便秘とは
排便が3日以上ない
毎日排便があっても残便感がある

腸内に便が長時間滞留することで、便の水分が吸収され排便が困難になる状態
排便回数はクリアだけど毎回硬い便のため排便が大変な時
便秘だって勝手に思い込主観的便秘もあります

便秘による症状
お腹が張ったり食欲不振から肌荒れなど様々な症状があります
要は、おなかの腸内フローラのバランスが壊れ腸に食べかすなどの腐敗物が滞留すると悪玉菌が有害物資産生します
有害物質は血管を通して全身へ運ばれることになるのです

お腹のハリは、腸内環境の乱れから!
悪玉菌の増殖するとガスが異常発酵などにより発生しやすくなります
便秘などにみられる腸壁のぜん動運動機能低下により
腸内にガスが滞留し体外に排出されないとお腹が張ったり腹部膨満感の状態になります
また呑気症と言って空気を食事時などに多くの見込み過ぎるとおならやゲップの原因になります
ストレスや医療運動機能低下も要因です
十分に咀嚼しないで食事を飲み込むタイプや早食いが原因でもあるのですね・・・

長年の便秘を解消したい

長年の便秘を解消したい悩み、便秘解消・お腹スッキリにどうすればいいのでしょうか?
便秘解消は便秘薬や下剤に頼り過ぎるより乳酸菌の力で便秘を改善する方法がおすすめです!
特に女性の便秘には便秘薬より食べ物で悩み解消できれる方法が一番のおすすめです!
もちろん妊娠中便秘の解消には食べ物やお茶などを利用した方が一番安全で安心でしょうね!

大切なのは毎朝朝食をキッチリ食べ便意が自然と朝に感じれる生活習慣を身に付けましょう
また食べ物は繊維質の多い野菜や豆類・海藻類・芋・果物類を摂取しましょう
便のかさましをする食物繊維は排便を助けお通じもスムースになります
水分も十分に取ることで腸で食物繊維の移動を容易にしてくれます
野菜類や豆類の食物繊維が有害物質を吸着し体外に排出する役割も担っています
便秘を解消には適度の運動も必要です
排便を促す運動により腸への刺激が高まり
朝の水分や食物繊維摂取により排便の生活リズムも確立されます
腸が刺激され排便を促す生活習慣を作ることが大切です

ところが女性に多い出産を機にして便秘がちになったケースなどで、

最初は便秘薬を少し飲めば効果が出るのですが

長期間の服用となるとどうしても、薬に頼りがちになり服用する量が増えてくることが問題なのです。

もちろん少しだけなら便秘薬の利用も効果的という事ですが・・・

例えばアントラキノン系の下剤を便秘が原因で長期服用すると、

下剤がないと便が出ない体質になってしまう恐れがあります。

もちろんどうしても便が出にくい時に利用するのであれば、問題ないですが、長期間にわたって飲む下剤の量を増やして飲み続けることは良くないのです。

お腹の便秘の状態によっては、各種病気が隠れていることもあるので、お腹の変化を感じたときには、消化器内科への早めの受診が好ましいと言えます。

便秘の原因が腸内環境のバランスの乱れにあり、

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が減少しているときは、

乳酸菌サプリで乳酸菌を生きたまま腸まで届けましょう!

お腹の腸内環境の状態は、善玉菌と悪玉菌との比率が2:1であることが好ましいのです。

乳酸菌を選ぶポイントは、価格と個人差による最適な乳酸菌種類を見つける必要があります。

ただし、腸内細菌数は1000兆個、その種類は1000種類とも言われています

2~3種類試したところで自分の適性と乳酸菌種が当たる確率はそれほど高くないとも言えます

結論から言えば、一番人気があり、長期間利用されている乳酸菌サプリから試してみるのも、同じ長い腸を持っている日本人なら長年引用され便秘に効くと評価されている乳酸菌サプリから順に試してみる方法が王道かもしれません!

そして腸内環境の善玉菌バランスの状況を知る一番確実で手っ取り早い方法は、自分の便を観察することです。

いわゆるスルット綺麗なバナナ便が見れれば、まず善玉菌バランスは適切である可能性は高いと言えます。

逆に異常なほどの便秘なら消化器内科に駆け込むべきです。

ただし乳酸菌による便秘解消には即効性がある場合もありますが、1~2週間様子を見て変化がみられるなら、それなりに善玉菌バランスが改善される兆候かもしれません。

自分のお腹の声とウンチの状態をよく観察することが大切なのです!

Q&A

便秘と便秘薬や下剤
便秘薬や下剤に頼る便秘解消法は、腸を活性化させ蠕動運動による排便や水分を与えウンチ排出に期待するタイプです。
ダイエット・ストレスなど摂食障害(拒食症や過食症)による下剤乱用や長期間の服用の腹痛や便秘の悪化・痙攣動機やむくみ・不整脈・痙攣は早急に消化器内科等を受診すべきです。
乳酸菌サプリや和漢生薬(熊胆・牛胆など)でも便秘が改善されない場合も早めの消化器内科受診が望まれます!

大便の形状・種類

大便の形や種類は大きく分けて7つ
コロコロ便
固い便
やや硬い便
普通便
やや柔らかい便
泥状便
水様便

機能性便秘と器質性便秘

機能性便秘・・・便や排便に障害や問題がある
弛緩性便秘・・・高齢者の筋力低下や女性の運動不足など慢性的に腸が垂れたような状態も

痙攣性便秘・・・下剤乱用など、ひきつったような腸の運動になり便通が悪く通りにくい状態
直腸性便秘・・・浣腸の使い過ぎなどの原因で直腸の排便反射が弱まっている為

器質性便秘・・・腸の通過障害・排出障害で起こる便秘
がんや手術後の癒着・炎症など
嘔吐や出血・腹痛など急性器質性便秘もあり直ちに病院受診が必要です

すくすく子育て「赤ちゃん・子どもの便秘」nhk

2016年6月18日 土曜 NHK Eテレ番組紹介です
nhk番組すくすく子育て6/18は 赤ちゃん子どもの便秘がテーマで放送されました
子供の便秘が気になりますが・・・
家庭での便秘対処から予防とか改善・・・そして受診まで子供赤ちゃん便秘のなぜがわかる?
ぜひ見たい番組ですね・・・詳しくはテレビ番組をご覧下さい!

子育て初めてのママ、
消化いいはずの離乳食で便秘になる赤ちゃんってなぜ?
生後早い赤ちゃんなら2か月ですでに便秘って?
理解できないので余計に心配になりますね・・・

お腹の張った赤ちゃんの機嫌が悪い上に食欲もありません
でもスムーズに排便してくれるなら大丈夫でしょうが
便が硬く出血などがあればすぐに受診する必要がありますね・・・

現実には、、ミルクを変えたり、水分不足を解消し、適度な運動をしてあげると
結構機嫌よくなったりしたものですが・・・
綿棒浣腸も懐かしいですね・・・
もっともこう言ったことは経験者になると普通になってしまいます・・・

今回、nhkで赤ちゃん・子どもの便秘について
専門家による家庭でできる便秘対策や予防改善など
子育てママが、なぜって思っている赤ちゃんの便秘について解説があるので
楽しみにしてテレビ番組を是非見ましょう!

番組内容です

番組冒頭で便秘に悩むお子さんは5割もいるという事
良い排便にはバランスの良い食事
何日出ないと便秘?
週に2日以下なら便秘になるそうです
毎日排便していても硬くてコロコロなら注意!

  • ウンチが苦しそうに排便
  • おならやウンチくさい
  • お腹が張って固い
  • 機嫌が悪い
  • 食欲無し
  • 授乳して戻すことが頻繁

これらが頻繁なら受診を!

 

綿棒刺激?・・・これでいいの?
問題ないそうです
肛門を刺激しているだけだから

離乳食始まる前から便秘はある

子供さんがトイレに行きたくなる絵本の紹介もありました
みんなうんち
ノンタンおしっこしし
ぼくうんち
うんこちゃん・・・など

便秘解消の暮らしの中の秘訣!

便秘が続くと吐き気がしたりおなかが圧迫されてくるのでイライラしがちだったりと心身ともに辛いものですよね。

出来れば毎日1回スムーズにスッキリできたらどれだけ良いか。

そんな便秘を暮らしの中で解消するコツを、お伝えしようと思います。

一番簡単な便秘解消方法は、乳酸菌サプリを摂取すること

でも乳酸菌サプリになじみのない方は、
自分でまず運動をすることで腸内フローラを整えることが重要ですね

最初におススメしたいのは「お尻歩き」です。
お尻歩きとは畳やカーペットなどで前に両足を出した状態で、
そのまま前に進む、お尻で歩くというものです。

私はこの、お尻歩きを夜気がついた時寝る前などに前に10歩後ろに10歩の1往復だけするように心がけてます。

これをする時には腕もウォーキングと似たような腕の振り方をしながら行うとより効果が期待できます。

このお尻歩きを毎晩するようになってから次の日の朝に便がでるようになりました。
これだけでも本当に便秘のストレスが減ります。

ただ気をつけたいのが便意を感じお手洗いへ行っても、
なかなか出せない時ってたまにありますよね。

そんな時ずっとお手洗いへいるというのはできれば避けたほうが良いです。

お尻に負担がかかって痛めてしまいます。

便秘に重なって痛みも・・なんてなったらストレス倍増です。
少し頑張ってみてダメな時には一旦お手洗いから出たほうが良いですよ。

それと毎日みなさんはいるであろうバスタイム。

忙しい方などはシャワーだけで済ませてしまう方も多いと思います。

けれど時間を作ってでも毎日とは言わないので休日だけでも湯船に湯を張って体をつからすことをおススメします。

湯船に入ることで体もリラックスできて排便リズムが上手にまわり始めます。

なによりお尻を温めることもできるので便が出やすくなるというメリットもあるんですよ。

お尻歩きも湯船につかる時間もない!
とういう方は寝る前にあおむけの状態で両手で自分が心地よく感じられる程度にお腹周りを優しくさすったりなでたりしてみてください。

リラックスもできますし出来ることから少しずつ習慣にして行っていくうちに自分の身体の変化が期待できると思います。

便秘 サプリ

腸内環境で乳酸菌が増えると善玉菌が腸内細菌のバランスを改善します
大腸の整腸作用がうまくいくと悪玉菌が減少することにより
有害物質を生成する有害菌が少なくなり
有害物質やガスの減少なども伴い
善玉菌が活性化して腸管のぜん動運動も活発化し
便秘も改善されます
有用菌である善玉菌の乳酸菌の便秘サプリは、
腸内環境のバランスを整えます

「乳酸菌は便秘に効く」の注意点

乳酸菌が便秘に効く、
ということは一般的に知られていることですよね。
腸内環境を整えるためにヨーグルトなどを摂取している人は多いでしょう。
しかし、中にはあまり効果が感じられなかったという人もいるのではないでしょうか。
むしろ逆効果だったという人もいるかもしれません。

実は、乳酸菌は必ずしも便秘に効くというわけではないのです。
正しく条件を整えてあげないと、思った効果は得られないのです。

・乳酸菌と便秘の種類

実は乳酸菌には現在わかっているだけでも非常に多くの種類があって、
便秘に効くものとそうでないものがあります。
便秘を改善するためには、
乳酸菌の種類を選別する必要があります。

また便秘にも種類があり、
特に乳酸菌が効果を発揮するのはそのうちの弛緩性便秘であると言われています。

逆に言えば、弛緩性便秘ではない種類の便秘ではあまり効果が得られないということでもあります。
乳酸菌を飲んでも変化がない、という方は、
乳酸菌・便秘のどちらか、あるいは両方の種類が合致していないのかもしれません。

・ヨーグルトと日本人

ヨーグルトやチーズなどの乳製品は、もともと日本人が好んで食べてきたものではないため、
多くの日本人はヨーグルトの成分を効率よく摂取する機構が整っていないと言われています。

要は、そもそもヨーグルトは日本人の体質に合わないというわけです。
もちろん全員ではないため個人差はありますが、ヨーグルトを食べても便秘に全く効き目がないという人は、
そもそも乳製品を分解しにくい体質なのかもしれません。

他にも乳酸菌の量が適切ではない場合も考えられます。
いずれにせよ、正しく条件を整わせていないと、効果は発揮されにくいです。
思った効果が得られない方や、これから摂取を始める方は、ぜひ注意してみてください。