症状が緩和されるだけでなく「がん予防」「潰瘍性大腸炎」にも効果があるそうです。

ロングム菌
正式名称をビフィドバクテリウム・ロングムといいます。ヨーグルト、サプリメントなどの多くの乳酸菌製品に使用されているとてもポピュラーな菌です。日本人の腸内に常在しており、子供の時から大人になるまで一定の割合で生息しています。効果として「整腸作用」「コレステロールの低下」「免疫力の向上」などが挙げられます。またこのロングム菌は生きたまま腸に届きやすいだけでなく、長く腸内に留まりやすいため、その効果がより長く続くことが期待されます。

・アドレッセンティス菌
正式名称をビフィドバクテリウム・アドレッセンティスといいます。この菌は「動脈硬化の予防」に高い効果があるといわれています。動脈硬化は増えすぎたコレステロールにより血管の内腔が狭まり、心臓に負担がかかりさまざまな不調が出ます。この菌を継続的に摂ることで、整腸作用だけでなく血管の健康にも気を配ることができるのです。

・インファンティス菌
正式名称をビフィドバクテリウム・インファンティスといいます。この菌はビフィズス菌の基準種にされています。効果として花粉症などの「アレルギー症状の改善」「整腸作用」「腸管出血性大腸菌による病気の予防」などが挙げられます。

ビフィズス菌について2

「おなかの調子を整えると健康にいいし、肌もきれいになるんだよ」と聞いた学生時代の私は、ビフィズス菌配合のヨーグルトをよく食べていました。おなかの中から私たちの健康を支えてくれる存在である「ビフィズス菌」。
腸内に存在する菌としては乳酸菌も有名ですが、その違いっていったいなんでしょう?
また、どんなときにどんな目的でビフィズス菌を摂るといいのか。
今回はビフィズス菌について少し掘り下げて説明していきたいと思います。

・そもそもビフィズス菌ってどんな菌?
ビフィズス菌はいまからおよそ100年ほど前に、こどもの糞便から見つかったのがはじまりです。
菌はYの字のように枝分かれした形をしており、その特徴からラテン語で(二又の)という意味のビフィズスと名付けられました。
ビフィズス菌はすべての動物の体内に存在しています。
母乳に含まれる糖類がビフィズス菌にとって大好物なため、母乳で育ったこどもは腸内に存在する細菌の中でもビフィズス菌が特に多いといわれます。
生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど菌を持っていませんが、生活していく中でどんどん増えていきます。
つまり赤ちゃんは生後5~7日目には腸内細菌の大部分をビフィズス菌が占めているのです。
お母さんの母乳で育った赤ちゃんのビフィズス菌は約90%です。
母乳やミルクを飲む期間では赤ちゃんのビフィズス菌は優勢になっています。

しかし、年を取るにつれて今度は減少していくようになっていくのです。
また、このビフィズス菌は現在30種類以上に分類されています。
人の体内に見られるものとしては「ビフィダム菌」「ブレーベ菌」など数種類があり、これらは人によって持っている種類や数が異なっています。
またそれぞれで作用も異なり、たとえばブレーベ菌はアレルギーに対する効果があるといわれています。

・ビフィズス菌と乳酸菌ってどうちがうの?
便秘解決なら(ビフィズス菌)
(ビフィズス菌)(乳酸菌)のこの2つの言葉はよく聞きますが、その違いをご存知でしょうか。
なんとなくどちらも腸にいい菌と思っている方も多いかと思います。
たしかにどちらもヨーグルトや乳酸菌製品などに使われていて、腸内環境を整えてくれる効果がある善玉菌といわれるものの一種です。
その両者の違いとして、まずその数にあります。
ビフィズス菌は私たち人間の腸内に住んでいる菌の9割以上にものぼり、乳酸菌よりもはるかに多いのです。
そして乳酸菌は自然界においてさまざまな場所で生息しやすいのですが、ビフィズス菌は酸素の存在する場所では生きることができません。
なので乳酸菌は小腸にも大腸にも見られますが、ビフィズス菌は酸素の届かない大腸にだけ生息しています。
また、2つの菌は作り出すものにも違いがあります。
どちらも糖を分解してそこから乳酸を作りだします。
そこでビフィズス菌はさらに乳酸のほかに(酢酸)(ビタミン)も作ることができるのです。この酢酸というのが、ものすごい殺菌作用を持っているのです。
この酢酸の殺菌作用により、大腸に生まれた悪玉菌(便秘の原因)をやっつけてくれるのです。
つまり、ビフィズス菌の方が乳酸菌よりも人間の体に合っていて数が多く、殺菌作用も強いということになります。
小腸は免疫機能を担っているので、免疫力を高めたい方は小腸に住む乳酸菌を。
大腸は排便を促すので便秘に悩んでいる方はビフィズス菌をとることをおすすめします。

・ビフィズス菌はどうやったら増えるのか。積極的に菌の好物を摂ろう
ビフィズス菌は免疫力を高めたり便秘改善に効果があります。
しかしこの菌は年齢を重ねていくごとに減少してしまいます。
そうなると定期的にビフィズス菌を体内に入れたいのですが、それにはどのような方法があるのでしょうか。
その方法とは、ビフィズス菌の大好物なものを摂取し、増えるよう働きかけることです。この菌の好物は糖類なので、「オリゴ糖」「乳糖」がおすすめです。
ほかには「食物繊維」が挙げられます。
ごぼうはオリゴ糖や食物繊維も豊富ですし、胃で消化されないため生きたまま大腸まで届きます。
乳糖はヨーグルトやチーズなどに含まれます。
これらの食べ物は簡単に手に入りますし、値段も高価でないので積極的に摂っていきたいです。