ビフィズス・乳酸菌といったおなかの調子を整えてくれる有用菌が
生きたまま小腸から大腸といった腸にまで届けてくれる
機能性表示食品ヘルスエイドビフィーナは安心・安全です
ヘルスエイド ビフィーナはサプリ選びのポイントで選ばれる乳酸菌サプリにNo.1の乳酸菌サプリとして人気です

ビフィーナSやビフィーナR・ビフィーナEXなどヘルスエイド ビフィーナシリーズは多彩なバリエーションが用意されているので、
好みの乳酸菌数によって選べます
口コミの評価を見るとビフィーナSとビフィーナRで効果の違いはないとの意見もあります

今女性の健康管理におすすめの腸活でも

大好評の腸活サプリとして、健康なお腹の腸活愛用者の口コミでも好評です

そもそもビフィーナの名称はヘルスエイド ビフィーナSとして親しまれており

その期待される効果は腸活と大きな関係があります

ビフィズス菌が腸内で産生する酸性の乳酸がおなかの腸壁を刺激し蠕動運動をスムーズにしてくれるのです

つまりビフィーナ➡ヘルスエイド ビフィーナSはおなかの腸内環境、腸内フローラを良好にし便通を改善する機能性表示食品なのです

初回限定で23%OFFのお得な特別価格で購入はこちらから森下仁丹のヘルスエイド® ビフィーナS(スーパー)できます
ヘルスエイド® ビフィーナS(スーパー)には、生きているビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれています
便通を改善する機能があるとして報告され、腸内フローラーを良好にするビフィズス菌(ロンガム種BB536)に期待できます
ヘルスエイド ビフィーナSは連続シェアNO1

  1. 乳酸菌健康食品部門で20年連続シェアNO.1 ※1
    ※1 出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 1998~2017」
    機能志向食品編整腸効果乳酸菌メーカーシェア(1996~2015年実績) ビフィーナシリーズ全体での売り上げ(旧商品も含む)
  2. 販売実績累計1,000万個突破
    愛用者数96万人 ※2

    ※2 旧商品も含めた1993年~2016年12月31日までのビフィーナRシリーズ愛用者・販売累計(森下仁丹調べ)

ヘルスエイド® ビフィーナS(スーパー)

ビフィーナSっとはそもそも何?
そんな方も多いですね
ビフィーナSについて基本項目を解説!

ビフィズス菌は健康な人の腸に棲んでいる有用菌です

腸内フローラ・腸内環境には数百から1000種類
数にして約100兆個の細菌が住んでいます

こういった腸内に棲んでいる細菌群の生態系が腸内フローラと言われているのです

中でもビフィズス菌は加齢とともに少なくなっています
年齢を重ねるビフィズス菌は減少します

あかちゃんで生まれた時には、ビフィズス菌は腸内細菌の99%以上を占めていいました

青年期になる頃あたりから少しずつ減少し始め

成人では約10%に減少し

60歳の還暦になる頃には1%以下という率までに減少してしまいます

もちろんビフィズス菌の減少は加齢だけが原因ではありません

食生活の乱れ、食物繊維不足から運動不足や過度のストレスなどでもビフィズス菌は減少してしまいます

腸内環境の腸内細菌バランスが壊れてしまうのです

腸内環境のビフィズス菌が増えると
ビフィズス菌が産生(作り出す)する乳酸や酢酸など有機酸が作り出される全体量が
腸の腸管の中で増え領内フローラーが良好状態となるのです

その結果、蠕動運動が腸管内で
有機酸によって促進されることになり
蠕動運動の促進が便通を改善するのです

つまりビフィズス菌が増加すれば活発な腸の蠕動運動になるのです

ビフィズス菌が生きたまま腸に届くのはなぜ?

人の胃は強い酸性です

 

強い酸性PH1.2の人口胃液の中で生存できる

ビフィズス菌の生存比率は0.00007%以下という確率です

ほぼ死滅してしまうのです

 

森下仁丹開発のダブルプロテクトカプセルは耐酸性の3重構造です

耐酸性3重構造のカプセルがビフィズス菌を胃酸から守ります

カプセルに入ったビフィズス菌の生存率は約90%

耐酸性3重構造のダブルプロテクトカプセル入りのビフィズス菌(ロンガム種BB536)の

人口胃液中での生存率は約90%に達しています

つまり生きたままビフィズス菌が腸の中まで到達できるのです

※ビフィズス菌は森下仁丹のカプセル原料であるBifidobacterium longum BB536株を使用しています
★ビフィズス菌を人の空腹時に相当する胃液とおなじ濃度の人工胃液(pH1.2)中に入れ、2時間経過後のビフィズス菌の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格「ビフィズス菌」による定量法によって測定して、生存率を算出しています
(仁丹バイオファーマー研究所調べ)

学術論文の研究レビューは?

公表中の学術論文調査で、変化が現れた人試験に直目したのは

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を食品摂取に関すること

その中で分かったことは

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)の食品摂取により

人の腸内フローラとか便回数に関して

ざまざま色々な変化が出ることがわかりました

排便回数の変化について

 研究レビューで20億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)

20億個ものビフィズス菌(ロンガム種BB536)を含む食品取において、
対照食品群で
8.4±0.4回/14日でした排便回数が
9.6±0.6回/14日に有意に増加した
という内容が報告されています

平均値±標準誤差, * <0.05
被験者は:21歳から45歳(平均年齢31.6±7.2歳)までの便秘傾向者55名(男性12名、女性43名で重度の便秘症を除く)のうち週あたりの排便回数が2~5回の人48名
摂取期間は:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を20億個含む食品または対照食品を2週間毎日摂取)した期間
清水(肖)ら, Japanese Journal of Lactic Acid Bacteria, 18(1),
31-36, 2007 から改変

腸内フローラ変化について

20億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)含ん食品摂取で、
対照食品摂取時に
9.7+0.3回 log10/g fecesであった糞便中Bifidobacterium(ビフィドバクテリウム)属菌の菌数が、
9.9+0.3回 log10/g fecesに有意に増加し、
さらに占有率も、対照食品摂取時に34.4±19.2%に有意な増加が報告された。
(平均値±標準偏差)

値は平均値で示した,*p<0.05
被験者:健常女性11名
摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を20億個含む食品または対照食品を2週間毎日摂取)
Yaeshima et al., Bioscience Microflora, 16(2), 73-77, 1997 から改変

便のアンモニア量の変化について

50億個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)を含む食品の摂取で、
摂取前に比べて糞便中のアンモニア量が、33.3±16.1μmol/g feces
→24.5±9.2μmol/g fecesに有意な減少が報告された。

ビフィズス菌サプリの口コミって?

ビフィズス菌サプリの口コミを見ると
それなりの効果が期待できそうですね♪

とっても飲みやすいとか
効果は劇的でないけど、
お通じは最高に良くしばらく様子を見たい
夜に飲んで寝ると翌日の昼頃には効果がある気がする
毎日飲んでいると快腸で自然なお通じ
非常に調子がいいので人にも勧めたい
便通を改善する働きがあり快適
飲んでみると腸内環境が良くなった感じがする
使ってみて初めてよわがわかり腸の調子がとても良い
便とか腸での悩みに飲んで損はないと思う
腸内フローラは内側から整えなくてはと思いネット評価の高かったこちらを注文
快便ではなかったが2週間ほどで徐々に効いてきて無理なくなってきたようだ
飲み始めて体調がよく腸内環境って大事です
よいと思うときもあるし効いているのかと思うこともある
毎日一袋3ヶ月続けほぼ快調