産後の女性に乳酸菌がおすすめの理由とは?

私の好きなマンガの中で、主人公の母親が息子に対し「子供が生まれて育つのは、当たり前のことではないんだよ」と過去を振り返るシーンがありました。
妊娠して出産するというのは、命がけのことです。
小児医療の発達した日本でも、さまざまなトラブルによって赤ちゃんが死んでしまうことがいまだにあります。
母親側も妊娠中のトラブルから産後のホルモンバランスまで、体にいろいろなことが起こる変化の時でもあります。
自分ひとりのことなら多少は雑に扱うこともありますが、赤ちゃんのためにできることは何かないか、
お腹の子のためには何を食べればいいのかをいつも考えていると思います。
乳酸菌などの善玉菌を摂ることは、産後の女性にとってもさまざまなメリットがあります。

乳酸菌で産後女性の便秘を予防

・産後に多い便秘を予防できる

産後の女性を悩ませるものとして「便秘」があります。
なぜ産後は便秘になりやすいのでしょうか?
産後は赤ちゃんに母乳をあげるために水分が失われがちです。
大人の体の60%は水分でできているといわれますが、この時期は特に水分補給が必要になってきます。
しかし赤ちゃんのお世話や悪露や体調不良などで水分を十分に摂れないことが多々あります。
また、産後3週間ほどはあまり動かずに寝て過ごすことが大切だといわれます。
「産後の肥立ちが悪く…」という言葉がありますが、産後に無理して動き回ると「子宮脱」「直腸脱」といった症状が起きてしまうことがあるのです。
このことからも、産後しばらくは寝て過ごすことが重要になりますが、それによって運動不足となり、便秘の原因になるそうです。
かといって授乳中は便秘薬などの薬にも頼りたくありません。
そんなときには乳酸菌を摂ることをおすすめします。
乳酸菌は腸内環境を改善し、ぜん動運動を促して便通をよくしてくれます。
乳酸菌は納豆やキムチ、つけもの、甘酒などの発酵食品に多く含まれます。
また、授乳中でも飲むことのできる乳酸菌サプリメントもたくさん販売されており、外出しずらい時でもネットで注文できるのでおすすめです。

・痔の症状の改善

いまや日本人の3人に1人が痔を患っているといわれ、国民病になるのではといわれています。
とくに女性は痔になりやすく、妊娠出産もそのトリガーの1つといわれます。
妊娠時には大きくなった子宮に圧迫された肛門部の血液循環が悪くなり、それが痔の原因になることがあります。
また出産時にいきみ過ぎることで肛門部をうっ血させ、痔になりやすくなるといわれます。
産褥期(出産からもとの体の状態に戻るまでの期間)の女性が乳酸菌製品を摂ることで、痔の出血量が大幅に改善されたという報告があります。
また、痔の再発や悪化を防ぐには体を冷やさないことが大切です。
腸内環境を整えると代謝が良くなるため、冷えの防止にもなります。

・赤ちゃんの便秘改善や免疫力の向上に

授乳中の母親が乳酸菌製品を摂っていると、母乳を通してその栄養が赤ちゃんへ運ばれ、便秘の予防や免疫力の向上などの効果が得られるとの報告があります。
赤ちゃんが泣き止まない原因として、おなかの調子が悪く気持ちがすっきりしないというものもあるそうです。
また、免疫力を高めておくことで、細菌やウイルスに強い体を作ることができます。
「母乳で育った赤ちゃんは病気になりにくく健康に育つ」といわれることがありますが、これは母乳によって乳酸菌などの善玉菌を体内に摂りいれることで便秘や下痢、感染症を予防することからきていると思われます。
体内の善玉菌が不足すると腸内トラブルや花粉症、アトピーといったアレルギー症状も出やすくなるといわれます。
お母さん自身が腸内環境を整えることが、赤ちゃんのこれからの健康に深く影響しているのです。

ヨーグルトで少しは便秘を解消

この記事を読んでくださっているあなた、便秘に悩んでいませんか?
もう何日もお通じがない…お腹が張って苦しい…という方、多いのではないでしょうか。

そんなあなたへの救世主がヨーグルトかもしれません!
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境をととのえ便通をよくしてくれることは、
おそらく皆さんご存知でしょう。

そこで今回は、体質や普段の生活リズムに合わせたヨーグルトの食べ方を二つご紹介します。

一つ目は、食事の後にヨーグルトを食べる方法。
ヨーグルトの食べ方はちまたにあふれており、
空腹時に食べるのがよいという話を目にしたことがある方もいらっしゃるのでは?

しかし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃酸に弱く、
空腹時に食べると腸まで届かないこともしばしばなのです

。そこでおすすめなのが、
食事の後にヨーグルトを食べるということ。

このタイミングであれば、
胃の中にある食べ物によって胃酸の濃度が薄まり、
乳酸菌がより多く腸に届きやすくなるんです。

二つ目が、夜にヨーグルトを食べる方法。
お肌のゴールデンタイムがあることはご存知ですよね?

それと同じで、
なんと腸にもゴールデンタイムがあるんです。

その時間帯とは、
お肌のゴールデンタイムと同じ午後22時〜午前2時。

この時間は腸の動きが活発になるため、
腸に届いた乳酸菌の善玉菌もよく働くそう。

便秘の解消に役立つだけではなく、
美肌やダイエットにも嬉しい効果が期待できます。

おまけの情報として、
さらに効果的な食べ方を付け加えておきますね。

それがヨーグルトを温めて食べる、ホットヨーグルトです。

え!?ヨーグルトって要冷蔵で普段は冷たいのに、
温めちゃって大丈夫?と驚かれる方も少なくありません。

でも実は、温めるることでヨーグルトの中の乳酸菌がより活発に働くようになり、

便秘の解消にもっと効果が出るんです。

そんなホットヨーグルトの作り方は、とっても簡単
。耐熱容器に入れ、
電子レンジで30〜40秒ほど加熱して、
人肌ほどの温かさになるのを待つだけです。

あとは美味しくいただきましょう。

といっても、温かいヨーグルトをそのまま食べるのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
そんなときは、はちみつをたらしたり、
ナッツやドライフルーツを加えるのがおすすめです。
食物繊維や栄養分もアップして、ヨーグルトを単体で食べるよりもさらに効果が出ること間違いなし。

さて、いかがでしたでしょうか?
あなたに合ったヨーグルトの食べ方で
美味しく楽しく便秘を解消してみませんか?

少しは便通も良くなるかもしれませんよ♪

便秘解消

便秘解消のために心がけたいこと
便秘解消を考えたら、やはり、普段の食生活を振り返ることが大切だといえます。

たとえば、便秘がちな人は、野菜や海藻などの摂取が少なくて、食物繊維が足りないことが多いです。

普段の食事から、野菜や海藻を多くとるようにするといいでしょう。

また、乳酸菌飲料やヨーグルトなども、便秘の予防や改善には役立つといわれています。

こういったものについても、日常生活に取り入れるといいでしょう。

さて、便秘で苦しい思いをしていると、つい、便秘薬に頼りたくなってしまいます。

しかし、便秘薬というものは、お腹が痛くなったりして、逆効果であることもあります。

そんなことから、便秘薬に頼らない方法も考えるといいでしょう。

たとえば、野菜ジュースやトマトジュースというものは、食物繊維を手軽に摂取することができます。

便秘がちだなあと思ったら、このような飲み物を飲んでみるのもいいでしょう。

また、青汁なども便秘解消に効果があります。

今では、青汁も飲みやすいタイプのものが多いです。

そして、便秘解消の効果も期待できます。

青汁についても、試してみる価値はあるといえます。

このように、食事などを見直すほかに、運動不足などの改善も、便秘解消には効果があります。

年齢が進むにつれて、腹筋の力は弱まってきます。

そして、便秘しやすくなってきます。便秘の予防や改善のためには、
普段から、歩く機会を増やすなどして、積極的にからだを動かすことが必要です。

たとえば、毎日、ウオーキングをしたりするのもいいです。

一日中座りっぱなしだったりすると、
便秘がちになりやすいと思ってもいいでしょう。

そして、家事や通勤などの時間の間に、
からだを動かす時間を増やすように心がけることが、
便秘の予防や改善につながるのです。