乳酸菌の効果って知っていますか?
乳酸菌の効果、きちんと知っていますか?
乳酸菌ってよく聞きますよね。
ヨーグルトに入っていたり、乳酸菌飲料だったりと、かなり身近な乳酸菌ですが、どんなことに効果があるかきちんとご存知ですか?
「お腹に良さそう」というイメージしかないという方も多いのではないでしょうか。
実は乳酸菌は、様々なことに効果があるんです。
意外と知られていない乳酸菌の効果について、今回はご紹介していきます。

①便秘解消と予防
みなさんもイメージがある通り、乳酸菌はお腹にとても良いものです。
人間の体内には善玉菌というものが存在します。
この善玉菌には、ビフィズス菌、アシドフィルス菌などがあります。
善玉菌は、腸内の有用菌をさらに増やしてくれ、乳酸を生み出し、腸の運動を促進してくれます。
これにより、有害菌が増えなくなります。
善玉菌を増やすことに必要なのが「乳酸菌」です。
つまり、乳酸菌を摂ることで、腸内環境を整えることが出来るのです。
結果、便秘を解消したり、予防することに繋がります。

②免疫力アップ
実は、乳酸菌には免疫力を上げる効果もあります。
腸内には、自然治癒力を高める免疫細胞が存在します。
この免疫細胞を活性化させるのが「乳酸菌」なんです。
腸内の善玉菌の数を増やし、働きを活発にしておくことで、自然治癒力が上がり、免疫力アップに繋がるのです。

③美肌に効果的
さらに、嬉しいことに美肌にも効果があります。
肌荒れは体に老廃物が溜まり、それがうまく排出されないことが原因で起こります。
腸内環境が悪化すると、悪玉菌が優位になり、腐敗物や有害ガスが発生します。
この腐敗物やガスは、毛細血管から血液中に溶け込んで、全身に行き渡ります。
すると、肌にも届いてしまい、肌荒れが起こってしまうのです。
しかし、腸内環境を整えることで、この肌荒れを防ぐことができ、美しい肌を手に入れることが出来ます。

このように、乳酸菌には健康から美容まで様々な効果があります。
他にも「花粉症に効果がある」「口臭予防に効果的」などの効果も言われています。
たくさんの効果がある乳酸菌、積極的に取り入れていきたいですね。

乳酸菌の健康効果とはなに?

健康食品として古くから親しまれている乳酸菌。乳酸菌とは乳酸を腸内で大量に作り出す菌のことで、現在までに様々な種類の乳酸菌が開発されてきました。
一般的には腸内環境を改善する効果が知られている乳酸菌ですが、実はspの他にもうれしい健康効果がたくさんあります
1 便秘を予防・解消する働き
便秘を引き起こす原因は腸内に住む悪玉菌であり、その悪玉菌の腸内の割合が増加すると便秘が生じます。
悪玉菌を増やさないために大切なことは腸内の善玉菌を増やすこと。
乳酸菌は排便機能を改善する働きがある善玉菌ですので、乳酸菌を摂取することで悪玉菌の増殖を抑制し、便秘を予防・改善します。
2口臭を予防・改善する働き
口臭の原因のひとつに口の中に住んでいる歯周菌があります。
歯周菌の一種であるジンジバリス菌は口の中の食べかすを栄養にして口の中で増殖し、メタンや硫化水素などの口臭のもとになる物質を生成します。
乳酸菌はこのジンジバリス菌の増殖を抑制する働きがあるため、口臭の予防・改善に効果があります。
3 免疫力の高める働き
身体はウイルスなどの体に害となる異物が体内に侵入したときにナチュラルキラー細胞や大食細胞と呼ばれる免疫細胞が活発に働いてウイルスなどを攻撃し、病気になることを防いでいます。
しかし、この免疫細胞の働きは加齢や乱れた生活習慣、栄養不足などで低下してしまいます。
乳酸菌はナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあるため、ウイルスなどに対する免疫力を高めてくれます。
4 アレルギーを予防・緩和する働き
アレルギーとは体内に花粉などの異物が入り込んだ時に免疫機能が過剰に汎用してしまうことによって起こりますが、アレルギーを引き起こしやすい人は腸から分泌される「lgA抗体」という物質が少ない傾向であることが研究により明らかにされています。
この「lgA抗体」はアレルギーの原因となる異物が体内に吸収されるのを未然に防ぐ働きがありますが、乳酸菌は「lgA抗体」を増やしてくれるのです。
最近では乳酸菌は、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を抑える働きもあるとわかってきているのですね。
5 血液中の善玉コレステロールの低下を抑えて、中性脂肪の値を低下させる効果が期待できることも言われています。
乳酸菌のメリットとして善玉菌の増殖を助けたり、免疫組織を刺激することで免疫力を高め、ウイルスに強い身体を作ってくれるのです。
その他にも老化の防止や生活習慣病の改善などに乳酸菌は多くの効果を期待することが出来ます。
乳酸菌、健康に良い多くの効果が期待することが出来るのです。

ガン細胞にも乳酸菌は効果がある?

乳酸菌というのは善玉菌の一種で腸内環境を改善することが出来ることから美容にも健康にも効果があることは既に知られています。
また腸内環境が改善すれば免疫力がアップするのでアレルギーや花粉症といった症状の緩和も期待出来ると言えます。

そんな乳酸菌が実はガン細胞にも効果があると今注目が集まっているのです。
ガンというのは日本人の死因のトップでもあり、医療技術が発達した現在社会においても早期に発見することが出来れば治療をすることが可能ですが、進行してしまえばまだまだ死亡率が高い恐ろしい病気です。
実はガンの死亡率は増加傾向にあり日本人の3人に1人はガンで亡くなっています。

まだ乳酸菌を摂取することでガンが治ると実証されたわけではありませんが、免疫機能が低下したらガンが発症することは判明しています。
だから免疫機能を高めることでガン細胞が活発になることを防ぐことが出来るといった考え方は決して間違いではないといえます。
現段階では治療というより予防の域を出ないのですが、今後乳酸菌による治療方法を見つけることが出来るかもしれません。

現在ガンを治療する為の方法は副作用が強いと言えますが乳酸菌は安全性が高いのが特徴と言えます。
ちなみにガン細胞は細胞の増殖を調整する遺伝子に狂いが生じて遺伝子異常が積み重なった時に発症します。
実は健康な人でも1日に3000個程のガン細胞が作られています。
ガンが発症しないのは免疫細胞の働きでガン細胞が消滅されるからです。

ただし免疫力アップに貢献する乳酸菌は毎日摂取し効果が出るのに1年以上必要なので薬みたいな即効性はないのです。
だから日頃から健康を意識し乳酸菌の摂取を心がけることをお勧めします。

 

乳酸菌のデメリット

乳酸菌のデメリットもありますね。
1つは即効性に乏しいという事です。
乳酸菌を摂り入れても翌日に病気が治るわけではありません。
継続的に乳酸菌を摂り続けても不規則な生活をしていると腸内環境は悪くなり健康効果が期待することはできません。
2つ目は塩分や糖分を取りすぎてしまうという事です。
乳酸菌を含む食材は脂肪分や糖分などが多く含まれているタイプもあります。
ヨーグルトやキムチ、漬物などで食塩や脂肪分・糖分の多い発酵食品の摂りすぎには注意が必要です。
3つ目は乳酸菌を含む食材でも安価であると添加物が多く含まれているケースがないとは言えません。
合成保存料や着色料など化学物質が体内に蓄積されてしまうので、食材選びにはしっかり行うことが肝要です。

様々な効果が期待出来、健康効果がある乳酸菌ですが、しっかりとした生活習慣を心がけながら摂り入れることが大事です。
食べ過ぎには注意をして自分の腸内環境に適した乳酸菌をうまく摂り入れることが肝要です。

乳酸菌効果のリスト

こんなときはこの乳酸菌を選べばいい!~乳酸菌リスト~
乳酸菌が体にいいというのはよく知られています。便通を改善するだけでなく花粉症の症状をよくしたり、免疫力を高めたり、ストレス耐性をつけたりする効果があるといいます。
しかし乳酸菌にはたくさんの種類があり、しかもそれぞれで働きが違うため、私たちが受けられる恩恵も変わってきます。こんなときはどの乳酸菌をとればいいの?なにを買えばいいの?よくわからないからこれでいいや…とならないために、乳酸菌の種類と改善が見込める症状をリスト化いたしました。

・コレステロールを低下させる乳酸菌
コレステロールとは、細胞膜やホルモンの材料になる脂質の一種です。私たちの体を構成するコレステロールは7割が体内で生成され、残りの3割を食べ物から摂っています。このコレステロールは体を構成する上でとても重要なものですが、増えすぎることによって「脳卒中」や「心臓病」の危険性を高めてしまう恐れがあります。それを抑える働きがあるのが「BT2928」「ラブレ菌」「GCL1176」です。これらの乳酸菌は腸管内でくすぶっているコレステロールを吸着して、体外へ押し出してくれます。

・花粉症の症状を抑制する乳酸菌
花粉症とはⅠ型アレルギーに分類される疾患で、植物の花粉によって「くしゃみ」「鼻水」「強い目のかゆみ」などの症状を引き起こします。花粉症を改善する乳酸菌として「L-92」「LGG」「L-55株」「KW3110株」「BB536」「GCL1176株」が挙げられます。花粉症などのアレルギーが発症する原因として、「免疫機構のバランスの乱れ」ということが1つ挙げられます。人間の免疫機構の司令塔のような役割を担う「Th1」「Th2」「Treg」という細胞がありますが、生活習慣などの影響でこれらのバランスが崩れてしまうことでアレルギー症状が引き起こされるといいます。乳酸菌はこれらの免疫機構をサポートし、免疫力を高める働きがあります。また、花粉症になりやすい人はIgA抗体が少なに傾向にありますが、これらの乳酸菌はIgA抗体を増やし、反対にアレルギーの原因となるIgE抗体を減らす働きがあるのです。

・ストレスを軽減してくれる乳酸菌
ストレス社会を生きる現代人はさまざまな不調に見舞われます。ストレスが原因となる病気や消化管症状は本当にたくさんあります。これらから私たちの体を守り、ストレス耐性をつけてくれる乳酸菌に「C-23ガセリ菌」「ラブレ菌」「BE80」「CP2305株」があります。脳と腸には「脳腸相関」とよばれる深い関係があるといいます。そのためこれらの乳酸菌を摂取することにより腸内環境が改善され、脳で感じるストレスに対しても耐性がつくようになります。乳酸菌を摂取することでストレスからくる「不安症状」「不眠」「うつ病」などを改善できるという報告もあります。また、ヨーグルトなどの乳酸菌製品に含まれるカルシウムには神経の興奮を抑える働きもあります。

・胃がんを予防する効果のある乳酸菌
日本人でのがん死亡者数上位に入る胃がんは、初期症状があまりなく静かに進行するおそろしい病気です。日本人で胃がんが多い原因として、ピロリ菌の感染率が高いことが挙げられます。ピロリ菌は日本人の約半数が感染しているとされ、現在では健康診断でピロリ菌が発見された場合に薬で除去するなどの対策がとられています。そのピロリ菌を除去する効果があるものに「BF-1株」「ロイテリ菌」「LG21」「LC1」があります。ピロリ菌に感染したからといってすぐに胃がんを発症するわけではありません。しかしピロリ菌は胃がんのほかにも胃潰瘍や慢性胃炎、十二指腸潰瘍などの原因にもなり、中高齢の人の間では特に感染率が高くなります。日ごろからこれらの乳酸菌を摂ってなるべくピロリ菌を予防することが大切です。