アレルギーについて!
免疫反応が特定の抗原に向けて必要以上に生じてしまうアレルギーの
免疫反応を招く原因は明瞭になっていいないと言われています

体内に侵入した抗原に対する過剰反応が引き起こす要因も指摘されています

アレルギーをもたらすアレルゲンや生活環境によるアレルギー疾患が増加しています

自己免疫疾患

自己免疫疾患は自分の抗原に対する免疫反応の疾患です
内因性アレルゲンが原因となっています
膠原病や円形脱毛症など

アレルギー疾患

アレルギー疾患は外部要因の抗原に対する免疫疾患
代表的な疾患はアトピー性皮膚炎や花粉症(アレルギー性鼻炎)アレルギー性胃腸炎など

衛星仮説

幼児期の環境によりアレルギー疾患が引き起されるという衛星仮説がある
近代住居のような清潔すぎる住環境でない田舎の超自然な環境下で
エンドトキシンを乳幼児期に曝露すれば疾患にならないという説

アレルギーの分類

I型アレルギー
アナフィラキシーショックがある

II型アレルギー
III型アレルギー
IV型アレルギー

V型アレルギー

アレルギー原因抗原の除去と会費が重要であるが単純な問題ではない

IgE抗体とは

IgE抗体は即時型アレルギー反応に深く関係しています
外部から体内に侵入してきた異物を攻撃するのが免疫反応で、
攻撃により自分の体に傷をつけるのがアレルギー反応ということになります

花粉やダニ・細菌などの侵入に対して免疫反応が起こるのです

アレルゲン・抗原とはアレルギー反応の原因物質で多くはたんぱく質です

アレルギー反応は、細胞やたんぱく質・化学物質が各種アレルギー反応を引き起こします

アレルギー反応が起こるのは、皮膚や粘膜のバリア機能が壊れた隙間から
ダニや細菌花粉などが侵入…アレルゲン・抗原に対して抗原提示細胞が異物と認めるのです
この情報をリンパ球がキャッチ
細菌ウイルスに対して、形状細胞がIgG抗体やIgM抗体を産生して攻撃
アレルゲンには、形状細胞がIgE抗体産生とリンパ球による対応があります

IgE抗体が血液から皮膚粘膜のマスト細胞につき感作状況に・・・

この状況で再度侵入したアレルゲンがマスト細胞上のIgE抗体と反応し
マスト細胞から放出されたヒスタミン・ロイコトリエンが即時型アレルギー反応などを引き起こします
花粉症・気管支喘息・はち毒や食物のアラフィラキシーなど

再度侵入アレルゲンに対するリンパ球反応のケースでは
遅発型アレルギー反応で活性化物質や細胞間伝達物質が放たれます
接触性皮膚炎など

アレルギー検査には
IgE抗体検査や皮膚テストなどがあります