乳酸菌って何?腸内環境生息する腸内細菌の善玉菌である乳酸菌は整腸作用や免疫力などの健康効果


乳酸菌は発酵により糖から乳酸を産生します

乳酸菌は、ブドウ糖やオリゴ糖、乳糖などの

糖質を栄養にすることで発酵し、
代謝乳酸を産生する能力があり

生育に糖類やビタミンB群とアミノ酸とミネラルが必要な

善玉菌の代表的な細菌類の総称です

食品や飲料などから摂取して体内に取り込まれた乳酸菌(乳酸卓菌)は、

善玉菌の増殖を助け悪玉菌の増殖を抑制する整腸作用や、

免疫力を高めたりと、人間の健康な体を作る健康効果に役立ってくれています。

また乳酸菌

腐敗物質を産生せず悪臭を放たないものが乳酸菌され

600種類以上も存在しています

乳酸は、

  • 乳酸だけを作るホモ乳酸菌
  • アルコールや酢酸・ビタミンCなどを同時産生するヘテロ乳酸菌に分類されます

乳酸菌の目次(table of contents)

乳酸発酵は整腸作用や体を整える・・・

乳酸菌とは、ヤクルトやヨーグルトなどに含まれている健康食品というイメージが強いですが・・・。
近年、乳酸菌食品や乳酸菌乳酸菌を生きて腸まで届けるサプリを摂取して便秘など乳酸菌効果に期待する方が多くなっています。
乳酸菌の種類もたくさんあるのでサプリメントおすすめランキングもにぎわっているのが現状ですね・・・

乳酸というと、

  • α-ヒドロオキシ酸で不斉炭素をもち、
  • L-体D-体DL-体の3体があります。

L-乳酸(d-乳酸)は筋肉動物組織中に存在します。
L-乳酸は生物の解糖系の生成物の1つです。

急激な運動を行うと筋肉の組織内でエネルギー源として
糖が分解されピルビン酸を経て乳酸が蓄積します。
以上は乳酸についてですが、

乳酸発酵とは微生物によって乳酸を生成する発酵のことです。

1分子のブドウ糖から2分子の乳酸を生じるホモ乳酸発酵
乳酸の量が少なく他の物質も生じるヘテロ発酵があります。

ヘテロ発酵では、

  • 酪酸発酵、
  • アセトン発酵、
  • ブタノール発酵などかあり、

エチルアルコール、酢酸、蟻酸、炭酸、水素などを生じることも多いです。

両者とも人類の食生活において密接な関係があるものです。

ホモ発酵をする有用菌
ラクトバシルス属、
マンテロコッカス属、
ラクトコッカス属、
ペディオコッカス属の乳酸菌であり、

ヘテロ発酵をする有用菌
ラクトバシルス属、
ビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)
ロイコノストック属の乳酸菌です。

乳酸菌を含む食品としては、
発酵乳(ヨーグルト)、
乳製品乳酸菌飲料、
乳酸菌飲料、
ナチュラルチーズ、
発酵バター、
漬物、味噌、
醤油、
お酒などがあります。

乳酸菌整腸作用があり
体を整える働きをもっています。

乳酸菌は主に発酵食品に多く含まれています。

発酵食品とは、
カビや酵母などの微生物の働きを利用して作った食品のことです。

普通の食品ではカビや細菌が含まれているものは食べることができません。

ですが、
発酵させたものは香りがよく、
人の体にも良い働きをもたらします。
積極的に摂りたいものですね♪

→目次へ戻る

乳酸菌の働き

乳酸菌はヨーグルトや漬物など健康食品の発酵に寄与し、

腸の腸管内で腸内環境のバランス維持に貢献健康維持に役立っています

人に役立つ有用菌である善玉菌の代表格は乳酸菌ビフィズス菌です

乳酸菌やビフィズス菌は、

身体の健康維持に役立つ有用菌である善玉菌の代表であり、

 

腸内環境は弱酸性

善玉菌が生成する乳酸酢酸によって

腸内環境は弱酸性に保たれ、

悪玉菌の動きを抑えるほか

腸壁刺激で蠕動運動を活発にして便秘を改善する働きをしています

 

便通改善や促進効果を期待するために

乳酸菌・ビフィズス菌が多い機能性表示食品や健康食品、

発酵食品やヨーグルトを摂取して、

腸内フローラを善玉菌優勢なバランス構成にすることが大切です

 

腸内環境がアルカリ性は便秘の可能性

逆に腸内環境がアルカリ性になると大腸蠕動運動は弱くなり

排便力も弱まり腐敗菌が多い大便を大腸に貯め込むことになります。

これが続くと腸内フローラ環境は悪化します

腸内に溜まった大便がさらに固くなり苦しい便秘を誘発したりします

お腹はウォルシュ菌など悪玉菌優勢の腸内細菌叢バランスが壊れた腸内環境となります

健康状態は悪化・腐敗も進みさらにアルカリ性に、

免疫力も弱まり・肌荒れから吹き出物

さらに風邪を引きやすくアレルギーに反応しやすい体質になる可能性があります

善玉菌が優勢な腸内環境の腸内細菌バランスに改善が必要な状態です

乳酸菌の生菌死菌の働き

口から摂取した乳酸菌は、身体の中に入って、それぞれの働きを持つ2つの菌に分かれていきます。

1つ目は生きたまま腸に届く菌
2つ目は胃酸などで死滅する菌です。

生きたまま腸に届く菌

1つ目の生きたまま腸に届く菌を生菌といいますが、
生菌は有機酸の産生量が増えてくると腸内を酸性化させるように働き始めます。
これらの働きによって、悪玉菌のエネルギー源であるたんぱく質をとったり、
腸管粘膜の上皮に吸着することで悪玉菌自体の増殖する場を奪ったりして、
腸内細菌のバランスを正常化するために働いてくれます。

死滅した乳酸菌

2つ目の死滅した乳酸菌のことを死菌といいますが、
死菌は食物繊維と同じような働きをしてくれます。
生菌によって活性化した善玉菌が対峙した悪玉菌を吸着し外へ排出する役割を担っているのです。

→目次へ戻る

善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割が理想

腸内環境の腸内細菌叢の腸内細菌割合は、
善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7が理想とされています

善玉菌2:悪玉菌1の腸内環境バランスを壊さないように善玉菌を増やし活性化させることが大切です

腸内環境の理想的なバランスは善玉菌:2割、悪玉菌:1割、日和見菌7割という事になります。

その善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、
悪玉菌が増えてしまうと腸の働きが低下してしまいます。
なぜなら、悪玉菌はアンモニアや硫化水素などの多くの毒素を発生させるからです。
これらの毒素は腸を腐敗させたり、
高血圧ガンなどの生活習慣病の原因老化の促進につながるなど人体に様々な悪影響を及ぼしますが、
乳酸菌はこの毒素の発生を防ぐ働きを持っているのです。
乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑制する働きがあるのです。

つまり、乳酸が腸内で増えることで乳酸や酢酸という有機酸が代謝物として作られますが、
有機酸が腸内を弱酸性に保ち悪玉菌の増殖を抑えたり、
腸の蠕動運動を促してくれるわけです。

また、人間の免疫システムは腸の近くに集中しています。
乳酸菌には、
この免疫システムを刺激し、
活性化する働きもあります。

さらに、乳酸菌にはビタミン類を生成し、
体内に補給することで健康増進にも役立っているといわれています。

→目次へ戻る

善玉菌の種類

善玉菌の種類は500種類以上!
代表格は乳酸菌とビフィズス菌です・・・
善玉菌には、糖化作用を持つ糖化菌の酵母菌・麹菌・納豆菌もあります

酵母菌

有用菌の酵母菌が存在。酵母菌は発酵する過程で、糖分・カロリー・脂質を分解しています。さらには有機酸やアルコール・アミノ酸・炭酸ガス・クエン酸とか、人有益な成分を生み出してます。
ダイエット効果には余分なカロリー・脂質を分解する作用がある酵母菌に注目という一面も・・・
酵母菌は腸内で善玉菌を活発化する作用や、
老化の原因となる活性酸素を抑制する作用がわかっています。
免疫力の活性化も機能面に関しても話題になるお陰で、発酵食品に多数活用されています。

麹菌

麹菌は、菌体内で産生したタンパク質を、菌のの外へ分泌・産出するすぐれた資質を持つと考えれます。表面を減菌した穀物に、麹菌の胞子を植え付け培養すると、他与言うな酵素タンパク質を作り出します。酵素タンパク質は培地の成分も分解するので、日本では麹菌が活用されています。

納豆菌

腐敗菌をなくし消化を手伝いうと考えられているのが納豆菌。
酸の刺激による腸の蠕動運動を活発化は、消化活動に一役買ってくれます。
乳酸菌やビフィズス菌など有用菌の増殖が大切であり、納豆菌の価値ある有用菌なのです
納豆菌を大量にとる人の乳酸菌は数倍多いことが確認されています。

ヨーグルトなどに利用されている乳酸菌の種類

シロタ株や植物性乳酸菌のラ菌・LG21・KW乳酸菌などがあります

→目次へ戻る

乳酸菌分類


ひとくくりに乳酸菌といっても、私たちの日常生活の中に多種多様に存在し、

その種類は属・種・株とそれぞれの持つ性質によって細かく分類されています。

代表的なものとして、ヨーグルトに主に使われている乳酸棹菌、

チーズなどの発酵食品に使われている乳酸球菌などがあげられます。

乳酸菌の種類

  • 動物の腸管に生息する腸管系乳酸菌
  • チーズやヨーグルトに見られる動物性乳酸菌
  • 漬物や味噌・しょうゆなど植物質由来の植物性乳酸菌など

現在確認されている乳酸菌は約600種類とも言われ

乳酸菌は現在わかっているだけでも、600もの種類があるといわれり、

その種類ごとに効果もそれぞれに変わってくるという特徴を持っています。

人間の腸の中に常在している乳酸菌のうち、

特に人間の健康に役立つと思われているものや注目を集めている乳酸菌は、

ラクトバチルス・ガセリ
代表的なヒト腸内乳酸菌です。

胃潰瘍や胃ガンを引き起こすといわれているピロリ菌を減少させ、

またその活動を抑制する働きを持っているといわれています。

胃粘膜に付着しやすい性質があります。
ラクトバチルス・デルブレッキ・サブスプ・ブルガリカス
日本の代表的なプレーンヨーグルトの多くに含まれています。

整腸作用に優れ、腸のバリア機能を高め、

腸内フローラのバランスを整えてくれる働きあるといわれています。
ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリス
大腸まで生きて届くプロバイオティクス乳酸菌です。

整腸作用の他、アレルギー緩和効果、美肌効果、免疫調整効果など

様々な健康効果があることが近年の研究によって明らかにされてきました。
ビフィドバクテリウム
生きて腸まで届き、腸内環境を整えてくれるため、便秘の解消に有効だと考えられています。
ビフィドバクテリウム・ロングム
酸に強い性質を持つことから、生きて大腸まで届き、

大腸の腸内環境を整えてくれる働きがあります。

また、継続して摂取することで、

花粉症の症状改善にも効果があることもわかってきました。
このように、乳酸菌の種類はとても多く、またその働きも様々であるのです。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

動物性乳酸菌

動物性乳製品のヨーグルトやチーズは動物性乳酸菌

植物性乳酸菌

日本古来の漬物や味噌・麹・醤油・酢・甘酒など、厳しい塩分の濃い過酷環境でも耐え抜く菌が植物性乳酸菌

腸管系乳酸菌

動物の腸管内に常在する消化液耐性のある菌など

乳酸菌の形

細菌の形

丸い形の乳酸菌は球菌(コッカス)

らせん形はらせん菌(ビブリオ

棒状の菌は桿菌(バチルス)

乳酸菌の名称

属・種・株の組み合わせ名称で決まっています

乳酸菌属

ラクトバシラス属(ラクトバチルス)・・・ホモ乳酸菌
ビフィドバクテリウム属-Bifidobacterium(ビフィズス菌)・・・ヘテロ乳酸菌
エンテロコッカス属-Enterococcus
ラクトコッカス属-Lactococcus
ペディオコッカス属-Pediococcus
リューコノストック属-Leuconostoc

乳酸菌の属・種・株

腸内細菌は  に分類されます←属レベル

の分類(←性質の違い)から⇒株(菌株)による区別は番号・記号、発見者名など名前に該当

つまり属・種・株という3つの名称組み合わせから成り立っています

次へ戻る

代表的な細菌

腸内細菌の細菌学的に代表的な細菌は

★ラクトバシラス属(別名はラクトバチルス)
グラム陽性の桿菌
善玉菌の乳酸菌のラクトバチルス属となります
ラクトバチルス属にカゼイ菌やシロタ株などの菌種があります
乳酸菌は酸素があっても生きられます
(免疫力 花粉症予防 便秘予防)

★ビフィドバクテリウム属 (Bifidobacterium)
いわゆる善玉菌のビフィズス菌のことです。
ビフィズス菌は乳酸菌の約1000倍多いと言われています。
ビフィドバクテリウム属にロンガム菌などの菌種があります
グラム陽性の偏性嫌気性桿菌
ビフィズス菌は酸素があると生きられないのです。

★エンテロコッカス属 (Enterococcus)
(免疫力 便秘予防)
★ラクトコッカス属 (Lactococcus)
(免疫力 便秘予防)
★ペディオコッカス属(Pediococcus)
★リューコノストック属 (Leuconostoc)

腸内フローラには、100~1000種1000兆個もの腸内細菌が生息し腸内細菌叢を作っています。

健康な腸管内に生息する腸内細菌の中でも多数常在する菌が乳酸菌です。

そして人類が歴史的に食してきた発酵乳や乳酸菌飲料、さらには生菌製剤を含め、

乳酸菌の研究開発が進化しているのです。

次世代シークエンサーのさらなる発展が腸内細菌の位置づけを変化させるかもしれません

善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌・乳酸桿菌は、プロバイオティクスの手段として多く利用されています。

乳酸菌と発酵

乳酸菌チーズやヨーグルト・キムチ・日本古来の漬物など、優れた発酵食品を作ります。乳酸菌は健康寿命に欠かせない有益菌です

ヨーグルトなら牛乳でお腹を壊す乳糖非耐性の人でもカルシウムを摂取でき美味しいと言えますね

細菌と発酵

発酵により人体に有益な乳酸など生産する菌が善玉菌、

悪玉菌は有害物質を産生し、健康に悪影響を及ぼす大腸菌や腐敗菌です

腸内環境では善玉菌と悪玉菌のバランスは2:1が理想とされています

乳酸菌とはいったい何?

乳酸菌は代謝によって乳酸を生成する細菌類です。

つまり乳酸菌は乳酸をつくる細菌類なのです。

乳酸菌は果糖や砂糖など糖類分解で乳酸を産生する細菌です

乳酸菌は279種類が現在わかっています。

また、確認されている乳酸菌は600種類とも言われます

乳酸菌は食品発酵の生成過程に欠かせない細菌類です。

人間の腸や消化管・膣などにも常在しています。

乳酸菌は自然界にも多数存在しています

乳酸菌と酸素

嫌気性菌には偏性と通性の2種類があり

  • 通気嫌気性菌・・・酸素があっても生きられる
  • 嫌気性菌・・・酸素があると生きられない

小腸には酸素があり
大腸には酸素がないので
乳酸菌は主に小腸に生息し大腸にもいます

ビフィズス菌は偏性嫌気性菌と言って酸素があると生きれない嫌気性菌です
ビフィズス菌は主に酸素のない大腸に生息し現在約40種が確認されています

この人間の腸内フローラ(腸内でお花畑のフローラ叢のように見える)腸内フローラ叢に生息している乳酸菌は、

腸内環境の腸内細菌バランスの恒常性を維持することに

大きな役割を果たしていることが

近年の科学技術の進展により、広く解明されています。

腸内環境や腸内細菌の菌種や役割・効果効能に関する学術論文の数も飛躍的に逓増しているのが世界的現状です。

→目次へ戻る

乳酸菌という名前の菌はいない

私たちが過ごす日常生活のなかで、「乳酸菌配合」「健康志向の方に乳酸菌」などという広告をよく目にします。
「乳酸菌って何だかよくわからないけど体によさそう」というイメージを持っている方が多いと思います。
そこで、知っているようで知らない乳酸菌の実態と、
その乳酸菌を摂取することで得られる乳酸菌の効果をまとめてみました

もう一度、そもそも乳酸菌とは?
簡単にいうと、たくさんある乳酸を発酵する菌をひっくるめて乳酸菌と呼びます。
つまり、乳酸菌という名前の菌はいないのです。
しかもその乳酸菌の中に含まれる菌はゆうに600種類を超えるそうです。
これらは糖類をごはんとして乳酸を作り出し、まわりを自分の過ごしやすい環境にして生活しています。
乳酸菌は数も多ければ性格もさまざまです。
酸素があると生きられない乳酸菌(嫌気性菌)や、

そうでない乳酸菌(通気嫌気性菌)もいます。
形もさまざまで、まるい球形のかたちをした球菌、
棒状のかたちをした桿菌、
らせん階段のようならせん菌などにも分けられます。
よくスーパーなどに行くと目にする商品にヤクルト菌シロタ株ラブレ菌 などと書かれたものがあります。
これらはそのたくさんある乳酸菌の中の1つの種類を指しています。
有名なヤクルトやラブレなど、商品にそのまま名前が付けられているものもあります。
また、善玉菌 という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
これは体に有益に働いてくれる菌の総称で、

この善玉菌のなかにビフィズス菌や乳酸菌が含まれています。

→目次へ戻る

乳酸菌の知られざる効果

乳酸菌の効果には、

  • 整腸作用(便秘や下痢の改善)、
  • 高血圧やガンなどの生活習慣病の予防、
  • アンチエイジング、
  • アレルギー疾患の抑制、
  • 免疫力アップ、
  • さらに、血中の善玉コレステロールの低下を抑え、
  • 中性脂肪値を低下させる効果

もあるといわれています。
乳酸菌には人間の健康に良い様々な効果が期待できるのです。

注目される乳酸菌の効果がすごい

一般的に乳酸菌は腸の中の環境を整えてくれるいい菌というイメージがあるかと思います。
たしかに乳酸菌は私たちの腸内環境を健康に保ってくれているのですが、
まだまだそれだけにとどまらず、たくさんのすごい効果があるのです。

便秘の改善

便秘というのは腸内環境が悪くなって、
アルカリ性の環境になっている状態です。
腸のぜん動運動(腸が動くこと)が弱まり便が外に出にくくなってしまうのです。
そこで乳酸菌などの善玉菌を増やすと環境が酸性に傾き、
ぜん動運動が活発になり便通がよくなります。
このような便秘改善の効果があるといわれているものに
「ガセリ菌SP株」「ラブレ菌」「ヤクルト株」などが挙げられます。

免疫力を高める効果

小腸の中には細かい突起がたくさんあります。
これは外部からウイルスや細菌が侵入した際に働き、それらを異物として感知して排除してくれる役割があります。
乳酸菌などの善玉菌はこの働きを活性化するといわれています。
そのおかげでウイルスや細菌に対する抵抗力が高まり、免疫力がつくということです。
この善玉菌が減少したり、腸内の環境が悪化することがあると、どんどん免疫力が下がり体調が悪くなってしまうのです。
「乳酸菌シロタ株」はインフルエンザの予防効果もあるといわれています。
普段から効果的に乳酸菌を摂取して、健康習慣の1つにするのもいいですね。
また、大腸がんの予防効果があるとも言われています。
納豆、ぬか漬け、みそ汁などの発酵食品は乳酸菌を多く含み、長寿大国日本の食文化の代表的なものでした。
しかし時代は変わり、現代では食の欧米化が進んでこれらの日本食を食べる習慣が減っていきました。
そしてそれと同時に、以前は少なかった大腸がんと呼ばれる病気がしだいに増えていきました。
発がん性物質を作り出すといわれている悪玉菌は、肉類を食べると増えていきます。
また乳酸菌はその悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。
わたしたち日本人は発酵食品を食べる機会が減り、かわりに多量に肉類を食べるようになったことでがんの発生リスクを上げてしまっているのです。
ぜひ発酵食品を積極的に摂り、がん予防に役立ててほしいです。

食べ物に含まれている乳酸菌

・乳酸菌ってどんな食べ物に含まれているの?
乳酸菌の含まれる代表的なものに、「ヨーグルト」「みそ」「キムチ」「ぬか漬け」「チーズ」「納豆」などがあります。
いわゆる発酵食品と呼ばれるものですが、どれも私たちの生活になじみ深く、安価でも手に入るものです。
みそやしょうゆは大豆に材料を混ぜて乳酸菌が発酵することでつくられるそうです。
ぬか漬けも野菜から出た糖分をごはんにして乳酸菌が発酵するそうです。
日本食にかかせないこれらの食品も、乳酸菌の働きがあってうまれていたのですね。

何故、乳酸菌がすすめられているか?

一番有名なのはお通じをよくする効果ですよね。
便秘をしている方の腸内の状態はアルカリ性です。
アルカリ性に傾いた腸内にはいわゆる悪玉菌が勢力を伸ばし、
便を排出するためのぜん動運動が弱くなっていきます。

そこで、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やすと乳酸や酢酸を
生産してくれるので腸内が酸性に傾きます。
すると酸性状況下では生育に適していない悪玉菌が減り、
更に酸の刺激で腸の動きが活発になりお通じが良くなるという仕組みです。

しかし乳酸菌の影響はそれだけにはとどまりません。
健康に直接影響してくる免疫力にも大きくかかわっているんです。
免疫力とは病原菌からの感染防止や老化の防止など様々な面で
人間の健康に強くかかわってくる生体反応です。

免疫細胞の70%は腸に存在しており、実際免疫力の要は腸にあると言っても
過言ではありません。
また腸内にはパイエル板という器官が存在し免疫制御の強く関係しています。
このパイエル板は乳酸菌を摂取する事によって活性化し、
さらに免疫力を高めるという結果が報告されています。

すごい力を持った乳酸菌ですが、免疫力を高めるという関連から、
乳酸菌にはインフルエンザ予防に効果のあるものや
免疫システムの乱れによるアレルギー、アトピー性皮膚炎などにも
効果があるのではという事で様々な研究がされていて、
実際その効果も発表されています。

また、腸内環境を整えるといった観点から大腸がんの予防にもなると
考えられています。
悪玉菌の中には発がん性のある物質を生産するものも存在し、
腸内を酸性環境にして悪玉菌をなるべく体内で増やさないことで大腸がんを防ぐことも大切です。

お通じや便秘を改善するしかよく知られていない乳酸菌ですが、
実際は色々と私達人間の健康維持に貢献してくれる大切な腸内細菌です。

→目次へ戻る

乳酸菌の血圧正常化効果

生活習慣病は一般的になっていますが、現代の生活習慣病に、高血圧があります。
高血圧の原因は、まず脂肪の多い食生活の欧米化、生活習慣の乱れ、運動不足、ストレスなど生活に関連したものが少なくありません。
血圧に注意をしなくては、心臓や脳の病気のリスクが高まることはわかっているけれど、実際、それほど血圧を測る機会もないので、健診等で気が付いたときには、既に高血圧の境界を越え、診断を受けるほど高くなってしまっていたということもあるのですね。
高血圧は症状が出ないことも多いので、注意が必要なのです。

高血圧は生活の乱れも大きく関連しますが、逆に言えば、その症状を生活習慣で改善することもできるということなのです。
脂肪食の中性脂肪や悪玉コレステロールが腸内環境のバランスを壊しています

その生活習慣改善に取り入れたい方法の一つに乳酸菌の摂取があげられます。

乳酸菌は、タンパク質を分解してラクトトリペプチドという物質を作り出す働きがあります。
高血圧という状態は血管を収縮させて、血管を狭くすることによって、血圧を高い状態にすることです。
ラクトトリペプチドは、この血管を狭くする、収縮する原因の体内物質の生成を防いでくれるのです。
そのために高血圧を予防することが出来るのですね。

ラクトトリペプチドは、高血圧を改善するための薬とは大きく異なります。
そのために血圧を下げる即効性はありません。
しかし毎日取り続けることにより、その効果を知ることが出来るようになります。
高血圧は生活習慣の改善が一番だといわれます。
それに加え、乳酸菌を毎日継続するとより血圧に注意した生活を送ることが出来るようになります。
そのためにちょっと血圧が高いかなと思ったら、意識的に摂取するのもいいでしょう。

日本人と乳酸菌の関係や日本人に合う乳酸菌

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。
チーズやヨーグルトなどに含まれて、動物の乳糖のみを分解して乳酸を作り出す乳酸菌を動物性乳酸菌と言います。
また、味噌や醤油、漬物などに含まれていて、ブドウ糖、果糖、シュ糖や麦芽糖など多糖類多様のものを分解して乳酸を作る乳酸菌を植物性乳酸菌と言います。
どちらも、発酵食品に含まれています。
動物性の乳酸菌は他の微生物との共存はできません。
それに、なかなか贅沢で、栄養の豊富なところにしか住めないのです。

弱く生きて腸まで到達することが難しい菌なんです。私から見れば、弱く情けない奴のようにも見えるのですが・・・
でも、死んでしまっても死骸自体が免疫活性要素として有効活用できるということがわかってきています。
それに代わって、植物性の乳酸菌は、様々な微生物と共存が可能なんです。社交性がある奴ってことですよね。それに、環境や栄養バランスが劣悪で過酷な状況でも生息が
できるんです。凄く強い生命力です。そのおかげで、腸まで生きて届くことが多いのです。私たちも見習わなくてはいけないですね。
そう言えば、随分人間も打たれ弱い、適応能力が低いという風に変わってしまったように私的には感じられるのですが・・・あくまでも個人的な意見です。
じゃあ、日本人には、どちらの乳酸菌が合っているんでしょうか。
日本人は、古来より野菜それも根野菜や米などの穀物が主体の和食で生活してきました。身体は長年の生活により、それに適した身体の構造になっているのです。
考えようによれば、生活に合わせて、進化してきたということです。
これまでの日本では、繊維質の豊富な野菜を好み、食事に多く摂りいれてきました。そのため、日本人の腸は消化に時間がかかる分、長くなっているんです。
腸が長いというということは、弱い乳酸菌では、そこまで生きたまま届かないということです。やはり、生きたまま届いて活発に活動してもらいたいのです。
胃酸や胆汁にやられてしまっては、長い腸の奥までは到底むりむり。忍耐力がない菌では日本人の腸には向かないでしょう。
そう考えれば、やはり植物性の乳酸菌が日本人にはピッタリだと言えるでしょう。
日本の伝統食品の乳酸菌では、ぬか漬けの漬物は1g中に約1億個以上の乳酸菌がいると言われています。生野菜よりも栄養も高く乳酸菌も多く摂れます。
でも、浅漬けのもとなどの発酵しないものには、乳酸菌の効果はないようです。
世界にも、色々な発酵食品があります。
お隣の国、韓国ではキムチ、中国ではザーサイ、インドではカレーに添えるチャソネ、ドイツではキャベツの漬物サワークラフト。サワーブレッドというパンの一種は
ヨーロッパ各地で昔から食べられています。ついつい乳酸菌と言えば、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌を思い浮かべますが、植物性乳酸菌も古くから伝統食品として
世界各地に存在しており人々の生活に密着していることがうかがえます。
特に日本などは、毎日、昔は味噌汁を朝食に摂っていたのですから、それこそ生活そのものだったことがわかります。
やっぱり日本人には、和食が合っているということかもしれません。

なんとお米にも乳酸菌が?

日本と言えば、米 です。なんとお米にも乳酸菌が?

実は実は、お米のとぎ汁には乳酸菌が含まれているんです。皆さん知ってましたか?
これは白米よりも玄米の方がよくて、そのわけは、糖という乳酸菌の宝庫にコーティングされているからのようです。
これは、1番目のとぎ汁に限ります。2回目以降は乳酸菌はいませんので、残念ながら最初のとぎ汁を流してしまったら、諦めてください。
このお米のとぎ汁を使って、まさかまさかのヨーグルトができるんです。
米のとぎ汁乳酸菌を作る場合は、無農薬をおすすめいたします。農薬が使われると、菌がすでに死んでいる場合もあります。
また、米のとぎ汁は、普段から、排水口の除菌、消臭、防カビ、生ごみ、ペット、下駄箱の除菌消臭にも効果があります。カーペットや絨毯の染み抜き、もちろん除菌消臭にも役立ちます。
そういうことも含め、日本人がいかに、昔は食べ物を大事に考えてきたかがわかります。
食べるだけではなく、色々な使い道を考え、無駄なく有効に生活に取り入れてきたことがよくわかります。
やはり、お米は日本人にとって食べるだけではなく、体の内側からも外側からも大事なパートナーと言えるのではないでしょうか。

→目次へ戻る

ぬか床女子なぜモテる?


「和食は体に良い」と言われるようになったのはいつからでしょうか。
和食は五大栄養素がバランスよく摂取できるほかに、つけものから豊富な乳酸菌を摂ることができるというメリットがあります。
夏はぬか漬け、そして冬はたくあんといったつけものが、日本人の生活に深く根付いています。
昨今は食の欧米化も伴い、古き良き和食というものが失われつつあります。
しかし、まるで時代をさかのぼるように「ぬか床女子」ブームが起こりました。
ぬか漬けが作れる女子はなぜ魅力的なのでしょうか?!

・そもそも「ぬか漬け」「ぬか床」とは?

結婚する際に嫁入り道具の1つとして持って嫁いだともいわれるぬか床。
いったいそれはどのようなものなのでしょうか?
ぬか漬けというのは、「ぬか床」の中に野菜を入れて漬け込んだつけもののことをいいます。
ぬか床というのは玄米から摂れる「米ぬか」を乳酸発酵させてつくったものです。
日本古来のつけものの1つで、別名「どぶ漬け」「どぼ漬け」「ぬかみそ漬け」などともいいます。
数時間だけ漬けたものを「浅漬け」、長く漬けたものを「古漬け」とよびます。
漬ける野菜はさまざまで、「きゅうり」「大根」「にんじん」などが一般的ですが、なかには「ゆでたまご」「アボカド」「肉」「魚」「こんにゃく」なども利用されます。

・ぬか漬けを食べるメリットとは?

ぬか漬けを食べるメリットとして、食材をそのまま食べるよりもビタミンBなどを豊富に摂ることができるというのがあります。
ぬか漬けができたのは江戸時代初期のころといわれており、当時流行っていた脚気(かっけ)というビタミンの欠乏によって起こる疾患を防いだといわれます。ぬか漬けからは腸内環境を整える「乳酸菌」や「酵母」を豊富に摂ることができるほか、ぬか漬けにすることで「ビタミンB群」「ビタミンA」「ビタミンE」「食物繊維」「カルシウム」などの栄養素を増やすことができるのです。
抗酸化作用のあるビタミンEは体のサビつきを防ぎ老化の対策にもなります。
また、近年日本では大腸がんの患者数が増加傾向にありますが、その原因は「食の欧米化」にあるのではないかと懸念されています。
ぬか漬けに豊富に含まれる乳酸菌は腸内環境を整えて免疫力を高めるサポートをしてくれます。
またほかに便通をよくしたり肌荒れを防いだり、体臭や口臭の対策にもつながるといいます。
そして近年では腸と脳には深い関係があることが分かってきました。
腸の健康状態が精神的なものに関連する可能性があります。
そんなさまざまな可能性を秘めるぬか漬けを常食として、普段から病気に強い体づくりをするのはいかがでしょうか。

・家族の健康を支える、献身的なぬか床女子

ぬか漬けを漬けるぬか床を、結婚する際に嫁入り道具として持ってくるという風習がありました。
ぬか床は毎日手入れが必要だったり漬ける手間が面倒などの理由で、現在はわざわざ漬けるひとが少なくなりました。
そこで数年前からぬか床をもつ「ぬか床女子」が新たに注目されるようになりました。
腸内環境を整えることが、体の健康を強くサポートするとして乳酸菌やビフィズス菌などのサプリメントが多く販売されるようになったことも後押ししたのかもしれません。
「古き良き伝統」を守り、家族の健康を支えるために毎日献身的に尽くす連想をさせる「ぬか漬け」、そんなイメージがぬか床女子の人気につながっているのかもしれません。
ぬか漬けは豊富なビタミンが摂れるほか、腸内環境を整えてくれる乳酸菌がたくさん含まれています。
免疫力を高めて風邪や病気に負けない体をつくるために、興味のある人はぜひぬか漬けに挑戦してみてはいかがでしょうか。
最近では手軽にぬか床を作ることができるキッドがスーパーやネットでも購入できるようになっています。
動画やぬか漬け教室などでハウツーを学びながら、ぬか漬けライフを送ってみるのもいいかもしれませんよ・・・。

人気ランキング定番の乳酸菌サプリは下記3つ

1.森下仁丹ヘルスエイド ビフィーナS

2.フジッコカスピ海ヨーグルト善玉菌のチカラ

3.久光製薬乳酸菌(EC-12)

比較すればよく分かりますよ♪