おなら 止まらない悩み解消したい

おならが臭い

おならはガス!

おならがよくでる 、おならが止まらないと思う事って結構多いんですね・・・

おなら 多い のは口から飲み込んだ空気の場合と

腸内環境の悪化による悪玉菌が生成する有害物質や腐敗物資の腐敗臭のガス発生量が多い場合などがあります

 

腸内から悪臭あるガス発生が急激に増加する腸内環境の急激な悪化ならすぐに医療機関での受診が必要です

おならがよく出る 、おならガス発生量の異常は何らかの疾患の疑いを持つべきでしょう

早く病院に行きましょう!

逆に口から入る空気量が多すぎるケースは生活習慣、よく咀嚼するなど根本的に生活習慣を見直す必要があります

いずれにせよ便秘死亡した若い女性の報告もありますから

腸内環境の重要性を十分認識し

おならがよく出る 病気が隠れているのかもしれません

おならが臭い原因は大腸の悪玉菌が生産した有害物質やアンモニアなど

腸内細菌バランス崩れや異常な便秘

過敏性腸症候群IBS~様々な病気があります

安易な判断や油断は禁物です

早期に医療機関での受診・相談が健康維持に不可欠なのです

お腹の調子が悪い…それは腸内フローラが原因かも!?

便秘や下痢がひどい。オナラも臭う…。
こういった症状を体験した人は少なくないと思います。

日本人は元々胃腸が弱い人種だと言われていますが、
もしかしてそれは腸内フローラや腸内環境の乱れが原因かもしれません。

腸内フローラとは、人間の腸内に生息している様々な菌を顕微鏡で見た時に、
植物が広がりお花畑のように見えることから名付けられました。

私たちの腸内に生息している細菌の数は数百種類100兆個以上と言われています。

代表的な細菌としては、乳酸菌やビフィズス菌等の善玉菌、腸内で有害物質をつくり出すブドウ球菌等の悪玉菌、どちらにも属さない大腸菌等の日和見菌の3つです。
腸内環境の理想的なバランスは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割と言われています。

健康な人の腸内は悪玉菌より善玉菌が多く、悪玉菌の繁殖や活動を抑える役目を担っています。
ただ、ストレスや生活習慣の乱れ、年齢を重ねる事で善玉菌のバランスが崩れ悪玉菌が増えてしまうとお腹の調子が悪くなったり、様々な内臓に悪影響が出てしまいます。

といっても、善玉菌と悪玉菌の割合は1割しか変わりません。
たった1割の割合でお腹の不調に影響するのか?また腸内菌の半数以上を占めている日和見菌はどういう役割をするのか?
という疑問があがります。

日和見菌は、普段は善玉菌にも悪玉菌にも属さない細菌です。
しかし、悪玉菌の繁殖に同調し活動してしまう為、悪玉菌が増えてしまうと日和見菌が悪玉菌の手伝いをしてしまいます。
その結果、悪玉菌が大量に増殖してしまい、お腹の不調に繋がるのです。

悪玉菌優勢の腸内になってしまうと、お腹の不調はもちろん、肩こりや糖尿病といった成人習慣病を引き起こす原因にもなりかねません。
食事や生活習慣を意識したり、乳酸菌サプリ等を飲んだりする事腸内フローラや腸内環境を整い、お腹の不調が改善されるかもしれませんね。

病院で異常なし・疾患がない、と判明後!

日頃の健康維持に適した生活習慣や食生活・適度な運動などに注意を払い

腸内環境の腸内細菌バランスを整え

腸内の有用菌を活性化させ増加させる必要があります

有害菌である悪玉菌比率を減少し

善玉菌を増やす・・・

善玉菌2:悪玉菌1の理想的な腸内環境バランスを維持しましょう