妊婦が乳酸菌を摂るべき理由

子供ができると世界が変わります。
それは自分を取り巻く環境が変わるということもありますが、自分の目を通して見えるすべてのものが、以前のそれとは違うように受け取られるからです。
妊娠中はつわりや体のトラブルなどで思うように動けないことが多々ありますが、食事だけは疎かにしたくないと考える人が多いと思います。
おなかの赤ちゃんのためにも栄養をたっぷり摂りたいと誰もが考えるでしょう。
腸を整えることはさまざまな面で健康に良いとされていますが、妊娠中の方にもとっても素敵なメリットがあるのです。

冷え性を改善して体を温める
妊娠中はおなかに脂肪がつき、胎児を守るクッションになったり冷えを予防します。
しかし日本人女性には冷え性の人が多く、手足が冷たくなることが原因でささいなことがストレスになることがあります。
また、難産の原因の1つに「体の冷え」が関係しているともいわれます。
腸内環境のバランスが乱れていると代謝が下がり、血流が悪くなりやすくなります。
しかし、乳酸菌などの善玉菌を体内に摂りいれることで代謝が活発になり血が全身にめぐって、冷え性が改善されやすくなります。

便秘を改善してマタニティーブルーを予防
妊娠中は便秘になりやすくなるといわれています。
それは妊娠すると「黄体ホルモン」とよばれる女性ホルモンが大量に分泌され、それが腸のぜん動運動を抑えたり、体に水分を貯えようと便の水分が減って排泄しにくくしてしまうのです。
また、胎児が成長するにつれ大きくなった子宮が腸を圧迫して血流を悪くしたり腸の動きを抑制してしまうのです。
便秘が続くと腸内の悪玉菌が増えすぎて、腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。
腸と脳には「脳腸相関」とよばれる深い関係があり、腸の状態が脳へ、脳の状態が腸へあらわれるという報告があります。
うつ病患者は健康な人と比較して腸内環境が悪いといわれます。
マタニティーブルーは日本人女性の半数近くがなるとされ、またその一部の人は「産後うつ病」へ移行してしまうそうです。
マタニティーブルーは産後数日で発症することが多いですが、妊娠中にも発症する場合があります。
自分の感情のコントロールができないだけでなく、赤ちゃんの発育にも悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
乳酸菌や、そのエサとなる「食物繊維」「オリゴ糖」を摂りいれることでぐっと腸内環境は改善されます。
便秘を解消し腹痛を予防するだけでなく、明るい気分でマタニティライフをおくりましょう。

赤ちゃんのアレルギーの発症を予防
母親が妊娠中に乳酸菌を摂ることで、子供のアトピーや花粉症などのアレルギーを予防する効果があると報告されています。
これは生まれた後に乳酸菌製品をとるのではなく、あくまでも妊娠中の摂取に効果がみられるというもの。免疫を担う免疫細胞のほとんどが腸に存在しているといわれます。
妊娠中のお母さんが乳酸菌をしっかり摂って免疫力を高めておくことが、子供の将来に深く関わるのです。

妊娠糖尿病を予防し、巨大児などのリスクを下げる
妊娠中のホルモン変化によって血糖値の上昇が続いてしまう「妊娠糖尿病」があります。
妊婦のおよそ8人に1人がなるとされ、母子ともにさまざまなリスクを伴います。
妊娠糖尿病と診断された妊婦は「胎盤早期剥離」「難産」「高血圧」などが起こりやすくなります。
また赤ちゃんも「巨大児」「心臓病」になるリスクが高まってしまうとされます。
妊娠糖尿病はとても恐ろしい病気ですが、妊娠中の母親が乳酸菌配合のサプリメントを摂っていた場合、妊娠糖尿病になりにくく巨大児の出生率を低減させた報告があります。
妊娠中の方は赤ちゃんと自分の将来のために乳酸菌を摂りいれていってほしいです。

ビフィズス菌を確実に増やしたい

楽にビフィズス菌を確実に増やしたい!
自分に一番あった乳酸菌を見つけて、生きた乳酸菌を腸まで届けたい!

善玉菌ビフィズス菌を確実に増やしたい!

自分に一番あった乳酸菌を見つけて、
生きた乳酸菌を腸まで届けましょう!

今話題の乳酸菌で健康維持

腸内環境を良好にして免疫力をアップする

妊娠中便秘

胎児に安全な乳酸菌サプリ比較を調べたい

妊娠つわり中の水分が不足する状態や

やむ得ない毎日の運動不足の重なりで便秘になるのかしら?

妊娠中に便秘になっている妊婦さんは多いみたいですね!

毎日スッキリしないと気持スッキリしないから嫌ですよね?

どうしても起こる運動不足で便秘なんて避けれないのかしら?

体内環境の健康維持のために、
善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌をたくさん摂らないと・・・

ヨーグルト食べるのと比べて楽にビフィズス菌を確実に増やしたい!

つわり中の水分不足で便秘とか、

運動不足による妊娠中の便秘と言わ無くてもいいように・・・・

胎児に安全な乳酸菌サプリ比較を調べたい

色んな乳酸菌がたくさん発売されています。

自分に一番あった乳酸菌を見つけて、生きた乳酸菌を腸まで届けましょう!

最近話題になっている腸内フローラの善玉菌が脚光を浴びていますね

腸内フローラの善玉菌と悪玉菌のバランスが大切っていうことが強調されています

善玉菌は有用菌であり

悪玉菌は有害菌であるとされています

腸内細菌の種類はなんと1000種類以上とも言われだしました

最近ではその重量は1.5Kgとも言われだしました

そうなんです、
近年の科学技術の進化により腸内細菌の解析が著しく進化しました

その結果、
新たな腸内フローラの事実も新しく書き換えられているのです

今まで以上に腸内環境の重要性が強調される様になってきた感は否めません

こうして私たちは健康維持に役立つ情報をもっと知りたいものです。

 

<h3>乳酸菌シロタ株</h3>
ヤクルトの研究力は 世界でも凄い乳酸菌シロタ株
日本が世界に誇る乳酸菌研究、その中でも常にトップクラスを維持しているヤクルト。乳
酸菌という事で言えば、ヤクルトを外すわけにはいきません。
それほどに、素晴らしいのがヤクルトの研究です。
確かに、ヤクルトは小さな容器に入っており、一見子ども向けの乳酸菌飲料と思われる方も、多いかもしれません。
しかし、それは大きな間違いです。
なぜなら、乳酸菌が本当に必要なのは、私たち大人なんですから。
日ごろの食生活、ストレス、睡眠不足、加齢などに伴い腸内環境は悪化しています。
悪玉菌がはびこる悪玉菌優位の腸内環境になってしまうのです。
現代社会においての死亡要因は、がんが大きな割合を占めています。
今やがんがこれほどまでに死亡要因を占めている国は、先進国の中では、日本だけです。
何十年も昔のアメリカの食生活を、現代の日本が取り入れてしまっているのです。
今のアメリカの食生活は、日本ほど荒れたものでは無いと言われています。
それは、アメリカが何十年も前から、国家戦略規模で、食生活改善を行ってきた結果でしょう。
日本の和食は、世界で取り上げられて、受け入れられています。
しかし、肝心の日本はどうでしょうか。
そんな、食生活によって、悪玉菌優位の腸内環境を、日々善玉菌優位に改善するヤクルトでいえましょう。
世界でも多く認められ、飲まれています。

小さなヤクルトの力

ヤクルトの主力商品と言えば、今やヤクルト400です。
一本80mlに400億個もの乳酸菌を閉じ込めた乳酸菌飲料で特定保健用食品です。
カロリーの気になる方は、ヤクルト400LTです。ヤクルト400のカロリーを30%カットされているものです。
その他に、Newヤクルト、一本65ml、200億個以上の乳酸菌が入っています。
もう一つ、大人向けのヤクルトAce、一本80ml、300億個以上の乳酸菌が入っています。
このタイプは、ビタミンC、D、ガラクトオリゴ糖、カルシウム、鉄分も含まれています。
大人向けであっさりした後口になっています。
この4タイプ、ヤクルト400系は、ヤクルトレディがお届けする宅配方式でしか手に入りません。
その他のNewヤクルトとヤクルトAceはヤクルトレディからでも、スーパーやコンビニでも購入することができます。
400億個とか200億個とかよくわからない数の乳酸菌ですが、ヤクルトを代表する自信の乳酸菌シロタ株が入っています。
小さな容器に凄い数です。
またその乳酸菌が、かなりの割合で腸まで生きたまま届きます。
腸内にシロタ株400億個が並ぶかもしれません。
こんな多くの菌ですが、腸の内部には、それをはるかに超える細菌がいます。
もちろん腸内全部がシロタ株になるわけでは、ありません。
このシロタ株とは正式には「ラクトバチルス カゼイ YIT9029株」と言います。
この菌は、ヤクルトの生みの親である、代田 稔氏が「予防医学」の世界に足を踏み入れ、微生物の研究に力を注いだことから始まったのです。
研究に研究を重ね、1930年に胃酸、胆汁などの消化液に負けない、生きたまま腸に到達できる菌を見つけました。
また、生きたまま到達後に、悪玉菌を抑制する菌でもありました。
その菌を、もっと強く確実に、生きたまま腸まで到達させ、そのうえで、菌の力を発揮できるようにしたいと思い、独自の研究により、菌を強化し、培養できるまでになったのです。
そして、その菌こそ、シロタ株です。
ヤクルト菌とも言われています。
菌の発見から約5年、1935年にヤクルトを販売するに至ったのです。
その代田氏の名前から、シロタ株と名前が付きました。
このシロタ株の特徴は、
1.生きたまま腸まで到達できる。
2.ビフィズス菌の中の一株であり、もともと人由来の善玉菌である。その為、定住しやすい。
3.生きたまま到達するので、活発に活動でき悪玉菌をやっつける。
4.腸内での有害物質生成を抑制することができる。
この中で、最後の腸内の有害物質とは、悪玉菌が優勢になり便秘になると、悪玉菌が腸内でタンパク質を分解して腐敗さるときに発生させるものです。
この場合のタンパク質とは、便のことで便は消化された物や水分、その他は細菌の死骸です。
その割合は、水分以外の便の3割が菌の死骸と言われています。
それだけ、便に死骸があるということは、その分また、増やさなくてはいけないということです。
また、腸内の有害物質とは、アンモニア、インドール、スカトール、硫化水素、アミンなどをいいます。
これらは、発がん性物質になります。
この中の、インドールは腸管から血液を通り全身をめぐります。
その後、肝臓で解毒されインディカンとして排泄されます。
便秘の人は、尿にインディカンが通常より多く含まれています。
それは、腸内にインドールが発生している証拠と言えます。
しかし、シロタ株の摂取により、尿中のインディカンが減ったとの報告があるようです。
このように腸内で有害な物質が発生することで肝臓にまで負担がかかります。
シロタ株を続けて摂取することで、腸内の有害物質を減らすことができます。
それは、発がん性物質を作らず、肝臓などの内臓の負担も減らして、身体を健全な状態に保つのです。
たった一本のヤクルトを続けて摂ることにより、このような大きな結果につながるのです。
ヤクルトの生みの親である代田氏の「予防医学」がここに生き続けています。
まるでヤクルトのシロタ菌が生きたまま腸まで到達するように、代田氏の思いが生きて根付いているのです。
ヤクルトレディから、元気とヤクルトを手に入れてみてみるのもいいでしょう。